1. TOP
  2. 美容
  3. 肌荒れを早く治す方法!基本的原因から簡単にツヤ肌に導く12の秘訣

肌荒れを早く治す方法!基本的原因から簡単にツヤ肌に導く12の秘訣

肌荒れに悩んでいる女性が多い中、何もしていない女性はもちろんいません。肌荒れを早く治したいために、何かしらの直す方法をおこなっているはずです。ところが思うように治せず肌荒れに困っているはずです。

そこで、肌荒れを早く治すために方法を様々な視点から紹介していきたいと思います。

 

見出し

肌荒れの悩み!こんな症状がわたしの肌に起きてます!!

肌荒れの悩みは人によって様々な症状が起こりますが、その症状の出かたや肌荒れが起こる場所も人それぞれ・・・・・。ただ共通することは、肌荒れが起こっているという現実です。そんな肌荒れにある症状にはこういったことが起こっています。

 

  • 肌が赤くなっている
  • 肌がカサカサとしている
  • 大人ニキビや吹き出物ができている
  • 毛穴が開いてしまっている
  • シミやくすみができてしまっている

 

こんな悩みだと思います。しかも、肌荒れといっても、その原因も対処法もそれぞれで中々思うような改善に至っていないことだと思います。こうした悩みは何かしら年中考えることかもしれません。

そして具体的には肌荒れが起きてしまう原因にはいくつもの要因があります。

 

女性の肌荒れの様々な原因はどこにある?

メイクを落としきれていない?それともさぼっちゃう日もある!!?

日によって忙しいこともあると思います。そんな時は、すぐに早く家に帰って休みたい!!と思ってしまうと思います。心もカラダも疲れきっている時にありがちなことかもしれません。ですが、疲れて帰ってきてメイクを落とさずに寝てしまう・・・・。

 

このメイクを落とさずに寝てしまう行為は、当然肌にとってはよくありませんよね。ですが本当に怖いのは、メイクは肌にとっては有害な物質だと知ることです。こんなことを書いてしまうと、なんだかオーバーだと言われてしまうかもしれません。

しかし、特にファンデーションの性質上、肌に密着性を高めることからも、メイクを落とさずにそのままにしておくことで、メイクに含まれている油分が酸化することによって有害な物質に変化することもわかっています。

またそれだけでなく、肌にある汗と混じり合うことで微生物の温床になってしまう可能性もあるのです。そして恐ろしいことは、1日メイクしたままで寝るとどうなると思いますか?1日だけでそれほど実感はそこまで感じることも少ないかもしれません。

しかし・・・・・・

 

  • 1週間使った雑巾を顔に乗せているのと同じ
  • 一晩メイクを落とさないと10日分老ける
  • ダニが繁殖することもある
  • たった1日分の肌疲労が翌日の朝に肌からとれない

 

といった最悪の事態を招きます!!

 

血行不良になっている

血管の働きは、もちろん血液の流すために必要なものですが、この血管がカラダ中に張り巡らされていることで、私たちのカラダに必要な栄養を届けてくれるわけです。そんな大切な役割をしている血管の流れが悪くなると想像できると思います。

 

  • 必要な栄養がカラダに行き届かない

 

といったことが起こります。つまり、カラダに二酸化炭素や老廃物がたまりやすくなりカラダに摂っては必要のないものがカラダの外に排出されないことになります。こうした血行悪くなると、当然として新陳代謝も悪くなった状態といえます。

つまり、肌のターンオーバーが正常に働かなくなり肌を荒らす原因になってしまうということです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れてくると、肌が敏感になり、毛穴が開いたり、ニキビができてしまったりと、肌荒れに繋がる原因が増えてしまいます。また肌荒れだけでなく、精神的にも不安になりやすく、気分がさえないなど・・・・ホルモンバランスが乱れることはかなりカラダでみても深刻なものです。

 

