1. TOP
  2. 美容
  3. シミ・シワに効く食べ物!美白にNGな3つの食べ物

シミ・シワに効く食べ物!美白にNGな3つの食べ物

顔にできてしまったシミやシワ!諦めかけている人も多いでしょうが、シミができたからといってこのまま顔に残るわけでもありません。日々肌が生まれ変わる中で早く対応するために必要な食べ物や方法。そしてやってはいけない事を紹介します。

 

シミができる原因をまずは知ろう

シミができる原因を知っていますか?すぐに思い当たるのは間違いなく紫外線によるシミの発生を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、シミが出来上がるまでには日常生活には多く要因が潜んでいるために本当にシミを対策できているのか難しいところがあります。

そしてシミを作ってしまう原因は大きく分けると4つあります。

 

  • 紫外線によるもの
  • ストレスによるもの
  • ホルモンバランスが崩れることによるもの
  • 入浴シーンの中にあるもの

 

この4つが私たちを悩ませる肌にシワを作っている原因なのですが、この4つの共通していることはどれも肌のターンオーバーを遅らせている原因にもなっているのです。詳しいシミの原因についてはこちらの記事が参考になります。

そしてどれも非常に重要なことですが、中でも特に紫外線に関して言えば常に年中降り注いでいるために、しっかりと紫外線対策をしなければなりませんよね。これがシミをより作ってしまう原因にもなっているので・・・・・・。

特に紫外線が主な原因になる老人性色斑に関していえば、早い人では20代から顔などにシミとして現れるのが特徴ですが、このシミは細胞の中にある核を守るためにできるもので、このシミによって紫外線が真皮にまで届かないようにしてくれています。

つまりバリアの働きを持っているために、一見するといいことには思いますが、ただ肌の表面にしっかりとシミとして残ってしまうことを考えるとあまりいいものではありませんよね。

 

消えるシミと消えないシミの関係性

シミが肌に残ってしまって、いつまでも消えずに残り続けているシミがあると思います。これは普通に考えたら肌のターンオーバーを繰り返していくうちに消えてしまっても不思議ではないですよね!?

ところが実際には肌にしっかりと刻まれたかのようにシミが残ってしまっています。このシミの特徴は厚みやざらつきがあるものが、いつまでも肌にシミとして残っているわけです。こうしたシミはターンオーバーではどうすることもできないと言われています。

その理由には、シミができて何年も経っているシミはメラニン色素が深部にあるために消すことが難しいのです。つまり逆をいうと、厚みのないものや輪郭がぼやけている程度の茶色いシミはまだ消すことが十分にできるということです。

 

シミを消すためには

シミができるきっかけになるのがメラノサイトがメラニン色素を作りだすことによってシミへと繋がっていくわけですよね。そこでシミを消すために必要なことは、メラニン色素を作らない状態になるようにすればいいわけです。

ただ言葉でいえば簡単ですが、シミが出来ないようにするためにはいい肌の状態がキープできていればいいわけですから、まずは紫外線を避ける努力をすることです。そこえ紫外線対策で日焼け止めをぬっていますが、本当に正しい塗り方ができているのかを再確認することも必要です。

そしてシミを作らないためには、肌が炎症を起こした時に活性酵素が増えるのを抑えることをすればいいのです。これがシミを作らずに肌を修復させシミやシワ対策に繋がるようになります。

 

シミやシワを消す食べ物で予防をするための栄養素

ビタミンCを摂る

肌にビタミンCがいいというのはすでに当たり前になっていますが、このビタミンCは肌にとっては肌が喜ぶ栄養素の一つだからだと言えます。このビタミンCにはメラニン色素の過剰な生成を抑える働きがあります。

これはビタミンCには強力な抗酸化作用があるためにシミやシワに対して活性酵素を除去することで、メラニンを防ぎながら、できてしまったシミに対しても薄くすることができるのです。またシミ以外にもニキビに対しても炎症として残った色素沈着に対しても有効です。

またビタミンCには皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進する働きもあるので、肌のハリを保つことができ、シワへの予防や改善をすることができます。

こうしたビタミンCの効果からわかるとおり、トータル的に考えてもビタミンCによって肌を整えることで肌に透明感も生まれ、肌のキメも細かくなり毛穴も引き締める効果へと繋がっていくのです。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物

