1. TOP
  2. 健康
  3. 酵素の多い食べ物!サプリとドリンクを効果的に!激変する作り方

酵素の多い食べ物!サプリとドリンクを効果的に!激変する作り方

健康 美容
この記事は約 16 分で読めます。 496 Views

酵素の働きを知っていますか?酵素には健康だけでなく美容にとっても嬉しい効果があります。またダイエットとしても注目されている酵素ですが、食べ物の中から効率的に摂るにはどうすればいいのか?またサプリやドリンクで上手に摂れる方法を紹介します。

 

酵素には種類がある

girl-1064658_1280-1

人のカラダには2種類の酵素があります。消化酵素と代謝酵素。この2つの酵素が体内では大きな役割を果たしていますが、その中でも消化酵素には、名前の通りに食事から食べた物をカラダが吸収できるように消化させるための酵素です。

ご飯のようなデンプンに対してはアミラーゼという酵素が働き吸収しやすいようにし、タンパク質の分解にはプロテアーゼという酵素が働きます。そして脂肪の分解にはリパーゼという酵素が働くことでカラダが栄養を吸収しやすくしているのです。

そしてもう一つの酵素が代謝酵素です。この酵素の役割は消化酵素で吸収しやすくなりエネルギーとして使えるようになったものを、カラダの中で働かせるのが代謝酵素です。簡単にいってしまえば、人のカラダの生命活動に必要な全てに働いている酵素です。

カラダを動かすために呼吸や運動、頭で考えることなど、その全ての活動を支えているわけです。そして体内のこの2つの酵素に加えてある3つ目の酵素が食物酵素です。食物酵素はこの2つの酵素の働きをサポートするための酵素です。

新鮮な野菜を始め、果物や納豆、味噌といった発酵食品に含まれるのがこの食物酵素です。食物酵素によって消化が助けられ消化酵素の働きに余裕ができることで、代謝酵素にも余裕が生まれます。そうすることで新陳代謝が活発になったりすることで代謝力が向上させることができるようになります。

そのためにもなるべく新鮮な食材をカラダに摂り入れるようにしなければなりません。とくに加工食品のような冷凍食品やコンビニで売られている物、揚げ物などは控えたほうがいいでしょう。

 

 

食物酵素は体に吸収されないの?

食物酵素と消化酵素や代謝酵素と違う大きなところは、カラダに吸収されるかどうかです。結論からいってしまえば、食物酵素はカラダには吸収されません。体内にある2つの酵素は食べた物をそれぞれ吸収しやすいように消化させたり、エネルギーとなったものをカラダの中で働かせるための酵素です。

この2つの酵素の力を高めてくれるのが、食物酵素にはあります。食べ物から酵素を摂ることで、酵素自体は吸収されませんが、食べ物から摂った栄養が強化されることで消化や吸収を高める働きに繋がります。

そうすることでカラダの中の酵素を活性化させることができ、健康や美容にいい効果をもたらしてくれるのです。

 

酵素が豊富な食べ物

vegetables-1584999_1280-1-1-1

私たちのカラダには消化の働きをサポートする消化酵素、この消化酵素をサポートしてくれる代謝酵素があります。そしてこれらの酵素の働きを活性化させるためのものが食物酵素です。こういった酵素の多い食べ物を普段からどれだけ食べているかで酵素の力を摂り入れることができるようになります。

 

酵素を多く含む発酵食品は

【発酵食品】

発酵食品の「発酵」というのは、酵母や細菌などの微生物の酵素をつかって分解をすることです。つまり人のカラダにとって有効な微生物を取り入れることで、人のカラダにいい働きをもたらしてくれるものが発酵です。

発酵はこの中にいる微生物の働きによってかわりますが、発酵をすることで、発酵中に香り成分や味わい、色といった栄養を作りだしています。また発酵が進むことでうま味が生まれ、食品の保存性も高まります。こういった発酵食品にも種類があり代表的なものがあります。

  • 納豆・・・大豆を発酵させることで生まれる納豆菌。この納豆菌には様々な種類の消化酵素が豊富に含まれています。
  • 漬物・・・私たちにとっては、かなり馴染みのある食べ物です。普段の食卓でもよく目にする漬物ですが、中でもぬかや麹でつけた漬物は特に酵素が豊富に含まれています。
  • 味噌・・・良く味噌汁として飲むのが定番かもしれません。しかし味噌汁として酵素を摂り入れると考えた場合にはそれほど効果はありません。酵素は熱に弱いという性質をもっています。生で食べることでその効果は高まります。
  • 黒酢・・・クエン酸やアミノ酸を含む黒酢には酵素の働きを活性化させる力があります。

 

酵素を多く含んでいる野菜はなに?