そしてホルモンバランスが乱れるのには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが関係しています。エストロゲンはいわゆる美肌ホルモンと呼ばれるもので、潤いのある肌に導いたり、女性らしいカラダを作るために欠かせないホルモンです。

そしてプロゲステロンは別名「お掃除ホルモン」と呼ばれている通り、カラダに摂って必要のない老廃物などを排出してくれるホルモンです。ただ、ホルモンバランスが崩れていることで、プロゲステロンが過剰に分泌されてしまうと、メラニン色素や皮脂を過剰に増やしてしまうことでシミや肌荒れに繋がるのです。

 

腸内環境の乱れている

腸内環境が良い悪いを左右する理由に、腸内には免疫細胞の6割から7割が集中していることにあります。よく言われている善玉菌と悪玉菌の比率の優位な状態のバランスが崩れることで腸内環境の悪化に繋がります。

そして腸内環境が乱れている状態というのは、腸内に悪玉菌が増えた状態です。この悪玉菌が優位な環境になることで、本来の腸内での働きが鈍くなり、働きが滞ってしまい体内に有害物質が入りやすくなります。

これがニキビなどの肌荒れを引き起こす原因になっているのです。

 

ストレスによって肌荒れが起こると・・・・

ストレスという言葉を聞くと、どうしてもマイナスのイメージしかありませんが、ストレスとは、カラダを守るための時期防衛反応で、私たちを守ってくれるために働いています。しかしストレスが強くなったり、ストレスを継続的に受けたりすることによって、人のカラダは脳の交感神経が興奮する事でストレスホルモンを分泌させます。

 

そしてストレスを受けたカラダというのは、カラダの中でも比較的弱い部分に現れるようになっているのです。これが、人によって胃腸が痛くなるような症状を引き起こすわけですが、問題なのはこのストレスの積み重ねです。

ストレスを受け続けることで、心身のバランスの均衡が崩れることで自律神経の働きが弱くなってしまうことから、循環器やリンパの流れも悪くなり肌に必要な栄養や酸素を送ることができなくなることで肌荒れという形で症状が起きてくるのです。

この結果として・・・・・・

 

  • かさつき
  • 大人ニキビ
  • 吹き出物
  • シミ

 

といったような肌のターンオーバーの乱れから、こういった肌症状が起こってくるのです。

 

バリア機能が低下しておこる肌荒れとは?

肌と言うのは本来は、外敵から身を守るために働くバリア機能が備わっています。そのバリア機能はわずか、0.002mmという薄い角質層によって守られていますが、このバリア機能が低下することで肌にトラブルを招くのです。

 

  • 直接的な刺激・・・「洗顔のしすぎ、ピーリングのしすぎ」といった摩擦に綱がる刺激
  • 環境的な刺激・・・紫外線、花粉アレルギー、PM2,5などの刺激

 

この2つによってバリア機能が低下する原因にあります。そもそもバリア機能が低下した状態と言うのは、肌の水分が蒸発し、外部からの刺激が入り込みやすくなった状態のことを指しています。

これが肌の乾燥を招いたりなど何かしらの肌トラブルを起こす原因なのです。

 

汗をかくことが悪いわけではない!黒幕の正体は

汗の働きには本来であれば、汗をかくことで皮脂腺から皮脂が分泌され肌に薄い膜をつくることでバリア機能として肌を守ってくれるものです。また、不要な老廃物を排出する働きもあります。

しかし、汗をかいた時にそのまま放っておくことは肌トラブルを招く大きな原因になります。その原因が、肌の表面では雑菌が繁殖しやすくなることで、発汗する量によってはPHの弱酸性からアルカリ性に傾き、さらに刺激を生む可能性があるということです。

 

また汗をかくことでそのまま汗が蒸発するまで放っておくことで、同時に肌から水分が抜けやすくなってしまうこともあります。また皮脂のバランスが崩れていれば、毛穴や汗腺をふさぐことになり乾燥を作る原因に・・・・・。