  • アセロラ・レモン・キウイ・ゆずの皮・柿・パパイヤ・イチゴ・オレンジ・みかん
  • ブロッコリー・カリフラワー・パセリ・赤ピーマン・ピーマン・モロヘイヤ
  • 焼きのり・味付けのり
  • ハム・ベーコン

 

ここに注意して!ビタミンCを摂る時のポイント

ビタミンCを摂るときに、ひとつ注意しておきたいことがあえいます。それは、ビタミンCに含まれている物質にシミができやすくなる物質が含まれているということです。それが「ソラレン」という物質です。

このソラレンには光毒性があり、紫外線に対して反応することで肌に悪い形として働きかけてしまうことです。このソラレンを含む食べ物を摂ることで外出などをした場合に、いつもよりも2時間~6時間ほど多く紫外線を肌に吸収させてしまうのです。

ということは、朝からソラレンが含まれている食べ物を摂っていると紫外線を吸収しやすくなってシミや色素沈着、赤みまで作ってしまう原因にもなるということです。そのためにソラレンを多く含んでいる食べ物を摂る時には注意が必要です。

  • 果物(柑橘類)
  • 野菜類(きゅうり、セロリ、じゃがいもの芽)
  • 香味野菜(パセリ、しそ、パクチー、コリアンダー、三つ葉)

 

ビタミンEを摂る

ビタミンEには大きく分けると抗酸化作用、血行促進作用、バリア機能の3つの機能があります。抗酸化作用については、紫外線を浴びることで活性酵素が発生しますが、この活性酵素は肌に必要なコラーゲン繊維を攻撃してしまうことがわかっています。

これは言いかえれば、肌の老化を招くシミやシワを作る原因なるものです。そこで有効な栄養素がビタミンEを摂ることです。このビタミンEには活性酵素を減らす働きをもっていて、活性酵素から肌を守ることができるのです。

 

そしてバリア機能。ビタミンEは紫外線など外からの刺激に対しても肌を保護する力があります。これは、ビタミンEが油分に溶ける性質があることから肌の表面にも滲み出すことで肌を保護してくれるのです。

最後に血行促進作用ですが、ビタミンEには新陳に代謝を高める働きがあるために、紫外線を含め、肌のシミやシワの原因になるメラニン色素のターンバックを促進させる働きがあるために美肌効果を高めてくれます

ビタミンEを多く含んでいる食べ物

  • アーモンドなどのナッツ類
  • 野菜類(モロヘイヤ、赤ピーマン、西洋かぼちゃ、赤ピーマン、自然薯、大根葉
  • 植物油
  • 魚介類(あんこうの肝、すじこ、いくら、うなぎ、たらこ)
  • 果物類(うめ、アボカド、ドリアンなど)

 

亜鉛を摂る

シミを始めとする悩みに対して美容成分を肌に与えることはもちろん効果的だと言えます。しかし、しっかりとケアをしているつもりなのになぜか肌トラブルが思うように改善しなかったりする事もあるかと思います。

 

しっかりと保湿したいるはずが・・・・・

シミができてしまった・・・・・・・・・

ニキビができてしまった・・・・・・・・

 

などなどこうした悩みはあると思います。こうした肌トラブルに対して、美容成分を与えているのに一向に改善されない場合には亜鉛が不足している可能性があります。じつは亜鉛はカラダに不足させてはいけない成分の一つでもあります。

とくに亜鉛の効果には、美容効果として酵素の働きを持っているということ。酵素の必要性についてはこちらの記事を参考にしてください。

この亜鉛の働きにあるのが、化学反応をサポートすることにあります。具体的に言うと細胞を分裂させたり、細胞の再生をする働きがあるということです。もっと分かりやすく言うと、新陳代謝を正常にする働きが亜鉛にはあるということです。

亜鉛にこういった働きがある一方で亜鉛がカラダに不足すればどうなるか想像ができると思います。

 

ターンオーバーの乱れ!!

