1. TOP
  2. 美容
  3. 美白の鍵は保湿にあり❤効果的ケア方法は化粧水の使い方にある

美白の鍵は保湿にあり❤効果的ケア方法は化粧水の使い方にある

 2017/04/22 美容
この記事は約 14 分で読めます。 467 Views

女性の中でひと際目立ている大人女子を見たことはありませんか?なぜ、あれだけキレイな美白をキープできているのか!?この大きな鍵を握る保湿の効果的なケアの方法を紹介します。

 

美白よりも大切な事!保湿の重要性とは

大人女子の間で特に美白がしっかりとできている人ほど、肌に透明感が生まれ白く透き通った肌をしていると思います。こうした美白のある肌に必要な保湿ですが、保湿がしっかりとできていないとなぜ美白にならないのかを詳しく紹介します。

まず保湿がしっかりとできていないとどうなると思いますか?これは肌に潤いが保たれていないことで、肌が乾燥していきます。そうすると肌のバリア機能も低下していくために、保湿が十分にできていないと、肌に刺激が起こることですぐに反応し炎症を起こしやすくなります。

これが、痒みだったり、何かしらの炎症だったりするわけです。また、保湿ができていないことで、紫外線へのダメージも受けやすくなります。紫外線からのダメージを受けるということは、肌の老化になるシミやシワ、たるみを引き起こすことになります。

これが一層肌を拭けさせてしまう要因にもなっているのです。こうした保湿が十分に行われていない肌というのは、肌にとっては基本となる土台を作れていないのと同じ事を意味します。

 

保湿をすると肌に何が起こるの?

肌がしっかりと保湿ができている状態にあることで、肌が潤っていれば、ターンオーバーがしっかりと行われているために、シミやくすみの原因にもなるメラニン色素の沈着を防いでくれるようになります。

これは肌のバリア機能で、紫外線からの刺激も守ってくれる役割を持っている機能です。これは本来肌がしっかりと保湿できていることで、肌の表面には角質層がしっかりと機能するようになります。

角質層と言うのは、薄い膜が何層にも重なっている状態で、この層の隙間が密着していることで、外部からの刺激や侵入を防ぐことができています。また肌の内部の潤いが保たれるようになっています。

しかし、肌が乾燥している状態や、乾燥する季節によって、この角質層に水分がしっかりと保つ事が出来なくなり、肌が乾燥してしまうのです。つまり、保湿の意味は角質層に水分が不足しないようにすることが保湿ケアということになります。

 

美白に保湿が欠かせないのは?保湿するための因子3つ

肌に水分を保っておくことで、潤った肌を作りだすことができるわけですが、具体的にはこういった効果が得られます。

 

  • 紫外線による刺激を受けにくくする
  • シミの対策になる
  • 肌のキメが整い、肌の透明感が高まる
  • 角質が潤うことで、美白効果になる

 

こうしたことは、保湿がしっかりとできている肌であれば、美白に繋がり、シミやシワ、たるみといったところまでカバーしてくれるようになります。そしてこうした潤いのある保湿された肌と言うのは、触った時の感触がまた大きく違っています。

保湿された肌というのは、肌にハリやなめらかさ、やわらかさを体感することができる肌です。これは、角質層にしっかりと水分が含まれていることで実感できる肌質なわけですが、実際に角質にはこういった肌の人であれば、30%の水分がそこに含まれているといわれています。

そして逆に肌が乾燥している人の肌というのは、角質層の中の水分は10%以下になった状態です。数値で表しているだけでも、この差は大きいことがわかりますが、実際の肌と比較した場合には、想像している以上に大きな差があるはずです。

そして肌の保湿に大切な因子が3つあります。

 

  • 皮脂
  • 天然保湿因子
  • 角質細胞間脂質

この3つが肌にうるおいを保つために必要な因子です。この中で角質層にある水分のうちの2%程度が皮脂膜に存在し、17%~18%ほどが天然因子にあり、残りの80%が角質細胞間脂質(セラミド)にあります。

