1. TOP
  2. 美容
  3. セルライトを作る食事と日常の習慣!意外と知らなかった怖いはなし

セルライトを作る食事と日常の習慣!意外と知らなかった怖いはなし

セルライトという言葉。女性なら誰もが一度は耳にする言葉。そして女性にとっては永遠の天敵かもしれません。このセルライトができる原因は様々ですが、恐ろしいのは普段の日常の生活の中で知らず知らずにしていることにあります。

 

脂肪の塊!セルライトに困っています

一度ついてしまうと中々落とすことのできないのがセルライトです。このセルライトは今までの生活習慣の中からできあがった集大成ともいえるもので、大きくなった皮下脂肪のことをさしています。

そしてセルライトは成人女性の役8割についていると言われているほど、多くの女性の悩みの種の一つというわけなのです。太ももやお尻周り、首の後ろ、背中などあらゆるところについてしまいます。

そしてセルライトができることでの問題は、セルライトができた周りの血管やリンパ管を圧迫させてしまうことで、血液の流れが悪くなることで、カラダに水分を始め、老廃物といったものがカラダに溜まりやすくなることです。

 

脂肪を貯め込み過ぎたことで、ボコボコとしたセルライトができるのです。

 

いつのまにセルライトができたの?なぜ?

セルライトができやすい場所がありますが、多くの女性は気づいたらセルライトができていた・・・・・という残念な結果だけが現実につきつけられているはずです。これがセルライトの怖いところで気づかない間にできるのも大きな特徴です。

 

これは自覚することが難しいために気づかないうちにセルライトができてしまうのですが、セルライトがどこでどのように作られていくのかを知っている人は少ないはずです。そこでセルライトがどこでできるのかを説明すると・・・・

 

セルライトは肌の下、肌組織の表皮(厚さ0.2~0.3mm)と真皮(厚さ1・8~2.0mm)の下の皮下組織にある細胞細胞がベースとなっています。この周りに毛細血管やリンパ管などがあり、これがカラダの循環させていますがここからあふれた不要なものが脂肪細胞に引き寄せられることで大きくなっていきます。

 

そして大きくなった脂肪細胞が、お互いに大きくなった脂肪細胞同士が結びつくことで肌表面に凸凹した形となってセルライトが現れるようになるのです。これだけで見ると脂肪細胞は悪いイメージがついてしまいますが、脂肪細胞は細い繊維のコラーゲンを作りだすことで全身の細胞を固定する役目をもっています。

 

ただ、脂肪細胞がセルライトとして変わることで、代謝が低下すると次に新たなセルライトを生むことになります。これは、本来アであれば細いコラーゲン線維を作るはずが、太い繊維を作りだしてしまうことで、時間が経つにつれて巻き付け大きくなってしまうのです。

 

スリムな人は安心!!ではない!!!

 ダイエットをしていようが、していなくても共通していることがあります。それは細い女性でもセルライトはできるということです。これは最初にもあったとおり、女性の8割近くにセルライトがあるということです。
よくセルライトがついてしまって太ってしまったと感じる女性がいますが、スリムな女性であってもセルライトはできるものだということです。ただ間違ってほしくないことは、セルライトはただの脂肪細胞だということ。
セルライトはただの脂肪細胞ですが、カラダが冷えやすい人や筋肉量が少ない場合には目立ちやすいということです。またエステに通えばセルライトが解消できるということでもありません。
とはいっても、やはりセルライトに対しての悩みは多いものです。

とにかく気になるセルライトの悩み

 

防さぎようのない事実!セルライトは加齢も関係する

セルライトができる年齢があるのをしっていますか?あまりにも酷な話ですがセルライトは始めから誰にでもあったわけではないのです。思い出してみてください。思春期の頃にセルライトがどうこう話すことがなかったと思います。

 

これはカラダの機能がしっかりと働いている代謝機能のおかげで何も思うところはなかったはずです。ところが年齢を重ねるにつれて、だんだんと脂肪も落ちにくくなり、さらに老廃物も排出されにくくなってくる年齢に差し掛かってくるとどうですか?

