1. TOP
  2. 美容
  3. 生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった1週間】

生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった1週間】

生理前はどうしても太りやすいと言われています。しかし豆乳をうまく利用することで、たった7日間で生理後から体重を減らし痩せることができるのです。女性の周期にあわせて行う豆乳ダイエットで痩せない悩みを解消し大きな効果を体験してみてはどうでしょうか?

そんなダイエット方法を紹介します。

 

生理前は太りやすく痩せにくくなる!なぜなのか?

woman-1338991_1280-1

生理前や生理中に太ってしまうのは、一言でいってしまえばカラダが栄養を貯め込もうとする時期だからです。この生理前から起こるカラダの変化の中では生理になる10日前から生理が始まる期間というのは、ブロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌される時期なのです。

これはつまり、カラダが妊娠しやすいように準備をしているということなのです。そのためにこういった時期には食欲が増進し、代謝も落ちてしまいます。その結果として脂肪が付きやすく、代謝が落ちているために老廃物も貯め込みやすくなり水分もうまくカラダの外に排出できなくなります。

これがむくみとなり余計に太りやすくもさせ、さらに精神的にも落ち着かなくなってくることで食欲増進へと繋がりいつも以上に栄養を摂りすぎてしまうのです。また妊娠準備をするという意味では、この摂りすぎた栄養を貯め込むことも太りやすいことに関係しています。

こういった時期にいくらダイエットをしようとしても中々思うように痩せないのはこのせいで、生理前からのこの時期に体重が2Kg~3Kgと体重が増えるのは珍しいことではないのです。

 

生理前~生理後のカラダの変化をチャンスにかえる!

生理前のカラダというのはどうしてもカラダにとって余分な脂肪や老廃物を貯め込みやすくなる時期です。しかしこの時期に老廃物や脂肪を貯めこまないようにした時にはどうなるのか?生理前に貯めこまれるはずだった脂肪や老廃物がなければ、生理後には、これらの変わりに体脂肪が代謝されることによって痩せることができるようになります。

つまり生理前の時期に老廃物や脂肪をどれだけ貯め込まなくできるかがカギとなるわけです。このそれぞれの貯め込みをうまく抑えてくれる働きをしてくれるのが豆乳にはあるのです。

 

豆乳で「溜め込み」を抑えられる理由

豆乳にはカラダに溜まっていく脂肪や老廃物といったものを貯め込まずに防ぐ働きがあります。豆乳は生理前のダイエットとしてはかなり優秀な飲み物だといえるのです。その大きな理由には豆乳に含まれる様々な成分が関係しています。

【大豆サポニン】

サポニンにはカラダの中のコレステロールを除去したり血栓の元になる過酸化脂質の生成を抑制する作用があります。またコレステロールを除去する以外にもコレステロール値を下げる働きや腸の吸収したブドウ糖が脂肪と付きにくくすることで脂肪の蓄積も予防することができます。

 

【大豆たんぱく】

大豆タンパク質は大豆から作られる食べ物に含まれるもので、当然豆乳にも含まれています。この大豆タンパク質は「畑の肉」とも呼ばれるほど良質なタンパク質で、健康効果だけでなく、ダイエットとしてはコレステロールを調整する働きがあります。

これによってコレステロールを下げる作用があるのと、脂肪の燃焼を高めてくれる効果もあることから基礎代謝を活発にしてくれます。そもそも大豆は植物性のタンパク質のために、動物性のタンパク質と比較してもカロリーそのものが低カロリーな上に代謝を活発にしてくれるためかなりおすすめされています。

また大豆たんぱくは体内での吸収や分解に時間がかかるために満腹感を感じやすいことからも食べ過ぎを予防してくれる効果もあります。

 

【レシチン】

レシチンはリン脂質の一種で、このリン脂質は人のカラダに摂りこまれた栄養をエネルギー源として変換させる働きを持っています。つまりレシチンがなければカラダ動かすエネルギー源を作れないだけでなく、新たな細胞を生み出す材料にもなっているのです。

またこれ以外に最も大きな特徴にはレシチンは、カラダに溜まった老廃物を排出する役割をも持っています。体内に老廃物がたまることでアンチエイジング効果も薄れ、老化を早めてしまうことにもなります。

そしてコレステロールを下げる働きもあります。このことによって血行が良くなり代謝アップにつながります。

 

