1. TOP
  2. 美容
  3. 目元のシワで老け顔に!原因となくす方法の全て

目元のシワで老け顔に!原因となくす方法の全て

美容
この記事は約 20 分で読めます。 3,109 Views

目元のシワは年齢を重ねた人にだけできるものでもありません。今では若い女性から年齢を重ねるにつれて目元のシワに悩んでいる女性も多くいます。そんな中、年齢のせいにだけしていませんか?

じつはこんな原因もあったのです。目元のシワをなくす方法を紹介していきます。

 

見出し

目元のシワは年齢だけが問題ではない

女性の顔の中でもとくに年齢を感じやすくしている場所がフェイスラインとほうれい線と同じくらいに目元のシワも年齢を感じやすくしています。この場所は年齢を感じさせてしまう場所のために、たとえ20歳代であっても、30歳代であっても目元のシワが目立っていると年齢は上に見られがちになってしまいます。

 

特に目元の老化という意味では30代を境に老化が始まり、目元のシワも気になりだしてきます。また光の当たり方で特にシワがくっきりと見えてしまうために夕方になるにつれて顔の印象も大きく変わってくるのです。

そんな目元になぜはっきりとシワができてしまうのか気になると思いませんか?一言でいえば老化が始まったと言ってしまえばそれまでですが、この目元のシワができる大きな原因は目の周りがカラダの筋肉の部分でもっとも弱い筋力しかない場所だからです。

この筋力が弱いことから、血液の流れも悪くなりやすく、また気になりだす瞼の下がりだしてくるのです。この目元のシワや瞼のたるみの根本的な原因は、そもそも日本人の瞼は皮膚が厚く脂肪が多いことで、目元の期肉を使わないとより老化として目元に現れてくるのです。

こうした目元のシワなどは顔年齢も出やすい場所であり、目元にしわができる日常での生活の中に多く潜んでいることが多々あります。

 

シワができやすいのは目元の皮膚が薄いから・・・

顔の中でも特に皮膚が薄い場所が目元になります。つまり私たちが思っている以上にデリケートな場所だということです。例えると頬やおでこの皮膚の厚みと比べてみると、目元の皮膚の厚さはわずかハンカチやガーゼほどの厚さしかありません。

より具体的な数字を表すと頬の皮膚の厚みが2.4mmに対して瞼は0.8mm、目尻が1.4mm、目の下は1.2mmという厚さしかありません。そして気になるのが目は普段から使っていることも多いのになぜ目元にシワができやすくなるのか・・・・・

 

これは、目元のシワができやすい理由に皮膚の薄さに加えて目の周りの筋力が弱いということですが、逆を言うとそれだけ目を動かしている事も関係しています。これはつまり瞬きをしているかどうかということです。

赤ちゃんから大人にかけて成長するにつれてまばたきの回数は増えていきます。人が1分間に瞬きをする回数は子供であれば8回以上に対して、大人の女性であれば15回以上になります。

 

つまりこれだけ瞬きをするということは目を酷使しているということでもあるのです。

 

そして目の周りの皮膚の薄さに加えて皮下脂肪がすくないのも特徴です。また皮脂腺少ないためにハリや弾力を維持させにくく、水分を保持させることも圧倒的に低いということもわかっています。

つまりこれだけ見ても分かるとおり、目の周りはダメージを受けやすい場所だと言うことです。

 

目元のシワは乾燥していることも原因

目元にしわができてしまう原因ははっきりと言うと乾燥によるものが原因です。年齢を感じさせてしまう目元のシワをそのまま放っておく人はもちろんいませんよね。何とかしてシワをなくしたいと考えたり、目元のシワを消したいと考えるはずです。

ただもう一方で諦めている人も少なからずいると思います。そしてセルフケアでシワが消せるのか、これ以上のシワを作らないようにできるワケがないと思ってしまうわけです。しかし、目元の皮膚の特性からケアの仕方を変えれば少しずつよい方向へ進むことも可能です。

目元にシワができる理由に、目が乾燥することで眼精疲労やドライアイになっている人もいます。そうすると当然目元の血流も悪くなり目元にくすみや乾燥を進行させてしまう原因になります。

これが目元にシワができる原因です。

 

アイメイクを落とす時に肌に負担がかかっている

メイクを落とすことは、それだけ肌にとっては大きな負担になっている事もあります。それはクレンジング次第で肌が荒れてしまうということです。中でも特に目の周りと言うのは皮膚が薄く傷つきやすい場所です。

