1. TOP
  2. 健康
  3. 正座しながらダイエット!お風呂で健康的に痩せる脅威の美容秘訣

正座しながらダイエット!お風呂で健康的に痩せる脅威の美容秘訣

ダイエットが続かなくて悩んでいませんか?ダイエットに失敗する、リバウンドする人、続けることができない人でもダイエットに必要な痩せたい部分をキレイに魅せることができるようになります。お風呂で正座するだけの簡単なダイエット法!

健康的に痩せるための秘訣がお風呂正座ダイエットには隠されています。面倒な運動いらずでエクササイズもいらない方法を紹介します。

 

太りやすい人の特徴!当てはまってませんか?

woman-731894_1280-2-1

人はなぜ太りやすい人と太りにくい人といるのだと思いますか?誰もが痩せやすい体質になりたいと願う女性も多いはずです。またダイエットに励んでいても長続きしない人や途中であきらめてしまう人、またリバウンドまでする人、様々な理由で太りやすくなっています。

じつはこういった人の特徴にはいくつか共通することがわかっています。

 

  • 楽観的である
  • 面倒くさがりである
  • 考えるよりも先に行動してしまう
  • 自分自身に厳しい
  • 自分自身に甘い
  • 優しすぎる
  • ストレスの発散が苦手である
  • 我慢ができない

 

これは太りやすい人の性格や特徴を示したものですが、こうした太りやすい人の特徴には、「心」と「カラダ」のどちらかに変化が起こることで影響がでてしまうのです。それは研究によってわかったことには、太るにつれて性格は衝動的になるということです。

この現象は心とカラダのどちらかに変化が生じることによって、性格に自然と衝動的な部分が現れてくるということです。これが太るリスクをつくり、リスクを増やしてしまう原因になっています。ただ問題なのは、この太るリスクが一度作られてしまうと、自己嫌悪や自暴自棄によってさらに負のスパイラルが起こり太りやすくなるのです。

こうした心の変化が身体への変化を作り、歩くことが面倒だったり、片づけることが面倒、出かけることさえ面倒になってくることで楽な方へすすんでしまうことを作ってしまいます。また行動ができたとしてもまず、考えをせずに行動しやすくなることもわかっています。

「これを食べたら太りはしないか?」「最近食べ過ぎてるから少し控えようか?」などの考えがあっても食べてしまう!!こういったことが行動に移す原因になっているのです。こうした人は自分自身に甘い人になりますが、逆に厳しい人でも同じことがいえます。

それは自分に厳しい人、頑張りやであたったり、世話好きであったりする人は意外と痩せている人に多い性格だと思われるかもしれませんが、こうした人は逆に太りやすくなる人でもあります。精神的にストレスを抱えやすく太りやすいということです。

また優しい人も同じく太りやすいと言えます。これも相手から断れないという事態に陥ることでストレスとなり太ってしまいやすくなるのです。結局はこのストレスを処理できずに発散ができないことがその原因ですが、こうした太りやすい人の特徴に当てはまる人ほど正座しながらお風呂でダイエットすることです。

 

ダイエットするならお風呂には浸かるべき!

bathtub-902362_1280-1

お風呂に浸からずにシャワーで済ませる女性はどのくらいいると思いますか?そもそもお風呂にちゃんと浸かっていますか?暑い時期にはシャワーで済ませることも多いかもしれませんが、とくに寒くなってくる時期にお風呂に浸かる人も多いと思います。

とくに、「お風呂に入ることでダイエットになる」という事を聞いたことがあるかもしれませんが、まさにその通りなのです。お風呂はただその日の、一日の終わりのカラダの疲れをとってくれるだけでなく、お風呂の中はダイエットしやすい状況を必然と作っているのです。

まずお風呂に入ることでカラダが温まることでカラダだけでなく、心までもリラックスできている状態になります。このリラックスさせる状態はダイエットをする上ではダイエットをしやすい状態を作っていることになり、痩せやすい効果を高めていることになります。

それは湯船に浸かることは20分のジョギングに匹敵するということです。つまり、お風呂に浸かるだけでダイエット効果があるということです。とくに比較的熱めのお湯にたった10程度浸かるだけでも約80Kcalほどのカロリーが消費できます。

つまりお風呂には、カラダの代謝を上げて脂肪を燃やしてくれる要素がいくつもあるということになります。その大きな効果としては3つあります。

 

