1. TOP
  2. 美容
  3. 1分から始める❤寝る前の簡単ストレッチでダイエットを成功させた裏技

1分から始める❤寝る前の簡単ストレッチでダイエットを成功させた裏技

辛くてしんどいダイエットは続けることが難しくストレスでしかありません。ですが寝る前に簡単なストレッチをわずか1分から始めることで痩せやすいカラダに導いてくれます。頑張らずに毎日できることが大きなポイントです。そんなダイエット効果が高い簡単ストレッチを紹介します。

 

ストレッチダイエットとは?

active-84646_1280 (1)

そもそもなぜストレッチをすることに意味があるのかについては、カラダが硬い人やカラダが柔らかい人といますが、そのカラダの硬さや柔軟性は個人差が大きいものです。カラダを柔らかくするために「ストレッチをしましょう」とよく言われる言葉ですが、カラダに柔軟性が必要なのには、ちゃんとした理由があるからです。

ストレッチダイエットとは、ストレッチをすることで筋肉を柔らかくさせ血行がよくなることで基礎代謝が上がることでダイエット効果とダイエットにつなげやすい効果があります。またダイエットとして考える以外にもカラダが柔らかいことでのメリットには日常生活での溜まった疲れを早める疲労回復効果があります。

また肩こりや腰痛の原因を改善させたり、負担を軽減させたりと様々な効果があります。特にダイエットと関連して美容として考えた場合にも老化を防止するというメリットまであります。

つまりストレッチダイエットはカラダが硬い状態で生活を送ることで基礎代謝の低下や血行不良を招きやすくなるために、本来ある筋肉のもつポンプ作用を利用させることで基礎代謝を上げていくことにあるのです。

 

ストレッチダイエットの効果

book-978888_1280 (1)

 

ストレッチダイエットの効果は運動ダイエットのように、体重がすぐに落ちるなどの効果がはやく現れるものとは違い、時間がかかることがネックではありますが、毎日を継続することで代謝が上がり、カラダが少しずつ引き締まってきます。そのための効果と方法を紹介していきます。

 

ストレッチの『タイミング』で抜群に効果があがる!

stretch-63869_1280 (1) (1) (1) (1)

ストレッチはいつでも簡単に始めることができますが、ストレッチをするタイミングを知っておくとより大きな効果を得ることができます。そのタイミングが入浴後の時間帯と夜寝る前の時間帯にストレッチを行うことにあります。

ただいくらその時間にストレッチ効果が高くなり痩せやすくなるといっても、続けることができなければ効果を体感することは難しくなってきます。そのためにもまずは考え方を変えていく事も一つの方法として知っておくのもいいかもしれません。

まずはストレッチのダイエット効果がすごいということを改めて知っておく事から始め、カラダを動かすことが苦手な人は運動をしなければならないというストレスに追われ、余計にダイエットから遠ざかってしまうことがあります。

こういった事にならないようにまずは運動からではなく、ストレッチから始めるようにしてください。自分自身を責めすぎる結果、ダイエットが続かないことになります。つまり何かしらの制限が辛いと感じるようなことは、自分自身をコントロールすることが難しくなるのです。

そうならないためにも、「しなければいけない」という考え方を止めて楽しむように考えることも大切なことです。そこから続けるという習慣にもっていくことがストレッチでのタイミングをつくる機会を増やすことができ、ストレッチダイエットを続けるようになれます。

 

寝る前のストレッチはダイエット効果が高い

pillows-1031079_1280 (1)

寝る前にストレッチを行う目的はダイエット効果に繋げるための脳とカラダを睡眠モードに繋げるためにするストレッチです。寝る前にストレッチをおこなうことで睡眠中に成長ホルモンを分泌させることにあります。

成長ホルモンは眠りながらカロリーを消費したり、カラダの疲れを回復したり体の組織の修復や再生などを行ってくれています。つまり寝ながらも代謝をコントロールしているのです。寝る前にストレッチを行い睡眠を質の高い睡眠に変えることで肌の老化を防止したり、カラダの脂肪の増加を防ぎ太りにくくしてくれます。

もし睡眠が十分にとれていなかったら、睡眠中に成長ホルモンが十分に分泌されなくなるため、カラダの疲れもとれず、肌を老化させ、カラダに脂肪をつきやすく、太りやすくさせてしまいます。またそれだけでなくカラダの免疫力も弱まるため病気になりやすくもなってしまいます。