そんな繊細な目元をアイメイクを落とすために力を入れてメイクを落としている場合十分にアイメイクを落とせていないと皮膚にも残り、結果的に肌に負担をかけることにもなります。また目元を濃いメイクをしればそれだけ落とす時にも負担になりやすいということも知っておかなければならないことです。

 

目元専用のクレンジング剤を使っていない

アイメイクは顔の中でも特にしっかりとメイクをしている場所でもあります。つまりそれだけ肌に負担がかかっていることにもなりますが、問題なのがクレンジング剤を顔と同じ物を使っている場合です。

というのも顔に使うクレンジング剤は確かに簡単に落とせてしまうがために、目元用のものを使わずに顔のものと同じ物を使う人もいます。しかし、近い将来の肌の事を考えるとシミやシワ、くすみを目元に作る原因になります

そしてクレンジング剤を使う時に必ずすることが「擦る」ということです。たった擦るという行動によって目元の印象はこの先の事を考えると大きな影響を与えかねません。そのために目元専用のアイメイクリムーバーを使うことです。

 

目の周りは皮脂が少ない!さらに・・・

目の周りはどうしても皮脂腺が少ない場所のために乾燥しがちになってしまいます。本来であれば、皮脂と汗が混ざることで天然の保湿クリームになる皮脂膜ができることで肌を保護し守ってくれる役割を果たしてくれます。

しかし、目の周りは乾燥やすく、しかも皮脂の分泌される量は年齢とともに減っていきます。女性の場合は、男性に比べて皮脂の分泌量が少ない事もあって、年齢を重ねるごとに皮脂の分泌量も減っていく一方です。

しかもこれに加えて問題にあるのが30代以降女性ホルモンの分泌も下がっていくためにより肌に影響を受けやすくなります。またターンオーバーやコラーゲンの生成に関しても衰えていくために肌に抱える悩みとして現れるようになるのです。

そして肌の変化には他にもいくつか原因があります。

 

  • 環境の変化による
  • 紫外線による
  • 温度や湿度の影響による

 

などなど様々な原因があります。

 

紫外線によるダメージって実はすごい

紫外線対策はいつから始めていますか?紫外線は今では肌にとってはよくない部分もあります。この紫外線は年中降り注いでいるものです。しかも曇りの日であっても紫外線は降り注いでいます。

そして紫外線は肌を老化させる原因です。紫外線は肌の表面だけなく、肌内部にまでダメージを与え蓄積されていくのです。特に目元のシワに関しても同じことが言え、加齢を除いて紫外線などによるシワへの影響はじつに75%だとも言われています。

つまりそれだけ紫外線対策をしておかなければ肌にとっては大きなダメージへと繋がってしまうのです。具体的には、紫外線を浴びることで真皮のコラーゲンが破壊されてしまいます。またエラスチンの減少により肌の水分を保持する力が低下しハリや弾力が失われていくのです。

紫外線によるダメージは想像している以上に大きいということです。

 

目元のハリが低下する

目元にシワができる原因を簡単にまとめるとこうなります。

  • 年齢を重ねることで起こる
  • 肌の乾燥が原因
  • 目元の筋力の低下が原因
  • 紫外線による影響が原因

 

そしてこれらの内の特に目元のシワが服愛ものほど、シワをなくすことが難しくなってきます。目元のハリが低下することで、こだれだけの原因によって起こります。

 

日々のデスクワークなどが目の疲れに

仕事にもよりますが、デスクワークをする事が多い仕事をしていると、それだけで目が疲れることも多いと思います。この目が疲れるということは、目の周りの血行が悪くなっている状態になっています。

そして眼精疲労・・・・・・。眼精疲労の症状にはこういったものがあります。

 

  • 目の痛みや充血
  • 目がかすむ
  • 頭痛が起こる
  • 肩こりが起こる
  • 吐き気が起こる

 

こういった症状が起こることもあります。そしてこの根本的な原因になっているのが、毛様体筋が緊張し負担がかかっている状態にあることです。この眼精疲労になる原因には、デスクワークによる目の疲れ以外にもいくつかあります。

 

  • スマホを長時間使用している
  • 視力が低下していることでピントがあっていない
  • ストレスによって毛様体筋が緊張している
  • 空気の乾燥によって目の負担になっている
  • 化学物質による目の負担

 

