1. TOP
  2. 美容
  3. 毛穴を引き締たい!毛穴タイプ別美容液の選ぶ基準

毛穴を引き締たい!毛穴タイプ別美容液の選ぶ基準

毛穴が気になるようになった時に、どういった対応をしていますか?毛穴には、じつは毛穴の種類によって対応方法が変わってきます。また美容液を使う場合にも選ぶポイントもあります。毛穴タイプ別の美容液の選び方と毛穴トラブルについて紹介します。

 

毛穴に美容液が効く!正しい順番は

できれば毛穴レスな肌になりたいと思う人は多いはずです。そこで毛穴ケアを実践している人もいると思いますが、思うような毛穴レスへ近づくことは意外と難しく普段通りのケアになっている人もいるでしょう。

また、毛穴トラブルで悩んでいる人も少なくありません。そこで毛穴ケアをする上でもっとも大切なことは美容液の選び方になります。この美容液の選び方の基準は、いい美容液かどうかになってきます。

毛穴が目立つ人の特徴の一つには、乾燥肌が大きく関係しています。これは肌が乾燥することで毛穴の周りも同じように乾燥することで、皮膚がかさつき、さらに肌の弾力で毛穴を隠すことができなくなってくることから毛穴が目立つようになります。

しかも乾燥肌の大きな問題は、、、、、、、

 

  • 古い角質が落ちにくいこと
  • 毛穴が開いていることで角栓の材料となるタンパク質汚れ、皮脂が混ざりやすい

 

ということが大きな問題にあります。そこで必要なことが肌をしっかりと保湿をすることになるわけですが、保湿をする時に使うものが化粧水と美容液の2つになってきますが、この2つの大きな違いとと使い方を正しく使うことが保湿の鍵となるのです。

 

化粧水と美容液の違いと使う順番

化粧水

化粧水の多くは、そのほとんどが水分できています。つまり、化粧水の成分を薄めて肌になじみやすいようにしています。

 

美容液

美容液は化粧水と比べても、その水分の量が大きく少ないのが特徴で、これは化粧水と比べた場合に、有効な成分の濃度が美容液のほうが多く含まれているため高濃度になります。

 

そこで、美容液の濃度が濃いために、始めから美容液を肌になじませても、しっかりと浸透はしません。そのためにまずは化粧水で肌をやわらかくなじませることで、次に美容液を使うことが毛穴ケアには必要な順番です。

そもそも化粧水の役割は、角質層の中に潤いをもたらすものではなく、角質層に対しての保湿には適したものではありません。角質層の潤いを満たしていくために必要なのは美容液の役割を持っているために、保湿を考える時は、順番を考えなければならないのです。

 

毛穴トラブル別に見た美容液での対策メニュー

毛穴には、トラブルに繋がることも含めて、年齢を重ねていくことで起こってくるたるみ毛穴。肌がオイリーなために毛穴が開いてしまって毛穴が大きくなっている開き毛穴。皮脂が詰まってしまい、ざらつきが気になるつまり毛穴の3つがあります。

毛穴の種類はどれも共通することが、毛穴の悩みに対する問題は同じなので、症状別に悩みを解決できる対策法を紹介します。

 

年齢を重ねることで起こるたるみ毛穴

たるみ毛穴の特徴には、、、、、

  • 肌そのものの弾力が低下している感じがある
  • 肌を上に持ち上げた時に、毛穴が見えにくくなる
  • 鼻横の頬あたりの毛穴が滴のような垂れた状態になっている

 

たるみ毛穴の原因

年齢を重ねるにつれて、肌がたるんでいく大きな原因になっているのが、肌の内側にあるコラーゲンの減少によるものです。このコラーゲンが減少することによって、肌内部の水分が不足になることで、肌がたるんだような状態になり毛穴が縦に伸びた滴のような状態になるのです。

これが肌に明らかに見える場所が鼻の横なわけです。しかもこういった場所は特にほうれい線が走る場所が近いこともあって、余計にしわやたるみを強調させる場所にもなっているために老けた印象をより強くさせてしまいます。

 

たるみ毛穴を対策するためには

これはもう、保湿がしっかりとできるようにすること。そしてビタミンCをしっかりと摂ることになります。毛穴にたるみができているということは、残念なことに老化が進行している合図でもあります。

これは年齢を重ねていくことで肌のターンオーバーが遅れていくことが、より肌の老化を進行させる原因にもなっているためにターンオーバーを遅らせている要因を知る事も大切なことです。

そして肌のターンオーバーを正常に戻していくためにはビタミンCが含まれた美容液を使うことです。ビタミンCがコラーゲンをサポートし弾力のある肌になるための手伝いをしてくれます。また普段からの生活習慣や食事にも注意が必要です。

