1. TOP
  2. 美容
  3. 1カ月でニキビ肌が撃退!乾燥肌も防ぐ簡単❤泡洗顔と化粧水❤

1カ月でニキビ肌が撃退!乾燥肌も防ぐ簡単❤泡洗顔と化粧水❤

 2016/08/21 美容
この記事は約 13 分で読めます。 1,179 Views

ニキビ肌に困っていませんか?特に乾燥肌でニキビ肌はケアが大変だと思うかもしれませんが、正しい方法で1カ月もあればしっかりとキレイに治すことができるようになります。間違ったスキンケア対策をしていると知らない間に角質層を傷つけ大変なことになります。

 

1カ月の意味!続ければ肌は変わる!

woman-593141_1280 (1)

肌のターンオーバーという言葉を聞いたことがあると思いますが、これは肌の新陳代謝によって肌の生まれ変わりが起こることを「ターンオーバー」といいます。これは表皮細胞が日々成長することで下から上へと押し上げられていくことで角質となって剥がれ落ちるまでのサイクルをいいます。

この肌のターンオーバーの目的は、しなやかで美しい角質のバリアを保つことにあります。このターンオーバーは通常であれば約1カ月の周期として28日の周期がちょうどよい周期と言われていますが、肌に何らかのトラブルがあると、この周期が早まることがわかっています。

ターンオーバーが早くなるとなぜトラブルの肌につながるのか?ですが、これは通常28日周期で行うことでキレイな肌を作り上げていきます。しかし周期が早くなると、新しい角質としての出来上がる準備が十分にできなくなります。

つまり成熟しないままで肌となるわけです。そうして作られた肌は、傷みやすく、乾きやすく、水分を保持するのも難しく、乾くと硬くなりやすいという特徴をもっています。こうした肌が出来上がってしまうと当然肌のバリア機能は低いために肌トラブルを発生させやすくするのです。

【肌トラブル】
・大人ニキビができる
・しわになりやすい
・シミができやすい
・赤みや湿疹ができる
・毛穴が目立つようになる
・毛穴の黒ずみができる
・肌が敏感になる
・皮膚トラブルを招きやすくなる

肌のターンオーバーが早まることで、このような肌トラブルを作ってしまう原因にもなってしまいます。本来は28周期を目安に肌のターンオーバーが進められれば、キレイで美しい肌が作られていくのです。

 

顔がテカテカ!だから脂性肌ではない!

鏡をみて顔がテカテカしていると感じる人など、皮脂の分泌が多いと感じる人ががよく皮脂を拭き取ってしまうことがあると思いますがこれは逆効果になってしまいます。というのもこれは身体からの肌が乾燥しているというサインを知らせてくれているわけです。

肌が乾燥しているために皮脂を分泌させているのです。つまり皮脂が多いからといって脂性肌と決めつけるとよくはないということです。しかし、乾燥肌と脂性肌との区別をつけるのは難しいものです。乾燥肌の場合は、角質の水分や皮脂の分泌が少ない肌を指します。

逆に脂性肌の特徴は、皮脂分泌が多い、ニキビ発生環境がそろいやすい肌となります。また皮脂が多く分泌されてニキビがあっても肌が乾燥していることもあります。こういった乾燥肌でもニキビはできるためにその見分け方に困る人もいるかと思います。

そこで簡単に一つの基準として見極める方法が洗顔をすることです。洗顔をした後すぐに顔にツッパリ感があるかないかで見極めます。肌がつっぱるような感じがあれば乾燥肌。つっぱらないのであれば、脂性肌ということです。

ただあくまで目安でしかないために、どうしてもしっかりと知りたいのであれば皮膚科で調べてもらうのが無難です。

 

乾燥肌によってできるニキビ!その原因とは

thinking-767040_1280 (1)

ニキビには思春期にできるニキビと大人になってもできるニキビとあります。思春期にできるニキビは成長とホルモンバランスが原因ですが、大人ニキビの大きな原因は肌の乾燥からくるものが原因です。そのため思春期ニキビと違ってできる場所も違います。

大人ニキビの場合には、口の周りやあご、フェイスラインやUゾーンにできやすくなります。乾燥によってこうしたニキビが出来やすくなりますが、これは乾燥した肌は健康的な肌と比べて角質が残りやすいという特徴があります。

つまり角質が残りやすくなることで角質が厚く硬くなってしまうのです。これが角質の毛穴をふさいでしまい毛穴をつまりやすくします。また乾燥肌であっても皮脂の分泌が多い場合もあります。これは乾燥肌になっている肌を、少しでも保湿しようと皮脂が多量に分泌されることによって起こることで乾燥肌のサインとしてあります。