じつは汗の成分と言うのは99%が水分でできています、そのうちの残りが、塩化ナトリウム、尿酸、乳酸で構成されています。しかしこれらの成分はほんの極わずかの量でしかありません。

つまり、肌への影響として考え得た時に、必ずしも悪い影響を与えているとは言えないのです。そして、こうした汗をかくことで起こる肌へのトラブルの根本的な原因は皮脂の分泌する量のバランスです。

つまり、適度な皮脂量のバランスが保たれているかどうかという事になります。

 

紫外線を浴びていると・・・紫外線アレルギーに!?

紫外線から身を守るために、メラニンが生成されることで肌を守ろうとするわけですが、中にはこのメラニンの生成が遅い人は赤くなったりする症状がでてしまいます。またヒリヒリする痛みに襲われることもあると思います。

ただ、こうした症状と違い、肌にこういった症状がでていると、それは紫外線アレルギーの可能性があります。

 

  • 痒みが出る
  • 赤くはれる
  • 水ぶくれになる
  • 湿疹ができる
  • 蕁麻疹ができる
  • 目が充血する
  • 涙が出る
  • ごろっとした異物感が目にある

 

こうした紫外線アレルギーになるきっかけは、紫外線を浴びつづけていることで起こると言われています。そして突然アレルギーという形で起こるのです。そして一度紫外線アレルギーになってしまうと、完治をすることが難しくなってきます

こうしたことを見ても分かるとおり、ただ紫外線を浴びていることでも肌荒れに繋がる上に、いつやってくるかわからないアレルギーのことも考えると、より肌を荒らす原因にもなってくるということです。

 

アレルギーでも起こる

アレルギーとひとくくりにしてしまっていますが、その種類も多く様々です。ただ急に肌が荒れてきたと感じる時、思い当たる節がなければ、アレルギーによる肌荒れということも考えられます。

アレルギーの原因はどこにでもあるものです。花粉やハウスダスト、人によっては特定の食品に対してアレルギーを引き起こすこともありますし、動物・・・・・最近では黄砂もアレルギー反応として現れることもあります。

 

冷暖房による乾燥で肌も!!

暑くなればエアコンで冷房を使い、寒くなれば暖房をいれるといった極々日常的な毎日に何気なく使っているエアコンですが、特に肌にとって乾燥させてしまう事や敏感肌にとっては、肌を乾燥させる大きな原因になります。

特に冷房などを直接肌に当ててしまうことは、より肌の乾燥を早めてしまい、肌の水分を奪ってしまうしかありません。そして暖房を使う冬の時期であれば、空気が乾燥していることに加えて、暖房を入れることで肌の水分が空気中に蒸発しやすい環境を作っています。

またエアコンの清掃をしていないと、エアコンをつけた時にカビ胞子を撒き散らしている事にもなります。またダニを増殖させることにも季節によっては起こってきます。これが肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 

そもそも化粧品が合っていない

化粧品が合っていないことでも肌にヒリヒリとした症状やしみるような症状が出ることもあります。またその他にも・・・・・・

 

  • 痒みが出る
  • 赤みが出る
  • 湿疹が出る
  • 肌がガサガサする
  • ニキビができる

 

 

といった肌トラブルが起こってきます。こうしたことは、化粧品そのものがそもそも合っていないこともありますが、肌は、年齢や時期によっても合わなくなることが急に起こることもあります。

またその日の体調がすぐれない、生理前や生理中の時期も含め、妊娠、出産、更年期と肌の状態は、いつも同じではなく変わっていくものです。また、化粧品の成分が合わなくなる場合もあります。

 

シーツや枕カバーそのままにしていませんか?