 

ここから新陳代謝が低下してくればシミやニキビといった悪循環に陥ってしまうようになるのです。つまり、だれだけ美容成分を使ってケアをしても、思うような効果がなかった場合には亜鉛不足を疑ってもいいかもしれないのです。

亜鉛を多く含む食べ物

魚介類と海藻類(牡蠣、するめ、うなぎ、煮干し、カニ缶)

肉類や卵類(豚レバー、ビーフジャーキー、卵黄、牛ひき肉)

 

アミノ酸を摂る

アミノ酸の中にはメラニンの生成をコントロールすることができるL-システインというアミノ酸があります。このL-システインはメラニン色素が肌にシミとしてできるようになる色に対して無色にする働きをもっています。

またさらにメラニン色素を排出させる働きに加えて、肌のターンオーバーを促すためにシミを抑制することができるのです。また肌にハリを維持させる働きもあり、角質を柔らかくすることで、気になるニキビに対しても改善することができます。

そしてこのL-システインを摂るということは、タンパク質の多い食べ物を摂ることにもなります。というのも、L-システインはタンパク質の元だからです。そうすると必然的にタンパク質が多い食べ物を摂ることがL-システインを多く摂ることになってきますが、食べ物の中でも特に多く含まれているのがこちらです。

 

L-システインが多く含まれている食べ物

  • 青魚(シラス干し、クロマグロの赤身、キハダ、カツオ、サバ、ヒラメ、サワラ、ブリ)
  • 肉類(豚肉、鶏むね肉、鶏、牛レバー、牛赤身肉)
  • 大豆(高野豆腐、きな粉、湯葉)
  • 乳製品(脱脂粉乳、プロセスチーズ、ナチュラルチーズ)
  • 種子類(ゴマ、落花生、ピスタチオ)

 

ここに注意!摂ればいいわけではない!!

一つ気をつけなければならない事があります。まず、アミノ酸の一種であるL-システインは普段のバランスのよい食事を摂っているだけで過剰に摂取することには繋がりません。しかし、摂り過ぎた場合はまた別です。

というのも、L-システインをたくさん摂れば効果が出るわけではなく、ましてサプリメントのような形で摂り過ぎてしまうと逆効果になってしまうのです。本来、肌が生まれ変わるターンオーバーいは28周期が必要です。

肌が生まれ変わるには周期が必要で、そこにいくらたくさんL-システインを摂ったところですぐに変わることはないのです。また必要以上に摂り過ぎることで起こることには、こういったことが起こってきます。

 

  • 活性酵素の量が増えてしまう
  • 腎臓に負担をかけてしまう
  • 吐き気が起こる
  • 腹痛が起こる

 

あくまで、食事の中からバランスを考えた上で摂ることが望ましいということです。

 

βカロテンを摂る

βカロテンの素晴らしいところは、全てカラダの中で機能してくれるところです。このβカロテンは主に緑黄色野菜に含まれているものですが、これを摂り入れることでカラダではビタミンAとして必要な分だけ使われるようになり、残ったβカロテンは抗酸化物質として働いてくれます。

そしてβカロテンの肌への効果にはこういった働きがあります。

 

  • 新陳代謝を促しメラニンの沈着を排出してくれる
  • 抗酸化作用によって、細胞の酸化を防ぎ老化を防いでくれる
  • 紫外線によるダメージを防いでくれる
  • 免疫機能を正常にしてくれる

 

こういった効果があります。中でも特に気になるのが、メラニン沈着を排出、紫外線によるダメージを防ぐところではないですか?

 

βカロテンにある色素沈着に関しては、ビタミンAに変換され、残ったものが抗酸化物質として働くことで老化を防いでくれますが、特にβカロテンに関して言えば、その抗酸化作用は特に強くビタミンEと比較した場合にその差は50倍も違います

つまりβカロテンをしっかりと摂っている人ほど、シミやくすみ、色素沈着においては大幅に改善することができるということです。しかも、βカロテンの大きな特徴は、年齢には全く左右されず効果があるところです。

そして同時に、βカロテンをしっかりと摂れていることで紫外線に対しても肌へのダメージが少なく、さらにメラニンの沈着をも予防できるのです。そしてもう一つ大きな特徴がβカロテンは過剰にとっても問題がないことです。

これはカラダの中で必要な分だけ変換され、残りは抗酸化物質として働くためです。また、体内に貯めておくこともできるという優れものなのです。

 

βカロテンを多く含む食べ物

  • にんじん、モロヘイヤ(生)、ほうれん草、ブロッコリー
  • パセリ、ピーマン、トマト、にら
  • かぼちゃ、しそ、大根葉、小松菜(生)、春菊など

 

