1. TOP
  2. 健康
  3. 便秘の原因はストレス!女性が知っておきたい解消チェック

便秘の原因はストレス!女性が知っておきたい解消チェック

健康
この記事は約 18 分で読めます。 75 Views

女性の中で便秘になりやすいと感じている人は男性と比べても便秘になりやすいことがわかっています。この理由には女性のカラダと男性のカラダの違いからわかっていることがあります。

ストレスもその原因の一つです。ただ水分や食物繊維をとればいいのではないのです。そこで女性が便秘になりやすい特有の原因を紹介するとともに解消していくための方法を紹介します。

 

女性が便秘になるのは女性だから・・・・・!!便秘の原因をチェック!!

カラダの作りで便秘になりやすい

女性の場合、男性と比べても便秘になりやすい原因がいくつかあります。そのうちの一つが女性は男性に比べて体温が低いことがあります。これはカラダの冷えを招きやすいことから血行不良になることで大腸の機能が低下しやすいことがあるからです。

 

また大腸の機能が低下しやすいだけでなく男性と比べて、女性の方が筋肉量が少ないことも便秘の原因につながります。これが腹筋が弱くいことから、排泄をするときに腹圧をしっかりとかけれなくなることで押し出す力が弱いことなのです。

 

結果、腸の蠕動運動が弱くなり便秘を招きやすいのです。

 

女性ホルモンが影響している

便秘はただの便秘では女性の場合はなくなります。それは女性ホルモンの影響によって左右されることがあるためです。女性の場合、妊娠をすれば子宮が圧迫され便秘になりやすくなります。

 

また、その前に排卵から月経までに分泌される黄体ホルモンの働きによって、腸の蠕動運動が弱くなることも便秘の原因になるのです。この黄体ホルモンの働き上、カラダに水分を貯め込む働きから便に水分が不足することも理由にあるのです。

 

ダイエットはやっぱり便秘の天敵

ダイエット中に便秘になったという経験をした女性は多いものです。これも便秘とダイエットの関係上起こりやすい原因なのです。よく便秘になると太ると言う言葉をきいたことがあるかもしれません。

 

これは当然、便秘になったことで腸内に便がたまれば、体重も増えるのもわかると思います。ただ本質は、そもそも運動不足が引き金になって消費カロリーが減り太るのです。また、分銅不足から腹筋が弱くなれば腸の蠕動運動も低下することも理由にあります。

 

そこで痩せようとダイエットをしようとするわけですが、ここで無理な食事制限をして食べる量を減らすことです。普段食べている食事の量を減らすということは、食事の中で摂っていた水分や食物繊維といった腸内環境を整えるために必要なものを摂る量が減ってしまうことになります。

 

そうすると腸の働きも食べるものが少なければ腸の機能を低下させ便秘も悪化させる経過をたどることになります。また便秘を解消するために必要な脂肪分もダイエットと称して制限すればさらに悪化をたどるようになるのです。

 

トイレに行きたい!は我慢するとよくない!!

トイレにいきたいけど、その時々の状況によって行く事ができない事もあると思います。しかし、トレイを我慢するという行為は、便秘の時の大腸の動きをみるとよくない行動なのです。

 

食事をすることで食べ物が胃の中にはいると、これが刺激となって大腸の蠕動運動が起こるようになります。そうすることで便が直腸にやってきて、排便中枢を刺激し脳と同時に便を排出するという指令がでるようになります。

 

しかし、直腸で便を出すというセンサーが感知することが便意を我慢してしまうことで鈍くなってしまい、便意を感じるという反応を上手に起こすことができなくなってしまうことで便秘にいなってしまうのです。

 

つまり、トレイに行きたいと感じた時に素直にトイレにいかずに我慢してしまうと便秘になってしまうということです。

 

ストレスを感じている

便秘でもストレスによっておこる便秘の場合は、腹痛や下痢といったことを起こすことや、この両方を起こしていることもあります。特にストレスを感じていることで便秘になっている場合には強く症状がでることもあります。

 

その結果、蠕動運動が強くなることで便意を感じるのに少ししか出なかったり、すっきりとしか爽快感もなくなってきます。また、お腹のハリや食欲がなくなるなど・・・・。

通常は自律神経のコントロールによって蠕動運動が行われていますが、ストレスを感じることによってこうした状態を起こしてしまうのです。

 