シーツやまくらカバーをどのくらいの頻度で交換していますか?こうした寝具を使い続けることでいると、肌荒れを引き起こす原因を自ら作っていることになります。じつは寝具と言うのは、私たちが想像している以上に不衛生な場所なのです。

夜寝るときの姿勢は人それぞれですが、うつ伏せに寝たり、横向きで寝る人もいますが、こうした寝返りなどカラダの向きを変えることで寝具は汚れていっています。そしてこの汚れは蓄積されていくのです。

シーツやまくらカバーなどは定期的に洗うこともできますが、布団は中々天候に左右される事や時間の都合上、干すことも難しくなります。そうすると、汗や皮脂といった成分が布団の中に染み込んで行き、さらにはフケや垢までもが染み込んで行きます。

 

これは当然、雑菌やカビにとっては温床となってしまいますよね!!

 

これが布団の中は想像以上に不衛生だといえるところです。しかもベットも布団同様に同じことが言えます。そして室内で最もダニが多く生息する場所が布団なわけです!!そしてこれがアレルギー症状として現れる人もいれば、肌荒れとして現れる人もいます。

 

生理前や生理中は肌荒れがひどい

個人差はあるものの、生理前から生理中にかけて肌荒れがひどくなる人もいます。これは生理周期に深く関係していて、女性ホルモンの内のエストロゲンによる影響が肌荒れをひどくさせています。

このエストロゲンは女性らしさを作るためのホルモンですが、生理後から排卵までは増えますが、排卵後からは減少します。またプロゲステロンの分泌がこれに変わって増えていくわけですが、増えすぎることによって皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。

またさらぬい抗菌ペプチドの減少により肌トラブルを起こしやすくなるのです。

 

肌荒れを早く治すためにはどうすればいい

肌荒れをできれば早く治したいと思う反面、どこに原因があってどう対処すればいいのかいまいちはっきりとわからないという人も少なくありません。まずはじめに何をするかを知ることも大切なことですが、まずは基本をしっかりと見直すことも必要です。

 

睡眠はしっかりと摂っておく

普段のカラダの疲れを摂ることも踏まえて、睡眠をしっかりと摂るということは欠かせないことです。1日過ごしている中で、仕事のストレス、紫外線、乾燥など要因は様々あります。そこで睡眠をしっかりと摂ることで肌に休息を与えてあげることをしなければなりません。

じつは肌の状態が悪いからといって、いくらよい美容成分を肌に与えたところで、それほど大きな効果は見込めないのです。本当に必要な肌への効果は睡眠を摂ることにあるからです。

これは疲れた肌というのは、免疫力も低下している状態です。そこに睡眠を摂ることで肌のターンオーバーを正常に戻してあげることをする必要があるのです。ターンオーバーが正常に働くことで、コラーゲンや血行もよくなり、肌に必要な栄養も届きます。

また美肌に欠かせない成長ホルモンも分泌されることで、肌の疲れや肌組織の修復と再生が促進されることで肌を正常に戻す働きがあります。そこで必要なことが質の高い睡眠を摂ることにあります。

夜寝る前にしておく大切なことはこちらの記事を参考にしてください。

 

肌荒れを直すには食事も

肌荒れを引き起こす要因はそれこそ様々あって中々原因を特定することも難しいものです。ですが、その原因の一つに、食生活が深く関わっていることは確かなことで、肌に悪い影響を与えてしまっている中で特に問題なのが大きく2つあります。

 

  • 糖分が多く含まれている食べ物を好む
  • 油分が多く含まれている食べ物を好む

 

といったことが肌荒れを悪化せているために、まずは糖分や油分を摂り過ぎた食事をしているのであれば、ある程度制限することも必要です。またこれ以外にもいくつか肌荒れを進行させるかもしれない原因はあります。

 

  • 辛いものが好きでよく食べる
  • コーヒーを3杯以上は飲んでいる
  • 外食が多い
  • 魚や肉をあまり食べない
  • 好き嫌いが食事に多く偏食である
  • 水分をあまり摂らない
  • ダイエットをして無理な制限をしている
  • 野菜をあまり摂っていない(ジュースで済ませている)
  • コンビニ弁当が多い
  • 冷たい飲み物を好んで飲む
  • 味付けは濃い方が好き
  • 食事の時間がいつも違う
  • 夜遅くに食事をする事が多い

