1. TOP
  2. 美容
  3. 絶対痩せたい❤「食べても痩せる最強ダイエット15の方法❤」

絶対痩せたい❤「食べても痩せる最強ダイエット15の方法❤」

 2016/07/20 美容
この記事は約 13 分で読めます。 1,186 Views

ダイエットを始めて一度は挫折したことがある人は多いと思います。いろいろなダイエットをしてみたけれど中々痩せない・・・・。しかもお金に余裕がない・・・・。そんな人でもダイエットを成功させたいと思う人、また食べても痩せたいと思う人に、すぐにダイエットを始められてお金もかからない食べても痩せる最強ダイエットがあります。

 

お金はかけない!食べても痩せる最強ダイエット

N112_notewomiseru_TP_V (1) (1)

目標を決めよう

ダイエットを始める時に、あのモデルのようになりたいや痩せることに対しての目標を決めることは大切なことです。そしてもう一つが痩せたいと思う気持ちが必要になります。こういったダイエットをする時に目標を立てることをさらに細かくすることで、より具体的に無理をせずに痩せることができるようになります。

まずは目標を数値化させることです。体に負担がかかり過ぎない程度に、また健康的にダイエットできるための数値化です。「いつまでに何キロ痩せるのか!」という目標を立ててみましょう。そして目標はあくまでも達成できる数値にしましょう。

 

体重は毎日測ろう

ダイエットをスタートしたら同時に、体重を測るようにしましょう。体重計にのって測った体重を数値として記録することに意味があります。まず体重計に乗ることでダイエットが成功したのか、失敗したのかがわかるようになります。

これはその日に、ついつい食べ過ぎてしまった時や気が向いた時に体重を測っていると、正しい体重が測れないだけでなくダイエットを続けるモチベーションを持つためにも体重は毎日測るようにしたほうがいいです。

ただ、体重を測るときは決められた時間で測るほうが正確なデータがとれます。時間がバラバラであることは、人の体重は1日の中で何度も変化しているために、規則性を持たせる意味でも同じ時間に測るようにしなければなりません。

体重は起床直後と就寝直後に測る

起床直後に測る理由には、食事やトイレでの排便と、体重の変化をうけにくい時間帯にあることがその理由にあります。そして就寝直後に測る意味には、その日のダイエットの終わりになるため、その日1日のダイエットがうまくいったのかをチェックするために測ります。

逆に体重を測ってはいけない時間帯もあります。それは体内の水分変化が起きやすい時間です。食後から2時間以内の時間や入浴、運動後、寒い場所、体調がすぐれない時、長時間座っている状態から急に立ちあがった時などは測定には向いていない時間です。

 

食べる時間をきめよう

食べる時間を決める理由には、時間を限定させることで胃腸を休ませる時間を作ることにあります。1日の内に食事をする時間を決めることで、決められた時間以外での食事でカロリーを摂り過ぎないようにします。

特に仕事などで夜の食事が遅くなるような場合には、朝と昼を多めに摂り、夕食は軽食で済ませることも必要です。ここで重要なことは、24時間の内に食事をする時間は8時間~10時間とすることです。つまり1日の食事を全て8時間以内の終えるということです。

通常の食事の時間であれば、朝食を7時、昼食を12時、夕食を19時頃とします。これを8時間~10時間以内に抑えるように食事をする場合には、朝食を7時に食べた場合に最後の夕食は15時~17時までに食べ終えるということです。

最初の食事を何時に摂るかでかなり変わってしまいますが、8時間~10時間以内で抑える目的は、カロリーを減らすことにあります。この8時間~10時間までの間に食事を3回することはかなり難しいことになります。1食を軽くするのか、それとも1食を抜くのか・・・という選択が必然と成り立つ仕組みになっています。

そうすることで、無理なくカロリーを減らしながらすすめることが出来るようになります。

 

痩せるホルモンが鍵になる

N112_cyekusuru_TP_V (1)

たくさん食べている人がなぜ、痩せているのだろうと不思議に思ったことがあるかもしれません。好きなものやおしいいものを食べても全く太らない人の存在ほど羨ましいものはありません。こういった人に対して痩せている現実に羨ましいだけでなく、嫉妬している人もいるかもしれません。

