1. TOP
  2. 健康
  3. 小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

人の第一印象の一つに顔のイメージがありますが、顔の大きさは中々変えられるものではないですよね!!ですが、知らずに顔はあなたが行っている生活習慣によって大きくしていることがわかっています。

そんな悪い生活習慣をしって顔が大きくならないようにすることも小顔に近づける第一歩なのです!!

 

小顔は誰もが憧れるもの!!

テレビやネット、そして多くの女性の中で憧れの一つでもある小顔!やっぱり顔が大きいよりも小さな顔の方がバランスや見た目も大きく変わってきますよね。まして男性と横を並んで歩いた時に男性より顔が大きかったら・・・・・・・。

小顔に憧れる女性が多い中、今では小顔グッズも多くラインナップされていますが小顔になる大きなメリットは何と言っても顔が小さく見えることで目や鼻のパーツが目立つことで顔立ちがはっきりし可愛くやキレイに見えることです。

そしてキレイな人に共通するのが・・・・・・

 

美人な人って顔がとても小さい!!

 

もはや小顔であることはキレイや美人の人にとっては周知されたことであり、必須条件にもなってしまっています。小顔はそれだけでキレイに見えるということです。ただ、いくら顔のパーツ、目や鼻すじがしっかりとしていても顔が大きかったら、それだけで小顔の人と比べると差は歴然!!

そんな顔が大きいと感じている人が小顔を目指してマッサージや小顔グッズを利用する前に気づいていない顔を大きくさせている原因が日常の中に潜んでいることに気づいて対処することがまず先決なのです。

 

そして顔の大きさは生まれつきだから仕方がない

 

そう思っている女性は、ちょっとまってください!!必ずしもそうだとは限りませんし、実際には普段の生活の中で顔を大きくさせていることをしている可能性も多いにあり、顔に大きな影響を出してしまっています!!

 

そもそも顔が大きい!その基準ってなに?

顔が大きくて悩んでいる人が多い中、顔の大きさを遺伝のせいにして、生まれつき顔が大きいものと思っている人はまず間違いです。顔の大きさを決める基準には大きく4つの要素で成り立っています。

 

  • 筋肉
  • 脂肪
  • むくみ

 

まず骨に関しては、骨はそれぞれの骨と骨と繋ぎ合わせているわけでなはく、骨とのつなぎ目には必ず隙間ができています。この隙間が広がってしまうと頭も含め顔の大きさも骨の広がりで大きくなってしまいます。

 

これがいわゆるでかい顔!!

 

となってしまうのです。そして骨の上にあるのが筋肉です。顔やカラダには当然あるものですが、この筋肉の発達の仕方によって顔の大きさが変わってきます。そして脂肪ですが、カラダを見ているとわかるとおり、脂肪がつきすぎてしまうと太って見えてしまいますよね!!

顔にも同じことが言えるために、顔に脂肪がつきすぎると当然顔も大きく見えてしまいます。この顔のむくみは筋肉や老廃物がたまった証拠です。マッサージなどで老廃物を流すことが必要になります。

顔がむくむ原因にはこれだけの事があります。詳しい内容はこちらの記事を参考にして下さい。

 

顔の大きさは悪い生活習慣が関係している

顔の大きさが気になるあまり、頑張って顔を小さく細くしたいと何かしらの食事制限をしてみたり、運動をしてみたりすると思います。しかしダイエットとしてみた場合には効果があるかもしれませんが、顔の大きさを小さくする事としてはあまり十分とは言えません。

よく言われる芸能人への憧れから、「あの人のような小顔になりたい」と思うこともあると思います。しかし芸能人が小顔にする方法と普段私たちが小顔になろうとするやり方ではかなり難しいといえます。

ただ、始めから芸能人が実践している方法よりもまずは生活習慣から変えていくことが先決だと言えます。

 