こういった様々なことは睡眠をとることで防げているために、ただダイエットだけでなく、すべてにおいての健康としても必要なことなのです。そして寝る前にストレッチをすることで全身のむくみと疲労をリセットし、固まった筋肉をほぐし質のよい睡眠に繋げていくのです。

 

寝る前のストレッチは○○をつくる

寝る前にするストレッチの基本的なところは、いかに質の高い睡眠に繋げることができるかにあります。つまり脳とカラダを睡眠モードに導いていくことにあるためにストレッチの仕方にも気をつけなければなりません。

とくに睡眠を質の高いものにするための鍵が副交感神経に働きかけるストレッチをすることです。簡単にいってしまうとカラダをリラックスさせるストレッチを夜寝る前に行うことです。そのために寝る前のストレッチは快眠を誘うストレッチにするため、ストレッチの強度が低いものを選ぶことです。

呼吸を止めるような強度のあるストレッチではなく呼吸を止めずにできるストレッチをおこなうことです。またストレッチを行う時にはストレッチをする環境にも気を配るとより効果的になります。ストレッチをしながたテレを見たりスマホを見ることは脳を刺激させてしまう為にしてはならないことです。

また部屋の照明も少し暗く温かみのある照明に切り替えることもリラックスさせる環境をつくるのには適しています。

 

下半身デブに!ダイエットのカギは股関節にある

portrait-828398_1280 (1)

カラダが硬いイメージを持つ一つとしては下半身があります。また多くの女性が痩せたいと思っている場所の一つが下半身でもあります。こういった下半身になにかしらのコンプレックスを持っているのには下身が太っていることも意識としてあったりしますが、下半身が太ってしまうのには意外と股関節が関係してもいるのです。

下半身が痩せている人やカラダそのものに柔軟性の高い人は痩せている人が多いことがわかっています。じつは下半身で特に太りやすいと感じている人は股関節が硬いことがわかっています。股関節というのは、太ももの骨と骨盤を繋げている部分で、本来はこの股関節の周りには筋肉がたくさんついています。

これには股関節が様々な動きに対応できるようにいくつもの筋肉がついているわけですが、ここの筋肉が低下していると太りやすく、また股関節が硬い人はその可動域にも制限がかかり、筋肉が使われにくくなり、結果として筋肉の衰えに繋がり太りやすくなるということです。

またそれだけではなく、カラダや下半身が硬い事は、冷えやむくみを作りやすくもなります。股関節にはリンパが集中していることもあって、老廃物がたまりやすい場所でもあります。そのため、股関節を柔らかくするということは、同時に老廃物の排出とむくみを改善させることになります。

つまり股関節さえしっかりと柔軟に可動させることができれば、股関節周りの筋肉がしっかりと使え、鍛えられることで代謝も上がりやすくなるのです。

 

お風呂に上がりのストレッチが痩せる理由

bathroom-1336162_1280 (1)

お風呂に入ると疲れが摂れてリラックスした気持ちになると思います。お風呂にはこういった効果だけでなく、カラダを温めることが大きなダイエット効果になっています。カラダを温めることで血液の流れがよくなってリンパん流れもスムーズに流れていきます。

こういった作用でカラダに溜まった老廃物も排出することができて代謝を上げやすくしてくれます。またお風呂に入ることでカラダが温められると普段ストレッチをする消費するカロリーと比較しても大きく差が生まれます。

特にお風呂あがりにストレッチをすることで消費するカロリーも多くなってきます。ストレッチそのものは運動と比較した時に、それほど大きなカロリーは消費することはできませんが、入浴後にストレッチをすることでストレッチ効果を上げることができます。

とくに代謝が上がるだけではなく、カラダが温まったこことで筋肉がしっかりと伸ばせるようになって柔軟性が高くなることがお風呂上がりのストレッチの大きな魅力です。

そしてもうひと大きな効果があるのが、自律神経にあります。自律神経には2つあり、カラダの動きを活発にさせる交感神経とカラダをリラックスにさせる副交感神経とがあります。入浴シーンにおいてはリラックスさせてくれる場所であるために副交感神経が優位な状態になります。