便秘の原因になる食べ物

便秘を招く原因にもなる食べ物や飲み物がじつは知らずに摂っていることも多いものです。そこで便秘の原因になるような食べ方をしていることで悪化している可能性があるのです。

 

タンニンを含む食べ物はよくない

タンニンというのは、柿やお茶に含まれている成分で、タンニンを摂り過ぎてしまうと腸の粘膜に特殊な膜を貼ってしまうことで、腸の蠕動運動が抑えられてしまう作用をもっています。

あくまでも摂り過ぎた場合に起こり得る可能性があるために気をつけなければなりません。

 

  • コーヒー
  • 緑茶・紅茶・ウーロン茶
  • ナッツ類
  • はちみつ
  • グレープフルーツジュース・リンゴジュースなど

 

お肉に含まれているタンパク質は、腸内環境を整えたい時は摂らない方がよい食べ物です。というのも、腸内でお肉は悪玉菌を増やす働きをしてしまうからです。そのためお肉だけ摂り過ぎるような食事の摂り方はさけておくことです。

 

腸の働きと排便のしくみから考えるとわかること

便秘の原因は女性か男性かでもかわってきますし、また便秘をしている原因によってもかわってきます。まず腸の働きを少しでも理解することで便秘がどうしておこるのかがわかってきます。

 

排便の仕組み

食事でとって食べ物は、胃や小腸で消化されると、ドロドロ上の水分になって大腸に運ばれるようになります。そこで水分が吸収されることで便が固形化されるようになります。

そうすることで排便をだすために肛門へと送られていきます。ただこうした排便するまでの仕組みには、全て自律神経によって支配されているために、自律神経がうまく働いているかどうかによっても排便は変わってくるのです。

 

ガスばかり出る!!これっていいの?悪いの?

便秘をしているときだけではありませんが、よくガス(おなら)が出るという経験があると思います。そんなときに、ガスが臭かったり、匂いはしない人もいます。この差と違いについて紹介します。

 

おならが臭い

ガスが出たときに、匂いが臭いと感じるときは腸内環境が悪くなっていると思ってください。腸内環境内で善玉菌の数が減り、悪玉菌の量が増えている環境になっているからです。

 

しかも、こういった悪玉菌が優位に働いている腸内環境の中に善玉菌を優位にさせるために食物繊維を摂ろうとすることがあるかもしれません。しかし、悪玉菌が優位な環境で食物繊維を摂ることはあまり良いとはいえない事もあります。

 

というのも食物繊維は、分解することが難しいために、摂り過ぎてしまうと逆に分解できずに残ってしまい、結果的に有害なガスとして匂いを発生させるだけになtる可能性もあるためです。

 

そこで大切なことは、まずはオリゴ糖から始めることです。つまりエサになりやすいオリゴ糖から摂ることで腸内環境をかえていくことです。そうすることで善玉菌が増えれば便の固さも柔らかくなってきます。

ここまでくれば、つぎに食物繊維を摂るようにすると腸内環境を変えやすくなります。

 

おならが臭くない

ガスが出ているけど、ガスそのものに匂いはしないことがあります。こういった時は、腸内環境が整っているといえるでしょう。しかし、それでも便が排出されないこともあります。

この時の腸内の状態というのは、確かに環境は整っていはいますが、腸の蠕動運動が鈍くなることが原因にあります。具体的にはこういったことがあります。

 

  • 運動不足になっている
  • ストレスを感じている
  • 早食いになっている
  • 甘いものを食べることが多い

 

便秘は種類がある

便秘が起こっている時の大腸の状態にはどの場所で便が停滞しているかで便秘の種類がわかってきます。

 

機能性便秘

弛緩性便秘

弛緩性便秘の原因は、腸の蠕動運動がしっかりと行われていない状態にあるときに起こる便秘です。ここでは結腸での蠕動運動が弱くなっていることで便を先にお切り出せないことがおこります。

これは便秘の中でも代表的な便秘で女性にも多い便秘の種類です。とくにデスクワークなどの時間が長い人など運動をすることが少ないと起こりやすくなります。

 