小顔の原因とやってはいけない生活習慣

もともとの骨格が大きい

骨格がそもそも大きい人にとって、顔を小さくすることは難しいでしょう。これは生活習慣とはまた別の問題のために、骨格を改善するのであれば、美容整形で骨格を削るなどの方法になることもあると思います。

 

むくみ

食事の中で塩分の多い食事になっている人や外食がどうしても多いという人の場合にはむくみに綱がるケースが多くなります。また寝る前に水分を摂り過ぎることでもむくみになるために、まずは食事習慣を変えてバランスの摂れた食事に変えることです。

 

脂肪がついている

顔に脂肪がついてしまっている人とそうでない人の差は何だと思いますか?また脂肪がつきやすい人の特徴。顔の印象は顔の形で大きく変わってくるため、カラダは痩せているのに、顔がまんまるとしていると太って見えてしまいます。

こうした原因になるのは3つ!!

 

  • 筋肉の衰え
  • 老廃物が停滞している
  • むくみ

 

この3つが原因です。むくみは塩分やアルコールの摂り過ぎからなり、運動不足や汗をかかない生活をしていることが原因です。そしてリンパの流れが悪くなることで起こる老廃物の蓄積による血行不良から脂肪を貯め込みやすくします。

そして筋肉の衰えは年齢を重ねるにつれて落ちていくものです。そして同時に新陳代謝も低下していくために脂肪が顔に付きやすくなります。

 

顔の骨のゆがみ

顔の歪みは生まれつきでなければ、少なからず生活習慣からなる原因が関係しています。しかも残念なことに顔の骨をゆがませることは私たちが普段何気にしていることがその大半です。ついつい・・・・・。

無意識にやってしまっている習慣からくるものが多いのです。

頬杖をつく

骨と骨のつなぎ目というのは、隙間があいた状態になっています。そして頭の骨を形成している頭蓋骨はじつに23個のパーツによって頭の形を形成しているわけです。つまり、この23個のバランスがとれているからこそになります。

しかし、頬杖をつくことで顔はどちらかの一方に重心が傾いてしまいます。この傾きによってバランスが崩れることから次第に、顎の骨や歯が圧迫されていくことで顔の全体のバランスが崩れていき、顔が大きくなっていきます。

 

脚を組むことがる

顔を大きくさせている事と脚を組む事と一見すると、あまり関係がないように思ってしまいますが、脚を組むことも顔を大きくさせる原因の一つです。これは脚を組むことによって骨盤や背筋、背骨が歪むことで左右のバランスが崩れていくことが原因です。

 

骨盤のゆがみ

骨盤の歪んだ状態は背骨がバランスを崩した状態になるために、頭蓋骨や顔の周りの骨まで歪んでくる可能性がでてきます。

 

猫背になっている

猫背もやはり脚を組んでいる状態と同じことになるために、背骨のラインを歪ませ顔の骨にも影響がでてきます。

 

肩こり・首こりをそのままにしている

カラダは筋肉があって動くようになっています。また筋肉を使うことで肩こりがおこったり、首が凝ったりすることがあると思いますが、これは筋肉が引っ張られたこことで顔も大きく見えたり、逆にたるんでみえたりすることもあります。

つまり固まった状態にあると顔が大きく見えることもあるということです。

 

奥歯を噛みしめている

歯のかみ合わせは非常に大切なことです。顔の筋肉は表情筋や咀嚼筋などの多くの筋肉で作られている場所です。つまり噛み合わせが悪くなっていると、癖のように片側で噛んで食べるようになったり、奥歯をかみしめる時にバランスが悪くなってしまいます。

この噛み合わせが悪くなることで頭蓋骨や骨格、顎のラインが変わり筋肉の厚みが左右で変わってしまい顎の形が変わることにもなります。

 

また奥歯をかみしめる人は特に筋肉が硬くなり耳の下の筋肉が硬くなりエラが張ったような顔立ちになってしまいます。

 