などがあります。そして目を酷使していくことで、同時にまばたきをする回数も極端にへっています。つまり目が乾燥しやすい環境にあるということです。また眼精疲労の状態と言うのは、自律神経のバランスも崩れている状態です。自律神経を整える方法はこちらの記事で確認してください。

こういったことが目元にシワを作ってしまう原因になるのです。

 

目元のシワを早めにケアしたい!そのためには

目元にシワができてしまってからは、全てのシワを取り除くことは中々難しくなってきます。そのために、今できることやこの先にこれ以上目元にシワを作らないためにもケアをしていく必要があります。

そして目元のシワをケアしていくために同時に目元のハリに対してもケアをしていかなければなりません。そこで普段の日常生活で注意しておく事や目元のシワのケアに必要なことについて紹介していきます。

 

目を強くこする!ひっぱる!には気をつけて!

目が痒くなることがあると思います。そんな時に無意識に掻いたり、擦ったりすることもあると思いますが、目を擦るということは、目元の皮膚の薄さを考えるとそれだけで大きく負担をかけることにもなります。

またコンタクトレンズをつける時には、必ず目を大きく開けるために目の下や上を引っ張ることもあります。こうしたことも目にとっては負担となってしまうためにできる限りは注意することで気をつけなければなりません。

 

日焼け対策をする

肌にとってコラーゲンやエラスチンは肌の潤いや弾力を保つためにも欠かせない成分です。しかし、紫外線(UVAやUVB)というのはコラーゲンやエラスチンなどの成分の働きや生成を低下させてしまうのです。

また紫外線を浴びた後でのケアをもちろん必要になってきます。紫外線を浴びたことで活性酵素の発生やメラニン色素を作ることにもなるために紫外線対策をすることが不可欠になります。

 

肌の弾力を回復する食べ物(栄養)をとる

目元のシワを予防していくためには、シワだけでなくハリに対してもケアをしていかなければなりません。そこでカラダの外側からケアをする方法とカラダの内側からケアをする方法になりますが、食べ物から肌の弾力を回復させる食べ物を摂ることになります。

 

そこで必要な食べ物がコラーゲンを増やす食べ物を摂ることです。

 

コラーゲンを増やすためには、女性ホルモンが増える大豆製品などの食べ物を摂ることやビタミンCを含む果物や野菜といった食べ物を摂ることが欠かせません。そして肌のハリを維持っせて行くために必要な栄養素がこれらです。

 

  • コラーゲンを摂る
  • タンパク質を摂る
  • イソフラボンを摂る
  • ビタミンA、C、Eといった抗酸化作用のあるものを摂る

 

洗顔する時に水温に気をつける

乾燥した小じわの場合であれば洗顔する時に、お湯の温度に気をつけるだけでもかわってきます。というのも肌が乾燥いているとお湯の温度が高すぎることで肌の潤いが奪われてしまいます。

ということは湯船や直接シャワーで洗顔をすることも同じ事がいえると思います。そして使っている洗顔料にも気をつけなければなりません。それは間違ったスキンケアをしている可能性があるということです。

洗顔料にもオイルタイプやクリーム、乳液タイプ、水性タイプ、シートタイプと種類があります。こうした洗顔料の中でも洗浄力の高いクレンジングはそれだけ肌を守るための皮脂やセラミドまでも奪い取ってしまうこともあります。

肌への負担を考えれば、界面活性剤の入っていないもの(もしくは、少量のもの)で刺激の少ないものや弱酸性の泡立ちのいいもの、潤いを残してくれるような洗顔料を使うことがおすすめです。

 

目元の乾燥が気になる!コットンパックで水分を与えよう

目元がどうしても乾燥しがちな人は、コットンをつかって目元をしかkりと保湿し水分を与えてあげることです。またセラミド入りの化粧水を使ってしっかりと水分を与えてください。

 

  1. コットンを水に浸し軽くしぼる
  2. コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませる
  3. 数枚にはがして目を閉じ、その上からパックする
  4. 2分~3分ほどしたら外す

 

効果的な化粧水の使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。美白をしながら潤いを与えたい女性におすすめです。

 

ホットアイマスクで血行を促進させる

目の周りの血行が悪くなれば、必要な栄養も届きにくくなります。ということは、目元だけでに限らず肌全体で考えても肌の老化を進行させることにもなってきます。そして肌の老化が進むことでもう一つ老化も進んで行きます。