また乾燥肌だからといって脂性肌用の化粧品を使うスキンケア、逆に脂性肌だからといって乾燥肌用の化粧品を使うのもニキビにつながってしまいます。乾燥肌の場合に脂性の化粧品を使うと毛穴が詰まりやすくなりニキビを発生させやすくします。

また脂性肌だからといって乾燥肌用を使用すれば、使いすぎることで余分な油分が酸化しニキビにつながります。こうしたことは、洗顔のしすぎなどで肌を乾燥させ、バリア機能を弱めてしまうことで肌が敏感になったり、逆に肌の渇きを補おうとすることでオイリー肌になったりもします。

大人ニキビができてしまう主な原因は古い角質の蓄積と肌の乾燥にあります。皮脂よりも乾燥が主な原因にあるのです。

 

インナードライに注意?!

インナードライという言葉を聞いたことはありますか?インナードライとは肌の表面は皮脂でテカリがあるのに、肌の内側には水分が不足していて乾燥している状態になっていることをインナードライ肌といいます。

インナードライ肌の困るところは、表面は皮脂でテカテカしているために、脂性肌と感じ違いをしてしまい、皮脂をとるための洗顔やケアをしてしまうがために大人ニキビができやすくなったり、しみや肌のたるみなどを含め、何らかの肌トラブルが一向に改善されない状態になってしまいます。インナードライの特徴にはこういったことがあります。

・皮脂を取り除いても、さらに皮脂が増える
・毛穴が目立ち、キメが粗い
・化粧のノリが悪くなっている
・皮脂が出ていても、肌につっぱった感じがある
・肌の表面にごわつきがある

こういった症状を感じている人はインナードライ肌の可能性も考えられます。

 

ニキビの原因になる皮脂・テカリ対策はどうすればいい

肌が乾燥することで、乾燥を少しでも補おうと皮脂が分泌されますが、このテカテカした皮脂が気になるからといって、あぶらとり紙のようなものでしっかり拭き取ってしまう人もいるかもしれません。しかし皮脂はとりすぎてしまうとさらに過剰に皮脂を分泌させようとします。

これはカラダが不足した油分を補おうとする自然な現象ですから、拭き取ってしまうのは逆効果になります。どうしても皮脂が気になるのであれば、あぶらとり紙は使わずにミスト化粧水を吹きかけたあとに、軽く押さえてとるだけにしておくほうがいいでしょう。

必要以上に皮脂がとれることもなく保湿にもなるために、どうしても気になる時はこういった対応が好ましいです。

 

乾燥肌かどうかチェックしてみよう

今、乾燥肌かどうか自身でわかりにくい場合はこのチェック項目を参考に乾燥肌にあたるかどうかを確認してみてください。

1 Tゾーンが皮脂でテカテカしている
2 一日中、エアコンの効いた環境にいる
3 口の周りが粉をふく
4 フェイスラインが乾燥する
5 冬になるとカラダが痒い
6 メイクがのりにくい
7 こめかみや生え際がテカりやすい
8 肌がざらざらしている

こういった事にあてはまる数が多いほど乾燥肌の傾向にあります。

 

大人ニキビは乾燥部位に好発する!

大人ニキビが頬やUゾーン、フェイスライン、口周りにできやすいことが分かりましたが、こういった場所にニキビが出来やすいのは、この部分が乾燥しやすい場所であるということなのです。また同時に大人ニキビは同じ場所にできやすい特徴ももっています。

これは毛穴がつまったことで奥に炎症を引き起こすアクネ菌が残ってしまうことで一度できても再び大人ニキビができてしまうのです。また大人ニキビは思春期ニキビと大きく違うところは、ニキビア跡としてのこりやすいということです。

大人ニキビをその場で治すことはできても再発しやすく、さらに跡が残りやすいのは肌の代謝が遅れているせいでもあります。またこのニキビケアを十分にケアをしていないと30代から40代にかけて特にニキビが色素沈着を起こし、シミとなってしまうこともあります。

大人ニキビはとくに乾燥する場所にできやすいためにしっかりとしたケアが必要になってくるのです。

 

乾燥肌とニキビを同時に治したい!