 

毛穴が開いてしまった!開き毛穴

開き毛穴の特徴には、、、、、

 

  • そもそも今に始まったことではなく、昔から毛穴が開いて目立っていた
  • ニキビができやすく、オイリー肌である
  • 赤ら顔になりやすい
  • 朝起きた時に、肌がベタついている

 

開き毛穴の原因は

毛穴が開いている人の特徴は、皮脂腺が発達していることが原因です。しかもこの皮脂腺はう生まれつきによるもののため、つまり遺伝ということになります。しかも毛穴が開いてしまった状態と言うのは、大きくなった毛穴は元には戻らないのです。

つまり、いくらスキンケアを行ったところで、毛穴を引き締めたり、小さくするといった毛穴を目だ立たなくすることは難しいのです。これは皮脂腺が発達している以上、皮脂が分泌され続けるために、洗顔をしても、また皮脂が分泌されるのを繰り返すことになります。

また皮脂が多いために、何度も洗顔をすることで、皮脂が不足すれば、また皮脂を出そうとすることで肌のバランスが悪くなってしまいます。

 

開き毛穴を対策するにはどうすれば・・・・

皮脂バランスが整っている状態と言うのは、しっかりと保湿ができている状態を表しています。つまり、開き毛穴で悩んでいる人の場合は、保湿を一番に考えなければならなくなります。保湿と皮脂のバランスがとれれば、必要以上の皮脂を過剰に出さずに済みます。

そして一番気になる毛穴の開きについては、これ以上大きくさせないことが予防となり、今の状態の毛穴の開きを小さくすることは難しいといえます。ただ毛穴が開いている原因には、女性ホルモンの低下も原因として考えられます。

また、毛穴を開かせているような習慣を知らず知らずのうちにしている可能性も考えられます。詳しい毛穴を開かせてしまう原因についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

毛穴が詰まった!つまり毛穴

つまり毛穴の特徴は、、、、

 

  • ニキビができやすくなっている
  • 肌がざらついている
  • 皮脂がそもそも多い
  • 毛穴が黒ずんでしまっている

 

毛穴が詰まってしまう原因は

毛穴が詰まってしまう原因には、これまでにも共通する肌のターンオーバーの乱れによるものが原因ですが、これ以外には、毛穴に余分な皮脂がたまることで、古い角質が溜まっていき毛穴が詰まってしまいます。

また余分な皮脂がたまることから皮脂が多い人に毛穴が詰まりやすいイメージがありますが、乾燥している肌の場合も毛穴に詰まりは起こってしまいます。これは肌が乾燥している事で、肌乾燥を防ごうと皮脂が分泌を促すことで毛穴が詰まることもあります。

 

毛穴のつまりを対策するには

毛穴のつまりになっている原因が皮脂や古い角質などが原因になっているために、まずは余分な皮脂や角栓を取り除くための洗顔がまず必要になります。特に肌がざらついている、毛穴アが黒ずんでいるなどの原因を洗顔によって洗い流すことも必要ですが、あまりにもゴシゴシと1日に何回も洗顔することは悪化させる原因になります。

 

そこでおすすめなのが、酵素洗顔で角質などのザラつきまでしっかりと洗い流すことができます。この酵素洗顔の魅力は毛穴に効果的であることです。詳しい内容はこちらの記事が参考になるので確認してみてください。

そして洗顔ができた後に必ず必要になってくるのが、しっかりとした保湿になります。キレイになった毛穴も含めて保湿をすることで予防することができます。うまく美容液を使って保湿をキレイになった毛穴も保湿しましょう。

保湿におすすめな美容液はこちらの記事が参考になります。

 

毛穴美容液の使う時の3つのポイント

美容液は正しい使い方をしてこそ始めて効果が発揮されるものです。そこで押さえておきたいポイントが3つです。

  • 朝晩使う
  • 決められた量は守る
  • 毎日使用する

 

朝晩使う

基本的には、美容液の決められた使い方をすることが原則になりますが、基本的には朝と晩の1日2回の使用をすることです。基本的な考え方についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

決められた量を守る

基本的には、使用する上での守らなければならない商品の説明通りの使うことです。ただ使用時に表示がない場合にの一つの目安としてはこういった量を目安にするといいかもしれません。

 

  • ポンプタイプ・・・2~3プッシュ
  • クリームタイプ・・・パール1粒分
  • これ以外・・・・・1円玉くらいの大きさの量

 

美容液効果がもっとも発揮される使用頻度

美容液は、化粧水と違って、ボトルに入っている量も少なく毎日使っているとすぐになくなってしまいますが、保湿をするための美容液には、肌が本来持つ成分のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどの保湿成分が配合されています。

そのため、美容液は毎日使うことが、様々な肌トラブルを回避するためには欠かせなくなってきます。肌の乾燥を始め、オイリー肌からニキビが出来やすい肌、インナードライ肌といった肌トラブルを解消するためにも毎日使用するようにしてください。

 

脂は皮脂腺を刺激する?!食事のあり方を見直そう!