このリラックスできる状態を作ることも一つのダイエットに繋げるためには必要なことで、交感神経が活発になってしまうと、その後の寝る時間や寝つきにも大きく影響をうけてきます。また夜寝る前までテレビをみたり、スマホを触っていることはせっかく副交感神経を高めた状態を台無しにさせ交感神経がまた優位になってしまいます。

お風呂上がりのストレッチ効果を高めるためにも、入浴後は副交感神経が優位になる状態を作っておくことも必要なことです。

 

成長ホルモンの分泌量UPで痩せやすい体に

young-woman-1208269_1280 (1)

 

基礎代謝を上げるためにも、成長ホルモンを分泌させる量をアップさせることが大きな鍵となります。成長ホルモンは寝ながらカロリーを消費したり、筋肉を定着させるためには欠かせないホルモンなのです。そのためにも成長ホルモンを多く分泌させる方法を知っておく事が肝心です。

 

質の高い睡眠がダイエットに繋がる!

ここまでで交感神経と副交感神経の違いをお話ししてきましたが、就寝前のストレッチこそが筋肉を柔らかくするだけでなく、副交感神経を優位にさせるための方法でもあるために、しっかりと質の高い眠りをつくる環境を整えることも必要になるのです。

また睡眠は一日の中でも最も成長ホルモンを分泌させる時間帯でもあるために「眠り始めの最初の3時間」はとくに意識しておくことも必要です。この眠り始めの3時間というのは、最初の3時間に最も成長ホルモンが分泌される時間でもあります。

そのためにも眠りに入りやすい環境作りをして睡眠に入るようにしなければなりません。とくに睡眠が不足することで代謝が悪くなったり、病気になったりと何かしらのカラダの不調を招きやすくなります。また一番目に見えて影響する部分は肌です。

肌に関しては特に肌のターンオーバーが乱れ、しわやくすみ、シミ、ニキビなどの肌トラブルに直結する問題になります。そのためにも寝る前にはしっかりとしたリラックスモードを作るようにしましょう。

 

食べ過ぎを予防できる

寝不足の時に何か甘いものや味の濃いものを食べたくなるような経験をしたことはありませんか?これは睡眠と大きな関係性があり、睡眠不足の人ほど食欲が湧いてくると言う事が医学的にも証明されています。

ある実験で、睡眠時間を4時間しか寝ていない人と10時間寝ている人との食欲に関する増進があるかどうかの実験で、4時間しか寝ていない人は食欲を増進させる物質が増えて、逆に食欲を抑える物質が減少していることがわかったのです。

そして同時に睡眠不足の人は食べる物に対しても味の濃いものを好むようなデータまででています。こうした食欲をコントロールしているホルモンには「レプチン」と「グレリン」という物質が関係しており、レプチンというホルモンは脂肪組織で作られるホルモンで、満腹中枢に働きかけることで食欲を抑えてくれる役割をもっています。

これ対してグレリンは、胃で作られることで食欲を増進させる作用を持つホルモンです。睡眠がしっかりととれていないと、この食欲を増進するホルモンのグレリンが増加し、食欲を抑えるレプチンが減少してしまうのです。

つまり睡眠不足にならずに、しっかりと睡眠をとっている人ほど、食欲を抑えることができ、痩せやすくなるということなのです。逆に睡眠不足の人ほど太りやすいというのは、このグレリンの物質が多くなることで太りやすくなっているのです。

食べ過ぎを防ぐためにも睡眠はしっかりと摂っておくことで食べ過ぎを防いでくれているのです。またダイエットにおいて食べたいのに何らかの制限をしている人は多いものです。ですが本来はしっかりと食事のバランスと量と質を考えた上で食べることには問題はありません。

食事でストレスを感じたくない人にはこんなこともおすすめです。

 

寝る前の簡単ダイエットストレッチ方法

伸びをするだけストレッチ方法

woman-570883_1280 (1) (1)

仰向けにただ寝転んでおもいっきりカラダを伸ばしてみてください。伸ばしきったところで、ゆっくりと深呼吸をしてみてください。たった1回だけ伸びをすることで、その気持ちよさが実感できるはずです。これは普段の私たちの生活がそれだけカラダを縮めて生活をしていることが多いということです。

