1. TOP
  2. 美容
  3. 肌に透明感を出す食べ物❤たった1カ月の美白習慣

肌に透明感を出す食べ物❤たった1カ月の美白習慣

美容
この記事は約 21 分で読めます。 2,950 Views

女優のような透明感のある肌に一度でもなってみたい!そんな肌質を手に入れるために、あれやこれやと肌ケアをしている女性も多いと思います。また所詮は憧れと思ってしまっている女性!

鏡をみて現実に戻る自分自身と時間をほんの少しだけでいいので1カ月間、肌に透明感を出す食べ物を摂ることで、美肌になれるポイントになる食事を紹介します。

 

肌にくすみができる!そんな関係性知ってますか?

肌に透明感がなくなったのは、いつの頃からか覚えていますか?気づいたらいつの間にか肌にくすみができたり、透明感すらなくなってしまった肌に直面すると思います。そして年齢とともに太りやすくもなったりします。

 

こんな全てが悪循環になっている現実!!

 

頑張ってダイエットをして痩せても、ただ痩せただけで肌にはダメージとしてハリを感じることもなかったりもします。特に肌荒れに繋がるケースもよくあることです。じつはこういったケースは本質さえ正しく理解することで肌に透明感を戻すこともできるのです。

そして透明感を失い、くすみを作る原因が肌のターンオーバーの遅れによるものがその半分を占めていると言われています。

 

脂質と肌のくすみにこんなことが起こっている

肌がくすんでしまう原因にはこういったことがあります。

 

  • 紫外線による
  • ストレスによる

 

これらに共通していることは、皮脂による酸化によって肌がくすんでいってしまうということです。皮脂腺からでる脂は空気に触れることで、時間が立ってくると酸化し過酸化脂質へと変化します。

また酸化した皮脂が毛穴に溜まってくると、毛穴の黒ずみにもなり毛穴が目立つようにもなります。この過酸化脂質へ変化することというのは肌に刺激を与えて活性酵素を発生させ、肌を守ろうとメラニン色素を作りだそうとします。

そして皮脂が酸化するかどうかというのは、皮脂の分泌量にも比例することもわかっているために皮脂量が多い人ほど酸化もしやすく肌にダメージを与えやすいのです。そして本来肌が紫外線や外気から守ってくれるバリア機能!

このバリア機能は、セラミドと天然保湿因子(NMF)が含まれていますが、この原材料となるのが脂質とアミノ酸です。ここまでで脂質のイメージが悪くついてしまっていますが、大切なことは皮脂の過剰分泌をさせないことにあります。

 

そして皮脂が酸化する時間は約5時間

 

とも言われています。そして過剰に分泌させてしまう原因には無理なダイエットも大きな影響をもたらせていることもわかっています。皮脂をコントロールするためには・・・・

 

  • しっかりとした洗顔をする
  • 毛穴につまった皮脂はピーリングか酵素洗顔
  • ビタミンB2、B6で皮脂分泌をコントロール

 

これが欠かせなくなってきます。

 

タンパク質の不足は肌には悪い

人のカラダには20種類のアミノ酸を欠かすことのないままでいなかればなりません。このアミノ酸の一つでも不足するということはカラダに正常な働きをさせなくなってしまいからです。そしてそのために必要なのがタンパク質です。

タンパク質が不足することによって肌には・・・

 

  • たるみの原因になる
  • シワの原因になる

 

といったことがおこってきます。このタンパク質は肌の弾力成分でもあるコラーゲンやエラスチンが含まれているために、タンパク質不足によって肌に弾力を作る成分が不足すれば当然残念な結果につながります。

そして必須アミノ酸を不足させないためのタンパク質の摂り方は植物性よりも動物性のタンパク質を摂る方が適しているためうまく摂り入れることが必要なのです。

 

炭水化物と肌くすみの関係からわかること

炭水化物と聞くと、どうしても炭水化物を制限するダイエットをよく耳にすることも多いと思います。特に日本人の食事に欠かすことのできない「ごはん」に対して不足させることは肌のくすみに繋げる原因でもあったのです。

 

その原因が炭水化物を不足させることで起こるのが腸内細菌との関係性です。

 