しかし、この食べても痩せている人には共通して、ある特徴ががわかっています。それが「痩せるホルモン」を分泌させていることです。痩せるホルモンとは「GLP-1」と呼ばれるホルモンで、このホルモンを多くカラダに保持している人ほど痩せやすく食べても太らないことがわかっています。

つまり、このホルモンが少ない人は当然太りやすいということになります。この「GLP-1」は食事をする時に分泌されるホルモンで満腹中枢を刺激し、糖の吸収を抑え、インスリンを分泌しやすくする特徴があります。

そしてこの痩せるホルモンを分泌させている鍵が小腸にあります。じつは小腸でこの「GLP-1」痩せるホルモンが作られていることがわかっているのです。しかし、私たちは年齢や生活習慣などによって腸内環境は悪くなっていきます。

つまり痩せるホルモンの分泌量も減っていっているということです。こういった環境を改善するためには腸内環境を改善し整えることで変えることができます。この痩せるホルモンは増やすことができるということです。

その痩せホルモンを増やすにはたった2つのことをすればいいのです。「乳酸菌をふやす」「EPAを多く摂る」!!たったこれだけで痩せるホルモンを増やすことができるようになります。

【乳酸菌を増やす方法】

  • ヨーグルトを摂る
  • 発酵食品を摂る
  • オリゴ糖がとれるタマネギ・ネギ・キャベツ・ゴボウ・アスパラガスを摂る

 

【EPAを含む食べ物】

  • サバ・イワシ・サンマ・アジ

 

痩せたければ食べた方がいい?

SAYA151005108415_TP_V (1)

食事制限をすれば、体重が減るのは当たり前ですが、ここで間違った制限をしてしまうと、カロリーがうまく消費できずに脂肪は燃焼されず、代謝が悪い身体のまま体重だけが減っていってしまうことになります。

こういったダイエットの仕方は当然、正しいダイエットとは言えず、全て悪循環に陥ってしまい健康的な痩せ方はできません。ここでいう、痩せたければ食べた方がいいというのは、正しい食材を食べることによって脂肪が燃えやすく代謝のよい身体つくりをするための方法です。

 

三食たくさん食べても痩せる方法は?

AMI88_kangaerumorigirl_TP_V (1)

主食は、やはりごはんがおすすめ

食事をするときに、パンやパスタをメニューとして取り入れている人もいますが、全ての食事ではパンやパスタよりも主食はごはんにする方がダイエットにはいいです。とくにご飯を食べる時は、玄米や雑穀米を取り入れることでヘルシーな食事にするのも大きなポイントです。

また、できるだけお腹に満足感を得たいのであれば、ごはんを雑炊やお粥にすることでお腹に溜まりやすく、しかもお粥になることでご飯の量も半分程度の量で済ませることができます。1日3食をこういったご飯をお粥などにかえるだけでも十分にカロリーを落とすことができ、1日でみれば400Kcal~500Kcalは減らすことができます。

 

カロリーのバランスは?

食事をしながらダイエットをする時に、一番に気にすることはもちろんカロリーですが、カロリーのバランスを意外と管理が出来ていないことがあります。基本的に痩せるためにカロリーバランスは消費カロリー>摂取カロリーでなければなりません。

ただその人が一日でどのような生活をしているか(運動量)で変わってくるために1日に摂るカロリーは個人差がでてきます。ただ一般的に女性であれば1日の必要なカロリーは1600Kcal~2000Kcalの範囲になります。ダイエット中であれば、ここから300Kcal~400Kcalを抑えた制限が必要になってきます。

そして食事の中で意識的に摂らなければならないのは、野菜や肉、魚類といった栄養バランスにも気をつけなければなりません。食事はトータルバランスとカロリーを考えることで効果が現れてきます。

 

食事は野菜からが基本

お腹が空いている時の食事は格別ですよね。そんなときに、ついつい好きな物から先に食べてしまう人もいるかもしれません。しかし、お腹が空いている時にこそ、最初に食べる物は野菜でなければなりません。これは空腹のときにカロリーの高いものを先に食べることで血糖値を上昇しやすく、また太りやすくしてしまうことになってしまいます。