それが血管が硬くなることで、血行が悪くなり肌の細胞に必要な酸素、栄養が十分に届かなくなることで目元のシワだけでなく、くすみやシミといった原因が増えてきます。こういった肌トラブルを増やさないためにも目元を含め血行を促進させることが必要です。

そこでホットアイマスクを使って血行を促進させることで、シワだけでなく肌そのもののターンオーバーも促進され、また眼精疲労を解消することにも繋がります。ホットアイマスクは市販されているものを使うのもいいですが、タオルを温めて使うのもよいです。

 

女性ホルモンのバランスを整えていく

結論からいってしまと、女性ホルモンが減っていく事でシワの原因をつくることになります。これは女性ホルモンに、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンによるもので、その内のエストロゲンの働きにはコラーゲンの生成をサポートする働きや肌をみずみずしくする働きがあります。

 

このエストロゲンの働きが美容という点では非常に重要で、このエストロゲンが減少することでコラーゲンの生成される量も減ってしまいます。これがシワを作りやすくさせてしまいます。また女性ホルモンのバランスが崩れることでもシワはできやすくなります

 

そのために女性ホルモンのバランスや低下を防いでいくためにしなければならないことは女性ホルモンを増やす事とバランスを整えていくことになります。こうした女性ホルモンは低下する原因がいくつもあります。

 

  • 無理なダイエット
  • 不規則な生活習慣
  • 食事のバランスの悪さなど

 

こうしたことを改善していくことも必要ですし、また女性ホルモンを高めることもしなければなりません。女性ホルモンを増やす方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

目元のシワに欠かせない化粧品選びの基準は?

目元のシワに対して考える前にまずは、目元にシワができているということは、少なからず肌が乾燥していることも考えなければなりません。そのためには肌の乾燥を防ぐことです。化粧水などでしっかりと肌を保湿することです。

肌を保湿するためには、保湿性の高い化粧品を選ぶことも一つです。特に目元のシワを含めコラーゲンやエラスチンが配合されているものを選ぶことで、乾燥から肌を守りながらシワに対して必要な栄養を与えてあげることです。

 

「目元のしわ」に必要な目元専用クリーム

目元のシワを少しでも改善したいと思う時に欠かせないのは、保湿することにあります。目元が乾燥するだけで、シワもそうですしたるみを引き起こすことにもなってきます。特に目元は皮膚が薄いこともあって乾燥しやすい場所です。

そんあな場所だからこそ保湿は特に欠かせなくなります。なので目元にシワを作らないためにもしっかりと潤いを与えて保湿することが欠かせません。そしてアイクリームで選ぶときの基準はもちろん保湿成分を考えることです。

 

  • セラミド(セラミド1、セラミド2、セラミドNP)
  • コラーゲン(加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン)
  • ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)
  • アミノ酸(アルギニン、グリシン)

 

そして同時に押さえておきたい成分は、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンといった成分です。シワの原因以外にも目元にハリや弾力を与えるためにも肌を整える成分をとっておきましょう。

 

浅いシワに必要な成分は

シワが部分的に浅くなっているところもあると思います。こんなシワが浅くなっている場合に考えられるのは肌が乾燥しているからです。目元は幸いにも小じわですんでいる場合には保湿成分の含まれているアイクリームを使うことです。

ただ、アイクリームといっても保湿成分が含まれていないものを使っても小じわの改善にはつながらないために気をつけておかなければなりません。

 

深いシワに必要な成分は

目元のシワもそのまま放っておくと、シワも進行し、深いシワへと刻まれていきます。こうなった目元のシワというのは、肌の奥のハリが失われている状態だと思ってください。こうした「深いシワに対して有効な成分は肌にハリを取り戻すための成分です。

 

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ペプチド

 

といった成分です。

 

選んではいけない!目元クリームの選びで間違わないために

目元のシワを少しでも改善していきたい時に、選んではいけないアイクリームもあります。それが・・・・

 

  • 有効成分の入っていないもの
  • 浸透しないアイクリーム
  • 安価なアイクリーム

 

といったところです。まず有効成分が入っていないアイクリームはもちろん選んだところで何も期待する効果を得る事はできませんよね。当然シワに有効な成分が含まれていてこそシワに対して効果も変わってきます。

また、目元は皮膚のう牛場所だとお伝えしてきたとおり、目を擦ったりすることで刺激になるような行為はNGです。ということは、アイクリームが伸びにくく浸透しないものを選んで使用していると、それだけ目元にとっては刺激となるわけです。

そしてアイクリームも安価なものから高価なものまで幅広く種類も豊富にそろっています。そんな時にどのアイクリームを選べばいいのか?!またプチプラも多く市販されているために選ぶときに困ることもあると思います。

 

特に気になるのが値段ではないでしょうか?