  1. 汚れが落ちやすくなる・・・よくお風呂に入る前にカラダを洗い汚れを洗い流していると思いますが、じつはこの方法よりも、一度お風呂に入ってから、カラダを洗う方がよりカラダの汚れはしっかりと落とすことができます。これはカラダを温めることでカラダの毛穴を開くことによって、汚れが落ちやすくなるからです。
  2. マッサージ効果・・・よくお風呂上がりにマッサージを行う人はいると思います。また湯船の中でマッサージをする人もいますが、面倒な人にとっては、お風呂の中ではとくに何もする必要はないのです。これは湯船に浸かることで水圧がカラダにかかる水圧効果によって、筋肉をほぐしたり、血液やリンパの流れをよくしてくれます。ただ水圧によってこうしたマッサージ効果が得られるのです。
  3. デトックス効果・・・お風呂に浸かるとカラダが温まり、汗をかくようになると思います。こうした汗をかくようになったら、水をしっかりと飲むことでカラダの油分や水分、塩分などを含め、カラダに溜まった老廃物を排出させることができます。

 

さらに効果を高めたいならお風呂でストレッチ

浴槽の種類は各家庭によって大きさもまちまちですが、家庭のお風呂の浴槽が比較的広いタイプの浴槽であれば、浴槽の中でストレッチをするとさらに効果は高まります。

【自転車こぎでストレッチ】

  1. バスタブの端に両腕を乗せた状態にし、カラダを安定させます
  2. お尻を視点にして膝を曲げてV字型をつくります
  3. この時に背筋はしっかりと伸ばしておきます
  4. 1秒1往復の感覚で自転車をこぐように胸に近づけたり、話したりの動作を繰り返します
  5. この時に素早く行うことで水圧が加わり効果を高めることができます

 

【ボート漕ぎでストレッチ】

  1. 湯船に浸かったら、膝を軽く曲げ、両足でカラダを固定します
  2. お湯の中で両手でしっかりと桶を持ちます
  3. ボートを漕ぐイメージで、肘を曲げて力を込めて、手前に引いたり、押したりします
  4. 往復10回行います

 

正座は健康にいい!知ってましたか?

girl-677576_1280-1

最近では、中々正座をする機会が減ってしまったようにも思います。床に座るという機会そのものが、畳からフローリングに変わったこともその一つかもしれません。その理由に、正座はカラダに悪いというイメージを持つ人も少なくありません。

そもそもは正座に慣れていないこともその原因の一つですが、正座が悪いと言われているのは、正座をする時に、踵が外側に向いた状態で体重をかけることで膝が捻じれて力がかかっていることが原因です。つまり正しい正座の仕方ができていないこともあるということです。

またそもそも膝が悪い人にとってはもちろんよくありません。血管を圧迫させることでしびれなどの圧迫を作ってしまいます。

しかし正座をエクササイズとして捉えてみた場合はどうでしょうか?きっと正座にはいくつも健康にいい効果がたくさんあると実感してしまうはずです。

 

正座することでの健康効果

正座をすることで心臓や肺、横隔膜などの内臓の負担が軽くなります。また内臓の血液循環が高まることによって、消化機能が高まることもわかっています。また肛門括約筋を始めとし、骨盤と内臓を支える筋肉を鍛えることもできます。

また両下肢の側副血行がよくなり、両脚の冷えの冷えが少なくなるメリットもあります。

 

正座しながらダイエットの実力

正座をして背筋をしっかりと伸ばすということは、それだけ背中や首の筋肉を使うことになります。つまりこれだけでエネルギーを消費させえていることにもなります。この背筋を伸ばし正座をする!たったこれだけで1分1キロカロリーを消費するといわれています。

また骨盤を矯正することができることによって、インナーマッスルを鍛えることができ、体幹を鍛えることもできます。また顔の歪みが整い、顔の引き締め効果もあります。たとえば正座で食事をするだけでも左右対称の顎関節が使われることで顔の形も引き締めることができます。

 

正座でしびれない方法とコツは?