乾燥肌がニキビを発生させている大きな原因ですが、できれば乾燥肌とニキビは同時に治したいものです。しかし根本的な原因は乾燥にあるためにまずは、乾燥肌を治すことが先決になります。洗顔をしすぎて乾燥している場合は、ぬるま湯で洗うだけでもかまいません。

また洗顔料を使う場合は、しっかりと泡を立てて擦らずに泡で洗うようにすることです。洗顔後に洗い流す時は、ぬるめのお湯で洗い流すようにするとよいです。

【泡洗顔の方法】

1 ぬるま湯に洗顔ネットを浸す
洗顔で泡を立てるためにネットですが、100円均一のものでもよいですが、より泡立ちがよくなるのはオーガンジー素材のネットを使うとより泡立ちがよくなります。

2 洗顔ネットに石鹸か洗顔フォームをつける
洗顔ネットにつかるせっけんや洗顔料を選ぶときは、泡立ちの良いものを選ぶことでキレイにきめ細やかに泡立たせることができます。意外かもしれませんが、牛乳せっけんは意外と高評価を得ている洗顔せっけんです。

またあくまで牛乳せっけんは保湿や栄養を肌に与えるものではなく、あくまで洗顔をするだけに使います。ただ牛乳せっけんは乾燥やにきびには効果があり、また肌がワントーン白くなることでも美白効果も期待できます。

3 マシュマロのように泡立てる
洗顔ネットにただひたすら泡だてていきます。この時に少しずつ水を足していくことでマシュマロのようなきめ細かい泡を作ることができます。泡うを作る目安は手を逆さにしても落ちない程度の弾力と少し硬めの泡になる状態です。

4 肌にのせて20秒待つ
泡だてたマシュマロをゴシゴシと洗わずに顔にただ乗せるだけでよいです。イメージとしてはパックをする感じでただ乗せるだけで、キメの細かい泡が毛穴の奥まで浸透し汚れを吸いとっていきます。

5 ぬるま湯で流す
乾燥肌の人の場合、ぬるま湯で洗い流した後に、つっぱる感じが肌になければ効果を実感した証拠になります。脂性肌の人の場合は、洗い流した後に皮脂膜のようなものを感じることができれば、ちょうどよい合洗顔だという証拠です。

6 保湿を最後に!!
最後に化粧水をつけていきますが、肌全体を潤すためにもコットンでやさしく、まんべんなくパッティングしていきます。

 

乾燥肌の原因は他にもある

laptop-943558_1280 (1)

乾燥肌になる原因には、間違ったスキンケアが乾燥肌の原因になっていますが、スキンケア意外にもいくつか原因を作っていることがあります。その一つがエアコンの環境の中で生活をしていることです。特にエアコンが入った部屋にいると皮脂が乾燥し水分バランスが崩れてしまいます。

またエアコンの効いた部屋から温度差の激しい外に出ることも同じように肌を乾燥させてしまうことになります。また季節の変わり目もアレルギーとして痒みが出たり、水分バランスが崩れやすくなる時期でもあります。

その他の乾燥肌に対しての原因はこちらを参考にしてください。

 

肌は保湿とホルモンバランスも大切

woman-977020_1280 (1)

大人ニキビの原因には乾燥以外にも男性ホルモンが関係していることがわかっています。ニキビの原因には、毛穴のつまりからアクネ菌が影響して炎症がおこりニキビとなるわけですが、皮脂の分泌が増えたりするのは、男性ホルモンが関係しているからです。

また男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)も男性ホルモンと似た働きをすることから皮脂を増やしやすくさせます。こういった男性ホルモンが優位にたつ状態が肌のトラブルにもなるために、まずは女性ホルモンが優位になるようにしなければなりません。

そのためには日々の生活習慣にも気をつけなければならないのです。特に働き盛りの女性にとってはもっとも問題となるのが、偏った食生活、ストレスそして睡眠不足などです。こういった全ての生活習慣を変えていかなければ女性ホルモンのバランスを整えることができるようになります。

 

乾燥肌の改善方法

resort-846075_1280 (1)

乾燥肌を改善するためには、食生活などの生活習慣を見直すことも大切ですが、大人ニキビができないように、しっかりとした乾燥肌を正しくスキンケアを行うことも大切なことです。そのために必要な事はスキンケアで潤いを足していくことです。

生活習慣でカラダの中からキレイにする事とさらにカラダの外から潤いを入れて保湿をしていくことです。乾燥肌というのは大人ニキビを始め、様々な肌トラブルを招いてしまいますが、とにかく肌に潤いを与えることにあります。乾燥肌は角質層の水分量が40%以下になった状態をいいます。

このような状態になった時は保湿重視のスキンケアに浸透力の高いものをプラスしたスキンケア商品を選ぶことです。

 