まず始めは野菜を食べ、汁もの、副菜、ごはんとメインのおかずの順番で食べるようにしましょう。食べる順番を考える理由には、カロリーの吸収の仕方や栄養の吸収の仕方が違ってくることにあります。

また野菜を始めに食べる目的は野菜には水分が含まれていて、食物繊維が含まれています。この食物繊維にはお腹に溜まりやすくしてくれる効果があるために、満腹感を得るために始めに食べるのです。

 

食事はよく噛んで!!

食事にどれくらい時間をかけていますか?食事にかける時間が早い人ほど太りやすい傾向にあります。急いで食べることで、血糖値が上がりやすくなるだけでなく、早く食べることで必要以上に食べ過ぎてしまう恐れがあります。お腹がいっぱいになるまで、ひたすら早く食べ続ける・・・・!!これこそが太る原因で、カロリーを大幅に摂りすぎてしまう原因なのです。

しっかりと時間をかけてよく噛むことが食べ過ぎを防ぎ、満腹感を早めに得ることができることで丁度とい量を食べることができるようになります。

 

お菓子を食べても痩せる方法は

N784_yamagoyanoodango_TP_V (1)

もしおやつを食べる習慣がある人にとって、いきなりダイエットのためにお菓子を食べないことにするのは難しいと思います。できる限りは食事だけでダイエットをしなければなりませんが、どうしてもの時は食べ痩せスナックといわれる「ポップコーン」がおすすめです。ポップコーンにはタンパク質が豊富に含まれ、余分な脂質が少ないことからもおすすめの一品です。

また食物繊維が果物や野菜よりも多く含まれていることからも、食べ過ぎることを予防してもくれます。

こういったお菓子に関してもダイエットの一環として考えたおやつであれば食べても太る心配は少ないかもしれません。ですが、お菓子を食べて痩せるということは、まず難しいと考えてください。少なからずおやつを食べることによって、カロリーがプラスされることになります。

お菓子を食べても痩せたい人には、「消費カロリー>摂取カロリー」のバランスには気をつけましょう。

 

おやつが食べたい!そんなときは?

ダイエット中に甘いものが欲しくなることもあると思います。そんな時に甘いおやつの誘惑に誘われたらひとたまりもありません。特に甘いものは肥満を進める絶好の要素になります。そんな時にどうしても甘いものが食べたくなるときは、和菓子やコーヒーゼリーといったものを選ぶのがよいです。

また最近ではダイエットに適したおやつも数多く販売されています。油分や糖分を抑えた豆乳おからクッキー、糖分を抑えるために還元麦芽糖を使っているヘルシーなおやつまであります。こういった糖質を制限するように作られたお菓子であれば、少ない量を食べても問題はありません。

ただ、ここでも気にしなければならないのはカロリーです。お菓子のカロリーは100Kcal程度に抑えたものを選ぶようにしましょう。

 

からだは積極的に動かそう

okayama0I9A0972_TP_V (1)

食事でダイエットをしながら運動をすることは、かなり効果的だといえます。ただ、今からジョギングなり運動を始めようと思っても、継続できるかどうかは難しいところがあります。無理な運動をすることで逆にストレスとなってダイエットが失敗することもあるでしょう。

ですが、運動をしようと思うよりも普段の生活の中でちょっとだけカラダを動かすことをするだけであれば、そう苦痛になることは少ないと思います。仕事があれば、最寄り駅まで歩くだけでもかまいません。普段エスカレーターを使っているなら、階段を使ってみる。

ただ、○○するだけ!!が小さな運動にも変えることができるようになります。外に出るのが億劫ならば、家で踏み台昇降運動をするだけでも大きな効果です。踏み台昇降運動はジョギングと比較してもかなり上回る大きな運動になります。

自分で続けられる、ながら運動をすることで、運動そのものが苦痛ではなく、ダイエットへのやりがいの一つになることだと思います。そうすることが継続できる運動のコツです。