酵素の働きを発揮させるためには生で食べなければなりません。酵素は熱に弱い性質があり、約50℃以上の熱を加えると働きがなくなってしまいます。つまり火にかけるような煮る、ゆでる、炒める、揚げるといったことは大切な酵素を失う原因にもなります。

また酵素は時間とともに失われてもいきます。野菜から酵素を摂ろうと思うのであれば、できる限りは生のままで食べるようにしなければなりません。とくにスーパーなどでよく目にする光景ですが、刻んだ野菜などがパッケージされていると思います。

刻んだ事や時間が長く置かれていることは、それだけで酵素は少しずつ失われていっている証拠でもあります。

【酵素を多く含む野菜】

  • 大根
  • ブロッコリーレタス
  • ニンジン
  • アボカド
  • キャベツ
  • きゅうり
  • トマト
  • パセリ
  • セロリ
  • ブロッコリスプラウト
  • カイワレ大根
  • ピーマンなど

 

酵素を多く含む果物はなに?

生の果物には特に酵素がたくさん含まれています。酵素を摂ることは必要なことではあると思いますが、気になる事としては、果物に含まれる糖分によって太りはしないかということだと思います。また生の果物を摂ることでカラダを冷やすのではないかと心配になるかもしれません。

たしかに生の果物をたくさん摂ることはカラダを冷やすことにもつながります。しかし食べ過ぎたりしなければ問題はりません。また果物に含まれる糖分もカラダの老廃物が排出される時間帯で摂れば何も気にする心配もありません。

カラダの老廃物が排出される時間帯は午前中からお昼にかけての時間帯です。つまり朝に果物を摂ることで太る心配もないわけです。しかも朝の空腹時であっても果物に含まれる糖分は脂肪でなく、すぐにエネルギーに変換してくれるため脂肪にはなりにくいのです。

逆に夜は脂肪になりやすくなるため注意は必要ですが、朝の時間であれば問題はないでしょう。またどうしても冷えが気になる時は、果物ではなく発酵食品から酵素を摂るようにすれば問題ありません。そして果物から酵素をしっかり摂るためには、果物の皮には栄養が豊富に含まれています。

リンゴなどは皮ごと摂るなどするとさらによいでしょう。

【酵素を多く含む果物】

  • キウイ
  • アボカド
  • バナナ
  • りんご
  • パイナップル
  • パパイヤ
  • イチゴ

 

デトックス効果のある5つの食材で酵素力をつける

roses-1566792_1280-1-1

これまでにもお伝えしてきたとおり、酵素には私たちのカラダには欠かすことのできないものだということがわかりました。とくにこれから意識して始める時にまず健康や美容にも共通する事としては酵素によってでデトックス効果をしっかりと高めることも必要です。

普段私たちが、病気でないのにカラダの不調を感じることがあるかもしれません。こういった原因には、カラダの中に毒素や老廃物がたまっている可能性も考えられます。こういったカラダにとっての不要物は腸内に溜まることで体調不良をおこしたりします。

しかし酵素には毒素や老廃物を排出力があります。うまく利用することで健康や美容に大きな手助けをしてくれることは間違いありません。

デトックス効果

デトックス効果には様々な効果がります。

  • 新陳代謝を活発にする
  • 不要な物を排出する
  • 免疫力を高めてくれる
  • 自律神経を高める
  • 老化防止
  • 美肌作り
  • 血液やリンパの流れをスムーズにしてくれる
  • むくみの解消
  • ストレスの緩和
  • 便秘の解消
  • 不眠症の解消
  • アレルギー体質を改善させる

 

野菜や果物を摂る

野菜や果物は新鮮な状態であってこそその効果も高くなります。生で食べるか、または発酵食品として摂るかに限ってきますが、くれぐれも加熱することは酵素を摂る意味では止めておいた方がいいでしょう。酵素は2分以上の加熱で死活し、48度で2時間でも死活します。