【ビタミン】

豆乳ひ含まれているビタミンにはたくさんおの種類があります。その中でビタミンBに関しては、肌のハリや弾力を与えてくれ、肌の新陳代謝を促す働きがあります。またビタミンEには血行をよくし肌荒れを改善させる働きがあります。

とくにビタミンの中でもビタミンB1は生理前にとってはかなり大切な役割を担ってくれています。生理前になるとどうしても精神的に不安定になり、不安定になることで集中力もなくなりイライラするといったことになってしまいます。

こうしたことに対してビタミンB1にはイライラを抑えるなどの働きが作用するのです。

 

【ミネラル】

ミネラルには種類もかなり多くありますが、豆乳から摂れるミネラルにはマグネシウム、カリウム、リンなどがバランスよく含まれています。これらのミネラルの働きには、エネルギーの代謝を促進する効果によって基礎代謝をアップさせることで脂肪燃焼効果が期待できます。

またミネラルには精神状態を安定させる効果もあるため、生理前のイライラには欠かせないもので心の感情をコントロールするには必要なものです。またシミやそばかすといったメラニンの代謝を促進する亜鉛が含まれていることで美容効果にも効果があります。

 

【オリゴ糖】

オリゴ糖は腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌などのエサとなることで、乳酸菌などを増やす働きがあります。そもそもオリゴ糖は胃や腸で消化吸収されにくい性質をもっています。この性質のおかげで大腸までオリゴ糖が届くことで善玉菌を増やし免疫力を高めて悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

この働きによって腸内環境が改善され便秘を解消させてくれます。また腸内環境が改善されるということは、同時にカラダにとって老廃物を排出しやすい環境も改善できたことになるために、毒素を排出することで美肌効果にも効果があるのです。

 

生理前から始める豆乳ダイエットとは

glass-1379822_1280-1

生理前からの時期はどうしても太りやすい時期だといえます。しかし生理前に豆乳ダイエットをすることで、これらを改善することができるようになります。ただ生理前はあくまで何をしても思うような結果を出すことはできません。

生理前に豆乳を飲むダイエットは生理後を見越したダイエット方法だということです。生理後になると、これまでに溜まっていた水分や老廃物といった無駄なものを排出でき、脂肪が燃焼されやすい時期になるのでダイエットとして痩せたいのであればもっとも適した時期なのです。

生理前からブロゲステロンが増加する時期から生理後に落ち着くまでの時期にうまく豆乳を使い痩せやすくさせる方法が豆乳ダイエットなのです。

 

豆乳ダイエットの嬉しい効果

girl-1359007_1280-1

ホルモンバランスを整えてくれる

生理前からホルモンバランスが崩れることによって、精神的に不安定になってイライラすることがあると思います。その中でも特に生理痛が重い人に共通することが「カラダの冷え」です。またストレスや不規則な生活を送っていることでホルモンバランスも大きく乱れてしまいます。

その結果としてニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう事にも繋がります。これは男性ホルモンが過剰に分泌されるからです。また糖分の中でも特に砂糖の摂りすぎることで生理痛を悪化させることもわかっています。

さらにカラダまで冷やすことまでわかっています。こういったホルモンバランスを崩す原因にはいくつかありますが、これらの原因をまとめてホルモンバランスを整えてくれるのが、豆乳の中に含まれる成分にあります。

それが大豆に含まれるイソフラボンという成分なのです。このイソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似た構造を持つことから、女性ホルモンの働きを助けてくれる働きをもっているのです。

ただ気をつけなければならないのは、いくらホルモンバランスを整えてくれるからといって飲みすぎることは逆効果になります。飲みすぎることで生理不順を引き起こす可能性もあるために一日に豆乳を飲むときは300mlまでが目安となります。

 

食欲を抑える

豆乳に含まれる成分には食欲を抑える効果のあるものが含まれています、その中の一つが大豆タンパク質です。この大豆タンパク質は普通のタンパク質と違うところは、カラダの中で吸収と分解に時間がかかってしまうところです。

これがお腹に満腹感を持続させる効果の一つです。また大豆タンパク質は食欲を抑える効果は即効性のため、食べ過ぎる心配もなくなるわけです。またもう一つにはレシチンという脳の神経伝達物質を生成する働きがあります。

このレシチンが食欲を抑えてくれます。ただ大豆タンパク質と違うところは即効性がないというところです。

 