便秘が起こる症状
  • おながが張る
  • 残便感が残っている
  • イライラする
  • 肌荒れが起こる
  • 食欲が低下する
便秘が起こる原因
  • 運動不足
  • 水分不足
  • ダイエットのし過ぎ
  • 腹筋力の低下
  • 食物繊維の不足

 

痙攣性便秘

便秘は自律神経の働きによってかわると、少し初めにふれていますが、これは副交感神経が過度に興奮することによって腸管が緊張してしまうことで便がうまく蠕動運動ができずに起こり便が停滞してしまう便秘です。

 

ここでいう腸の蠕動運動がうまく機能しないというのは、腸が痙攣を起こすことで蠕動運動が強くなりすぎることで便がスムーズに送りだすことができなくなることです。

便秘が起こる症状
  • 食後に下腹部痛が起こる
  • 残便感がある
  • 便秘と下痢を繰り返す
便秘が起こる原因
  • 精神的なストレスがかかっている
  • 環境が変わった
  • リラックスするのが下手
  • 緊張が常にぬけない
  • 過敏性腸症候群による

 

直腸性便秘

直腸性便意は、もうすぐそこまで便が排出できる状態にあるのに、排出することができず、直腸にありながら便が停滞してしまうことで排便する事ができない状態になっています。

 

便秘が起こる症状
  • 便意があるのに、いきんでも出ない
  • 残便感が残っている
  • 肛門の手前まできているが出ない
  • 少量しかでない
  • 便秘薬が効きにくくなっている
便秘が起こる原因
  • トイレの時間を作れない
  • 便意を我慢する

 

器質性便秘

大腸の中を便がスムーズに通ることが、イレウスや大腸がんなどの器質的な原因によって起こる便秘です。

 

便秘が起こる症状
  • 吐き気やおう吐、激しい腹痛
  • 血便が出る
  • 急な熱発や便秘を起こす
便秘が起こる原因
  • 腸閉塞
  • 腹膜炎
  • 腸捻転
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸がん

 

女性の便秘対策にはどうすればいいの

便秘の原因にはいくつかの原因があることがわかったと思いますが、特に女性の場合は、特有の原因もあるために便秘対策をいかない上手にとっているかでも便秘の解消にかわってきます。

そこで便秘を解消するためにも今すぐにでも始めておきたい解消方法を紹介します。

 

運動をすることは便意を促し便秘の解消に!!

便秘の原因に運動不足がありますが、何もしっかりとした運動をする必要はありません。ここではあくまでも便秘を解消するために有酸素運動をすることがおすすめなのです。

 

運動不足になるということは、女性の場合は男性よりも筋力が少ないために運動不足から筋力低下!そして便秘を招きやすいのも事実です。そこで運動不足を解消するためにただ歩くだけでもいいですし、しっかりと腸の蠕動運動を促すためにも腹筋を鍛えることもおすすめです。

 

また今ある筋力をこれ以上低下させないための軽い運動も必要なことです。軽い有酸素運動などをすることで腸の蠕動運動も促進されるようになり便秘から解放されることにもなります。

とくに腹筋が弱くなるということは、便を押し出すための力が弱くなることになるため軽い運動をとり入れるようにしましょう。

 

便秘解消におすすめ方法
  • 腹筋を鍛える
  • 腹部マッサージ
  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • 腹式呼吸

 

生活は規則正しく

蠕動運動がしっかりと働くためには、規則正しい生活が送れているかどうかも大切なことです。そこで・・・・

 

  • 食生活は規則正しく摂れているか
  • 不規則な生活をおくっていないか
  • ストレスなど自律神経を乱す原因はないか
  • 睡眠はしっかりととれているか

 

こうしたことも生活の中から改善していかなければなりません。特に食事が規則正しく摂れていないことで、腸内に便が長く留まることで腐敗が進むと、より水分も吸収されることで便も硬くなりより排便をすることが難しくなり便秘を招きます。

 

そのため規則正しい生活をおくることが便秘を遠ざける最前の近道なのです。

 