とくに季節によっては寒い時期には自然とカラダを小さく縮めているカラダの筋肉は、長時間筋肉を縮めている状態になります。これはかえって血液の流れを悪くさせ、肩こりやむくみといった原因にまで繋がってしまいます。

長時間同じ姿勢でいることにも同じ事が言え、血行を悪くさせているのです。こういったことにはカラダを伸ばすことをすれば、縮まったカラダを伸ばすことで圧迫されていた血流も改善され疲労物質や老廃物も流れやすくなります。

期肉を伸ばすだけで筋肉もほぐれ、さらにインナーマッスルも活性化されるのでより代謝が上がりやすく、期肉を引き締める効果にも繋がります。

 

ゴキブリ体操でむくみ知らずに

名前は悪いですが、ゴキブリ体操とはひっくり返ったゴキブリの状態に似ていることからこんな名前がついていますが、その効果は名前以上の効果があります。とくにカラダの冷えを感じる女性にとっては冷える場所も様々ですが、特に末端の両手両足が冷える人にはかなり有効な方法です。

方法はかなり簡単で、しかも効果絶大となればやらない手はないと思います。ゴキブリ体操の効果はむくみの解消にあります。人のカラダにある毛細血管はじつに手や脚に70%もあるといわれています。その毛細血管の流れをスムーズに流してやることがむくみの解消へと繋がるのです。

そしてむくみが解消されれば、脚もすっきりと痩せて見えるだけでなく、骨盤の内側にある筋肉まで鍛えることができるために、エネルギーの消費量も増やすことができます。

【方法】

  1. 仰向けに寝て全身の力を抜きます
  2. 両手両脚を上げて、床に対して垂直になるようにします
  3. 手首と膝を少し曲げて軽く手脚全体をブルブルと振動させます
  4. 30秒から1分間おこないます
  5. 1セット~3セットおこないます

参考動画はこちらから!

 

足のムクミを解消するストレッチ方法

股関節にはリンパ管が合流するリンパ節があります。ここにリンパが合流するということは、むくみや老廃物が滞る場所でもあるということです。そのためにも1日で溜まった物を寝る前にストレッチでしっかりと流れを作り、翌朝にはしっかりと流しておくと次の日の朝がかわってきます。

【方法】

  1. 仰向けに寝た状態から左脚を垂直に上げます。このときに左脚を両手で支えながら右脚を30度くらいの高さに上げて伸ばしておきます
  2. 次に右脚も同じように垂直に上げていきます。今度は反対の脚も同じように30度あげます。この時にお腹に力を入れながら行います
  3. 1と2を1秒ずつ交互に10回ずつおこないます

 

足首のストレッチをする

「足首 ストレッチ」の画像検索結果

出典:http://stat.ameba.jp

【方法】

  1. 床に座り脚をのばした状態にします
  2. 脚首を前方に反らしていきながら、力を入れて膝も伸ばします
  3. この状態で腰に力を入れて5秒間静止します
  4. 10回繰り返す

 

下半身の脂肪を燃焼させる方法

下半身の脂肪を燃焼させるストレッチで脚を一直線に上げるほど効果の高くなるストレッチ方法です。まずは「方法」の順番から慣れていってください。この方法に慣れたら今度は秒数を増やしていくか、そのまま腰に手を当てて腰が浮くまで高く上げることでバランス感覚まで鍛えることができるようになります。

【方法】

  1. 仰向けに寝て、膝を軽く曲げた状態で脚を曲げます
  2. この時に膝は90度以上をキープさせます
  3. 脚首と膝同士が離れないようにしっかりとくっつけておきます
  4. この状態で15秒間キープします

 

参考動画はこちらから

 

膝を抱えてストレッチする方法

太ももの裏や背中、腰の筋肉は普段の生活ではあまり使うことのない場所になるため、こういった場所を伸ばすことで太ももの裏や背中、腰の筋肉をほぐす効果があります。特に同じ姿勢で長時間の仕事を強いられる人にとってはしっかりとほぐすことが大切です。

参考動画はこちらから

 