 

カラダの排出機能が低下してくる時期にセルライトができるようになるのです。これはホルモンバランスも大きく影響しています。そして、セルライトといっても大きさによって4つのステージに分けることもできます。

 

ステージ1
  • 皮膚を両手で囲むようにすると、細かな凸凹を感じる
  • 表面には現れていない状態
ステージ2
  • 立っている状態で皮膚の表面が凸凹している
  • 脂肪細胞がすでにセルライト化している状態
ステージ3
  • セルライト化がかなり進行した状態
  • 寝ている状態でも表面が凸凹している
  • 押すと痛みがある
ステージ4
  • 皮膚の凸凹に硬さがあり痛みを伴う

 

こういったステージごとに分けてみると、今のセルライトの状態がわかるようになります。そしてセルライトが、今どのステージにあるかはお肉をつまんでみるだけです。つまんだ感じで各ステージに当てはまるところが現在のセルライトの状態となります。

 

年齢以外にも!セルライトが出来やすい毎日のNG習慣とは

セルライトができる原因は、日常生活に多く潜んでいます。そこで年齢以外にもセルライトができる原因を紹介していきます。

 

カラダを動かすことが少ない

運動不足になっていることがそもそものセルライトを作るきっかけと原因になります。これは単純に運動をする機会が少ないことで、使う筋肉が少ないことで血液の循環が悪くなることからカラダに余分な水分や老廃物がたまりやすくなることが原因です。

 

筋肉をあまり使わないことは、カラダの隅々にまで栄養を届けることも十分でなくなってくることも原因の一つです。そうすることで脂肪もつきやすく、さらにセルライトを進行させることになります。

これは逆にいえば、カラダに一定の筋力を酷使させることができていることで予防することができるということです。筋肉は使わなければ、それだけで衰えていきます。基礎代謝も低下し悪循環にならないためにも運動は欠かせません。

 

運動をする習慣がないならどうすればいい?

ここでカラダを動かす理由は・・・・

 

  • 筋肉量を上げること
  • 無酸素運動をすること
  • 有酸素運動をすること

 

これこそがセルライトをためこまない方法になります。そして運動をする習慣がない人がいきなり運動をしようとしても難しいところがあります。とくに3つの対応をするとなると尚更だと思います。

そこで運動をする習慣がなかった人はまずは有酸素運動を始めるべきです。セルライトができているカラダはカラダも重くなっている状態で激しい運動をすればカラダを傷めるだけにしかなりません。

 

そこから慣れてくれば、筋トレをプラスすることで筋肉量のアップと代謝を上げることができます。有酸素運動と無酸素運動の両方からアプローチをしていくことでセルライトを燃焼していくことができます。

運動を始める前には、必ず準備運動をすることです。いきなり運動をすることで筋肉痛や関節を傷めることになることもあります。そのために、ストレッチをしてから運動に入るようにしましょう。

こんな方法もおすすめです。

 

同じ姿勢でいることが多い

仕事上、常にカラダを動かしていればいいですが、デスクワークや立ち仕事などであまりカラダを動かさない場合には、やはり血液の流れを圧迫する形となって血行が悪くなってしまいます。

そして老廃物も溜まりやすくなり結果的にセルライトができやすい状態を自ら作り出してしまうのです。同じ姿勢でいることは、ただそれだけで血流が悪くなりやすい太ももやお尻といった場所でセルライトをできやすくします。

 

湯船につからない

厚い時期ほどシャワーで済ませる人がほとんだと思います。しかし、シャワーを浴びる理由は、ただカラダをキレイにするだけで済まず悪いカラダの状態を作り上げているにしかすぎません。

というのもシャワーを浴びるだけの場合と湯船につかっている場合と比べてみてください。きっとカラダの温まり具合が大きく違うはずです。この差を考えると・・・・

 

  • カラダは冷えた状態
  • 血行も悪い
  • 疲れもとれない

 

といったことが起こっているはずです。これはカラダの内側が冷えて代謝が低下するのと、さらにカラダの外側が冷えることでセルライトができやすくなるのです。これを続ければどうなるのか想像がつくはずです。

基本的に暑い夏の時期であっても湯船に浸かる方が冷えを作らずにすみます。

 

温冷シャワーでセルライト対策

セルライトをなすしていくためには、血液の流れを改善することが大切です。そこでセルライト対策にもなる温冷シャワーがおすすめです。この温冷シャワーを使うとなぜ効果的になるのかは・・・

 

  • 温かいシャワーで血管を広げ血流を促す
  • 冷たいシャワーをかけることで血管を縮みやすくする

 