そしてこのβカロテンの効果をさらに高めるのであれば、油や脂肪分が多い食べ物と一緒に摂ることで吸収率が高まるのでおすすめです。

 

ポリフェノールを摂る

ポリフェノールの大きな効果は2つ!!抗酸化作用と抗菌作用による効果です。肌の老化になる原因の一つに活性酵素がありますが、このシミやシワ、たるみなど肌荒れの原因になってくる働きを抑えてくれるのがポリフェノールです。

また、肌荒れを起こす要因にもなってくる日々のストレスや睡眠不足といったことも肌荒れのトラブルを招く大きな原因です。こうした肌荒れんどのトラブルを起こす要因は生活環境に多く発生させるところがあります。

こうしたことを考えるといかに活性酵素を抑えることができるかがポイントになってきますが、その反面ポリフェノールは、カラダの中で貯めておくことができない成分なのです。しかもポリフェノールの効果はカラダの中では3時間~4時間しか効果がないのです。

つまりこまめに摂る必要があるということです。

そしてポリフェノールと一言でいってもその数は数千以上の種類があるといわれています。その中でも特に代表的なものといえば・・・・

 

  • カテキン
  • アントシアニン
  • タンニン
  • イソフラボン

 

といったものですよね!!こうした代表的なポリフェノールを摂ることはもちろんいいことですが、できればポリフェノールの中でも特に優れているポリフェノールを摂りたいものですよね。そこで紹介したいポリフェノールが・・・

 

  • カテキン
  • アントシアニン
  • クルクミンなど

 

この3つが特に抗酸化作用が高いことでも知られています。そしてポリフェノールがシミを抑えてくれる以外にも、すでにできてしまったシミに対しても薄くする効果があるということです。

 

ポリフェノールを含む食べ物・飲み物

  • カテキン(緑茶、りんご、ワイン、ブルーベリー)
  • アントシアニン(ブドウの皮、ブルーベリー、ムラサキイモ、カシス)
  • イソフラボン(大豆、大豆加工食品)
  • クルクミン(ウコン)

 

シミに効く食べ物選びに迷ったら・・・

これまでにシミやシワに効果のある栄養素と食べ物を紹介してきましたが、一つ一つを見ていくのが面倒な人には、大きく3つのポイントを知ることで迷わずシミやシワに効く食べ物を選ぶ手助けができると思います。

そこ選ぶときの3つのポイントが・・・・

 

  • 色がカラフルな野菜や果物を選ぶこと
  • 精製されていない自然食品を選ぶこと
  • カラダによい油を選ぶこと

 

こういった食べ物が選ぶときの基準にするとよいでしょう。また逆に食べ物を選ぶときに注意したいこともあります。

 

これ以上シミやシワを増やさないためには!NGな食べ物

白砂糖とカフェイン

普段何気に食べている中で、シミを作る原因を知らない間に食べてしまっている事がわかったらどうしますか?改めてシミが出来る食べ物を知った後は食べないようにしようと考えるはずですよね。

特に食べたもので、シミやシワの数が変わるのだとしたら尚更食べないように気をつけるはずです。こうしたシミやシワを増やさないようにするためには白砂糖とカフェインは控えることです。白砂糖は活性酵素を増やし、カラダを冷やす作用もあるためにシミを作るきっかけになります。

そして、カフェインはメラニン色素を拡散させて色素沈着を悪化させます。これはあくまでも可能性の話にはなりますが、加齢に加えてターンオーバーも低下することを考えると控える方がいいでしょう。

ただし、これはあくまでも摂り過ぎた場合の話です。コーヒーであれば1日に3杯までが理想です。これは、コーヒーに含まれるポリフェノールの働きによって逆にシミなどの活性酵素の働きを弱める働きを考えるとコーヒー2杯~3杯が理想なのです。

その他のシミを増やす食べ物

  • トランス脂肪酸
  • 加工肉
  • バター
  • ソフトドリンク
  • 甘いお菓子類
  • 乳製品

 

こんな方法もあるシミを対策できる方法

シミに効く食べ物マクロビオティック食事法

マクロビオティック食事法という言葉を聞いた事がある人もいるかと思いますが、この食事法の大きな考え方には2つあります。一物全体であること。そして身土不二であるという考え方です。