私たちの腸内には100兆個もの腸内細菌が住んでいるといわれていますが、その細菌の中には、炭水化物を餌にしている腸内細菌もいます。特に私たち日本人の腸内細菌叢は炭水化物の分解に長けていることがわかっています。

炭水化物には糖質と食物繊維が含まれています。この炭水化物が不足すれば、腸内は酸性からアルカリ性へと変わり悪玉菌が増え、善玉菌が減った環境へと変わってしまいます。そして炭水化物が不足すれば善玉菌の一つのビフィズス菌を死滅させてしまいます。

こうした炭水化物不足は結果として腸内環境を悪化させ、血液の流れも悪くなっていきます。その結果として肌にくすみができる原因にもなってくるのです。

 

腸をキレイにする!肌に嬉しいこと

肌にくすみがなく透明感のある状態にあることが理想ですが、そのためにはまずは腸をキレイにすることが大切なことです。まずは腸をキレイにすることで得られる効果にはこういったことがあります。

 

  • シワが薄くなってハリがでる
  • くすみがなくなり、肌に透明感がでる
  • 肌がしっとりとして潤ってくる
  • 毛穴が引き締まって、肌のキメが細かくなる
  • 肌のざらつきや吹き出ものといった肌トラブルがなくなる

 

そしてカラダに不要な物が溜まってくる毒素の存在をいかにカラダから排出してあげるかでも変わってきます。まず結論からいえば、腸内に住む悪玉菌よりも善玉菌の方が優位な環境にあることが理想の腸内環境と言えます。

そしてそのためにカラダから出す毒素ですが、その内の約7割が便として毒素を排出することがわかっています。そして2割が尿として毒素を排出しています。そして残りの5%が汗や皮脂、呼気、皮膚、毛髪などから排出されています。

これだけでも腸内環境がいかに大切なのかがわかると思います。そして同時に意味することは便秘になると言う事は、その日や翌日と便が出ない事が続くことでカラダの中には、老廃物や毒素がたまり続けていくということです。

 

肌の美しさと腸の美しさが決まる条件とは

腸の汚れが肌に悪影響を及ぼす

便秘が重ねていくことで肌にとっても、腸内環境にとってもいいことはありません。しかも腸内を汚したままの状態を便秘になることで何日もそのままにしている状態というのは言いかえれば、質の良い栄養をカラダに届けることができない状態だといえます。

つまり、栄養が吸収されない状態ということです。

 

  • 下痢傾向にある
  • 決まった時間に排便が出なくて困っている
  • 便秘になっている
  • 便やおならの臭いがきつく感じる
  • 排便後でも、へその下あたりがボコボコした感じがあり硬くなっているように思う

 

こういったカラダに何かしらの変化を感じる場合は、腸内がすでに汚れている可能性も十分にあると言えます。

 

キレイな肌を作るためには

腸内環境が悪くなっているのとは反対に、腸内環境がよい状態にあることは、便秘もなく、便がしっかりとでている状態にある人といえます。特に腸内がキレイになっていると、質のよい栄養もしっかりと吸収することができます。

この腸がキレイな状態にあることで、血液の流れに沿って栄養もしっかりと巡るようにもなり、肌をキレイにすることにもなります。そのために必要なのが腸内環境を整えてくれる食事をすることです。

そしてもう一つが幸せホルモンであるセロトニンです。セロトニンと言えば、心の安定をさせるためのホルモンですが、腸ではじつに70%もの免疫力を作っている場所でもあることも深く関係しています。

そして腸にはセロトニンという脳内伝達物質の分泌も行っていて、その90%が腸に存在します。セロトニンの働きは主に2つです。

 

  • 精神的な安定を保つ
  • 睡眠の質を向上させる

 

といったことです。そしてセロトニンが不足する原因には、日光を浴びることでセロトニンが生成されるために、日光に浴びていないことによる不足。そして運動不足によってセロトニンを伝達する神経の衰えからも不足してしまいます。

そして栄養不足によってもセロトニン不足は起こります。この栄養と言うのは、トリプトファンやビタミンB2などセロトニンを生成する時に必要になる原料不足によるものです。

 

腸をキレイにする食事に欠かせない3つとは

まずは基本的なところから改善していくために必要な事を紹介します。便秘を解消させ、質の良い栄養を摂りれる為にするための準備段階でしなければならないことです。

 

食物繊維の力で!

