1. TOP
  2. 健康
  3. 【素早く簡単】日焼け対処法はこれで完璧!赤くなる・水ぶくれケア

【素早く簡単】日焼け対処法はこれで完璧!赤くなる・水ぶくれケア

 2017/04/08 健康 美容
この記事は約 15 分で読めます。 284 Views

紫外線が年中降り注いでいる中で、肌への対策はどこまでできていますか?つい、うっかり日焼けして肌が赤くなった時や、水ぶくれになってしまった時にすぐにできる対処法を紹介します。またばぜ赤くなったり、日焼けによって黒くなるのかも解説します。

 

2566

日焼けの時期だけじゃない!肌ダメージは年中ある

日焼けをする季節といえば、春から夏にかけてが一番日焼けをしやすい時期ですが、日焼けはどうも季節問わずとも、年中紫外線が降り注いでいるために、年中日焼け対策をしなければなりません。

しかも曇りの日も紫外線は降り注いでいるために毎日が油断できないことになります。こうした曇りの日だからと甘く見ていた人で経験がある人もいると思いますが、意外と日焼けして肌があかくなったりするものです。

「今日は涼しい1日になりそう!!」そんな油断こそ、肌にしっかりと紫外線というダメージが蓄積されていくことになります。こうしたダメージは個人差があるものの、日焼けになって肌が黒くなる人や、日焼けによって肌が赤くなり肌がピリピリして痛む場合もあります。

また日焼けが強すぎることで悪化すると、むくみや水疱となり悪化する場合も考えられます。また紫外線を浴びつづけることで肌にしわやしみといった肌トラブルまで起こってくるため日焼けをどれだけ予防できるがが大切になってきます。

 

紫外線はどうやって防ぐのが一番いいの?

紫外線対策がいかにうまくできるかで、日焼けを予防し肌に赤みや黒さをつくらずに、肌の質を落とさずにすませるかが大切になってきますが、よく日焼け対策として行われていることがこういったことです。

  • 日傘をさす
  • 帽子をかぶる
  • サングラスをかける
  • 肌を露出しない服をきる
  • 手袋をはめる
  • 日焼け止めを塗る

こうした日焼け対策をすることで紫外線から肌を守ることができますが、実はこれだけでは不十分な部分もあります。それは紫外線対策がなされているUV加工されたものを使っているかどうかで、日焼けへの予防はより高めることができるのです。

よくあるサングラスの場合もUV加工されたものを選ぶ方がより効果は高まりますし、さらにサングラス=レンズの色が濃いもの!!も本当に紫外線対策をするのであれば、あまり正しいとも言えない部分もあります。

本当にカラダの外から日焼けを守ることや紫外線から肌を守るために必要なことはこういったところにあります。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

そして日焼けしないためには、一日の内でもっとも紫外線が強い時間帯を避けることも大切です。その時間帯が10時~14時の時間帯です。できる限りの外出を控えることが日焼け予防にもなりますし、また外出しなければならない時は、できるかぎり日差しの当たる場所を避けて歩くなどの配慮が必要です。

 

日焼けで肌タイプの違いがわかる!!

日焼けをして肌が赤くなる人と、日焼けをして黒くなる人がいますが、この大きな違いになるキーワードがメラニンの色素の数が大きく関わっているからです。これは一言で言うと紫外線に対して抵抗力があるのかないのか!になります。

そしてメラニン色素の数が少ないと紫外線に対して抵抗力がないために、肌が赤くなりやすかったりするために細胞へのダメージが大きくなります。逆にメラニン色素が多いと紫外線に対してすぐに反応するために肌を守ろうとメラニンの生成が活発になります。

このメラニンの色素の数によって日焼けをした時に赤くなるのか、黒く日焼けをするのかが決まってくるのです。

 

日焼けした肌が赤い!なぜ肌が赤くなるの?

日焼けの仕方には個人差がありますが、中でも日焼けをして肌が赤くなる場合の人にはこういった症状がでませんか?