ストレスを抱えている

ストレスを抱えていない人なんて、そうそういるものではないと思いますが、残念なことにストレスを抱えている人は顔が大きくなる傾向にあります。この理由には、無意識にしてしまっていることが原因のため、意識的に治そうと思っても難しいものがあります。

 

それが、歯を食いしばってしまう癖です。

 

ストレスを抱えている人や何かと我慢をする人、我慢を強いられる人は、歯を食いしばってしまうために筋肉が硬くなり顔が大きく見えてしまうのです。

 

エラの筋肉の正体

顔にエラができてしまうと顔が大きくなるのは知ってのことだと思いますが、このエラは骨格が関係しているものではありません。中には遺伝的な骨格によるものもありますが、そのほとんどは筋肉の変化によってできたものです。

そしてこのエラの正体は「咬筋(こうきん)」と呼ばれる筋肉によるものです。この筋肉をよくエラと表現していますが、咬筋は耳の内側に指先を当てた時に、奥歯を動かすぽっこりできる筋肉です。

 

そしてこのエラは使うほど発達していきます!

 

この筋肉は食事などで物を噛む時に必ずつ舞う筋肉のために使えば使うほど発達していくのです。ただ他の人となぜ私だけがよりエラが強調されているの?と思う人もいると思います。これにはいくつかの理由があります。

 

  • 運動をすることで瞬間的な力を出すために歯を食いしばっている
  • 寝ている時に無意識に歯ぎしりをしている
  • ストレスで歯を食いしばっている

 

ただこうした原因以外でエラが大きくなる理由がリンパの滞りです。リンパの流れが悪くなることで、老廃物や水分がたまってエラが大きくなってしまうこともあります。これが顔を大きくさせている原因なのです。

 

パソコンやスマホのしすぎ

1日の中でスマホやパソコンを見る機会はかなり多いと思います。その中でも特にスマホは手軽に身近に触れることができるため、パソコン以上に見る機会が多くなります。そしてスマホなどを触っている時の姿勢を思いだしてください。

ずっと下を向いてスマホを操作していると思いますが、この姿勢は顎を上げる筋肉のオトガイ筋という筋肉をあまり使わなくなるために、筋肉が硬くなり衰えを起こすことになります。この結果片や首回りの筋肉が緊張し硬くなり顔が大きく見えることになります。

 

しかもこれだけでは済まず、二重顎を作る原因にもなってしまいます!!常にスマホなどで下を向いた状態を作ることがこんな悲惨な結果をも生んでしまうのです!!

 

表情が乏くなっている

顔には多くの筋肉が複雑に構成されているとお話ししましたが、ということは筋肉を使っていないと顔を大きくなりやすいということです。筋肉を使わないことで、筋肉の動きも悪くなり硬くなります。

しかも顔の筋肉にある表情筋が硬くなってしまうと、血液の流れも悪くなり老廃物も溜まりやすくなります。表情筋を硬くさせる行為が顔を大きくさせているのです。

 

たるみ

たるみの原因にはいくつかありますが、このたるみによって起こることは顔の下部分が大きくだらしなくなることです。このたるみの大きな原因は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった成分が失われていくことで肌の弾力が低下することにあります。

そして具体的な肌の弾力を失わせている原因がこういったことです。

 

  • 紫外線
  • 生活習慣
  • 乾燥
  • 加齢
  • 表情筋・深層筋の衰え
  • 姿勢の悪さ

 

飲酒する事が多い

お酒を飲むことが好きな人や習慣でお酒を定期的に飲んでいるような人の場合、顔を大きくさせてしまっています。これはアルコールによる利尿作用によることが原因で、お酒を飲むことによって、カラダの中にある水分が不足した状態になります。

よく勘違いされる事に、アルコールを飲んで水分を補おうとしますが、これは全くの逆効果で利尿作用によって水分はカラダから抜けて行ってしまっている状態になっています。そうすると、カラダに水分が不足すると血行が悪くなり、むくみとなって顔が大きくなるのです。

 

外食が多い

外食ほどおいしいと感じることはないと思います。特に家で作る料理よりもおいしいことも多いために、また付き合いや料理が面倒と思う時には外食を利用することもあると思います。しかし、外食の料理は味が濃い目になっている事が多いはずです。

つまり塩分と糖質が多く含まれているということです。糖質が多い食事であれば脂肪へと変わる可能性もあります。また塩分の多い食事だとむくみに変わる可能性も考えられます。ということは顔を大きくさせる要因を揃わせてしまうことになりますよね?!!