 

就寝時間で痩せよう

HOTE86_oyasumitime15234156_TP_V (1)

ダイエットを成功させるために欠かせないことは、しっかりと寝ることです。それは早めに就寝することで、睡眠時間を7時間半は確保することです。これは最も痩せやすくなる睡眠時間が7時間半取ることにあります。

また最も痩せやすい時間帯が午前2時~4時の間にしっかりと熟睡しているかが大きなポイントです。この時間でしっかりと寝るためにも、就寝時間は遅くても午前0時に寝るようにすることが大切です。またダイエットをすすめるためにも規則正しい生活は必要なことです。

 

夜食べても痩せる方法

PAK86_toukyouekisyoumen20150112190536_TP_V (1)

もし、夜遅い食事をしたり食べ過ぎてしまった時、次の日の食事が気になり、太りはしないか心配になるかもしれません。こういった食べ過ぎた次の日はリセットするために、食事をぬくことがおすすめとされていましたが、ここ最近ではこの考えは大きく間違っていることがわかりました。

人が食事で食べた物が脂肪になるまでにかかる時間は48時間程といわれています。その時間に、前の日の食べ過ぎた分を次の日に食べないことでリセットさせようとしてきましたが、肝臓で蓄えられた糖質や脂肪は48時間溜まったままになっています。

そして次の日に食事を抜くことは、お腹がすく時間を作るだけで、血糖値を上昇させるだけにしかすぎません。本当に体脂肪を燃焼させるためには、血糖値を下げなければならないために次の日に食事をぬくことは何の意味ももたないのです。

 

食べ過ぎた次の日の食事は

食べ過ぎたことによってカラダに起こることは、体内に余分な塩分や脂質が取りこまれてしまっています。またカラダに水分も溜まってしまっているために、カラダにむくみや老廃物の蓄積を招くことになります。

こういった食べ過ぎたことによって、起こった物をできる限り早くカラダの外に排出させてあげることが次の日にやるべきことです。そのために取るべきものがカリウムです。カリウムを含む食材を積極的に取りこんで身体に不必要なものを排出しましょう。

【カリウムを多く含む食材】

  • 大豆・イモ類・ほうれん草・納豆・アボカド・わかめ・にんじんなど

 

そしてもう一つ欠かせない食材が脂肪を燃やす食材を摂ることです。食べ過ぎたものをいつまでもカラダに留めておくよりも代謝を促して、脂肪を燃焼させる必要があります。そのために必要な成分がEPAです。

【EPAを含む食材】

  • マグロ・さんま・アジ・カツオなど

 

最後に食べ過ぎによって次の日の食事に取り入れておきたい食材は野菜です。これは次の日にお腹が空いた時に血糖値を急激に上昇させないために必要な食材です。特に朝食には必ず野菜を先に食べるようにしましょう。

食物繊維によって満腹感だけでなく、便秘の解消、そして特に朝食に野菜から食べることによって、昼食や夕食での血糖値の上がり方が緩やかになります。

【おすすめの野菜】

  • キャベツ・キュウリ・オクラ・トマト・タマネギ・白菜・アボカドなど

 

一人でせずに巻き込もう

FCFG100155839_TP_V (1)

ダイエットを成功させる一つの方法として、誰かを巻き込んでダイエットをすると継続したダイエットができます。これは友達でも家族でも誰でもいいですが、身近でダイエットを話しあえるような距離感が持てる人とのダイエットがいいかもしれません。

ダイエットは辛い事ではなく、楽しい事の一つとして取り組んでいけることが継続できるコツかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?食べても痩せたい人に向けた15の方法!!絶対痩せたいけど、痩せて食べたいと思う人に向けた方法です。まずは自分自身で目標を立てることから始めて楽しいダイエットにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • 小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

  • 正座しながらダイエット!お風呂で健康的に痩せる脅威の美容秘訣

  • 生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった1週間】

  • 1カ月でニキビ肌が撃退!乾燥肌も防ぐ簡単❤泡洗顔と化粧水❤

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 下半身が痩せない!脚を太くする無意識な原因と習慣!痩せる方法は