前ももを伸ばすストレッチ方法

出典:blog.crooz.jp

【方法】

  1. 正座をした状態からゆっくりと、そのまま万歳をする形で後ろに倒れていきます
  2. いきなりは難しい人は仰向けになった状態から両脚を正座をする形を作るようにします
  3. この時に両膝が離れない状態にします
  4. 両膝を曲げて太ももを伸ばすポーズができたら、両手を大きく万歳させるイメージで大きく伸ばします
  5. この時に両腕は両耳につけながら息を長くはいていきます
  6. 30秒から1分この状態を維持します

 

お腹の脂肪燃焼を促すストレッチ方法

「腹筋運動」の画像検索結果

 

 

出典:skincare-univ.com/

このストレッチ方法はお腹の脂肪を燃焼を促すことができます。お腹周りの筋肉を鍛えることによって効果を発揮することができます。またこの方法のいいところは、通常の腹筋運動とは違って腰への負担もなく、さらに寝る前にするストレッチのために激しい運動でもないところにあります。

【方法】

  1. 仰向けになり両膝を軽く曲げます
  2. この時に両膝はしっかりとくっつけておき、内側の筋肉を締めるイメージでぴったりとつけておきます
  3. 両手を頭の後ろで組み、頭をそのまま持ち上げます
  4. この時におへそが見える位置まで頭を上げてください
  5. この状態があできれば15秒維持させます

 

ウエストに効果的!お腹ストレッチ方法

腹筋ストレッチはあくまで本格的にするものではありません。あくまで寝る前に行うストレッチの一環のためにハードにしないようにしましょう。

「腹筋ストレッチ」の画像検索結果

出典:http://kintoresyosinsya.info/

【方法】

  1. 布団の中で仰向けになり、両手の平をお腹に乗せておきます
  2. 両脚を床から5cm~10cm程度の高さをゆっくりと持ち上げていきます
  3. この時にお腹に力が入っていることを意識しましょう
  4. この状態を維持できなくなってきたらゆっくりと両脚を下ろしていきます

 

ヒップと脇腹をのばすストレッチ

「ヒップと脇腹(腹斜筋)のばし」の画像検索結果

出典:http://healthil.jp/

【方法】

  1. 仰向けになり、両腕を大きく開きます。この時に右ひざを胸元に軽く引きつけます
  2. 左手で右ひざを外側に支えながら息をはきながら右ひざを左方向に倒していきます
  3. この時に目線はしっかりと右腕に視線が行くようにします
  4. 右わき腹が伸びているのを感じながら10秒キープさせます
  5. 仰向けに姿勢に戻ります
  6. 次に反対側も同じようにおこなっていきます

 

ストレッチダイエットの方法はゆる~く考えるべき

art-of-living-370572_1280 (1)

ストレッチダイエットの効果を高めるために何より大切なことは、「しなければならない」という意識に駆られるのではなく、頑張り過ぎないことが最もよいとされています。これはストレッチダイエットをするがために、それに縛られることでの義務感を感じないことが何より大切です。

効果を高めるためには確かに、ストレッチの時間帯や方法というのは大切なことです。しかし、なによりも大切なことは「継続できるかどうか」にあるわけです。細かなことに縛られすぎると、ストレッチですら続けることが難しくなってくる恐れもあります。

あくまでもリラックスを心がけて、自分自身が気持ちよくなれるストレッチを心がけるといいでしょう。

 

まとめ

ストレッチダイエットは運動などのような早い段階でのダイエット効果は難しいですが、その分カラダにとっては負担も少なく寝る前にストレッチをすることで少しずつ痩せていくことができるようになります。またすでに有酸素運動をダイエットに取り入れて励んでいる人で中々思うように痩せない人は、そもそも有酸素運動のやり方を間違っている可能性も考えられます。

是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 免疫力を高める食べ物・飲み物!驚く効果とは

  • 貧血で頭痛・めまい・吐き気・眠気の対処法と治し方

  • 貧血でイライラ!解消する食べ物と原因

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

関連記事

  • カサカサ肌の原因!潤いを取り戻したい・・・。たった5分でできる対策

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

  • つまむだけダイエット方法!【顔・太もも・二の腕・下腹】に効果的な時間を知り脂肪を流そう!

  • 女性ホルモンを増やす❤キレイになれる10の方法

  • 【自律神経を整える行動】朝と夜の簡単ストレッチ習慣

  • 食べてすぐ寝ると太る真実!痩せる健康法の過ごし方