 

こうした原因をまずは改善することも必要ですが、肌荒れを具体的に見た時に、どういった栄養素を摂ればいいのかも紹介します。

 

乾燥肌を早く治すために必要な栄養

乾燥肌になっているということは、皮脂膜が不足していることで、肌がカサカサしたりします。そのために皮脂をしっかりと分泌させるためにするための栄養素を摂ることです。

  • コラーゲン
  • ビタミンA
  • 動物性タンパク質
  • ビタミンA

 

この4つの栄養素が含まれる食べ物を食事の中からうまく摂り入れるようにしましょう。

 

ニキビの肌を早く治すための栄養素

食事の観点から見てニキビができてしまっている原因は、食事のバランスの悪さになります。食生活の悪い食事をしていることで吹き出物やニキビを作ってしまうため、肌には皮脂が必要以上に分泌されている状態になっています。

また皮脂が分泌されすぎる事で、毛穴へのつまりや老廃物の排出が行えにくくなります。そこでニキビを早く尚したいのであれば摂らなければならない栄養素が・・・・

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • オメガ3脂肪酸
  • 食物繊維
  • ポリフェノール

 

その他にニキビをすぐに消したいのであれば、少し変わった方法もあります。

 

紫外線によってダメージを受けた肌を早く治すために必要な栄養素

紫外線を浴びたことよって気をつけなければならないのは、活性酵素がシミを作るメラニンを作りだす原因になるために、活性酵素を除去してくれる栄養素を摂ることになります。

 

  • リコピン

 

またリコピンの効果を高めるためには、リコピンを加熱することにあります。そうすることでリコピンの吸収率が2~3倍はアップするためうまく食事に摂りいれることが求められます。

 

シミやそばかすを早く治すのに必要な栄養素

シミやそばかすができてしまう原因に、摩擦や刺激があります。また女性ホルモンの乱れやストレス・・・紫外線と原因も多々あります。こういった色素沈着を予防してくれるのがメラニンを抑制する栄養素です。

 

  • ビタミンC

 

肌のくすみを早く治すのに必要な栄養素

肌がくすんでみえるだけで、人の印象は大きく違ってきます。一言で言えば老けて見られがちになるわけですが、これは肌のターンオーバーの乱れによるものや血行が悪くなっていることで酸素が行き届かずに肌にくすみをもたらせています。

そこで必要な栄養素が肌に透明感を与えてくれるために必要な栄養素!!

 

  • 鉄分
  • ビタミンC
  • 動物性タンパク質
  • ビタミンA
  • ビタミンE

 

ハリのある肌に必要な栄養素

女性がもっとも気にする一つがやはり見た目にも大きく関わるたるみやシワだと思います。このたるみやシワがあるだけで、自身がイメージしている以上に他人から見ると老けて見られがちになります。

そこで必要な栄養素が・・・

 

  • コラーゲン
  • ビタミンC

 

コラーゲンを上手に摂る方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

規則正しい食生活をするということは

規則正しい食生活をするということは、肌荒れを起こしている時に、食べない方がいいものを摂らないことが予防と悪化を防ぐことができます。

 

  • 加工食品
  • 刺激が強い食べ物
  • スナック菓子や甘い食べ物
  • 脂っこい食べ物

 

こうした食べ物を控えると共に、1日3食の食事のバランスを考えることで、カラダの内側から肌荒れを改善していく形になります。

 

肌に優しい化粧品を使う

化粧品に配合されている成分はその人に合うか合わないかは個人差があるため仕方がありません。ただ化粧品を使ってみて何らかのサインが肌に現れてくると思います。しかもすぐに肌に症状として現れる場合と数日してから現れる場合もあります。