この2つの繰り返しをすることによって血管の働きを活性化させることで代謝が上がり、余分な水分や老廃物を排出させやすくすることにあります。

 

温冷シャワーのやりかた
  1. 温かいシャワーを気になる場所に温まるまで当てます
  2. シャワーをかける時にリフトアップするイメージであてる
  3. 脚が冷えるまでシャワーを浴びる
  4. 40℃~42℃のシャワーと20℃くらいの冷たいシャワーをセルライトがある部分に交互にあてる
  5. 3回繰り返してあてる

 

冷たい飲み物!冷たい食べ物はセルライトを・・・・。

これはシャワーと同じことが言えることに加えて、暑い夏場の時期に冷たい飲み物を飲みたくなるものですが、できれば常温で飲むことが勧められていたりもします。その一例としてが自動販売機です。

自動販売機といえば冷たい飲み物か温かい飲み物かの2択しかありませんでしたが、常温の飲み物を設置するようになっています。この大きな理由に美容として考えた場合に冷たい飲み物よりも常温で飲む方がずっとカラダにはいいからです。

 

冷房を効かせている部屋で寒いと感じたことがあると思います。飲み物にも同じことが言え、運動不足になっている人や筋肉量が減っている人にとっては、カラダを冷やすことは胃腸などの内臓を冷やしてしまうからです。

そうすると・・・・

 

  • 血行が悪くなる
  • 代謝が低下する
  • 便秘や下痢になる
  • 胃炎を起こすことになる

 

といったカラダに不調を起こすことになります。またカラダが冷えることで、むくみを作りやすく肌荒れも起こしやすくなります。また代謝が落ちるということは脂肪を貯め込みやすくすることにもなります。

これはカラダが冷えを感じることで、カラダの脂肪がカラダを冷やさないように断熱材として働こうとすることから起こります。

 

常温のありがたさで変わるカラダの変化

冷たい飲み物の代わりに常温の飲み物を薦めるのにはちゃんとした理由があります。

 

  • 過度な食欲を抑えることができる
  • カラダの毒素を排出しやすくなる

 

つまり、ダイエット効果やデトックス効果が常温の飲み物を飲むだけで美容にいい効果が得られるのです。また冷たさにおいしさを感じることもありますが、常温ならではの味の変化にも注目してみると、普段飲んでいた飲み物に変化を感じることもできるでしょう。

 

喫煙の習慣がやめられない

セルライトと喫煙の関係には、ニコチンという物質が関わっています。ニコチンはカラダに有害な作用をもたらすことは多くの人に知られていることですが、具体的にあげると・・・

 

  • 血管を収縮させる
  • 痩せにくくなる
  • 疲れやすくなる

 

ということが大きな問題としてあります。血管が収縮さえることで血のめぐりが悪くなれば、冷えを招くだけでなく代謝の低下に繋がります。そして冷えからセルライトを作りやすくすることになるのです。

また喫煙によって食欲がすすむ場合もあります。こうした場合には、普段よりも多く食べてしまうことになったり、甘いお菓子や飲み物、脂の多い食べ物をより欲してしまうことでセルライトを作り出しやすくさせてしまいます。

 

スタイルをよく魅せたい!カラダの締めつけが悪い結果に

ファッションはその時々で流行りもあって難しいところですが、カラダを締めつけるようなファッションというのはカラダに無理をさせていることになります。たとえば、下着の場合、カラダとの密着性が高い分、下着と肌との接触する部分は老廃物がたまりやすくなります。

 

またスキニーパンツのような伸縮性がありながらもカラダにしっかりとフィットするような服も血液の流れやリンパの流れを悪くさせてセルライトの原因になってしまいます。特に生理中はただでさえ血液の流れが滞りやすい時期です。

サイズが合っているのか、締めつけられている場所がどこかのかを知ることで見直すことも大切です。

 

高カロリーな食事を食べている

高カロリーで高脂肪の食べ物ほどおいしいものかもしれません。こうした食事を食べ過ぎればもちろんセルライトがつきやすくなりますが、これ以外にも高カロリー、高脂肪な食べ物ほどカラダの中で脂肪に変わりやすいためにセルライトができる確率も高くなります。

 

またこれと同じようにアルコールを過度に飲み過ぎている場合にも同じことがいえます。

 