外食は糖質と塩分によって顔を大きくさせるだけでなく、カラダまで太くさせる原因にもなっていきます。

 

運動をしない

運動をしないということは、ここではカラダを動かすというよりも顔の表情筋を使う機会が少ないことによる顔の筋肉の衰えを差しています。表情筋を使わない生活習慣によって顔の筋肉はもちろん衰えていきます。

また顔のたるみも筋肉の衰えから起こってきます。運動をしないということは、顔の筋肉を使う機会が少なくなった状態を変える運動をするということです。

 

睡眠不足

睡眠不足が太りやすいと言う事を聞いたことがあると思います。これは睡眠不足の人ほど肥満になりやすいということですが、睡眠時間が短い人以外にも睡眠の質が悪い状態にある人も肥満になりやすいと言われています。

 

睡眠時間 肥満になりやすい割合
4時間以下 73%
5時間程度 50%
6時間程度 23%

 

これは睡眠不足になることで、食欲を抑えるレプチンよりも食欲を増すグレリンというホルモンのバランスが崩れ、食欲を増すホルモンが増えてしまうからです。この事によって食欲が増せば太りやすくなり顔も当然大きくなります。

 

また睡眠不足によって顔がむくむことがあると思いますが、これは水分不足や塩分やアルコールの摂り過ぎも関係しています。またビタミン・ミネラルの不足も顔をむくませる原因で、これらの全ては新陳代謝の低下によって顔に水がたまることによるものです。

こうした顔のむくみだけでなく、睡眠時間の確保や質の高い睡眠を摂ることが改善のカギとなります。睡眠の質を高める方法はこちらの記事で紹介しています。

 

冷え性な人

冷え性な人もやはり顔を大きくさせる原因になります。顔だけでなく、カラダが冷えてくると当然カラダの血液の流れも悪くなりますよね。血流が悪くなれば、カラダに必要な酸素や栄養が十分に届けられない状態にあります。

つまり老廃物やむくみを作りやすくさせてしまうということです。そのために本当に必要な冷えを改善する方法を知っておくことです。

 

口呼吸をしている

呼吸は本来鼻からするものですが、何かしらのきっかけをもとに口呼吸をするようになっていると、やはり顔を大きくさせてしまうことになります。これは口呼吸をすることで口が常に空いた状態になることで顔の筋肉を衰えさせることによるものです。

しかも左右の顔をゆがませることにもなるので、ただ口呼吸ではなく、鼻呼吸をすることにはちゃんとして意味があるということです。しかも美容という点で見ても口呼吸はよくありません。

鼻で呼吸をするということは、意外にも顔の様々な筋肉を使っています。その使っている筋肉は口呼吸を比べると、ほんのわずかな差でしかありませんが、これが日常的になればその差も大きくなります。

その結果、口呼吸をしている人のほうが顔はたるみ、ほうれい線として見た目にもしっかりと刻まれるようになってきます。できてしまったほうれい線に関して消す方法もあるので参考にしてみてください。

 

おすすめの小顔になれる方法

かっさマッサージ

かっさというのは、中国で行われてきた民間療法の流れを組んでいる美容法です。このかっさマッサージは気・血・津液をスムーズの流すために経路を促進させることで、カラダの中のバランスを整わせて美容効果を高める方法です。

つまり、血行やリンパの流れをよくするための方法です。特に入浴後に行うとカラダも温まっているためにおすすめです。

 