食物繊維の働きには、腸内のついた汚れを絡め取って、汚れそのものまでもキレイに掃除してくれる働きがあります。食品手添加物や食べ物のカスなどまでもキレイにして排出してくれます。

 

食物繊維が含まれている食べ物
  • こんにゃく
  • りんご
  • みかん
  • 海藻類
  • おくら
  • ごぼう
  • 穀類
  • アボカド
  • ブロッコリー
  • きのこ類

 

腸内環境は日本古来の調味料で!

腸内環境を整えてくれる調味料としては発酵食品があります。特に発酵食品でも味噌やしょうゆ、酢、塩といった発酵調味料が腸内環境を整えてくれる働きをもっています。漬物や納豆は定番ですよね。

ただ発酵食品に含まれている菌は、カラダに摂り入れても数日でカラダの外に排出されてしまうデメリットがあります。そのために、発酵食品を摂りれる時は、食べる事に対して習慣化することです。

そして腸内環境を整えるだけが発酵食品による効果ではありませんよね。

 

  • 腸内環境を改善する
  • 女性ホルモンをアップする
  • アンチエイジング

 

よく噛むこと

食事をする上で、食べ物をしっかりと良く噛むことは大切なことですが、人によっては噛む回数が少ないことで胃や腸に負担をかけてしまっていることもあります。それは噛む回数が少ないことで、食べ物を消化するまでに時間がかかることで胃腸に負担がかかり疲れてしまうことです。

つまり、食べた物が液状になるまでに時間がよりかかってしまう事で、胃腸が弱ってくる結果悪玉菌が増殖し栄養を吸収する腸壁までもが弱まってしまうことにあります。そのために食べた物ををしっかりと噛み、液状になるまで噛み続けることです。

 

消化に負担をかけないことが腸内環境をよくするための方法です。そして一口を30回噛むことが一つの目安になります。そして良く噛むことがもたらす効果もあります。

 

  • 美肌・若返る効果
  • ダイエット効果
  • 小顔効果
  • ストレス解消効果
  • 脳の活性化
  • 虫歯や歯周病の予防
  • 免疫力アップ
  • 病気の予防

 

美肌を作るために欠かせない食べ物

旬の生野菜は肌に嬉しい栄養がいっぱい

美肌に少しでも近づくためには、旬の野菜を摂ることが肌には良いと言われています。野菜を買いに行く時に、何を目安にするかは人によって違いますが、スーパーに行くと、必ず同じ野菜が売られている光景を目にすることがあると思います。

ただ売られている野菜にもそれぞれのおいしさを増す時期、旬な時期と言うものがあります。この旬な時期の野菜たちにあるのはただおいしいだけでなく、その旬であることで栄養価の高い野菜になっているのです。

例えば、美肌に欠かせないビタミンCでいうと、ほうれん草の旬は冬になります。年中買うことができる野菜ですが、夏場に買うほうれん草と旬の時期の冬に買うほうれん草とではビタミンCは約3倍も違います。

たったこれだけ見ても分かるとおり、旬の野菜を摂るということは栄養においても違うということです。また栄養をしっかりと発揮するための酵素においても、やはり旬な野菜を摂ることで酵素の量もたくさん含まれています。

そしてもっとも旬な野菜をそのままの栄養で摂る方法が野菜本来のままを摂り入れることになります。その具体的な方法は、切らない、炒めない、洗うだけでの調理法です。つまり、生で食べることができる野菜はサラダなどの生で食べ、生で食べることのできない野菜は、低温で蒸す、軽く炒めることで野菜本来の栄養素や水分を壊さずに済みます。

 

豆類が持つ力で美肌をサポート

カラダに欠かすことのできない栄養一つが豆類に含まれているタンパク質です。これはカラダの全ての細胞を作る上でも欠かすことのできない栄養の一つであるための美肌を作るためには欠かせません。

そして豆類がもたらす効果が・・・・

 

  • 女性ホルモンの働きをサポートしてくれる
  • 抗酸化作用でアンチエイジング
  • ダイエットをサポートしてくれる

 