 

一つ誤解があるとすれば、高価なアイクリームが製品として優れているということでもありません。また安価なプチプラのアイクリームだからといって製品として優れていないと言うことでもありません。

これは価格に対しての反映されるところには、配合されている成分量、研究費、商品を完成させるまでに費やした技術などが価格に反映されるからです。ただ大きな違いはやはり配合成分の違いにあります。

なので、アイクリームを選ぶ時はただ安価なものがダメだということではなく、しっかりと肌と向き合った上で、目元のシワなどの問題に対して今必要な成分と求めている効果に沿った選び方が選ぶ基準です。

 

目元のしわやたるみに対してケアの手順はどうすればいい?シワをなくす方法は

目元のシワに対してのケアするポイントは、水分をしかkりと与えてあげることがまず基本です。そして目元に保湿することができたら、しっかりと水分を逃がさないように蓋をしてあげることです。

またこの時にアイクリームで蓋をすたと同時に指の腹で皮膚を体温で温めてあげることで美容成分が浸透しやすくなります。

 

  1. 洗顔をして化粧水を顔全体にぬっていきます
  2. 化粧水を浸したコットンを目の下に3分~5分当てて保湿します
  3. 目元用のアイクリームを塗ります

 

目元のシワをなくすためのマッサージ

目元のシワをなくすためにするマッサージですが、マッサージのもう一つの目的は、肌の血行を促進させるためでもあります。ただ、だからといって必要以上の回数はしないことです。早く効果をだしたいがために回数を増やしても逆にシワを増やすことになる可能性もあります。

基本的には決められた回数を行うことです。

 

 

まぶたのストレッチ

まぶたのストレッチをすることは、もちろん目元のシワに対しても有効な方法ですが、目元にたるみができていることもシワができる原因の一つです。この目元のたるみに関してもやはり老化によるものが考えられます。

そして肌の乾燥が目元のたるみを作る原因でもあります。またこれ以外にも、まぶたにたるみを作る原因は多くあります。そんな原因とともに改善するための方法をこちらの記事を参考にしてみてください。

 

目元のシワはに効くツボ

 

 

 

目の下のシワにニベアは効果があるのか?

何かと万能なアイテムの一つとしてニベアの存在が目につくことが多いと思いますが、ニベアはスキンケアにおいてはもはや知っている人も多いはずです。そのニベアはが注目されている理由に高級スキンケアクリームと成分が酷似していることがあげられます。

特にセレブが愛用する「ドゥラメール」と成分がほとんど同じだということからその人気も高くなっています。ただ気になるのはニベアで目の下のシワに有効になるのかどうかです。ここでニベアはどういったものかを知っておくことです。

ニベアはスキンクリームとして使われていますが、ニベアは肌の水分を閉じ込める成分で作られていることです。つまり乾燥による小じわに対して保湿して小じわを抑えるという使い方であれば改善される可能性はあります

しかし、ニベアの成分と、目元のシワに必要な成分を考えると、シワでも年齢を重ねていく事でできてしまったシワに対しては、目元を含め、コラーゲンが減少していることからもニベアで解消することは難しいと言えます。

 

まとめ

目元のシワが気になる女性は多いと思います。ただ目の下を含めシワをなくすための方法は地道に続けていくことが必要です。また、シワができる大きな原因は肌の乾燥と保湿が不十分になっていることもあります。

また日常生活で目元のシワを作らせてしまう原因もいくつもあります。こういった原因を一つ一つ取り除いていくことも必要ですが、丁寧にケアをしていくことでシワも薄くなり、新たにできるシワの予防にも繋がります。

シワを少しでもなくすための方法を参考にこれからのシワ対策に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • 【美容】飲み方で太る?お酢ダイエットで痩せるポイントは寝る前

  • 早く疲れを取る食べ物や飲み物!疲労回復によい方法と逆効果な方法

  • プラセンタは太るのか?副作用と痩せる効果は!

  • 大人女子必見!夜ヨーグルトで美肌&ダイエット❤効果がすごい

  • マツエクの量は何本が良い?自まつ毛が少ない人でもナチュラル志向に

  • 目の周りのくすみを改善したい!正しいケアと予防メイク