1. TOP
  2. 美容
  3. 【美肌アップ】化粧水をつけない美容法!乾燥・ニキビなどに効果的秘訣

【美肌アップ】化粧水をつけない美容法!乾燥・ニキビなどに効果的秘訣

化粧品にどのくらいお金をかけてスキンケアを行っていますか?そしてそのスキンケアによって本当に肌に美肌をもたらせる水分を与えることができているのか疑問になることがあります。化粧水をつけないメリットを知っておくことで肌への負担もなくなるかもしれませんよ。

 

油分の存在!肌の水分を保つためには必要なのです

肌の水分量は年齢を重ねるにつれて水分量が少なくなってきます。その中で特に悩みとしてあるのが、肌の水分量をいかに維持させていくかです。そのために潤いある肌を維持させていくために化粧水で水分を肌に与えていると思います。

ただ肌の水分が失われていく理由には他にもあり・・・

 

  • 日焼け
  • 乾燥
  • 摩擦

 

など原因は様々です。そのために水分を肌にあたえていくわけですが、大切なのは水分と皮脂のバランスのはずです。ところが、間違った洗顔を気づかずにしていたり、過剰ともいえるケアをしていることで未熟な細胞ばかりが残り結果として肌に水分を留めておくことができなくなるのです。

また、せっかくの水分を肌に与えたのはいいが、水分をしっかりと外に漏らさないように油分で蓋をすることを忘れてしまえば、化粧水をしても蒸発させてしまうだけで効果はなくなってしまいます。

 

ここで一つ問題なのは。油分をわざわざ肌に与えなければならなくなった肌はいったいどんな状態になってしまっているのか!?

 

なのです。これは言いかえれば、油分を与えなければ肌は水分を逃してしまう状態になっているということです。それだけ肌の力が弱くなってしまっていること!これはこれまでに肌ケアをしてきたことが間違っている可能性もなくはないのです。

 

肌ケアはすればするほど美肌になるわけではない

肌のいいという謳い文句で様々な化粧品が販売されていますが、本当に思っているような効果を実感できた人はどのくらいいるか気になると思います。確かに年々、肌にいい成分がよりよい成分として進歩していることは確かなことです。

しかし、化粧品はあくまでも肌そのものが生み出す天然の潤い成分と比べれば、肌をキレイにする事や傷ついた肌を回復させることは、肌のそものの天然の潤い成分に勝ることはできないのです。

特に問題なのが・・・・

 

  • 化粧品の成分が常在菌のバランスを崩してしまう
  • 肌のバリア機能を壊してしまう
  • 異物が侵入したと認識すると炎症を肌に起こす

 

こういったことは、肌に触れれば触れるほど肌本来の働きを妨げてしまうことでも起こってきます。実際に肌トラブルを抱えている女性は多いはずです。悩みは個人によって違えど、なりたい肌への意識は皆同じのはずです。

肌トラブルや美肌を保ちたい女性は、バリア機能を破壊してしまう化粧品は避けて、水だけの洗顔に徹することで保湿機能を損なわないように気をつけ、肌の持つ自然の再生力を生かすことが大切なのです。

 

洗顔後の肌が粉を吹いている人もいるが・・・

基本的には洗顔をすることで、肌表面の皮脂膜を洗い落とすことで肌が乾燥してしまいます。そのために乾燥を少しでも早く防ごうと保湿にとりかかろうとするわけですが、本来保湿をしなくても1時間もすればあ、新しい皮脂膜が作られるように肌はできています。

ところが、洗顔をした後に粉をふくような女性の場合は、肌細胞の間に隙間ができてしまった状態にあります。そのせいで、水分がそこから蒸発することで粉を拭くようになり乾燥してしまうのです。

そういった粉吹き肌の場合は、肌をまずコーティングする必要があります。そこで粉を拭いている場所にワセリンを塗ってあげることです。そうすることで肌の水分を逃さずにいられます。

 

洗顔後に化粧水をつけるのは何のため?

化粧水を洗顔後につけることは当たり前のことですし、肌に水分を与えるためだということはわかりますが、ただこれは、どんな化粧水を使っているのかということです。肌を整えるために欠かせない化粧水であっても、化粧水を肌に与えたところで、そのほとんどは蒸発してしまうために意味はそれほどないのです!!

 

じゃあ、何のために化粧水を肌に与えているのか?

 

これは肌が、自力で保湿することができないために化粧水をつかって、今以上に悪化させない事や乾燥させないようにするために化粧水を使っているのです。ただこれはどの化粧水でもいいわけではないのです。

 

  • セラミドが配合された保湿力の高い化粧水であること
  • ビタミンC誘導体が配合された化粧水であること

 

これが欠かせないわけです。つまり、この2つの成分が含まれないような化粧水を使うと、そこまでの保湿成分も含まれないために肌を潤わすこともできなければ、肌にダメージとして悪化させることにもなりかねないのです。

 

化粧水を使わなくてもいい時とは

化粧水を使わなくてもいい時も、もちろんあります。ただこれはあくまでも個人によって変わってくることが大きいです。そしてその場合と言うのが、肌が健康な状態である時に限ったことになります。

そもそも少し前にも伝えたとおり、化粧水にはそれほど大きな保湿力はないために、スキンケアという点では、化粧水を止めたからといってすぐに肌状態が悪化することはほとんどないのです。

ただ一時的に肌が乾燥することはありますが、肌の天然保湿成分を考えれば一時的でしかありません。こういった女性の場合は、化粧水を使わなくてもいい時なのです。また、化粧水を使わなくて肌状態が悪化するといった場合は、肌そのものが自力で保湿する力が落ちている証拠です。

その時は、何かしらのトラブルが肌にあると考えるべきです。

 

化粧水をつけないと肌が乾燥・ニキビができてしまう!そんな人は?