そして果物は食後よりも食事前!!果物の酵素は消化が早いため、食後に食べると胃酸に負けてデトックス効果を発揮できなくなります。

 

発酵食品を摂る

生の野菜や果物と大きく違うところは、すでにカラダに摂り入れやすい準備が出来ているかどうかです。つまりカラダに摂り入れることで酵素がすぐに体内に入りやすくなった状態が発酵食品です。生の食材の場合は、食材にある消化酵素が体内で消化の働きをしますが、発酵食品の場合はその準備がすでにカラダに入る前にできているということです。

 

海藻類を摂る

海藻類には、酵素以外にもミネラルやビタミンが豊富に含まれています。またカルシウムも含まれているためにデトックス効果は抜群です。ただ気をつけなければならないのは、スーパーなどで購入する時には必ず加熱処理が行われたのかどうかを確認してください。

加熱処理していれば効果はなく、非加熱のものを選ぶようにしてください。

 

ドライフルーツを摂る

酵素を摂るなら生の果物が一番と思うかもしれません。しかしドライフルーツでもその効果をさらに高めることができる部分があります。まず、果物には食物繊維が豊富に含まれていますが、これを乾燥させることで栄養分が凝縮され、デトックス効果も高まります。

また果物の種類によってはその栄養も異なるため、それぞれの果物の栄養効果を凝縮されることで効果を高めることができますが、これはあくまで天日干しのもとに乾燥されたドライフルーツの場合です。つまり条件がそろった上では、酵素はしっかりと含まれていますが、それ以外の場合は難しくなってきます。

酵素が含まれるドライフルーツの条件は非加熱で無添加であることです。よく市販されているドラーフルーツをみると、甘みを強めるために砂糖などの甘味が加えられていたりします。つまり果物意外に何か加えられているということです。

そしてもう一つが乾燥させているように見えてもそうでないものです。ここで加熱処理が行われていたりします。またさらに添加物が含まれていれば酵素の力は失われてしまいます。ドライフルーツを摂り入れる場合は、自然乾燥無添加のドライフルーツであることが条件です。

【ドライフルーツで酵素の多いもの】

  • レーズン
  • プルーン
  • マンゴー
  • バナナ
  • あんず
  • クランクベリー
  • りんご
  • いちじく

 

ナッツ類を摂る

これまで酵素は生で摂ることがよいとしてきましたが、ここで大きく違うところはナッツ類には酵素抑制物質が含まれているということです。この酵素抑制物質というのは、酵素の活動を抑える物質のことをいいます。

つまりこの酵素抑制物質が含まれるナッツ類を食べてしまうとカラダの中の酵素をたくさん使ってしまうことで、他の栄養素の吸収を妨げてしまうということです。じゃあ、ナッツ類は食べれないのじゃないの?そう思うかもしれませんが、そんなことはありません。

これはアーモンドを生で食べた場合の話です。つまり生でなければ何も心配する必要はありません。またこの酵素抑制物質の元となっている毒素を消す方法もしっかりとあります。その方法は3つあります。

1つは水につけることです。水に12時間つけて、ナッツがふっくらしてきたら酵素抑制物質がなくなった証拠です。そして2つ目が加熱することです。加熱するといっても45度以上の熱を加えることで酵素抑制物質を壊すことができます。しかし酵素は失われます。

そして3つ目が発酵させることです。一度加熱することで酵素は失われますが、その後に発酵させることで再び、酵素を作り出せます。

 

酵素を上手にとり入れる食べ方は

酵素をうまく摂り入れるためのポイントはやはり生で食べれるかどうかになってきます。野菜や果物などは熱に弱く、少しの加熱でも酵素を逃がしてしまいがちになってしまいます。また時間が酵素の力を失わせていくために時間の経過にも配慮する必要があります。

また細胞を壊すような、包丁でカットする、すりおろすといったことも少しずつ酵素を失う原因にもなります。

 

サラダや酢の物で効率的に!!