食事の基本はバランスの摂れた内容でなければなりません。これは誰しもそう思っていることですが、中々こううまくバランスの摂れた食生活を作っていくことは難しいものですよね?ただ食事のバランスの基本はもちろん大切ですが、これに加えて食事で気をつけなければならないこともあります。

 

それが皮脂腺を刺激してしまう食べ物を摂り過ぎていないか!!

 

なのです。これは毛穴トラブルと考えた場合には、やはり注意しておきたいポイントになってきます。そこで食事をする前にもう一度、食事メニューを見て考えてほしい点があります。それが皮脂腺を過剰にさせてしまうNGな食べ物です。

皮脂腺を刺激する食べ物

皮脂腺ができやすい食事はいいかえると角栓ができやすい食事になります。角栓は毛穴から分泌される皮脂が多くなるほど大きくなっていきます。そこで皮脂腺を刺激してしまう食べ物を上げていくと、こういった食べ物があります。

 

  • 脂っぽい食べ物(からあげ、フライドポテト、揚げ物、焼肉など)
  • 糖分を多く含む食べ物(チョコレート、ケーキ、ジュースなど)
  • インスタント食品

 

皮脂腺を刺激しない!角栓ができにくくなる食事の基本は

脂っこい食事はやインスタント食品、糖分の多い食べ物が皮脂腺を刺激し、皮脂を多く分泌させる原因だと言うことがわかりましたが、こういった皮脂の分泌をおさえるためには、こういった食べ物を摂る量を調整し、食べ過ぎないことが大切です。

そしてその上で、角栓ができにくくなる食事を積極的に摂ることが必要になってきます。そこで必要な食事のあり方が野菜中心の食生活をすることです。ここで重要なのが炭水化物の存在です。

この炭水化物も元は糖質!!つまり、皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促す食べ物になるために摂り過ぎないことです。そして野菜中心の食生活の具体的に必要な栄養素にはこういったものを摂らなければなりません。

 

  • ビタミンC・・・ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、カリフラワーなど
  • ビタミンB2・・・納豆、サバ、うなぎなど
  • ビタミンB6・・・豆腐、かつお、鮭、牛乳など

 

こういった栄養素が皮脂の過剰な分泌を抑えてくれるようになります。ただビタミンCの場合は、熱に弱い性質を持っていることから、加熱すると、その含有量も減ってしまうために調理の仕方も考える必要があります。

また、ビタミンCは一度の食事で必要な分だけをカラダの摂り入れ、余った分は尿と一緒に排出されるために、1日の3食の食事の中でうまく摂り入れなければなりません。そしてビタミンCに関しておすすめな食べ方が「蒸し野菜」として摂ることです。

そして、この栄養素以外にも積極的に摂っておきたい栄養素(食べ物)がこういったものです。

 

  • ビタミンA・・・ブロッコリー、にんじんなど
  • タンパク質・・・肉、魚、大豆など

 

特別なケアにこだわらない!

毛穴の黒ずみや毛穴のつまりといった毛穴トラブルを改善していくために早く対応していくことは、もちろんいいことではありますが、だからといって早くから結果を求めることは逆に肌への負担となる可能性もあります。

良くやりがちな事としては、皮脂が気になりだすことで、洗顔を頻繁に行うようになること。また毛穴が詰まっていることで、ピーリングも含め洗顔をやり過ぎることも肌の悪化を招くだけです。こうしたやり過ぎをするくらいなら、酵素洗顔を周に1度程度することで予防するほうがよいです。

ただ、洗顔をすることですぐに毛穴の悩みに対して改善されていくものでもありません。順序としては、肌にざらつきがあったものが減ってくると、つぎに毛穴の黒ずみが白い角栓へと変わってきます。

そこから肌がなめらかな状態へとかわってくるサイクルを考えると、早い人でも2週間はかかり、遅くなっても1カ月半から2カ月はかかるものと思ってください。

 

冷水で毛穴を引き締めるのはいいの?