まず化粧水をつけるつけないの前の話しとして、間違ったスキンケアをしている場合は、肌が乾燥したり、ニキビができてしまうのは当然のことです。例えば洗顔のしかたに、こんな覚えがある女性は特に要注意です。

 

  • 洗顔を1日に何度もしている
  • 洗顔をゴシゴシとしている
  • 洗顔後に拭きとっている
  • 洗浄力の強い洗顔料を使っている
  • 洗顔料の強いクレンジング剤を使っている

 

これらのことは、もちろんしてはならないことですが、洗浄力の強い洗顔料で洗うことで、肌にはそれなりのダメージができてしまいます。つまり、肌がボロボロになっていく結果、肌のセラミドが不足してしまう状態になることです。

そこに、いくら保湿力のたかい化粧水を肌に与えようが、肌表面よりも肌内部の状態は老化をすすませ、ボロボロの状態になっていく可能性があります。ニキビができる、肌がつっぱると感じる、皮脂の分泌が多いと感じる場合は洗顔を見直すことも必要です。

 

化粧水を使った方がいい時は

これ以外にも、化粧水を使った方がいい場合ももちろんあります。それは大きく肌を潤わす力が低下していている場合です。具体的には・・・

 

  • 慢性的なニキビ肌になっている
  • アトピーよりの肌で乾燥肌がとにかくひどい
  • 生理的要因によって乾燥しやすい
  • 季節やその時の環境によって肌が乾燥しボロボロの状態
  • 年齢によって保湿成分が不足している状態

 

つまり、こういったことが原因で肌に自然な潤いをもたらせることができない状態の場合は化粧水を使ったほうがいいのです。これは改善されるまでの間は化粧水を使った方が早く改善されるためです。

ただ気をつけたほしいのは、化粧水を使わなくても問題がない肌の女性が化粧水をしっかりと使うことは、肌本来が持つ保湿機能があるのに化粧水を使っていることで角質層を疲弊させるということです。

 

化粧水を使わないスキンケアとは

化粧水を使わないスキンケアと聞くと、どうしても中々前に踏み出して実践する勇気がでなくなるかもしれません。ただ、思い出してみてください。肌本来にある働き!!肌には、水分と皮脂のバランスを保つことで肌の潤いを保つ機能がついています

 

ということは化粧水を肌に与えて潤いをつくろうとしていることは、肌本来の機能を低下させてしまうことにもなるのです。肌本来の力を取り戻してあげることも立派なスキンケアなのです。

 

専門家からみる化粧水と肌断食でわかる肌の本当の姿とは

美容や肌の専門家からみても、化粧水をつけることで肌に本当に潤いを与えることができるのかには疑問を持つ声もあります。特に化粧水が蒸発しやすい上に、化粧水を肌に与えることが無意味にならないように、化粧水の潤いをいかに肌に留めておくかも考えています。

そのため、肌に休息を与える日を作ることも大切な肌への仕事だというのも事実です。メイクはもちろん、化粧水も一切使用しないで1日だけ肌を休ませる「肌断食の日」をつくっていくことで肌が本当はどういった状態になっているのかを見ることも必要なのです。

 

そして肌断食をすることでわかることがあります。それが一時的に肌表面が悪化するということ。これこそが肌断食を始めたことで、肌に起こっていることが全て現れるようになってきます。これが本当の肌の状態なのです。

 

  • バリア機能が壊れた状態のボロボロの肌がむき出し状態になる
  • 肌の色にムラができている
  • 肌表面がガサガサしている
  • 細かなシワが目立つ
  • 肌が乾燥する

 

特に肌断食を始めたことで最初は驚くかもしれませんが、こういった肌表面に現れてくるものが今まで美容液やクリームの成分などでごまかして隠れていた部分が表にでたことでわかる現実の肌なのです。

 

化粧水をつけない!大胆なスキンケアの正体

化粧水をつけないスキンケアを始めることは意外と大胆かつ勇気がいることだと思いますが、実際に化粧水をつかずにスキンケアをした人には効果を感じる人も多いようです。実際にあった口コミをみると共通することがあります。

 

  • シミが薄くなった
  • 肌がプルプルになった
  • カサつきが気にならなくなった
  • 肌の調子がよい

 

こうした肌に何かしらのよい影響が出たのには、ただ化粧水をつけないだけでなく洗顔後に化粧水をつけずに自分にあった油分を薄く塗っていることがわかっているのです。それが・・・