こうした化粧品によって肌荒れをしてしまった時は、すぐに化粧品の使用を中止することです。また原因かどうかはっきりしない場合でも、その可能性が考えられる時は迷わずに中止してください。

そして化粧品の使用をしばらく控えておくことです。また、場合によっては皮膚科へ受診ししっかりと診てもらうことも必要な場合もあります。それ以外に必要なことは・・・・

 

スキンケアはシンプルにしておく

肌荒れを起こしてしまった肌はデリケートな状態のために、できる限りは肌に負担をかけないようなスキンケアしなければなりません。そしてスキンケアをしすぎないことです。

 

化粧品の使用方法に間違いはなかったのか

毎日使っているものだからこそ、忘れがちになっていることも実はあったりもします。そこで、化粧品をつける時に、今までどうしていたのか?使う量は正しい量を使っていたのか?保管場所は決められた場所で管理できていたのかなど原因は近くにあったりします。

特に化粧品にも使用していい期限が存在します。開封済の化粧品の場合の使用期限は長くても半年までです。これは食品と同じことが言え、空気に触れることで酸化し雑菌が繁殖しやすくなることにあります。

化粧品別に見てみるとこうなります。

 

マスカラ 3カ月以内
リキッドアイライナー 3カ月以内
化粧水

乳液

美容液

クリーム

クレンジング

洗顔

 

 

 

6か月以内

リップクリーム

グロス

口紅

 

6か月以内

日焼け止め 6か月以内
ファンデーション

化粧下地

6か月以内
ペンシルアイライナー

アイシャドウ

1年以内
チーク 2年以内

 

お風呂に入る時に一工夫するといい!

普段何気にお風呂に入っていると思いますが、お風呂も水道水から出るために、塩素が必ず含まれています。これは水道法によって決められたことであるために、残留塩素を「1ppm以上」にすることが定められています。

そしてこの塩素はタンパク質を溶かしてしまう性質を持っています。つまり、髪や肌のタンパク質を溶かしてしまうために肌荒れを起こしてしまう可能性もあるのです。これは、肌の保水力や保湿機能を低下させることを意味しています。

そのため、お風呂に入る時は、ほんの極少しでいいのでビタミンCを0.5g~1gほどをお湯に入れるだけで塩素が中和されるようになります。

 

フェイスマッサージで肌荒れを予防

顔のマッサージをすることで血行をよくすることができます。しかもフェイスラインを整える効果やたるみを解消することにもなるため肌荒れを予防する事ができます。しかし、あくまでもフェイスマッサージは正しいやり方で行うことです。

間違ったやり方をしてしまえば、肌荒れを起こす原因にもなりますし、逆にシワを増やしてしまうなんてことにもなりかねません。そこで気をつけるポイントは4つです。

 

  • やり過ぎはよくない
  • 力の入れ過ぎはよくない
  • リンパの流れと逆にマッサージはNG
  • ニキビや吹き出物の部分のマッサージはNG

 

ただ、肌荒れを起こしている時にフェイスマッサージをするのはあまりよくはありません。肌トラブルを起こしている時はあくまでも控えめにしておくことです。

 

正しいクレンジングをする

クレンジングの基本は丁寧にすることです。そして時間をかけ過ぎないことです。そして正しい落とし方を見ていくとこうなります。

 

  1. アイメイクやポイントメイクは先に落とす
  2. クレンジング剤はTゾーンからのせていく
  3. 力は入れ過ぎない
  4. ぬるま湯でしっかりと洗い流す

 

濃いメイクは先に落とす

クレンジングで落ちにくいのは、マスカラや口紅と言った濃いめのメイクをしている部分のため、先に軽く落としておきます。ここで先に軽く落としておくのはあくまでも肌に刺激をああ手すぎない事です。

力が入りやすくなってしまうために、あくまでも軽く落とすようにすることです。そしてベースメイクと一緒に落としてしまえば肌に刺激も少なくて済みます。

 

クレンジング剤の順番

クレンジング剤を乗せていく時に、気をつけることは長く乗せておかないことです。それだけで肌の負担になるためにまずはメイクが濃い部分や皮脂が溜まりやすい部分、皮膚が強い部分からクレンジングを乗せていくことです。

マスカラ、口紅⇒Tゾーン⇒Uゾーン⇒目元、口元

 

皮膚の薄い部分は後に!