つまりこの3つの因子をしっかりと保湿ケアに繋げることができているかどうかで、肌の保湿が変わってくることになります。ただ、こうした保湿の妨げになり、どうしうようもない部分もあります。それが年齢を重ねていくことです。

特に30代に入るころから肌にくすみやシワといった肌に形として現れてきます。これはどうしても年齢とともに肌の保湿能力が低下していくことや肌のターンオーバーも遅くなってくるのが原因です。

しかし、こういった加齢による肌の衰えを少しでも防いでいくためには、やはり保湿をしっかりとすることが肌を老化させない方法になります。

 

皮脂の役割

まず皮脂は多すぎても少なすぎてもよくありません。皮脂が多すぎれば、肌がべトつき、脂っぽくなることで皮脂が逆に刺激物になり、ニキビなどの炎症を招く原因にもなります。また逆に皮脂が少なすぎると肌にカサツキがでて肌のバリア機能も弱まってしまいます。

つまり、肌の皮脂は少な過ぎず、多過ぎずのバランスが求められるわけです。これは汗と皮脂が混ざることで肌に油膜として肌を覆うことで肌の水分蒸発から守ってくれています。また、細菌の繁殖を防ぐ役割をもっています。

このことからも皮脂のバランスが水分を保ち、菌の増殖を防いでくれる重要な役割を持っていることがわかります。

 

天然保湿因子の役割

NMFという言葉で略されている言葉ですが、このNMFは、尿素、アミノ酸、塩基類、乳酸などで構成されているもので、大きな特徴が、水分と結びつく性質があることから、水分を吸着する働きをもっています。

つまり角質層に水分を与え、肌にハリや柔軟性を保つための役割を担っています。

 

細胞間脂質の役割

細胞間脂質の役割には、この細胞同士を結び付けることにあります。これは細胞と細胞の間に脂質の層と水分の層が重なり挟み込むように構成されていて、水分の蒸発をおさえることで、外部からの刺激を守る役割をもっています。

この水分の層と脂質の層の構造が整っていることが保湿ができるポイントで、乾燥しやすい人の肌や敏感肌になっている人の場合には、この層の構造が崩れてしまっていることで、水分は抜けやすくなり肌バリアが失われてしまうのです。

 

時間にこだわろう!朝は「保湿」、夜は「美白」

朝のケアで肌は変わる!乾燥肌を悪化させないためにも

朝のスキンケアで時間がとれないことなどを理由にして、しっかりとケアができていないと感じる人は多いと思います。特に保湿という点から見ても朝に保湿ケアがしかkりとできていないと乾燥肌を作るきっかけにもなる上に、今まで以上に乾燥肌を進行させることにもなります。

特に朝に保湿ケアが十分でないことで、外にでることで外部からの刺激と直面することになります。そこで大切なこといが保湿になるわけですが、朝の洗顔の仕方も人それぞれのはずです。

ぬるま湯で洗う飲みの人もいれば、洗顔料を使う人、顔がガサガサになることから洗い方は個人差があって当然です。ただどちらにも言えることが潤いの高いものを使っているかどうかです。

洗顔料を使っているのであれば、潤い成分の高い物を選ぶことです。そうすれば、肌がかさつく心配もなくなり、余分な皮脂まで落とすこともなくなります。そしてしっかりと保湿して上げることです。

朝の時間にしっかりと保湿をすることで肌の構造上、紫外線といった刺激から守る役割もしてくれます。また、紫外線による必要以上の悪化を防ぐことにもなります。紫外線や日焼け止めの使いかたについてはこちらの記事を参考にしてください。

また、クリームを使う場合、朝から油分のあるものを使うとメイクが崩れるなどの理由から使わずに、乳液を使う人もいますが、朝にクリームを使うことで保湿だけでなく、メイクの崩れも使い方次第で予防することもできます