 

  • ホホバオイル
  • ワセリン
  • ニベアクリーム
  • 馬油

 

この4つを自分の肌に合わせてセレクトし使っていたのです。これらを使い、シミや毛穴が改善された声もあります。

 

スクワランオイル

スクワランオイルはもともと人の体内にある成分のために浸透力が高いのが特徴です。そのため保湿効果も高く、また肌のターンオーバーを整える作用もあり、肌細胞の生まれ変わりをサポートしてくれます。

ただ、スクワランオイルを選ぶときは、純度の低いものは選ばないことです。純度の低いものは酸化しやすく変質しやすいのです。また長時間つけて紫外線に当たるようなことがあれば肌トラブルを起こす可能性もあります。

なるべく純度の高いものを選ぶようにしましょう。

 

ニベアクリーム

ニベアを塗ることでしっとりしますが、なじむまで時間がかかるのが難点です。ただ、ニベアには、スクワラン・ホホバオイルが配合されているために保湿スキンケアには有効なのです。ただセラミドのような保湿成分ではないにしろ、肌のキメを整えることができます。

 

馬油

馬油の特徴は浸透性が高く、肌の潤いを強力にサポートしてくれるところです。ただその反面つけすぎるとテカリやヌルツキが気になりもします。ただ昔から馬油は民間療法として用いられていることもあり、今では化粧品にも使われているものです。

馬油の効果には、こういった効果もあります。

 

  • 血行を良くする
  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用

 

ワセリン

ワセリンには、皮膚を潤わすものではありませんが、保湿力がよく、肌を保護することや水分の蒸発を防ぐためにはとても優れています。ただワセリンの性質上、塗る時にベタつきが気になると思いますが塗った翌朝は肌がしっとりとさせてくれます。

ただ、ワセリンの塗る量には注意が必要で、量が多すぎるとホコリなどを吸着してしまい肌の調子を悪くさせることになる可能性があるので、使用するときは耳かき1杯~2杯程度で使用するようにしてください。

 

知っておいて損はない!肌断食のやり方は

毎日のスキンケアを止めてしまうことこそが肌断食ですが、仕事や日常生活を送る上で毎日することはできないため、休みの日を利用することをおすすめします。まずこの肌断食を提案した人物が宇津木龍一さんという医師によるものです。

そのため、宇津木式肌断食と呼ばれています。この肌断食のやり方は少しずつ肌に悪いものを減らしていく方法です。そしてこの肌断食の期間は3日間

 

肌断食のやりかた
  1. 物理的な刺激を減らす
  2. クレンジング
  3. クリーム
  4. 乳液
  5. 美容液
  6. 化粧水

 

まず物理的な刺激を減らすために、洗顔のときは洗いすぎないことや擦り過ぎないことによっ物理的な刺激を減らしていきます。そしてクレンジングから化粧水までの流れの中で、少しずつスキンケア化粧品を使うことを止めていきます。

そして最後は水洗顔のみにする状態にまでもっていきます。ただ、1~6の過程で乾燥、ヒリヒリするといった感じが気になる場合は、皮膚科で処方し、白色ワセリンを塗るのはかまいません。

 

具体的なスケジュール!!

金曜日の夜 メイクを負担の少ないクレンジング剤で落とし、無添加のせっけんで洗顔する

洗顔後に肌のつっぱりを感じても何もしないでおく

土曜日の朝 水かぬるま湯で洗顔する

1日ノーメイクでスキンケアはしない

土曜日の夜 無添加せっけんのみで洗顔する

スキンケアはしない

日曜日の朝

日曜日の夜

土曜日の朝と晩と同じ対応をする

ノーメイク、ノースキンケアで過ごす

月曜日の朝 通常のスキンケアとメイクを再開する

 

肌断食のおこる肌効果!口コミは

肌断食をおこなってみてどんな効果が起こるのか気になる人も多いはずです。とくに、これから始めてみようと思っている女性にとっては大きな情報だと思います。

 

 

まとめ

肌トラブルのきっかけは人それぞれですが、ただあなたがこれまでにおこなってきたスキンケアによって肌トラブルを起こしているのかもしれないと薄々感ずいている方、またもっと効果的で負担のかからないスキンケアを知りたい方は化粧水をつけないスキンケアを知ることで何かが変わるかもしれません。

そしてこんなこともわかっています!何のケアもしていない高齢者女性の肌細胞のほうが水分保湿量が高いということ。化粧水をつけないことに戸惑いがあるかもしれませんが、一度試してみてはいかがでしょうか。

化粧水をつけないと数年後に大変なことになると思っている女性も少なくありません。しかし、化粧水をつけないことでのメリットを考えれば、おのずとその答えがわかるはずです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 酵素ダイエットのウソホント!痩せない人必見!効果をだすやり方

  • 小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

  • シミ予備軍に気づいてる?今すぐチェックしたい消すシミ対策

  • リンゴ酢ダイエットは飲み方で想像以上の効果は量で決まる

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法

  • こめかみにニキビができて繰り返してしまう!原因と特別なケア