  • 皮膚が赤くなる
  • 赤くなった部分やその他の肌がヒリヒリする
  • 水ぶくれができる

日焼けをして肌が赤くなる理由には、紫外線B波によるサンバーンが原因だといわれています。このサンバーンの意味には、サン(太陽)、バーン(やけど)の意味を持つことからもわかるとおり、このサンバーンの特徴は強い日差しを浴びた時になるものです。

つまり肌の細胞を傷つけて炎症を起こすことで、肌が赤くなったり、肌がヒリヒリした状態になるのが特徴で、これは肌の表面の組織が炎症を起こしている状態になっているためにやけどをした時と同じような状態だといえます。

この紫外線によって肌がやけどをおうことで、やがて皮膚がはがれおちて治る形にはなりますが、怖いのはこの後になります。それが肌の奥、真皮まで届いた紫外線は、私たちの肌にハリを持たせている弾性繊維に対して、変性させてハリを失わせます

そしてハリが失われていくことでシミやたるみを作り、この繰り返しを対処できていないと、終いには皮膚がんへのリスクへも繋がる可能性もあるのです。これがいわゆる肌の老化を進めてしまう原因の一つです。

特に肌質が整っている人やキレイな人の肌との違いにはどういったものがあるのかを知っておくことでその予防にもつながります。透明感のある肌は誰でも憧れるものですよね!?大人女子が実践している美肌ケアにはこういった事があります。

 

日焼けで赤くなる肌!その対処法は

紫外線を浴びることで肌が赤くなり、人によってはヒリヒリと痛みやかゆみまで出る人がいますが、こうした原因にはもちろん紫外線によって肌細胞がダメージを受けているからですが、肌が赤くなりやすい人の特徴にはこういったことが関係しています。

それは肌の白い人ほどメラニンの生成速度が遅いということです。通常人の肌は紫外線を浴びることで肌へのダメージを防ごうとメラノサイトという色素細胞でメラニンを生成します。しかし、肌の白い人は、メラニンの生成速度が遅いために、瞬間的な補修能力が低いことを表しています。

これが肌に赤みを作ったり、肌がピリピリしやすい人の特徴です。つまり、裏を返せば、シミやそばかすにもなりやすいということになります。ということは、一層肌へのケアの対処が求められることになります。

まず肌が赤くなりやすい人からすぐに赤くなる人はすぐに冷やすことが求められます。冷やす方法は冷たいタオルを使うか、または保冷剤などをタオルに巻いて冷やすのがおすすめです。

また部分的ではなくカラダ全体にほてりがあり赤くなっている場合には、水シャワーを浴びて全身の火照りをとることができます。そしてしっかりと肌の赤みを冷やすことができれば、最後にしっかりとした保湿をすることです。

特に顔への日焼けで赤くなったりヒリヒリする場合には、化粧水が浸透しているフェイスマスクを冷蔵庫で冷やしておき、そのままマスクパックすると効率がいいかもしれません。ただここで気をつけなければならないこともあります。

それは刺激性の含まない保湿材を使用することです。これは日焼けによって肌がヒリヒリとして痛みがでている時に、刺激になる成分が含まれていると、よけいに痛みがでる場合も考えられます。

そのため刺激になる成分は避けて、摩擦にも配慮をすることです。

日焼けで赤くなった肌への対処法
  • 保冷剤や冷たいタオルで冷やす
  • シャワーは水で浴びる
  • 保湿をする
  • 刺激のある成分は除く
  • 摩擦にならないようにし、温めるのは逆効果

 

日焼けで黒くなる肌!なぜ黒くなるの?

日焼けをすることで肌が黒くなる人の特徴は、肌が白い人の場合とは正反対になります。まず、紫外線で言うと、日焼けで肌が黒くなる原因になっているのが、紫外線A波による影響です。この紫外線A波によるサンタンが原因です。

このサンタンが肌に与える影響が紫外線B波と大きく違うところは、痛みにヒリヒリとした症状がなく、そもそも痛みに対してもほとんどないところです。この痛みがない代わりに肌の色が大きく黒くなるのが違いです。

この肌が黒く日焼けするのには、メラニン色素が関係していますが、サンタンの場合、紫外線が皮膚の奥まで浸透するのを防ぐ働きをします。この働きによって肌が日焼けし黒くなっているわけです。

こうしたことを考えると、肌の奥まで浸透させないように予防することや皮膚に痛みがないことを考えるとさぞかしいい事のように思えてしまいますが、日焼けして黒くなる事にも大きなリスクもあります

通常の考え方には、日焼けで肌が黒くなりやすい人は、紫外線に強くリスクも低いと言われていますが、シミやそばかすといったところでは、やはり肌が赤くなる人と同様にシミやそばかすに対してのリスクもあります。