そもそも脚がしびれてしまうのは座り方が間違っているからです。ただある程度の痺れが起こることは、もちろんありますが、しっかりと正しい正座をしていればそれほど気になるものでもありません。正座は正しく座ってこそしびれにくくなります。しびれないコツを紹介します。

  • 足首で円を作って、その中にお尻が入るように座る
  • 膝はぴったりとつけずに、3cm~4cm程度離しておく
  • 指先は座布団の端に寄せておき、左右の親指を重ね合わせる
  • しびれがきたら左右に重心を移す
  • 左右の親指を重ね合わせておき、時々、親指を入れ替える

 

正座で脚が太くなる!?その心配はどうなの?

結論から言ってしまえば、これは事実になります。ただ脚が太くなる理由は、脚が圧迫されることによって、血流がわるくなり、むくみを引き起こすことがその原因にあります。また長時間にわたる場合は、脚のしびれなども起こってしまい、しだいに知覚神経も一時的に麻痺します。

そうすることで血流がうまう循環ができなくなります。これが脚が太くなる理由ですが、しかし毎回正座をしている人は脚が太くなていくのか?ともとれます。ただ、正座をしたからといって長い間、脚が太くなっているわけではなく、一時的なものにしかすぎません。

普段から日常生活で脚を使っているのであれば、そう気にする必要もないでしょう。

 

お風呂で正座してダイエット!その効果

girl-872149_1280-1

ふくらはぎを加圧が鍵!

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるほどの非常に重要な部位があるところです。このふくらはぎがなぜ第二の心臓と呼ばれているのか!?これはふくらはぎには、下半身に流れた血液やリンパを上半身に押し戻す役割がある場所だからです。

このふくらはぎが加圧されることで刺激となり、下半身にたまった老廃物を流し、血行を促進させる働きがあります。つまりマッサージをしているのと同じ効果があるために、下半身に溜まったむくみを改善させるだけでなく、カラダの代謝を上げることができるのです。

とくに第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを、あまり動かさないようなことをしていると、全身の血流も悪くなります。悪くなれば当然、リンパの流れもうまく流れなくなり、むくみや老廃物も溜まりやすくなり、太って見えてしまいます。

お風呂で正座をするということは、こうしたふくらはぎをお尻で加圧させることで、一時的に血流が悪くなります。この加圧を止めることで、それを解放させた時にその反動で血流を高めようとして血流がよくなることで代謝が上がりやすくなるのです。

 

美容効果を高める

お風呂で正座ダイエットのもう一つの効果としては、お風呂で汗をしっかりとかくことができるということです。汗をかく、汗を流すということは、カラダの毛穴を広げる働きがあります。とくにお風呂に入ることでより汗をかきやすい環境を作りだしているために、汗かき効果としてはもっとも良いといえます。

また汗をかくことで毛穴が開くと、今度は毛穴に詰まっていた余分な皮脂を洗い流すことができます。つまり毛穴の皮脂汚れが改善されることで、毛穴つまりによって細菌が発生しやすい環境を変えることができ、ニキビを予防することもできます。

また余分な水分が身体に溜まっていれば、カラダがむくみ原因にもなります。汗を流すことで余分な水分を排出してくれます。こうした汗にはカラダの水分を排出させるだけでなく、毛穴のニキビ予防などができるのには、汗が「天然の美容液」と呼ばれているからです。

汗はどうしても何かと悪いイメージがついてしまいがちです。特に汗をかくことでカラダがベトベトする、ニオイが気になるなど・・・・。しかし、これは健康状態が悪いことを伝えてくれる大事なメッセージだと思ってください。

本来の汗は無臭です。汗をかくことで臭いが出ていることは、菌が多く繁殖していることによるものです。汗をだすために機能の汗腺が衰えていることで腐敗物や角質が溜まることでニオイが発生しているのです。

しかし、本来の汗の働きには、潤いをサポートしてくれる働きがあります。汗に含まれる成分には、乳酸や尿素などの潤い成分が含まれています。お風呂に浸かることは適度に汗をかくチャンスでもあります。汗をかくことでこうした美容効果も高めることができるのです。

 

ぽっこりお腹を解消できる

わたしたちは普段の生活でどれだけ姿勢をキレイに美しく保つことが出来ていると思いますか?1日の生活をみていると必ず姿勢が悪くなっている場面はあると思います。じつはこの姿勢は悪くなるとカラダに歪みをつくってしまう原因にもなってしまいます。

とくに重要なのが、カラダのパーツの中でも骨盤です。骨盤が歪むことで体型を崩してしまいスタイルも悪く見えてしまいます。またそれだけではなく、骨盤が歪むだけで、カラダの代謝にも影響が出る上に、筋肉のつき方も変わってきます。