よく耳にする言葉だと思います。洗顔をした後に冷水を使って顔を洗い流すことで毛穴が引き締まったような感じがすると思いますが、実際には、冷水によって毛穴が引き締まるという事実はないことがわかっています。

いわゆる冷水洗顔というものは、詳しくいえば確かにその時に冷水で洗顔すると毛穴が引き締めるのは事実です。しかし、その効果としては長く持続することはなく、せいぜい30分程度しか毛穴を引き締める効果はないのです。

まして、毛穴が小さくなることもありません。毛穴が小さくなるかどうかについても、毛穴は個人差がある中で肌質によって生まれた時から毛穴の大きさも決まっています。そしてさらに悪い事としては冷水で洗顔することにはこういったことがあります。

 

  • 肌の血流が悪くなる可能性がある
  • 赤ら顔の原因になる

 

冷水で洗顔することで、皮膚の温度が下がることで、皮膚の温度を保とうと収縮して血管が減少します。そうすると肌に老廃物がたまりやすくなりシミやくすみ、乾燥への原因をつくるもとになってしまいます。

また、赤ら顔になる理由には、冷水によって肌が刺激されている状態!!これはいわゆる炎症として起こるもので、毛細血管が浮き出ている状態になっているために冷水は適した洗顔とは言えないのです。

正しい洗顔の温度は30度前後のぬるま湯で洗うことです。

 

蒸しタオルで毛穴を開かせるのは問題も!

赤ら顔が気になる人は、蒸しタオルを利用した、顔に乗せて毛穴を開かせる方法はあまり好ましくはありません。というのも、赤ら顔の原因は、冷やす事や温めることを繰り返すような温度変化に反応しやすく炎症の表れでもあるからです。

 

ピーリングはやりすぎない

ピーリングと聞くと、普段のケアとは違い直別なケアな感じがしますが、じつは毎日の洗顔でも十分なピーリング効果があります。洗顔をすることで肌の余分な汚れや皮脂を新井流すことは、不要な角質もしっかりと落としています。

ただピーリング剤が含まれているものであれば、より効果的に角質を落とすことができ効果は高くなります。そのためにピーリングのやりすぎには注意が必要になります。本来ピーリングをすることで肌の代謝をサポートしターンオーバーを正常に戻す役割があります。

しかし、ピーリングのやり過ぎによって逆に肌を傷めてしまうことにもなるためにあくまでもピーリングは適度に行うのが良いのです。この適度なペースは製品によって異なってきます。肌周期に合わせて月に1回の使用でいいものもあれば1週間の1回~2回のものとあります。

使用方法を守って使う事と肌との相談が適度な回数となります。

 

適度な有酸素運動と毛穴の関係性

適度な運動は健康にはもちろんいい事ですが、肌の毛穴からみてもやはり適度な運動はおすすめです。その効果にはこういった事が上げられます。

 

  • 血行が良くなることで便秘やむくみなどが解消され肌荒れが改善される
  • 肌のターンオーバーが促進されることで、古い角質がはがれやすくなる
  • 冷えから起こるクマを改善する
  • たるみやシワを新しい細胞が作られることでコラーゲンをサポートする
  • ホルモンの分泌を促し老化を防止する

 

つまり、運動不足がもたらすことは、新陳代謝を悪くさせ、肌のターンオーバーを遅らせ代謝が悪くなりシミやシワたるみといった要因を引き起こす原因になることです。ただ適度な運動と言っても早々できるものでもないかもしれませんよね!?

ただ、何もしないよりは、適度に運動をすることは長い目で見てもその効果は確かなものとなるはずです。そこで、運動という言葉にこだわり過ぎずに、少しでも歩くことや自転車に乗る機会を作るだけでもいいです。

家で何気に「○○しながらする運動」を取り入れるだけでも変わってきます。こうした代謝を活発にする運動を行うことが毛穴にとってはいいのです。

汗をかくということで毛穴のつまりを流してくれます!また汗をかく機会が多い人は、皮脂腺が活発になり肌の乾燥を起こしにくいこともわかっています。少しずつでもいいのでカラダを動かす機会を作ってみるのも肌には効果的な運動になります。

 

まとめ

毛穴に関わる悩みはつきないものです。しかもすぐに問題を解決できるものでもないために長く付き合うことにも・・・・。ですが毛穴ケアは正しい対策が出来て始めて効果が出るものです。

また、毛穴ケアをいくら行っても紫外線対策や食生活の乱れ、睡眠不足、無理なダイエットをしていれば毛穴ケアも効果が十分に発揮されない自体になります。正しい毛穴ケアは十分な皮質に加えて、周りの環境に関わる要因にも目を向けることが大切なことです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • ひどい顔の歪み!歪みを治すマッサージと気になる目の高さを改善

  • マツエクはすっぴんで行くもの?一重も自然にできる変身術

  • カサカサ肌の原因!潤いを取り戻したい・・・。たった5分でできる対策

  • 有酸素運動をしても痩せない!体重が減らない人が太る原因14選

  • 難しいセルフマツエクで失敗しない!付け方と危険性

  • 甘酒効果で脅威の美容ダイエットに成功!効果的な飲み方