新陳代謝を高める

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが新陳代謝を高めてくれます。これはカラダの代謝が上がることで冷え性や生理不順にも効果があります。またそれだけでなく、肌の新陳代謝を高めてくれることで肌をキレイにしてくれたり、美白作用や保湿が高まることもできます。

特に大豆イソフラボンが肌の保湿力を高めることによって肌の潤いに欠かせないコラーゲンを新生させるとともにヒアルロン酸の生成までも促す作用を持っています。これが保湿力がアップする理由です。

また新陳代謝が高まるということは同時にカロリーを消費しやすいということです。これが美容だけでなくダイエットとしても効果が高まることができるのです。

 

コレステロールを下げる

豆乳を飲むことでコレステロールを下げることができるのは、豆乳に含まれるリノール酸が関係しています。このリノール酸は植物油の主成分である脂肪酸の一つで動脈硬化や心筋梗塞、高血圧の予防につなげる効果があります。

これはリノール酸がコレステロール値を下げてくれることで、こういった病気を予防できるようになります。コレステロールを下げることによって病気の予防に繋がるだけでなく、太った人はコレステロール値が高いことからもダイエット効果にも繋がります。

 

脂肪の吸収を抑えてくれる

豆乳には脂肪の吸収を抑える効果があります。これは大豆サポニンが脂質の代謝を促進することによって、普段の食事をしていても脂質をすぐにカラダの外に排出してくれるのです。また腸内の絨毛を縮小させることで脂肪や糖質の吸収を遅らせる効果もあります。

 

脂肪燃焼効果がある

脂肪燃焼効果をもたらしてくれているのが大豆ペプチドという成分です。この大豆ペプチドという成分は脂肪を燃焼しながら基礎代謝を高めてくれる効果があることから、カロリーを消費しやすくなり、太りにくい体質へ繋げることができるようになります。

またこの大豆ペプチドの効果をさらに高めたいのであれば、酵素を混ぜて飲むとさらに効果は上がります。豆乳に果物などに含まれる酵素を取り入れることで、さらに脂肪燃焼を高めることができるのです。

 

生理1週間前からの豆乳ダイエットのやり方

clock-1606919_1280-1

生理前から始める豆乳ダイエットのやり方はじつにシンプルでわかりやすいものです。それは生理前の7日~10日前から毎日豆乳を200ml飲むことです。

 

成功のポイントは時期とタイミングと量で決まる!

豆乳ダイエットで成功させるためには、生理前7日前から生理日までの期間に豆乳を飲むことが成功させるポイントです。この7日間は排卵から生理が始まるまでの期間、カラダに栄養を貯め込もうとする時期でもあるため、この時期に水分や脂肪の貯め込みを阻止させることが肝心です。

そのためにも生理7日前~生理日までの7日間に豆乳を飲まなければなりません。しかし、いくら飲む時期やタイミング、そして量で決まると言ってもこの全ての内のどれかが間違ってしまうと良い結果に結び付かないことにもなる可能性もあります。

そのためにもまずは自分自身の生理周期をわかっていないことには豆乳ダイエットすらすることができません。まずは自分の生理周期を認識する必要もあるのです。

 

飲みすぎはカロリーオーバーの原因に!

豆乳が生理前から始めるダイエットとしてよいことがわかったところで気をつけなければならないことは飲みすぎることです。そもそも豆乳はたった200mlしか飲まなくていい反面、カロリーがかなり高い飲み物でもあります。

またダイエットということでもっと効果を出したいと思うがために、飲みすぎることも同じく豆乳によるダイエット効果は見込めません。豆乳には種類もいくつかありますが、そのカロリーは68Kcal~130calまでとその幅もそれぞれです。

また単にカロリーを低いものを選べばいいというわけでもないのです。特に豆乳には無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料としてありますが、その中でも調整豆乳や豆乳飲料には砂糖や果汁を含ませた飲みやすさを重視しているものもあります。

またこういった砂糖や果汁などを入れることで豆乳そのものを薄めている製品までもあります。飲みやすさを重視したりすることでカロリーが高くなることや飲みすぎることは、摂取カロリーを増やすことにもなるために注意が必要です。

 

無調整豆乳が効果的?