またむしろ、日焼けしやすく黒くなりやすいことで、メラニンの生成が続いてしまえば、長期的にみていくとメラニンを量産してしまい、長い先でみると、シミやそばかすを大量に発生させてしまう可能性もあるのです。

この原因の一つに、紫外線A波は紫外線B波よりもオゾン層を通る力が20倍も違うことによります。つまり肌への影響はしっかりと肌ダメージとして蓄積されていくということです。長く見ていけば紫外線A波の方が気をつけなければなりません。

 

日焼けで黒くなる肌!黒くならない対処法

紫外線A波による黒くなる日焼けを予防し対処していくためには、メラニン色素の生成を防ぐことをする必要があります。それがビタミンCを摂ることにあります。紫外線を浴びることで活性酵素が作られ肌にダメージを受けることになります。

そのため紫外線から守るためにはビタミンCを含む食べ物を摂ることにあります。ビタミンCには、シミやそばかす、シワを予防したり、目立たなくするためには欠かせない栄養の一つです。またコラーゲンの合成をサポートする働きもあるために肌ケアにはかかせません。

ビタミンCを含む食べ物
  • レモンなどの柑橘類
  • イチゴ・キウイなどのフルーツ
  • ブロッコリー
  • だいこん
  • カリフラワー
  • さつまいも
  • じゃがいもなど

 

新陳代謝を促す

日焼けしたことで肌が黒くなってしまった場合に必要なことは、肌の新陳代謝を促進させることで肌を新しい肌へ生まれ変わらせることが、日焼けして黒くなった肌を自然と元の肌に戻すことになります。

特に日焼けをして、元の肌に戻りにくくなったと感じる人は、加齢や新陳代謝がスムーズに行われていない可能性もあります。これをそのままにしておくと当然、シミやシワなどが残ってしまい古い表皮が剥がれずに残るようになります。

ただ新陳代謝は年齢を重ねるにつれてうまく行われなくなっていくものです。そこで必要なことが2つあります。

 

 

睡眠の質をしっかりと摂ることには美容効果が高まるのはもちろんですが、新陳代謝に必要な成長ホルモンの分泌を高める時間帯に眠ることができているかによります。また、こうした新陳代謝を高めるためには、亜鉛やカルシウム、マグネシウムが必要になります。

その中でも亜鉛は新陳代謝に多く使われる栄養素なのでミネラルを含め、ビタミン、アミノ酸も欠かせないのです。

 

日焼け予防で摂っておくべき栄養素とNGな食べ物

新陳代謝を促す意味でも摂っておきたい栄養素と共通するところもありますが、日焼けに対して効果のある食べ物を摂っておくことや、日焼け後にも摂っておくことで予防できる栄養素があります。

それがビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの3つです。ビタミンCであれば、抗酸化作用によって肌の新陳代謝を促進させる効果があります。またコラーゲンやエラスチンの生成を促すことで肌のハリを保つことにもなります。

またビタミンEであれば、大豆やアボカド、ナッツ類、ゴマなどを食べることで日焼け予防にもなり、βカロチンであれば、ほうれん草やニンジン、かぼちゃがおすすめです。そしてビタミンAであれば、ブルーベリーやうなぎ、レバーなどがあります。

ただ、こういった日焼け予防にいい食べものとは逆に食べて日焼けが悪化するものもあるので注意が必要です。

 

日焼けにNGな食べ物の摂り方と注意点

じつは日焼けを促進させてしまう成分があります。それが抗毒性物質と呼ばれている「ソラレン」です。このソラレンは外出などを含め、太陽の光を浴びることで紫外線に反応する物質のために、肌にダメージを与えてしまう物質なのです。

簡単に言うと、ソラレンを含む食べ物を摂ることで紫外線を吸収しやすくなり、日焼けをしやすくなってしまうということです。そして「日焼けで黒くなる肌!黒くならない対処法」でお伝えしている対処法にビタミンCを摂ることが予防になると伝えていますが、このソラレンはビタミンCに多く含まれていることもわかっています。

つまり、朝食にビタミンCが多く含まれている柑橘類を食べて外出すると日焼けをしやすくなるということになります。

 