化粧水はここが大切!選ぶポイント

toner-906142_1280 (1)

大人ニキビの原因の一つに乾燥がありますが、この原因を満たしてくれる条件がスキンケアの中の配合成分が肌の環境を整えてくれるものである事と油分と水分のバランスが保たれていて、肌を潤わしてくれるものが条件になります。

【大人ニキビに効果的な成分】
1 ビタミンC誘導体・・・余分な皮脂を抑えてニキビを予防してくれます。また美白作用によってニキビ跡にも効果があります。
2 グリチルリチン酸・・・肌にやさしい成分で炎症を抑える働きがあります。
3 オイル・アルコールフリー・・・オイルはアクネ菌のエサとなるため、ニキビを悪化させることになります。アルコールが含まれていると肌の乾燥を速めるだけでなく、刺激によってニキビを悪化させます。
4 ノンコメドジェニック・・・製品に「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されている場合、ニキビのできやすい成分を使用していない製品として扱われています。

【避けるべき成分・製品】
避けるべき成分や製品は、肌のバリアを低下させてしまう殺菌作用の入った製品は避けるべきです。またイオウが含まれる成分も乾燥する大人ニキビにはよくありません。特に思春期ニキビと大人ニキビを一緒のものを考えて、思春期ニキビ用の製品を使用するのもよくありません。潤いが不足し肌のバリア機能を低下させてしまいます。

 

ニベアクリームがニキビのいい理由

nivea-1495475_1280 (1) (1)

ニベアクリームがニキビによい効果があると話題になています。このニベアに含まれる主要成分には、スクワラン、ホホバオイル、クエン酸とあり保湿効果の高いものが使われています。また保湿効果以外にも肌を保護させたり、肌を整える効果があります。

これは肌の皮脂バランスを整える効果につながり、肌のターンオーバーを促進させてくれます。ニベアクリームの成分にはこれだけのものが含まれています。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

これらがニキビを改善してくれるわけですが、そもそもニキビは肌の乾燥が原因でニキビができてしまいます。肌が乾燥することで皮脂が多く分泌されています。この分泌された皮脂を必要以上に洗顔やあぶらとり紙などで取り除くために皮脂分泌が増えるのです。

ここにニベアを塗るとニベアは油分を含んでいるために、皮脂が多く分泌されていたものがおさまっていきます。つまり肌が乾燥する必要がなくなったと思い、おさまってくるのです。しかしニキビが全てニベアクリームで治るわけではありません。

 

ニベアクリームで注意しておきたいこと

ニベアクリームでニキビやニキビ跡を改善することができる一方で、クレーター状のひどいニキビ跡には効果がないということです。また乾燥肌の人がニベアを使う場合には、肌のターンオーバーを含めニキビにも効果がありますが、一部ではニベアクリームを塗って悪化する場合もあります。

それが肌の状態が脂性肌の人の場合です。脂性肌の人がニベアを使う事でニキビを治そうと考えた時に、油成分が強くなり逆に毛穴をつまらせることになってしまいます。つまりニキビを治すどころか逆に肌荒れを起こすきっかけになるのです。

 

まとめ

乾燥肌やニキビをすぐにキレイに治すことは難しいことかもしれませんが、しっかりと生活習慣から見直すことも大切なことです。また大人ニキビをなくすためにしっかりと正しいスキンケアを行うことが必要です。大人ニキビが出来る人、肌が乾燥している人のそのほとんどは、間違ったスキンケアを行っている可能性があります。

知らない間に角質を傷つけてしまい、必要な皮脂まで取り除いていることも十分に考えられます。乾燥肌とは角質層の水分量が40%以下の状態をいいます。乾燥肌を撃退する正しいスキンケアができれば、大人ニキビは改善されます。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛パーマとエクステを比較!おすすめ全貌

  • ヤクルトで肌荒れがきれいに!美肌を作る改善秘訣

  • 便秘とむくみは体重増加にも!お腹と顔の予防法

  • 便秘の原因はストレス!女性が知っておきたい解消チェック

関連記事

  • 目の下のたるみとくまの影の原因を改善!たった9つで解消する方法

  • 空腹感を解消❤深夜に食べても太らないおすすめ「夜食」9選

  • 二 重は寝る前に癖付け!本物志向を目指す二重の方法

  • 手軽に胸を大きくしたい❤きなこ牛乳でバストアップ❤

  • 生理痛を和らげる!すぐできる方法!【食べ物・飲み物・ツボ・姿勢】

  • なんで?体重は減るのに下半身が痩せない原因と短期間で成功する方法