トイレにいく習慣は大切

腸の蠕動運動が弱くなている状態だと便意を感じにくくなっているかもしれません。しかし、便意をもよおしていなくても定期的にトイレに座る時間をつくることは、トイレに座り促す習慣だけでなく自分自身の排泄リズムを作っていくためにも必要なことです。

 

カラダの冷える環境は作らない

カラダを冷やすということは、血液の流れを悪くするだけでなく、カラダの機能にも関わってくる消化器の働きを悪くすることにもなってきます。カラダが冷えることで血液の巡りも悪くなるとお腹も当然冷えてしまいます。

 

カラダの冷えをつくる原因には夏のエアコンを始め、エアコンの風によって乾燥することでもカラダの水分を奪うことにもなり体温を下げる原因にもなります。また、カラダを冷やす原因にもなる冷たい水分をとることも同じです。

 

とくに暑い時期にシャワーで済ませることも多いと思いますが、カラダを冷やすことにもなります。またこれら以外にも普段の生活の中にはストレスや運動不足と言った生活の中にも冷えを作る原因があるため注意しなければなりません。

 

喫煙はしないほうがよい

喫煙をすることは、血管を収縮させることで、血液の流れを悪くさせ結果的に循環が悪くなり冷えをもたらせる原因になります。喫煙から禁煙することも立派な便秘予防になります。

 

便秘を解消するための即効性のある食べ方

便秘になっているときは、なるべく食材に含まれている水分や酵素、ビタミンといったものを積極的に摂ることがおすすめです。

 

食物繊維をとる

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類がありますが、便秘の種類によってどちらかをバランスよく摂ることも必要です。

 

水溶性食物繊維
  • 水に溶ける性質をもつ食物繊維で腸内の善玉菌を増やす効果があり、ゲル状にする働きがある
  • 便が硬くなりがちには水溶性食物繊維が良い
不溶性食物繊維
  • 水に溶けない性質をもつ食物繊維で、腸内で水分を吸収することで膨張させ便にカサをつけて増やすことで蠕動運動を促す働きがある
  • 腸の蠕動運動が弱くなっている弛緩性便秘の人や下痢をしやすい人におすすめ

 

発酵食品をとる

腸内環境が悪くなっていると、悪玉菌が増えている環境になり便秘を招くようになります。そこで発酵食品に含まれている乳酸菌などをとることで、腸内細菌のバランスを悪玉菌の少ない環境に変えることで善玉菌を増やしてくれます。

 

そうすることで整腸作用を生み腸内環境を整えていってくれるのです。

 

植物性乳酸菌
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • 味噌
動物性乳酸菌
  • チーズ
  • ヨーグルトなど

 

オリゴ糖をとる

 

腸内細菌叢の変化

 

日本オリゴ株式会社

 

オリゴ糖は、発酵食品などを摂った上でオリゴ糖を摂ることでさらに効果を高めることができます。腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖は、善玉菌を増やす働きをしてくれることで腸内環境をかえてくれます。

 

またオリゴ糖には、いくつかの種類もあり、それぞれの効果も少しずつ違ってきます。オリゴ糖を利用することで腸内環境を良好に保つためにはさらに・・・・

 

  • 規則正しい食生活をおくる
  • 適度な運動をする
  • 適度な水分補給をする
  • 規則正しい生活をおくる

 

といったことも大切なことです。特に人のカラダは年齢を重ねるにつれて腸内環境が悪化しやすくなるため上手にオリゴ糖をとり入れるようにしましょう。

 

植物性油をとる

便秘の解消にオリーブオイルを摂ると効果があると聞いたことがあるかもしれません。これはオリーブオイルに含まれるオレイン酸は、腸に溜まった便を排出する働きがあるからです。

これはオレイン酸が小腸で吸収されずに大腸にまで届き自然に働いてくれる役割をしてくれることにあります。そのために下剤を飲んで排便に繋げるような刺激にはなりにくく、しかも潤滑剤としての役割からするっと出しやすくしてくれます。

 

  • 潤滑剤の役割をする
  • 便を軟らかくする
  • 自律神経を整えてくれる

 

マグネシウムをとる

マグネシウムは、下剤の一つとしても利用されている成分ですが、普段の食事からも摂ることができます。マグネシウムには・・・・・

 