豆乳にも種類が多いことでどの豆乳を選べばいいのか悩むこともあるかもしれません。しかし豆乳選びで選びたくないものは「調整豆乳」「豆乳飲料」の2つを選ばないようにするといいかもしれません。こういったものは飲みやすい代わりに、砂糖が加えられている・・・。

また豆乳の濃度は無調整豆乳と比べれば半分程度になります。ただこういった豆乳に効果がないのかと聞かれれば、そうではありません。ただ無調整豆乳と比べるとその効果は歴然だということです。

そのために本当に生理前から豆乳ダイエットをしたいのであれば、迷わず無調整豆乳を選ぶべきです。濃度の濃い状態で飲める豆乳は大豆そのものを絞ったままの状態になるからです。ただ無調整豆乳にも欠点はあります。

それは一番豆乳ダイエットに向いているが、味が大豆そのものなために慣れていない人には飲みにくいということです。ただ始めはもちろん慣れないでしょうし、飲みにくさを感じるかもしれませんが慣れてくれば特に問題はありません。

どうしてもの飲みにくい人は飲みやすさを重視した豆乳飲料などを飲むとよいでしょう。

 

飲むタイミングのおすすめはいつ?

カロリーが高いだけに飲み方には気を使わなければなりません。またそれだけでなく、どの時間のどのタイミングで飲むとより効果が得られるのかを考えることも大切なことです。ここではおすすめの飲む時間帯を4つ紹介します。

食事の30分前・・・食事の30分前の飲むことで脂肪やコレステロールの吸収を抑えることができ、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 

空腹時・・・空腹時に飲むというのは、少し小腹がすいた時に間食をしないようにするために豆乳を飲むということです。そうすれば間食分と比較してもカロリーは低く抑えることができます。

 

夜寝る前・・・夜寝る前に豆乳を飲むことに対しては賛否あります。ここでは豆乳を夜寝る前に飲むとどうなるのかを説明します。豆乳を飲むことで褐色脂肪細胞を増やして白色脂肪細胞を減少させることができます。

まず褐色脂肪細胞には脂肪を燃焼させる働きがあります。私たちのカラダにはこの2つの褐色脂肪細胞があり、よくいわれるカラダに溜まる脂肪はこの白色脂肪細胞を指しています。この脂肪を燃やすために必要なのが褐色脂肪細胞で、豆乳を飲むことで褐色脂肪細胞を増やすことができるのです。

脂肪を燃焼させる働きのある褐色脂肪細胞が増えることで豆乳を飲む効果と相まって脂肪を燃やし、痩せやすい体質にも導いてくれるようになります。ただ夜の食事を控えることでその効果が発揮できます。

 

朝起きた時・・・朝に豆乳を飲むことで便秘の改善に効果があります。

 

 

 

痩せないで太った人と痩せた人の違い

woman-731894_1280-1

同じ豆乳ダイエットをしていてもなぜか痩せるどころか逆に太った人もいます。この太った人と痩せて結果が出せた人との違いはどこにあるのでしょう。まず、「飲みすぎはカロリーオーバーの原因に!」でお話ししたとおり、豆乳を飲み過ぎていることが太る原因にあります。

これはただ単にカロリーを摂りすぎて太ってしまったということになりますが、これ以外にはそもそも食事での食べ過ぎがあるということです。普段の食事がどれだけのカロリーを1日に摂っているかによってはカロリーが豆乳分プラスされるわけです。

単純に食べ過ぎることでの太る事と、また豆乳の効果を知っているがために、多少食べても問題はないと思って食べてしまった人も同じように太る結果を出してしまっています。あくまで豆乳は痩せるためのサポートと考えることが大切です。

また食べ過ぎても運動をしていないことも大きな太る原因になります。豆乳には脂肪燃焼効果があるために運動前に豆乳を飲むことで脂肪燃焼を促進させてくれます。運動を取り入れることも大切なことなのです。

そして最後に豆乳そのものが身体に合っていない場合も太るとされています。これはホルモンバランスや体質によって変わることで、特に生理前に豆乳を飲むことで黄体ホルモンの働きがつよくなってしまう人もいます。

そのためにPMSが悪化することもあります。こういった体質で合わない時は無理せずに中断しましょう。

 

生理前は運動やストレッチがおすすめ!

fitness-1348867_1280-1

生理前は何かとカラダを動かしたくないと感じやすいかもしれませんが、豆乳ダイエットを成功させるためには運動などはしておいた方がよいです。特に運動をするということはそれだけカラダを動かし血行の流れもよくなり代謝を上げることにもなります。