「野菜サラダ」の画像検索結果

出典:http://healthil.jp/

何と言っても手っ取り早く酵素を補おうとするのであれば、やはりサラダで摂ることがもっとも簡単で早いかもしれません。生野菜をカットして調味料と合わせるだけで簡単にできます。この時に酵素の多い野菜をふんだんに使いながら、お酢を含む調味料をプラスするとよいでしょう。

 

お酢は酵素の力を高める

お酢はドレッシング材の中には多く含まれていることがあると思いますが、これはただ、サラダなどとお酢の味のバランスがいいというだけではありません。お酢は調味料としてだけでなく、疲労回復効果や血圧抑制効果、カルシウムの吸収を高める効果もあります。

また血糖値のコントロールをする効果もありますが、何より素晴らしいのは酵素を活性化させる効果があることです。これは予備効果と言われ、食べた物が体内で消化される時点で、ある程度の消化が進んだ状態にしてくれることで、消化がよくなるということです。

また、お酢にも種類が多くある中で特におすすめされているのが黒酢です。黒酢は米や麦などを原料として、1年以上寝かせることで発酵と熟成をさせることで、質の良いアミノ酸やクエン酸を含んでいます。

 

ちょっとプラスするだけでも効果のあるもの

生のサラダから酵素をしっかりと摂るためには、少しだけでも手軽にしたいものです。そんなときにはカットする作業がいらず、そのまま使える生の食材が有効です。こういったミニ野菜をうまく使うともっと効率的に酵素を摂ることができます。

その中でもおすすめなのが、ブロッコリースプラウトです。これはブロッコリーの新芽ですが、ブロッコリースプラウトがおすすめなのは、ブロッコリーに比べてかなり優秀な野菜だからです。ブロッコリーにはスルフォラファンという成分が含まれています。

この成分は、ブロッコリーが成長したものよりも新芽の状態の方が20倍以上の成分が含まれているからです。スルフォラファンが多く含まれているということは、カラダに不要な有害物質を体外に排出する機能が高いということです。

そしてこの機能は3日以上続くという優れものです。また高い抗酸化作用によってもアンチエイジングには不可欠なものです。またその他にも手軽にしたいのであれば、包丁による処理がいらないミニトマトやベビーリーフ、カイワレ大根などもおすすめです。

 

発酵食品で酵素をうまく摂り入れパワーアップ

酵素をいかにうまく摂り入れることが酵素不足や酵素の作用をうまく出すことができるかになってきます。そう言った意味では生野菜はその時期や日によっては価格が高騰することもあり、今食べておきたいものを選べなくなることもあるかもしれません。

特に酵素の多く含まれている食べ物の価格が高いと中々買うにも低抗があったりもします。そういった場合には、発酵食品をうまく摂り入れることで解消することができます。発酵食品は酵素を活性化させます。

またカラダの免疫にも役立ちますし、基礎代謝を向上させるにもいい食べ物です。生のまま食べるのであれば、納豆やたくあんなどの漬物もよいです。またぬか漬けであれば、酵素以外にも乳酸菌を摂ることもでき、しかも乳酸菌は熱にも強いために、炒めたりすることにも使えます。

 

ちょっと一工夫で効率アップできる酵素の摂り方

生野菜や果物などの酵素をしっかりと効率よく摂りたいのであれば、「すりおろす」ことです。これはただ、すりおろすのではなく皮ごとすりおろすことで、皮にある栄養までしっかりと使いきろうということです。この「すりおろす」という作業は酵素を残さず摂るという意味だけではありません。

すりおろすことで、野菜や果物の組織が壊されることによって、酵素が細胞の外にでることで活発になるのです。つまり同じ食材であっても、ひと手間かけることによって働き方もかわってくるということです。すりおろされることで酵素が活性すると、カラダの中での酵素の働きも2倍~3倍と大きくかわってきます

ただ一つ気をつけなければならないのは、酵素は空気に触れることで酸化していくということです。つまりすりおろした後は素早く調理し食べるようにしなければなりません。すりおろすことで失われる酵素のスピードも速くなります。

すりおろして食べるときは、直前にすることで酵素をうまくカラダに摂り入れることができます。

 

 

酵素ドリンクはどうなの?サプリメントの違いは?

girls-1487825_1280-1-1

最近では酵素を野菜や果物などから摂り入れるのが少し面倒と感じる人もいます。そのため酵素ドリンクとして酵素を摂り入れるようにもなっています。しかもドラッグストアなどでも手軽に買えることができ利便性も高く人気です。