  • 便を軟らかくする
  • 水分の吸収を高める
  • 食物繊維と一緒にとることで蠕動運動を高める

 

 

といった働きをもっています。そこでマグネシウムを含む食べ物を摂ることも便秘の解消には必要なことです。

 

マグネシウムを含む食べ物
  • 大豆製品(きな粉、茹で大豆、油揚げ、納豆など)
  • 魚介類(干しえび、するめ、あさり、いくら)など
  • 海藻類(あおさ、青海苔、ひじき、わかめ)
  • ナッツ類(アーモンド、ごま、松の実)など

 

便秘を解消!今すぐ始める飲み物でおすすめは

私たちのカラダに必要な水分は、1日にかなりの量を摂らなければなりません。特に水分がしっかりととれていないことで便が硬くなるようなことにもなります。そのために水分は1日に1.5L~2Lほどは摂るようにすることが基本です。

 

そしてどういった飲み物がおすすめなのかを紹介します。

 

朝生きてすぐに冷たい水を飲むことで、腸が刺激されると腸の活動が高まり便秘の解消につなげてくれます。ただ冷え症の女性の場合は内臓を冷やしてしまうこともあるため常温で飲むことがおすすめです。

 

また季節や冷え性によって冷たい水が飲めないときは、50℃程度の白湯を飲むのもおすすめです。カラダが冷えている時には、コップ1杯の白湯を飲むことで内臓を温めてくれます。

また胃腸の働きを活発にすることで便秘の解消に繋げてくれます。

 

お茶

お茶も立派な便秘解消によい飲物の一つです。お茶には、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に含まれている飲み物です。これらの成分によって腸内環境を変える善玉菌を増やしてくれ腸内環境を整えてくれます。

 

ただ一つ気をつけなければならないことは、お茶には利尿作用があるということです。お茶に飲み過ぎは、水分をたくさん摂っているようには見えますが、その分利尿作用もあるため尿として排出されることにもなるためお茶の摂り過ぎは便秘を招くこともあるのです。

 

またお茶でも緑茶などにはタンニンも含まれています。このタンニンは、利尿作用と同じように飲み過ぎていると、便を固くさせる作用があるために摂り過ぎには注意が必要です。

 

ココア

ココアには、リグニンという不溶性の食物繊維が含まれています。また同時に水溶性食物繊維も合わせてバランスよく含まれているので便秘の解消にはよい飲み物です。

 

ただカロリーが意外と高いこともあって飲み過ぎには注意が必要で1日に2杯までとしておいてください。

 

酢ドリンク

お酢といっても今ではたくさんの種類のお酢がありますが、お酢の種類はじつに数百種類もあるといわれています。その中から便秘の解消によいお酢選びに迷うかもしれません。

しかし、お酢全般に言えることはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれていることです。特にクエン酸や酢酸といった酸が腸の蠕動運動を刺激してくれることから便秘に働きかけてくれます。

 

甘酒

甘酒も古くからある日本の飲み物で甘酒には、食物繊維やオリゴ糖がしかkりと含まれています。そのため胃腸の働きを助けてくれ腸内環境を整えてくれます。ただ甘酒を飲む時は砂糖が入っているのは避けることです。

 

米麹から作られた甘酒がおすすめです。

 

便秘解消によい体操

便秘を解消するためには、食生活を変えることも大切ですが、腸をいかに動かして排便に繋げるかも大切なことなのです。腸を動かす体操をすることでも便秘解消の手助けになるためおすすめです。

 

 

まとめ

女性はどうしても便秘になりやすいのは仕方がないかもしれません。しかし、カラダの中から健康にすることで便秘は解消されていくようになります。食生活を始め運動や冷えの改善など気になるところは毎日の生活の中から取り組んで見ると変えることができるでしょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • 貧血で頭痛・めまい・吐き気・眠気の対処法と治し方

  • ストレス解消❤たった一口!イライラする時はこの食べ物がいい

  • どうにかしたい!生理前の眠気対策6つで解消

  • 食べる美容液❤アボカドで美肌ダイエット!栄養レシピ❤

  • 寝る前が大切!睡眠の質を高める20選で美容効果アップ❤

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法