また運動をすることで精神的にも落ち着かせる効果もあるためにおすすめです。中でも有酸素運動をすることが最もおすすめの運動です。こういった運動が勧められるのには、運動不足が生理痛をひどくしている原因の一つでもあるからです。

またカラダ調子を整えるという意味と血行促進の意味でもストレッチも有効な方法です。

 

食事制限は不要だけど、食生活には要注意!

sandwich-498379_1280-1-1

豆乳ダイエットは他のダイエットと大きく違うところは極端な食事制限は必要がありません。ただ食事制限がいらないからといって、たくさん食べてしまえばダイエットどころではなくなります。あくまで普段のバランスの摂れた食生活にプラスするだけのダイエットです。

ただ生理前に豆乳を飲みダイエットをするわけですが、大幅な体重減少にはなりません。ただどうしても体重をしっかりと落としたい時は、食事の中でカロリーの高いものを控えるなどをする必要はあります。

また豆乳を食事の前に飲むことで、お腹が膨らみ食べ過ぎを予防することができます。そうすることで知らずと食べる量を自然と落とすことができ、さらに脂肪として豆乳が溜まりにくくしてくれることで痩せることができます。

あくまで食事制限は不要であっても、普段の食生活には十分に気をつけなければなりません。

 

生理前は豆乳バナナがおすすめ

bananas-1531581_1280-1-1-1

豆乳が代謝を高める働きをすることに加え、バナナを一緒に摂ることで、基礎代謝を高める豆乳の働きが大きくアップすることがわかっています。バナナにはフラクトオリゴ糖が多く含まれています。このオリゴ糖が腸内の中で善玉菌のエサとなって腸内環境を改善して便秘を解消してくれます。

またバナナにはカリウムが多く含まれていることで生理前にどうしても溜まりやすくなる水分をカリウムの力でカラダの外に排出してくれます。また水分が身体に溜まることでむくみを生じやすくもなりますが、カリウムのおかげでむくみの改善にも効果があるのです。

さらに生理前はイライラしやすい時期!こんな時期にバナナは打ってつけで、バナナには心を安定させるトリプトファンという成分が含まれています。こういったそれぞれの効果が豆乳の効果を引き上げてくれるのです。

豆乳バナナレシピ

バナナ 1本

豆乳 200ml

【作り方】

  1. バナナの皮をむいて3cmほどにカットします
  2. 豆乳とカットしたバナナをミキサーの中にいれます
  3. ミキサーで30秒ほどまわします
  4. コップに移して完成

★バナナは時間経つことで酸化し茶色く変色します。そのために出来上がった時はすぐに飲むようにしましょう。

 

豆乳を飲んだ結果!口コミは?

kiina
生理前7日間豆乳飲むだけで痩せるってのを先月やったら 本当に2キロ痩せた 恐ろしい。それから食べまくってるけどリバウンドしてない

 

夏子
生理前に豆乳飲む、ってやつやったら本当にガッツリ体重落ちて?!?!3キロ一気に落ちた……最近すごい食べてるのに!!!

 

まとめ

豆乳ダイエットは始める方法はとても簡単にできてしまいます。そのために名前だけ知っているなどで、安易に始めることで豆乳ダイエットを成功させるために必要なポイントを知らずに始めると逆に太る原因にもなります。

まず始める前にはしっかりとした情報を収集することです。また豆乳ダイエットは飲めば痩せるというわけでもありません。実践者の中には飲むだけで痩せることができた人もいますが、多くの人は豆乳を飲む以外にも運動を取り入れています。

運動、豆乳を使うダイエットの注意点などをしっかりと把握した上で実践するとよい結果に結び付くでしょう!!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 免疫力を高める食べ物・飲み物!驚く効果とは

  • 貧血で頭痛・めまい・吐き気・眠気の対処法と治し方

  • 貧血でイライラ!解消する食べ物と原因

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

関連記事

  • 目元のシワで老け顔に!原因となくす方法の全て

  • 酵素ダイエットのウソホント!痩せない人必見!効果をだすやり方

  • 大人女子必見!夜ヨーグルトで美肌&ダイエット❤効果がすごい

  • 女性でも楽々に!ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方5つ

  • 寝る前に食べるだけ!はちみつダイエットで簡単ヤセキレに❤

  • 温めてもムダ!冷え性を治す方法は治し方にある!運動・食べ物・漢方は