 

かっさマッサージの注意点

  • 休憩を必ず取ること(10分~20分)
  • カラダは冷やさないようにする
  • 水分補給は忘れずに行う
  • 食後30分以内にはかっさマッサージはしない
  • リンパに対しての強い刺激はしない
  • 皮膚の薄い部分は強く刺激しない
  • マッサージ後はカラダを冷やす
  • マッサージ後は脂っこい食事を摂る
  • 妊娠中、皮膚に病気がある、心臓に疾患がある、糖尿病の人、内出血がある、血友病の人は控える

 

小顔のなれるリンパマッサージ

リンパマッサージをすることで小顔になれる効果もありますが、それ以外にも大きな効果があります。

  • 代謝をサポートする
  • ダイエットをサポートし肥満を予防する
  • むくみの解消をサポートする
  • セルライトを予防する
  • 肌トラブルを改善する
  • 風邪などの感染症を予防する

 

リンパをマッサージすることには、カラダのリンパの流れが滞ることでカラダの中では老廃物がたまっていきます。この老廃物を溜まったままの状態をそのままにしてるとカラダにとっては悪影響でしかありません。

特に健康から美容、ダイエットとみた場合にカラダに影響を与えることは確かなことです。そこでリンパマッサージをし、あらゆる血行、美容、ダイエットに役立つことができるのです。

 

リンパマッサージをすることでカラダに溜まった老廃物を流してあげることで、顔やカラダのむくみを解消することができるようになります。またむくみが改善されるということは、余分な水分や老廃物が流し出されることで代謝がスムーズのなるサポートをしてくれるということです。

 

つまり、老廃物が溜まった状態によって、脂肪や水分が合わさりセルライトが出来やすくなったカラダも改善できるようになります。また代謝が滞っている状態になるという事は、当然肌も吹き出物や毛穴のつまりといったことで肌トラブルを招きやすくもなります。

しかも便秘にま発展することもリンパの流れが悪くなるだけで起こってきます。これはカラダ全体でみた時に、代謝が低下した状態!!あらゆるカラダの健康にも大きく影響してくることで本来必要な栄養もカラダに届きにくくなることになります。

これが健康を損なわせるだけでなく、肌そのものの老化を早めてしまう原因になり、シミやシワなどの老化現象をより進行させてしまいます。こうした事を考えてもリンパの流れが滞る状態がだれだけ悪影響かがわかると思います。

 

リンパマッサージを始める前の準備

リンパマッサージを始める時によりしっかりとした効果を出すのであれば、リンパの滞りを改善するために老廃物を出しやすい環境を作っておくことがマッサージの前にすることになります。それが、マッサージ前にコップ1杯の水を飲んでおくことです。

水を飲んでおくことで、リンパマッサージを¥したときにより老廃物も流しやすくなるので効果もアップできます。

 

 

まとめ

今までしてきた習慣が何気にしていたかもしれないと思うと、なんだかゾッとすることもあると思います。しかし、この何気にしてきた習慣を改めて間違いだと気づき、変えていくこと、心がけていくことで大きな顔も小顔へ変えることができるようになります。

ただどうしても、すぐに小顔にしたいという願望はあると思いますが、まずは日常の生活習慣からかえなければ難しいこともあるので、生活習慣をかれば小顔にもなれるはずです。

 

 

そして、こうしたことを振り返り確認してくことも大切です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

関連記事

  • 超簡単に痩せた❤猫伸びポーズでダイエット!そのやり方で効果アップ

  • 焼き梅干しのダイエット効果から風邪(喉)まで効く効果がすごい!

  • 紫外線で目が日焼けに!シミと充血の痛い悩みを徹底予防!

  • 大人女子が実践したツヤ肌技!透明感あふれる美肌スキンケア

  • 生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった1週間】

  • コラーゲンの吸収を高める効果のある摂り方❤間違った摂り方❤