 

といった働きがあります。大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることで髪や肌をキレイししてくれ、女性らしいスタイルを維持してくれます。また女性特有のイライラや不安に対しても緩和することができます。

またストレスや年齢を重ねていくことで活性酵素が作られてしまうと、カラダそのものを老化させる原因にもなります。抗酸化作用のある豆類を食べることで活性酵素が増えるのを防いでくれることができます。

そして豆類が持つタンパク質は不足させてしまうことは、ダイエットにおいても美容においてもマイナスでしかありません。というのも短波k水津が不足するということは、ダイエットや美容においての成功率を大きく下げてしまうことに繋がるからです。

これはタンパク質が不足することで、筋肉量が維持できなくなることや作ることができなくなることで基礎代謝量が下がってしまうためです。そうすると、体重が落ちにくくなるだけでなく、体重が増えやすいカラダにもなります。

さらには筋肉量が低下したことで血液やリンパの流れも滞りやすくなることでカラダに冷えやむくみを引き起こしやすくもなります。また脂肪と老廃物が合わさることで、セルライトが作られることになるとまた厄介になります。

美肌を作っていく上では、良質なタンパク質を摂ることは欠かせないのです。

 

良質な油は肌に本物の潤いをもたらす

油にはカラダによいものと悪いものとがあります。ただ油の摂り過ぎはよくありませんが、美容やダイエット、健康において油を摂る時に、良質な油を摂ることでより肌には嬉しい効果を得ることができます。

まずカラダに悪い油と言うのはトランス脂肪酸です。

 

  • マーガリン
  • ショートニング
  • ファットスプレッド
  • 加工油脂

 

が使われている油です。具体的には、これらの油を使ったお菓子やパン、ケーキ、揚げ物に含まれていることが多いと言われています。そしてカラダに悪い油と違いカラダによい油と言うのが・・・

 

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸
  • オメガ3
  • オメガ6
  • オメガ9

 

といった油がカラダにはよいとされています。ただカラダのよいといわれていますが、あくまでも種類も様々なために摂るべき量もかわってきます。少し控えておきたい油もあれば積極的に摂った方がよい油もあるということです。

この良質な油を摂ることで肌には潤いのある肌へと導いてくれる事以外にも、肌のくすみの改善や老化を防止するといった美肌に繋がる効果もあります。そして良質な脂をどの程度摂る必要があるのか、また、あまり摂らない方がいいのか特徴について簡単に紹介します。

 

飽和脂肪酸 摂り過ぎると悪玉コレステロールが増える上に現代人には摂り過ぎている油のため和食として摂ることで摂り過ぎを防げる。

中鎖脂肪酸であれば循環がスムーズなためダイエットや健康に優れている

不飽和脂肪酸 カラダの中では作ることのできない油のため、食事から摂る必要のある必須脂肪酸。
オメガ3(多価飽和脂肪酸) ほとんどの人が不足しがちな脂肪酸。1日に1g~2gほど摂る必要がある。エゴマ油、青魚、アマニ油、チアシード。
オメガ6(多価飽和脂肪酸) 必須脂肪酸であるも現代人には摂り過ぎている傾向にある。コーン油、綿実油、ごま油などに含まれる。

オメガ3とオメガ6=1:4が摂取比率の理想。

オメガ9(多価飽和脂肪酸) オメガ3、オメガ6と比べても酸化しにくいため加熱調理にむく。オリーブオイル、なたね油、紅花油。

 

それぞれの脂の特徴はこういったところです。カラダにとって良い油と悪い油を見分けることに加えて実際には、どの油を上手に食べ物から摂ればいいのかに悩むかもしれません。そこで良質な油を摂りやすい食材を紹介します。

 

  • サーモン・さんま・マグロ・いわし・サバ
  • アマニ油・ココナッツオイル・大豆製品
  • ほうれん草・からし菜・アーモンド(乾)

 

カラダに良い油はこういったもので、反対に悪い油は加工する時に使われている油と考えることで良い油と悪い油の違いを見極めることができます。

 