クレンジングをする中で特に皮膚が薄い目元や口元などはできるだけ後にすることです。また肌荒れのい部分に対しても同じで、その部分に対してはできるだけ優しく、そしてできるだけ時間はかけない事です。

 

クレンジングはアイメイクとベースメイクと分ける

アイメイクを使うようなメイクが濃い部分は、それ専用のクレンジングを使うことで時間と肌への負担を軽減します。そのためベースメイクとアイメイクのクレンジングは用途によって使い分けることです。

 

ぬるま湯は30℃がいい

クレンジングを洗い流す時に注意したいのが、熱めのお湯を使うことで、肌の必要な皮脂まで余分に落とさないようにすることです。熱めのお湯にすることで乾燥肌やニキビ、肌荒れに繋がることもあります。

そのために30℃くらいのぬるま湯で洗い流すことが肌を傷めなくて済みます。

 

肌荒れを改善さるなら、洗顔料にこだわろう

洗顔をする目的はこちろん顔の汚れを落とすことにありますが、ただ単純に汚れをしっかりと落としてくれる洗顔料を選べばいいというわけでもありません。そこでお勧めするのが肌が荒れているということは、肌のバリア機能が低下した状態にあることに着目することです。

そこで必要な洗顔料の条件はバリア機能を正常に保つことができて、汚れを落としてくれるものとなります。

 

  • 低刺激であること
  • 保湿・保護成分が配合されたもの
  • 洗い心地がいいもの

 

基本的にはこの3つの条件がそろったものがおすすめです。洗顔料を選ぶときにまず、洗い心地が自分の肌に合っているかどうかを考えることです。その上で、洗浄力が高めの弱アルカリ性の洗顔料を選ぶことです。

ただ、弱アルカリ性の場合、乾燥を引き起こす場合も考えられます。ただ弱酸性の場合肌に汚れが残ることも考えられます。ただ、肌の汚れを落としきれていないと肌荒れの原因にもなるため、弱酸性の洗顔料を選ぶ方がよいと思います。

また、選ぶときに洗顔後に起こる事としては肌の乾燥だと思います。保湿や保護成分が含まれているようなもので植物由来の保湿成分を選ぶことも肌にしっとり感を与えてくれます。そして逆にしてはいけないこともあります。

 

  • 洗浄力の強すぎるものを選ばないこと
  • 界面活性剤が配合されていないもの
  • スクラブなどの刺激が強いもの
  • ピーリング効果のあるもの

 

こ4つの注意して洗顔料を選ぶことも一つの目安になります。そして洗顔後の保湿はしっかりとしておいてください。

 

ヘッドマッサージは美顔に!

こんなタイトルを見ると思わず、「え!?」となってしまうかもしれません。ただ良く考えてみてください。頭皮と顔の皮膚は全て繋がっているということ。そして頭と顔を繋いでいる筋肉に前頭筋と側頭筋があります。

この筋肉の衰えによって瞼がたるんだりします。また頭皮そのものが固くなることで、頭皮は年齢とともに下がっていきます。これは老廃物がたまることや、頭の筋肉が硬くなることで血液の流れが悪くなり、リンパの流れが滞り起こることです。

そこで頭皮の血行をよくするヘッドマッサージをすることで、たるみの改善やハリを取り戻すことが期待できるのです。そしてこんな悩みを解決することになります。

 

  • 眼精疲労
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 自律得神経を整える

 