酵素ドリンクは結論からいってしまえば、健康や美容、ダイエットとしてみてもその効果は幅広く体感することができます。しかも酵素を摂るだけで血行も良くなり、乾燥肌や年齢肌にも悩まされる原因にも改善させていくことができます。

酵素不足はカラダにとっても老廃物がうまく排出できなくなり、太りやすく、痩せにくいカラダにさせてしまいます。こういった酵素ドリンクで美容などを意識するためには、いくつか条件があります。この条件を守らなければ太る原因にもなります。

これは酵素をサプリメントから摂る場合にも同じことがいえます。酵素サプリメントの選び方や飲み方でも失敗に終わる可能性も十分に考えられます。このあたりの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

 

酵素ドリンクの基本的な作り方

  • 材料を選ぶ・・・材料は酵素ドリンクの元になる大切な部分です。材料は果物や生野菜を選ぶことですが、必ず無農薬のものを選びます。
  • 容器を準備する・・・酵素ドリンクを作り終えた後の考えて容器は透明のものがよいです。透明にすることで発酵の進み具合を確認することができます。
  • 材料を洗う・・・無農薬のものを探すのが難しければ、ボールに小さじ1杯の重曹を入れ材料を30秒~1分浸します。その後にしっかりと水洗いしてください。
  • カットする・・・野菜や果物は皮ごとカットします。カットする事で発酵が進むため3cm~5cmほどの大きさにカットしてください。
  • 砂糖を一緒に容器へ・・・カットした材料を砂糖と一緒に容器に入れます。この時に材料と砂糖を交互にいれていきます。最後は残った砂糖で蓋をします。この時に完全に密封しないようにします。砂糖は白砂糖で材料と砂糖の比率は「材料:砂糖=1:1」で調整します。
  • 発酵・・・保管場所は日の当らない場所とし、冷蔵庫には入れないで下さい。発酵がすすむ温度は36度程度のため一つの目安としておいてください。
  • かき混ぜる・・・毎日必ず2回はかき混ぜるようにします。この時にかき混ぜ方は素手で混ぜることです。
  • 発酵期間・・・発酵がすすんでくると、材料が浮いてきます。この時に泡も一緒に目立つようになってきます。かき混ぜた時に全体に泡が出るようになると完成です。ただ材料によって完成目途が異なるため1週間~2週間を目安にみておいてください。
  • こす・・・ざるやガーゼなどでしっかりと濾していきます。このときに材料を絞るようなことはせず、あくまで自然に濾すようにします。
  • 保管・・・濾す作業まで終わったら、冷蔵庫で保管しておきます。ただ酵素は生きているものなので、蓋は緩めにし、空気が入るようにしておきます。常温にしておくと発酵が進み腐敗との区別がつかなくなるので注意が必要です。

 

酵素ドリンクの成功と失敗の見分け方

酵素ドリンクの基本的な作り方から発酵をうまくおこなうことがポイントになりますが、その酵素ドリンクが失敗したのか、成功したのかが分かりにくいという声があります。そのため、発酵が進んでいる成功の時の場合は、酸っぱい匂いがするのが特徴です。

逆に失敗している時の特徴は、アンモニア臭によって鼻にツンとつくようなニオイが発生している場合です。この2つの臭いをかぎ分けて判断するようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?酵素の多い食べ物や酵素をうまくカラダに摂り入れるかで、美容やダイエットそして健康への影響もかわってきます。こうした中で酵素ドリンクとしてカラダに摂り入れる方法も一つの簡単にすませる手段ですし、サプリメントとして摂ることも一つの手段です。

酵素をうまく摂りいれるための食べ方は、自身が一番摂りやすい方法で摂ることです。手軽さを考えるとサプリメントかもしれません。是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • むくみの原因と対策!忙しい朝でも5分で小顔になるツボマッサージ❤

  • 女性でも楽々に!ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方5つ

  • 疲れを取る睡眠と寝方!イライラする時に試してほしい方法

  • 絶対痩せたい❤「食べても痩せる最強ダイエット15の方法❤」

  • 目の下のたるみとくまの影の原因を改善!たった9つで解消する方法