美白に効果的な4つの栄養素

鉄分を摂る

鉄分はカラダには欠かすことのできないミネラルの一種です。特に鉄分不足からイメージするものと言えば、貧血を頭に思い浮かべるかもしれません。この鉄分はその通りで貧血を良緒部するために必要なミネラルですが、鉄分にはもっと別の効果もあります。

 

シミを予防するためには欠かせない

鉄分不足によってシミはできてしまいます。シミは活性酵素を発生させる原因の一つでもあります。こんなシミがあるだけで顔に老けた印象を与えてしまうわけですが、そのシミを消そうと思っても中々消せないのが現実です。

その結果、コンシーラで隠したり、美白サプリメントで予防しようとしますが、その中でももっとも効果的なのが鉄分を摂ることなのです。特に女性の場合は、月経などによって熱分が不足しがちになってしまいます。

これは汗や尿、便、妊娠と出産にによっても鉄分が失われていきます。こうした鉄分不足がシミをさらに加速させてしまうのです。そこで注目したいのが、抗酸化が期待できるヘムタンパクの存在です。

ヘムタンパク(カタラーゼ)という酵素は、肌のくすみやシミの原因になる活性酵素を除去する酵素で、コラーゲンの合成をとおして皮膚の代謝にも関わっているために肌のハリやシワ、たるみにも防いでくれるのです。

さらにビタミンCを摂ることで、鉄分の吸収も高めてくれるために摂りいれると共に効率よく鉄分を補うようにしなければなりません。

 

鉄分を効率よく摂るには

  • 肉類や魚、貝類などの動物性食品
  • 大豆類、野菜類、海藻類

 

こういった食べ物から食事を組み合わせて摂っていくことで効率よく鉄分を摂ることができます。そしてあくまでも同じ食べ物から鉄分をとらずに様々な食材から摂ることがおすすめです。

 

ビタミンCを摂る

美白に欠かせないビタミンCですが、ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあることでシミに対して、すでにできてしまったシミでも薄くしたり、消すことにも繋がります。またシミだけでなく、アンチエイジングに加えて風邪やインフルエンザ、生活習慣病の予防にも欠かせない栄養素です。

 

ビタミンEを摂る

アンチエイジングに欠かせない栄養素の一つであり、ビタミンCを補強してくれる栄養素でもあります。このビタミンEの働きは細胞膜を守るためのビタミンEです。細胞膜の働きには、細胞に必要な栄養を摂りこんだり、異物から細胞を守る役割があります。

そのため、活性酵素から細胞膜を守るために自ら細胞膜が酸化することで細胞や組織を守り活性酵素から守ってくれるのです。こうして活性酵素から守ってくれるわけですが、一度酸化してしまうと、その後に抗力を失ってしまいます。

そこでビタミンCを摂ることで再びビタミンEの働きを取り戻すために同時にビタミンCを摂ることが欠かせないのです。

 

ファイトケミカルを摂る

ファイトケミカルは植物性由来の抗酸化成分で、phytoは植物を意味し、chemicalは化学成分を意味することから、植物が紫外線や有害物質から守ってくれる成分のことを指しています。そしてこのファイトケミカルの種類は1万種類にもなります。

このフィトケミカルは活性酵素を除去する働きがあることから抗酸化作用に優れている成分で食事の中に摂り入れておきたい成分の一つにまります。ただ1万種類もあるファイトケミカルをどう摂り入れればいいのか迷うかもしれませんが、じつは良く目にする食べ物に含まれています。

 

  • アントシアニン
  • βカロテン
  • フコダイン
  • アリシン
  • イソフラボン

 

一度は耳にしたことのある名前だと思います。こうしたファイトケミカルを含む食べ物を摂ることが美肌にするためには欠かせないために食事の中に上手に摂り入れることです。

 

アントシアニン ブルーベリー・カシス・イチゴ・なす・黒豆など
リコピン スイカやトマト・ニンジン・柿・パプリカなどの赤色成分
βカロテン ニンジン・ピーマンなどの緑黄色野菜
フコダイン 鮭やエビ。昆布・メカブなどの海藻類
アリシン  ニンニク・にら・たまねぎ・らっきょう・長ネギなど
イソフラボン 大豆や大豆製品など

 