そうすることで体型の崩れを招き、見た目も悪くなるだけでなく、太りやすくもなります。とくに問題なのが見た目としても骨盤が歪むことでお腹がぽっこりとしてしまうことです。骨盤の本来の役割は内臓を支えるための受け皿のような役割をしています。

しかし、その土台となっている骨盤が歪むことで、その中にある内臓までが歪んだ状態になってしまいます。これがぽっこりお腹ができる原因なのです。またこの歪みが引き起こす原因には、骨盤周りの血流やリンパの流れが悪くなることです。

そうすると当然、下半身にむくみが生じやすくなり、太りやすくなります。骨盤の歪みは姿勢の歪みでもあります。骨盤を正しい位置に戻してあげることがぽっこりお腹を解消に繋がり、代謝の上がりやすいカラダへ変えることになります。

この骨盤の歪みを毎日のお風呂の中でリセットさせることができるのがお風呂正座ダイエットです。お風呂で正座をすることで骨盤の歪みをバランスよく安定させ正しい位置に矯正することができます。骨盤の位置が戻れば、骨盤によって歪んだ姿勢も正され、呼吸も変わってきます。

特に姿勢が悪いと呼吸は浅くなり、肌を劣化させることにもなりかねません。そうならないためにも、正座をし骨盤を正しい位置に戻し、ぽっこりお腹を解消させましょう。

 

リラックスでき、睡眠の質も高まる

girl-1733364_1280-1

お風呂で正座をすることでダイエット効果がさらに高まっていきますが、もともとお風呂に入ることでカラダの疲れを癒し、リラックスさせることが大きなその後にかわります。お風呂でカラダが温められると副交感神経が刺激されます。

この刺激によってリラックス効果が高まり、夜の睡眠も質の高いものへとかわります。特に質の高い睡眠が摂ることができるようになれば、睡眠中に成長ホルモンがしっかりと分泌され代謝、美肌効果を高めることができるようになります。

そうすれば、痩せやすい体質作りができます。夜に中々眠ることが出来ない人や寝る時間が遅い人は一度、お風呂で正座ダイエットをしてみるとその効果を実感できるでしょう。睡眠の質の高さの大切さについてはこちらの記事を参考にしてみてください。また寝る目にもう一つひと手間加えることでも痩せることができます。

 

食欲が抑えられる

正座をすることで内臓が正しい位置に戻すことができるようになれば、食欲もこれまでの食べすぎる心配もなくなってきます。姿勢が悪いことや骨盤の位置がずれることで胃が膨張されていたものが、正しい位置に戻ることで胃の大きさも調整されるようになります。

また同時に食事にも改めて気を使った食事にすることも大切なことです。それはバランスの取れた食事です。とくに食事の中で摂る酵素にはカラダにとっては欠かせない大切な役割をもっています。この酵素がなければ、人は食べ物を燃焼させることができないのです。

この酵素の摂り方にはいくつか方法はありますが、手っとり早く摂るのであれば、普段の食事からに限ります。特に酵素を摂ることで健康だけでなく、美容、そして痩せるためには欠かせないものです。

 

正座でお風呂ダイエットのやり方

white-skirt-1725169_1280-1

お風呂のただ入ることでの効果の高さがこれまでにお伝えしてきたとおり、効果の高いものであることがわかると思います。そして正座そのものにも、大きな効果があることがわかりました。ここまでくれば、この2つの効果を合わせる「お風呂で正座ダイエット」の効果もさらに上げることができることが何となく予測できると思いますが、その具体的な効果と方法を紹介します。

お風呂で正座をする方法を実にシンプルで自分自身の体重をじわじわかけていくこと!ただこれだけです。しかもただ体重をかけて座るだけなので、面倒くさがりの人でも無理なくできる正座お風呂ダイエットです。

ただ一つ気をつけるポイントがあるとすれば、それはお風呂で正座した時の姿勢です。猫背にならないように、しっかりと背筋を伸ばして座ることです。ただ正座するという習慣が現代の日本ではかなり少なくなってきているために、正座に慣れていない、またはできない人には、初めから正座をすることは難しいかもしれません。

しかし、正座する場所は湯船の中です。水の浮力によって、カラダにかかる体重の負担は普通に正座するよりも負担が少なくてすみます。また。正座が出来ない場合は無理はせず、浴槽のふちを両手でしっかりとつかまってから正座するといいかもしれません。

ふちにしっかりとつかまることで、無理なく座り正座をすることができるようになります。下まで座ることができたら、その正座し体制で10秒ほどキープします。ただお風呂に入るだけよりも正座することでその効果も高くできるというわけです。

 

湯の温度は38℃~40℃に!