ただクリームで油分が多いと感じる場合には、日中美容液を使うことで油分をおさえることができます。

  • クリームは手のひらで温めてから使い顔につける
  • 手のひらでプレスしながらつけていく
  • 余分な油分があるときは、ティッシュなどでオフする

 

美白と保湿成分の選び方は

美白成分と選ぶときには2つのことを考えなければなりません。一つは、メラニンができる過程を阻害してくれるものです。そしてもう一つがすでにできてしまったシミに対して還元するものです。

この二つの内にシミを薄くしたい場合は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されている美容液を選ぶことです。そして肌が敏感になっている肌や乾燥している肌の場合には、美白と保湿の両方ができるプラセンタエキスが含まれている美容液を選んでください。

 

美白化粧水の選び方

美白化粧水の働きは肌の色を白くさせるものではなく、ましてシミを消すためのものではありません。あくまでもシミの原因になるメラニンの生成を抑える働きと、日焼けなどによってできるシミなどを予防するためのものです。

そこで美白化粧水を選ぶときに知っておきたいポイントが3つです。

 

  • 美白成分を選ぶこと
  • 肌質にあったものを選ぶこと
  • 使い続けるための価格を考えること

 

この3つが美白化粧水を選ぶときに考える基準になります。そこでまずは美白成分を選ぶときの有効成分についてですが、ここでおすすめするのは4つです。

 

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体

 

この4つがおすすめできる美白成分ですが、中でも美白以外にも肌にハリを与えてくれもするビタミンC誘導体がよりおすすめできます。そして美白化粧水を選ぶときに自分の肌に合っているかどうかも考えなければなりません。

肌質が乾燥肌や敏感肌になっている場合には、敏感肌、乾燥肌向けの美白化粧水を選び、保湿成分が配合されているものを選ぶことです。そして内よりもいくらいい成分で、自分の肌に合っているからといって価格が高ければ継続して使うことも難しくなります。

そのために、自分自身で使いづづけることができる価格帯の美白化粧水を選ぶことです。中でもプチプラであれば、選びやすく買いやすいでしょう。

 

ここに注意!日焼け後に美白はNG!まずは・・・

もし日焼けをした時に、すぐに美白ケアをするのではなく、まずは肌のダメージを進めないようにすることが大切です。そのためには、まずは冷やすことです。日焼けはやけどの一種のために、日焼けをした時は必ず先に肌をクールダウンさせることが必要です。

この時にやってはいけない事が、肌に負担がかかるような擦る事や叩いたりするような刺激は与えないことです。あくまでも水などで冷やして上げることが先決です。ただ日焼けといてtも程度によってその対処の仕方も変わってきます。

ヒリヒリとする痛みがある場合

化粧水は使用せず軟膏を塗ってあげることです。

 

我慢できないほどの火照りがある場合

この時は迷わず、病院へ行き診察を受けてください。仮に水ぶくれになっていようが、いなくても病院でしっかりと診てもらうことです。また頭痛や吐き気を生じる場合も同様です。

 

火照りがない場合

日焼けした肌は水分が不足している状態にあります。得意火照りもないのであれば、化粧水で肌に水分をしっかりと与えた後に乳液で肌を保護するようにしてください。

 

また、カラダの外だけでなく、カラダの内側からも水分を補給することも必要です。中でも、美白という点からは肌にもいいビタミンCを食事やサプリメントかた摂るようにすることも大切です。またビタミンCの吸収を高めたいのであれば、ビタミンCの吸収を助けるローズヒップと一緒に摂ると効果が高くなります。

 

美白の条件!白さ・明るさ・透明感を出したい!究極の美肌の作り方に必要なこと

年齢を重ねていくことで特に気をつくようになってくるシミやくすみですが、ここにばかり意識が行き過ぎてもあまりよくはありません。肌の状態が乾燥してバリア機能が低下しているような状態にあるのであればなおさらです。