目指せ美肌!美肌になるための食事!摂っておきたい朝昼夕のメニューレシピは

美肌になるための食事で押さえておきたいポイントは、まず腸をキレイにし腸内環境を整えてくれる食事であること。そして美肌を作るために欠かせない栄養素が含まれている食事でなければなりません。

 

朝食は果物を摂って食物繊維をと摂る

朝の時間はカラダに摂っては、排泄の時間になります。すっきりとカラダに不要なものをしっかりと排出してデトックス効果を高めるための時間です。そこで朝の食事で摂っておきたいメニューは、消化のよい果物を摂り入れておくことです。

朝の時間は1日が始まる時間帯ですが、夜寝ている間でもしかkりとエネルギーが使われています。つまり、エネルギー源でもあるブドウ糖を摂っておくことが必要になるのです。そこで消化もよく、すぐにエネルギーとしても使われる果物がおすすめなのです。

果物に含まれる水分や食物繊維、ファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、タンパク質も含まれているために、朝の時間にしっかりと排泄作業にも繋がり美容やダイエットにもよいのです。中でもりんごやミカンがおすすめです。

 

たっぷり野菜と玄米が昼食に欠かせない!バランスを考える昼食

お昼からが特に消火活動が高まる時間になるために、ここでしっかりと栄養を摂れる昼食をメニューとして選ぶことが大切です。ただどうしても昼食となると外食する機会も多くなります。そこで押さえておきたい食事のメニューを紹介します。

野菜は美肌によい栄養が確かにしっかりと含まれていますが、大切なのは全てのバランスです。足りない栄養素を補うように野菜を摂ることで不足するバランスを補いようにします。その為には、色とりどりの野菜を摂ること。

つまり緑黄色野菜や淡色野菜を組み合わせて上手に摂ることです。そして主食はできれば白米よりも玄米を食べる方が白米よりも栄養がしっかりと含まれているために質の良い栄養を摂ることもできます。

 

夜の食事は野菜7割に!他3割でバランスを考える

夜の食事に必要なことは、野菜、お肉や魚などを摂り入れることです。中でも野菜に関しては、旬な野菜を夕食の半分以上は摂っておきたいところです。また季節に応じて夏であれば生野菜を多めに摂り、冬であれば温野菜に変えて多めに摂ることです。

またドレッシングにオイルを加えることで油も摂ることができます。また、腸を整えてくれる発酵食品をプラスすることでも腸内環境を整える効果があるためにおすすめです。そして残りの3割は穀類、肉や魚類を摂るようにしておくことです。

夜の食事で気をつけることは、野菜を多めにし、その他でバランスを摂るメニューにすることです。ただこれはあくまでも夜に太るピークになる時間22時~2時までに食べない事が前提です。

この時間で食べてしまうと当然美容どころか太ってしまいます。この理由は、人間の遺伝子に結合しているBMAL1という脂肪をため込むための酵素を増やす働きがこの時間帯に起こるからです。

そのために夜遅くなる食事をする時は、タンパク質や野菜中心の食事であることです。

 

まとめ

肌に透明感を出すために必要な食べ物の栄養や食事での摂り方について紹介してきましたが、あくまでも食事で摂る食べ物はバランスを考えた上での食材選びになります。美肌を作るために必要な食べ物をうまく摂りれてみてください。

また同時に、肌に水分量をあげるためにはお風呂上がりのローションパックもおすすめの一つです。くすんだ肌というのは、肌のし分量はわずか25%以下という結果があります。本来であれば大人の肌には40%の水分量があることで透明感が現れるようになります。

透明感を失った原因。そして取り戻すために必要なことを知ることも大切なことです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 寝るだけで痩せた!7日で4Kg減のオーバーナイトダイエット❤

  • ホホバオイルで赤ら顔対策!化粧水のおすすめは

  • 酵素洗顔の効果が凄すぎた!たった一度で毛穴がスッキリ❤

  • 早く疲れを取る食べ物や飲み物!疲労回復によい方法と逆効果な方法

  • 若い見た目年齢の魅せ方!1分でほうれい線の原因を消す予防対策方法

  • 正座しながらダイエット!お風呂で健康的に痩せる脅威の美容秘訣