お風呂で正座をするダイエットの大きなポイントはお湯の温度にあります。お湯の温度によって、その体への出る効果は違ってきます。特にぬるま湯から熱すぎるお湯での効果は全く違うものになってきます。お風呂で正座してダイエットをする場合のお湯の温度は38℃~40℃のお湯です。

このお湯の温度の特徴は誰でも入りやすい温度だということです。そしてこの温度で一つのポイントが39℃です。この温度は自律神経の交感神経から副交感神経に変わる温度だといわれています。つまりカラダをリラックスさせてくれる温度だということです。

また新陳代謝を正座をすることに加えアップさせる温度でもあります。これに加えてとくに重要なのが、肌によい温度でもあるということです。この温度で入浴をすることはカラダに発汗効果がありながらも、カラダの乾燥を防ぎ、余分な脂肪がとけ出さない温度でもあります。

これが41℃になってしまうと大事な成分がお湯に溶けだすことで乾燥肌を招いたり、肌にシワを作ってしまう原因になってしまいます。

 

正座は正しく!

正座のやり方にもいくつか方法があります。その中でもこの方法がおすすめです。ただし気をつけるポイントは、「かかとをつける」事です。かかとを話してしまうと逆に骨盤の歪みをつくることにもなりかねません。ここだけ注意して行うとよいです。

  1. 湯船の中で、たて膝の状態にし、両脚と両膝の踵をしっかりとくっつけます
  2. このときに、つま先は軽く開いておきます
  3. このままの状態で腰を下ろし、踵の上にお尻をのせます
  4. この状態を90秒キープさせます。この時は必ず踵をくっつけておきます。
  5. 90秒が経過したら姿勢をもとにもどします

 

正座が苦手!!うまくできない場合はどうすれば!?

もともと正座をあまりする習慣がない人や正座に慣れていない人は多いものです。こういった人の場合には、正座をする前に準備運動をするとよいです。正座をする前に脚をほぐしてみてください。足首をくるくるとまわした見たり、脚の指をほぐすなどをすることで正座しやすくなります。

  1. 湯船の中で、たて膝の状態にし、両脚と両膝の踵をしっかりとくっつけます
  2. つま先をお風呂の底にたてます
  3. この状態のままで腰を下ろして、かかとの上にお尻をのせます
  4. この状態を10秒キープさせます

 

膝が痛い人はどうすれば?

関節痛などで膝が痛い人は、正直膝の痛みで正座をすることが辛いと思います。こうした場合にはいきなりお風呂で正座をするのではなく、まずはカラダを温めることを優先してください。お湯に浸かりカラダを温めることで次第に固まっていた筋肉や腱がほぐれて間接を曲げやすくすることができます。

そうすることで関節を無理なく曲げることもでき、さらにお湯の浮力によっても体重の負荷がかかりにくくなるため負担も少なくなります。ただそもそもが膝に痛みが強すぎて、脚を温めた程度では改善できないレベルの場合は無理をせずに中止してください。

 

まとめ

いかがでしたか。正座をお風呂ですることでさらにダイエット効果を高めることができるようになります。カラダが温められることで、筋肉や腱がほぐれ、お湯の浮力によってカラダに無理な負荷をかけることなく正座をすることができます。

またダイエットにつきものの運動も正座をする事と、お風呂に入ることで運動をしているに近いカロリーを消費することもできるため、できれば簡単で長続きできそうな・・・と思っている女性にはおすすめの方法だと思います。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 美酢は太るの?お酢ダイエットで痩せた種類!美酢の寝る前の効果は

  • 女性の口臭がキツイ原因!対策ケアに欠かせない疑問

  • 食べる美容液❤アボカドで美肌ダイエット!栄養レシピ❤

  • 危険な油❤ヴァージンココナッツオイルダイエット!17の効果の使い方

  • 寝るだけで痩せた!7日で4Kg減のオーバーナイトダイエット❤

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法