こんな状態で美白に力を入れたところでメラニンの生成の早さには追い付かないのです!!そこでもっとも大切になるのが保湿なのです。美白効果をもっと高めていくためには何よりも保湿をすることです。

 

これは保湿がしっかりとできて始めて肌のターンオーバーが正常に行われるようになるからです。

 

もし、ターンオーバーが乱れていればどうなるか想像はつくと思います。肌の乾燥、メラニンの沈着からシミやくすみができてしまいますよね!!そこえ肌に明るさや白さそして透明感を引き出すためには大きく3つの条件が必要になります。

 

肌に明るさを出すためには

肌に透明感が失うれて行く原因には、肌の糖化があります。これは食事を摂り、血糖値が上昇し、体内で処理しきれなかった糖がタンパク質と結合して変化することで、肌に黄ぐすみが起こってきます。

ただ、この黄ぐすみは必要以上に糖を摂り過ぎている場合の話です。つまり、まずは糖の摂り過ぎに気をつけることですが、糖化によって肌には、老化現象が起こってきます。いわゆるシワやたるみ、肌のごわつきやくすみといったものです。

こうした肌に明るさを取り戻すためには血行を促進させることです。具体的には6つのことを実行し予防することになります。

 

 

食べ物でも肌を保湿する

食事はこれまでにも言われてきたバランスを心がけた食事でなければならないと言われていますが、栄養バランスが摂れた食事であることで肌も内側から乾燥を防ぐことができます。中でも摂っておきたい栄養素があります。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • βカロテン
  • ビタミンE
  • タンパク質

 

こうした栄養素を摂ることで、カラダの内側から高愛保湿力を作っていくことができます。

 

生活習慣を改善するだけで美白効果に!

カラダの中からと外からと美白にいい食べ物や成分を摂ることは、肌にとってもちろんいいことですが、普段の生活習慣を改めて見直してみるのもいいかもしれません。肌のターンオーバーを促進させるために欠かせない事として睡眠があります。

この睡眠によって成長ホルモンは分泌されるのは、ターンオーバーが活発になる時間帯が睡眠中にあるからです。また睡眠をしっかりと摂ることは、それだけで美容効果を高めることにもなります。

 

こんな時はどうすればいいの?美白するとで肌が乾燥する!

シミを始め、肌の乾燥の原因を予防していくためには、保湿が欠かせないことがわかりましたが、ただ一つ気になっている人もいると思います。

 

美白化粧品を使っていると肌が乾燥してしまう・・・

 

これは美白成分の作用の中にある角質を剥がれやすくすることで、新陳代謝を高めることでメラニン色素を排出しやすくさせていることがその原因にあります。なので、こうした悩みがある場合には、保湿力が高まる美容成分のあるものを選ぶことです。

 

  • セラミド・・・必要な水分と油分の潤いを維持する
  • アルギニン・・・強い力によって水を吸着し肌内部に潤いをもたらす
  • コラーゲン・・・肌に弾力を与える
  • ヒアルロン酸・・・ずば抜けた保湿力を持つ
  • リピジュア・・・ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ
  • プロテオグリカン・・・ヒアルロン酸の1.3倍の保水力がある

 

まとめ

美白をするためには、まず保湿をすることが大切です。ただ、化粧水や美容液を使うと同時に日常生活で気をつけなければならないことも沢山あります。それは活性酵素をなるべく発生させないことも肌を老化させずに保湿力を高めることに繋がっていきます。

カラダの内側から、外からケアをすることで始めて保湿ができ、美白をすることができるため、外と内の肌に与える栄養バランスを考えていくことが大切です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

関連記事

  • 二 重は寝る前に癖付け!本物志向を目指す二重の方法

  • 小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

  • 女性ホルモンを増やす❤キレイになれる10の方法

  • え?たった1日!ニキビ肌の赤みとニキビ跡を消す方法

  • 痩せ菌を増やす!腸内環境を見直して痩せ体質になるの7つの方法

  • 下半身が痩せない!脚を太くする無意識な原因と習慣!痩せる方法は