マクロビオテックとは

一物全体

ひとつの物を丸ごといただくという考え方です。例えば、ニンジンであれば皮ごと全て取り入れ、にんじん全ての栄養を摂りれるということです。

 

身土不二

これは人と環境は切り離すことができないという意味で、その土地でとれた物や季節にあった穀物、自然と調和した食べ物を摂ることでバランスが整うという考えです。

 

食事の基本的な考え

  • 精白された炭水化物は減らし、全粒の炭水化物を多くとる
  • 動物性タンパク質を減らし、植物性タンパク質をとる
  • ビタミン・ミネラル、他の栄養素は自然のままのバランスでできる限りとる
  • 加工食品ではなく、有機農法で育てられた自然なものをとる
  • 精製されたもの、部分的なものはなるべく摂らず、できる限り全体の栄養を摂るようにする

 

そしてこのマクロビオテックの基本的なバランスを円グラフにするとこういった形になります。

 

そしてこのマクロビオテックの食事の考え方でもっとも大切なことが陰陽のバランスを考えることにあります。そして一見するとベジタリアンと共通する事が多いかもしれませんが、この陰陽のバランスこそが大きな違いで、東洋医学に基づいた考えで、体調に合わせたバランスの調整が求められるのです。

 

  • 陰・・・砂糖、果物、白米、アルコールなど
  • 陽・・・肉類、チーズ、焼き魚
  • 中庸な食品・・・玄米、雑穀、海藻、大豆

 

陰陽のバランスを考えると、こうなりますが、ただ調理の仕方によっては同じ食べ物でも陰陽のどちらかに傾いたりもするためにバランスを考えることはかなり難しいと言えます。そのため何を変えなければならないのかをはっきりと明確にしておくことが大切です。

 

それは、今の食生活に改善する必要があるのかどうかです。

 

例えば普段の食生活の中で当たり前になっているファストフード、インスタント食品、清涼飲料水、スナック菓子。コンビニ弁当や総菜といったできあい物を摂っていないか?また新鮮な野菜やコメが摂れているのかなどです。

マクロビオティック食事法を実践するためには、考え方も実践の仕方もかなり難しいために、まずはできるところから始めていくことです。

 

オロナインでシミ が消える?

古くから親しまれているオロナインですが、今だに常備薬として定着しているにはちゃんと理由があるからです。そして最近ではオロナインによってシミの改善に効果があると言われています。

まずはオロナインの有効成分を見てみると・・・・

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液と書かれています。これは殺菌効果の高い成分でさらに殺菌作用を持続させることができます。このことから美容として見た場合に、毛穴の雑菌の炎症を抑える事ができることからニキビに効果的だといえます。

ただ、この成分上シミに対しての効果はなく、噂としてネット上でシミに対して有効であるといわれていますが、クロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌効果にしかすぎないため、シミに対しての効果はありません

ただ、オロナインの効能の中に軽いやけどへの効果があることが記されています。このことからシミができるまでの日焼けに対しては効果はあります。おそらくは、ここからシミを消せるといった事になったことが原因でしょう。

そしてもう一つは、シミは消せなくても、毛穴の黒ずみといったものへは効果があります。いわゆるオロナインパックという方法ですね。この詳しいことはこちらの記事に書かれているので参考にしてください。

 

まとめ

シミやシワといった年齢とともに増えてくる悩みに対して美容成分を使うことも大切ですが、カラダの中から自然にシミやシワに効く食べ物を摂ることも大切なことです。また、食べる中で、シミを増やしてしまう食べ物もあるので摂り過ぎには気をつけてください。

そして、シミもシワにも共通していえることは、乾燥によるものが原因になります。これ以上シミやシワを増やさないためにも保湿ケアが重要になります。肌の保湿成分は年齢ともに減っていき乾きやすくなります。

肌の乾燥についてはこちらの記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • なんで?体重は減るのに下半身が痩せない原因と短期間で成功する方法

  • 食前にたった1杯!豆乳ダイエットを成功させるやり方と7つの効果

  • 食欲が止まらない生理前!食欲を抑える方法で太らない予防を!

  • 下半身が痩せない!脚を太くする無意識な原因と習慣!痩せる方法は

  • プラセンタは太るのか?副作用と痩せる効果は!

  • 焼き梅干しのダイエット効果から風邪(喉)まで効く効果がすごい!