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えていくためには、生活習慣を見直していくことが大切です。中でも必ずしておいたほうがいい事が3つあります。

 

  • ダイエット中ならとりあえず中止する
  • 大豆を中心とした食事バランスを考える
  • なるべく睡眠時間を確保する

 

ダイエットでもかなり無理なダイエットをしていることでホルモンバランスが崩れてしまいます。そのために、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを豊富に含んだ食べ物を食べることでバランスを取り戻す必要があります。

また、夜にしっかりと眠ることで、成長ホルモンのしかkりと分泌させることで、自律神経を正常な状態にすることができるために十分な睡眠は外せません。こうしたホルモンバランスを整えるためにも規則正しい生活を送り、イソフラボンを摂るようにしましょう。

 

ストレスをためない

ストレスへの感じ方は人によって個人差がありますが、身体へのストレスはカラダの弱い部分にでやすいのが特徴にあります。そしてストレスは化粧品でどうこうできるものではなく、美容にとっては一番の敵とも言えます。

ストレスによって肌荒れがおこる一番の原因は活性酵素によって肌を老化させてしまうことです。そのために必要なことは活性酵素を取り除くことになります。ストレスを発散させることもそうですが、寝不足や毎日の食事内容など原因は様々です。

食事に気を使うのであれば、ビタミン、ミネラル、、野菜に含まれるファイトケミカルを摂ることです。ファイトケミカルには、強い抗酸化作用があるために摂っておきたいところです。

そしてストレスを少しでも減らすためには、精神的な安定が保てる状態を作ることが大切です。そのための方法がこちらの記事に書かれているので参考にしてください。

 

生活の中で清潔を心がける

生活をしている中で、肌荒れさせてしまう要因は多くあります。花粉や大気汚染、室内の汚れに関わるものなど全てが肌にとっては原因となることばかりです。そのために、室内であればいつも清潔になるよう掃除をしておくことです。

また外気による汚れに対しては、自宅の戻れば顔や手を洗って清潔にすることも必要ですし、室内に空気清浄機を設置しておくことも大きな効果があります。

 

適度な運動をする

肌荒れの原因の一つにあるのが、カラダの内側の問題です。この原因に腸内環境の乱れがありますが、腸内環境が悪いことで免疫力も下がり肌荒れの原因になることもあります。そこで必要なことは腸を活発にすることです。

つまり腸内環境を整えていくことが必要になってきます。その一つとして適度な運動をすることは、腸を活性化させ、腸の蠕動運動が高まれば便の排出も高まり、結果として肌荒れを予防することもできます。

また適度な運動をすることは、ストレスの発散にも繋がり、運動をすることで得られる快感情も高まるためにおすすめです。そして腸内環境を整えると言う意味では腸内の善玉菌を増やすことも重要になってきます。

 

まとめ

肌荒れを早く治すことは、普段からできることばあkりですが、ちょっとした工夫をするだけで肌荒れを直すことに繋げることができます。また、普段気を使ってしていることに何か落とし穴がみつかるかもしれません。

あなた自身がこれまでにしてきたスキンケアや生活習慣を一度見直す機会を作ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マツエク中の目頭と目尻が下がる!つけない方がいいの?

  • 難しいセルフマツエクで失敗しない!付け方と危険性

  • マツエクはすっぴんで行くもの?一重も自然にできる変身術

  • まつ毛パーマとエクステを比較!おすすめ全貌

関連記事

  • 寝るだけで痩せた!7日で4Kg減のオーバーナイトダイエット❤

  • 免疫力を高める食べ物で風邪を予防する❤具体的方法は体温にある

  • 酵素洗顔の効果が凄すぎた!たった一度で毛穴がスッキリ❤

  • 1日で脚は絶対に細くなる!美脚の秘訣【リンパマッサージ・座り方】講座❤

  • 就寝中は注意が必要!着圧ソックスの効果的な正しい使い方

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと