1. TOP
  2. 美容
  3. ホホバオイルで赤ら顔対策!化粧水のおすすめは

ホホバオイルで赤ら顔対策!化粧水のおすすめは

 2017/08/10 美容
この記事は約 9 分で読めます。 517 Views

赤ら顔で悩んでいる女性は多いものです。どうにかして赤ら顔を改善したいと思っている中、たどり着いたのがホホバオイルはどうなの?と気になっている女性もいると思います。そんな人へホホバオイルの効果と化粧水の上手に使うポイントを紹介します。

 

ホホバオイルは嬉しい効果がたくさん

ホホバオイルはの原料となっている「ホホバ」は命の植物とも言われていて、カルフォルニアやメキシコなどの砂漠地帯に生息する植物です。命の植物と言われている理由には、こんな過酷な環境化の中でも水分を保つことで生きていける生命力をもっていることから命の植物とも言われています。

 

そしてホホバオイルは、食用から親しまれており、現代では肌や髪の手入れに使われるようになっています。このホホバオイルの大きな特徴ともいえるのが、人の肌になじみやすいホホバオイルの主成分である「ワックスエステル」によるものです。

 

またホホバオイルが持つ効果メリットが様々あります。

 

  • 全身に使える
  • 皮膚になじみやすいために、どんな肌にも合う
  • 低刺激なため敏感肌にも使える
  • 皮脂の分泌量を調整する働きをもっている
  • アレルギーが起こりにくい

 

肌を保湿!ハリや潤いまで与えてくれる

ホホバオイルの主成分のワックスエステルが皮脂の変わりになることで肌の乾燥から守ってくれます。このことからも、ただ肌に与えるだけでなく、唇の乾燥にもホホバオイルをぬるだけで乾燥から守ってくれるのです。

そして普段のスキンケアに取りれるだけでいいのも大きな特徴とも言えます。化粧水や美容液を肌に与えた後に、このホホバオイルを肌に与えることで肌の保湿、そしてハリや潤いまで与えてくれます。

 

毛穴の汚れと角質をとってくれる

スキンケアで特に注意したいのが、肌の毛穴や角質がたまることで、肌にニキビなどの炎症を起こさないかということもあると思います。毛穴に汚れが詰まるだけで肌にとっては大きなダメージにもなります。

ホホバオイルには肌にとって必要がなくなった古い角質を柔らかくするする働きや汚れを浮かせる働きがあるために、ホホバオイルをクレンジングとして使うことで、肌に不要なものをとることができるのです。

 

吹き出物やニキビを緩和する

ニキビや吹き出物ができる原因として皮脂や汚れが毛穴につまることで起きています。これはホホバオイルには、特に大人ニキビやニキビ跡に効果的な成分が含まれているからです。

 

  • ビタミンA
  • ミネラル
  • ビタミンE

 

これらの成分によって肌の代謝を促進させることでニキビケアができ、キレイな肌へと導いてくれるのです。

 

紫外線から髪や頭皮を防ぎ乾燥も防ぐ

髪にダメージを与える原因にもなる紫外線や熱によって髪や頭皮が乾燥することもあります。ただホホバオイルをぬっておくことで、乾燥を防いでくれ、またフケやかゆみといったものまで保湿することで守ってくれます。

また頭皮がべ手ベタするなどで不快感がある場合にも、ホホバオイルをクレンジングとして使うことで頭皮の脂をホホバオイルで落とすことができます。

 

  1. ホホバオイルを頭皮になじませる
  2. 蒸しタオルを頭に巻く
  3. シャンプーでキレイに洗い流す

 

この3ステップで頭皮をクレンジングすることができます。

 

アトピーや皮膚炎の改善がある

アトピーが起こる原因に黄色ブドウ球菌が炎症を起こすことが関係していますが、ホホバオイルには、この黄色ブドウ球菌を消滅させる働きがあります。これはバクテリアの繁殖を抑えることでアトピーそのものの原因を阻害する働きがあるからです。

 

アンチエイジングにも!

シミやシワ・・・・・・・・このまま放っておくと、どうなるか想像がつくと思います。若々し肌はいつまでも続くことがないために、早い段階でアンチエイジングケアをすることも大切なことです。

ビタミンEによる抗酸化作用。そしてビタミンAによる肌を健康に保つ働きと、ホホバオイルにはビタミン群が含まれていることで肌の新陳代謝を促し血液の流れをよくすることで肌年齢の進行を抑えていくこともできます。

 

赤ら顔の原因からみるタイプ

皮膚が薄い!毛細血管が拡張して肌に透けて見えている

皮膚が薄い人は、毛細血管が透けて見えています。これがメイクや普段のすっぴんであっても顔が赤くみえてしまい気になるところです。こういった人には、血行をよくする成分が含まれた化粧品や血管が広がるのを抑える成分が含まれたものがおすすめです。

そのためにはビタミンKが配合されている化粧水などがよく、ビタミンKの成分が細かい血栓を取り除き赤ら顔を解消してくれます。おすすめはこちら!

 

 

ニキビなどの炎症によって肌荒れを起こしている

ニキビの赤みが気になり目立ってしまう状態。これは中々治らないうえに時間がかかってしまうのが難点なところです。しかもニキビの原因であるアクネ菌が皮膚の深い部分で炎症を起こすために、ニキビ跡として残りやすくもなります。

また赤みをもつニキビの場合には、色素沈着を起こすこともあるために厄介なものです。こうした炎症を起こしている肌に有効なのが、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使ってみるのも一つの方法です。

 

酒さによる赤み

酒さは完全に治すことができないために、肌の状態をコントロールすることで赤みを抑えていくことになります。この酒さの原因には様々で・・・・

 

  • 激しい温度差
  • 紫外線
  • 刺激の強い食べ物
  • アルコール
  • ストレス
  • 化粧品

 

といった事が原因になっています。こういった中でも特にメイクに対しては避けることができないため、悩んでいる人も多いはずです。酒さの人の場合は敏感肌になっているために洗顔や保湿ケア、メイクに至るまでつかうアイテム一つも考えなければならなくなります。

こうした時になるべく低刺激なものを選ぶ他ありませんが、酒さによる赤ら顔に対して専用の化粧水を使うことも大切なことです。詳しい内容はこちらで紹介しています。

 

皮脂の分泌が多い

皮脂が多いと、どうしても皮脂を取り除こうと拭きとったり、抑えてたりしようとします。しかし、こういった行動をすることでより皮脂が多く分泌されてしまいます。こういった時は皮脂分泌を抑えるような化粧品ではなく、保湿成分のある化粧品を使っているほうが肌の皮脂分泌は抑えることができます。

 

赤ら顔に注意!避けておきたい成分とは

赤ら顔の肌はとても敏感になっているために、化粧品の成分によっては、肌トラブルになる可能性のある成分もあります。

 

  • 殺菌剤
  • 乳化剤
  • 保存剤
  • 界面活性剤
  • アルコール
  • 香料
  • 防腐剤

 

といったものです。

 

ホホバオイルが良いが個人差はある

赤ら顔に効果がるのは、内的な要因に対する原因であれば、ホホバオイルを使うことでスキンケアとして赤ら顔に結果を出すことができるかもしれませんが、これが肌だけの問題ではないと赤ら顔を改善することは難しくなります。

それが外的な要因によるものです。

 

  • 間違ったスキンケアをしている
  • 活性酵素は増えすぎている
  • 紫外線の影響
  • 温度による影響

 

と様々な原因があります。具体的にどう対応すればいいのかはこちらの記事を参考にしてください。

 

敏感肌で赤ら顔!まずやるべきことは

敏感肌で赤ら顔になっている状態のケアをするときに、ホホバオイルだけに意識がとらわれないようにすることも大切です。赤ら顔を本当に改善していくために必要なことは、肌のバリア機能を回復させることにあります。

肌のバリア機能は3大因子によって維持されています。

 

  • 水分の蒸発を防ぐ肌のもっとも外にある皮脂膜
  • 角質細胞内に水分を保持させる天然保湿因子(NMF)
  • 角質層の細胞の隙間を埋めることで水分の蒸発を防ぐセラミド

 

この3つの保湿因子が揃うことで肌にバリア機能が維持することができています。そしてバランスがとれていることでバリア機能が正しく働いているのです。しかし、外的要因によって刺激となることでダメージを受けてバリア機能は低下します。

この結果として・・・・

 

  • 肌が乾燥する
  • 肌の水分が不足する
  • ターンオーバーが乱れる

 

といったことが起こってきます。そのために、そうならないようにするためにはまず、肌バリア機能を意識した保湿ケアをすることが大切なのです。乾燥肌や敏感肌になっている状態を保湿しながら変えていくことが大切です。

 

 

食事で内側からケアを

肌バリアを維持していくために欠かせないのがセラミドです。特にカラダが栄養不足になっているとセラミドは減ってしまいます。そのために食事管理の中で大切なことは、皮膚のもとになるタンパク質やアミノ酸を摂ることです。

肌のターンオーバーを正常に戻すためにも良質なタンパク質以外にも摂るべき栄養があります。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • 亜鉛

 

普段の食事でもとくに不足しやすい栄養をしっかりとバランスを考えた食事を摂ることで変えることができるために内側からのケアとして意識しておくことも大切です。

 

まとめ

ホホバオイルで敏感肌や乾燥肌からくる赤ら顔を改善したいと思ってホホバオイルを使うこともとてもいいことですが、化粧品をより赤ら顔に対応したものでケアをすることは、大きな赤ら顔の改善へ近づく方法でもあります。

すぐにでも赤ら顔を治したいと考えているのであれば、専用の化粧水を使うことをおすすめします。気になる赤ら顔を根本的に変えていくための化粧水です。自分の肌が好きになれる、本気で変えたい人にはおすすめです。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

関連記事

  • 30代の肌の悩み!スキンケアに必要なお手入れとおすすめ

  • 【愕然】腫れぼったいまぶたのむくみ!原因と解消法で快適な朝に!

  • セルライトを作る食事と日常の習慣!意外と知らなかった怖いはなし

  • 【解決】顔のシミを消したい!原因と対策からわかる秘訣を徹底紹介!

  • 温めてもムダ!冷え性を治す方法は治し方にある!運動・食べ物・漢方は

  • ヨーグルト断食で痩せた!お肌ピカピカダイエットのやり方