セルライトを食事から改善するにはどうすればいい

初めにセルライトは食べ物でも減らすことができると思いますか?セルライトができる根本的な原因の一つに老廃物や脂肪がたまりやすい環境を作っているカラダの冷えやむくみを改善することから改善することができます。

そこで食事の中でセルライトをなくしていくための食事の仕方を紹介します。

 

知っておきたい食生活の改善の基本

セルライトをなくしていくためには、まずは1日3食の食事を食べることが基本となります。食事を制限しすぎることもそうですが、朝食べないことを考えるとカラダの代謝が上がりにくい状態を自ら作り出しているようなものです。

そのためまずは1日3食を食べることで代謝を上がりやすくすることが必要です。食事の回数を減らすということは、それだけでストレスにもなりますし、さらには空腹を作ることで逆に太りやすくさせることにもなります。

そして代謝を上げるために塩分が高い食事としてファストフードやインスタントラーメンなどのナトリウムの含む食事もできる限り控えることです。

 

セルライトを撃退!あなただけの特別な食事法を身につける

セルライトをなくしていくためには食事の中で摂っておかなければならない栄養素を考えることがセルライトの改善へと繋がっていきます。そこで摂っておきたい栄養素がこちらです。

カリウムを多く含む食べ物

  • 海藻類
  • 魚介類(さわら、あゆ、かんぱち、ぶり、はも、さけ、かつお)
  • 野菜類(パセリ、ゆりね、からしな、にんいく、茹でた枝豆、ケール、茹でたほうれん草など)
  • 種実類(ピスタチオ、らっかせい、ヒマワリの種、アーモンド)

 

ビタミンB群

  • 玄米、納豆、大豆、、卵、鮭、うなぎ、豚肉、レバーなど

 

タンパク質

  • 鶏肉、豆腐、マグロ、卵、牛乳、チーズ、大豆など

 

これらの栄養を食事の中にバランスよく摂り入れることが大切になります。中でもカリウムはセルライトを解消するには欠かせない栄養です。カラダに余分な溜まった水分を排出してくれます。

またビタミンB群とタンパク質を合わせることで基礎代謝をアップさせることができるために食事の栄養には外せないメニュー作りをしてください。

 

セルライト除去に欠かせないかも!エンダモロジーの存在

エンダモロジーという言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。これはフランスで生まれたセルライトを除去するための医療器具です。女性にとって皮下脂肪にできやすい場所できるセルライトを血行をよくすることやリンパを流すことで排出しやすくする方法です。

 

これはフランスLPG Systems社が初め医療目的として開発した美容法として知られいます。このエンダモロジーというのは、回数を重ねていくことで効果が少しずつ現れるようになっていきますが、大切なことはダイエットを継続して同時進行することで効果が表れるようになるものです。

 

そしてその方法は、専用のボディスーツを着ることで皮膚に程よい圧力をかけることでセルライトに働きかけてくれるのです。エンダモロジーの効果としては・・・

 

  • 部分痩せができる
  • 痩せづらい部分にもできる
  • ボディラインを整える
  • ヒップアップ効果
  • 代謝が上がる

 

といった効果があります。ただ週に1回~2回通う事で脂肪やセルライトを柔らかくしていくために、理想とするスタイルにまで続けていくためにも最低でも10回は通う必要があります。

 

まとめ

セルライトを作ってしまう日常での習慣は、あまり意識していないところで起こることがあります。すでにできてしまったセルライトも、これからできるであろうセルライトもできやすい場所を知り予防することも大切です。

そしてカラダを冷やすことが何よりもセルライトだけでなく、ダイエットから遠ざけてしまう原因にもなります。セルライトを進行させないためにも習慣を見直し上手にダイエットに励んで下さい。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • ストレス解消❤たった一口!イライラする時はこの食べ物がいい

  • 空腹感を解消❤深夜に食べても太らないおすすめ「夜食」9選

  • むくみが解消!着圧ソックス(ダイソー)の価格以上の脚痩せ効果がすごい

  • 酵素ダイエットのウソホント!痩せない人必見!効果をだすやり方

  • 毛穴を消したい❤洗顔料に混ぜて美肌を作る秘密のアイテム7つ❤

  • 肌に透明感を出す食べ物❤たった1カ月の美白習慣