ソラレンを多く含む食べ物
  • 柑橘類
  • きゅうり
  • シソ
  • パセリ
  • キウイ
  • アセロラ
  • セロリ
  • イチジクなど

こういった食べ物は特にソラレンを多く含んでいるために、外出前に食べることで、紫外線を吸収しやすく日焼けする可能性が高くなります。そこで何とかしたいわけですが、特に柑橘類はビタミンCが豊富なため、肌にも欠かせない栄養素の一つのために肌のためにも外せませんよね。

そこでこういったソラレンを多く含んでいる食べ物に関しては、食べる時間を考えることで、必要以上の日焼けにならないようにすることができます。まずソラレンの働きは食べた後の2時間ほどで働きがピークに達します。

そして紫外線が多い時間帯が午前の10時から午後の14時の時間帯がもっともピークになります。つまりこの時間帯にかからないように食べることが紫外線から肌を守り対処できる方法になります。

つまり15時以降になるため、夕食の時間帯以降であれば食べても問題はないということになります。

 

日焼けをしないための日焼け止めを塗る考え方

日焼け止めを予防するためには、なんといっても外出時に日焼け止めをしっかりと塗っておくことが必要になります。特に日焼け止めの塗る量が少なければ当然、ムラになって日焼けする可能性もあります。

また多すぎるのも問題なため必ず適量(決められた量)を塗ることが大切です。また、日焼け止めは必ず2時間~3時間毎に塗り直すことも必要です。これはどんなタイプの日焼け止めにも言えることで、汗や皮脂によって落ちることや薄くなることを考えると塗り直しは欠かせなくなってきます。

正しい日焼け止めの塗り直し方はこちらの記事を参考にしてください。

また、特にこうした日焼け止めを塗る手間が面倒な人は飲む日焼け止めサプリもおすすめかもしれません。

2566

ヒリヒリした痛みとかゆみの対処法!当日の夜にするべき3つの事

日焼けをしたその日後をどう対処するかで、その後の肌の状態が大きく変わるために、日焼けしたその日の夜は3つのことを必ず徹底することをおすすめします。

 

  • 保湿と冷やす事
  • 水は普段よりも多めの摂る
  • 早く寝ること

 

日焼けした肌は当然熱を持っています。これは人によっては軽いやけどとして考えられることのため、まずは冷やすことが大切です。また冷やす時に、肌を刺激しないよう擦ったりすることも肌にとっては負担になります。

そして肌の火照りが我慢できない場合や水ぶくれになっている場合は、まずは病院で診てもらうほうが正しい対処ができるので迷わず受診するのが望ましいです。こうした以外にほてりが軽度の場合やほてりそのものがない場合は、まずは冷やし、その後に化粧水でしっかりと肌に水分を与えることです。

そして、乳液で肌を保護してください。ただ、肌が化粧水で滲みるような場合には、軟膏を塗って対処してください。ここまでがカラダの外からのケアになりますが、次に大切なことはカラダの中も水分が足りていない状態にあります。

そのためにカラダの中からも水分補給をし、不足した水分を補ってください。

 

日焼けの翌日はどうすれば?

肌への水分を与える事と、カラダの中からしっかりと水分を与えることは、継続しなければなりません。その上で大切なことは、新たな日焼けをできる限り作らないことです。普段の食事から肌ケアに必要な栄養を摂り、帽子や日傘、外出する時に必要な紫外線対策を怠らないことが翌日からのケアには必要です。

 

日焼けがひどすぎた!こんな時にしてはいけない事

日焼けした肌というのは、当然ダメージを受けている状態にあります。そんな状態で肌に刺激を与えてしまっては、治るどころか悪化させてしまう可能性もあります。そこでやってはいけないことがいくつかあるので注意してください。

やってはいけないこと
  • アクセサリーなどをつける
  • 熱いお風呂に入る
  • 肌パックをする
  • ソラレンを含む食べ物を摂る
  • 化粧水や美白美容液で刺激になる時は使用しない

 

まとめ

日焼けをしたら、決して放置しないことが一番大切なことです。特に紫外線ケアをしかkりと行っているつもりでも、気がつくと日焼けしてしまっていることもあります。完璧に日焼けを予防することは中々難しいものです。

そのため日焼けを少しでもしたら、しっかりと冷やすこと。また普段以上に保湿に力を入れることも必要なことです。ただ、日焼けによって肌がピリピリする、痒みが生じる、ひどければ水ぶくれができることもあります。

それぞれにあった肌ケアをすることで対処できると思いますので、肌の状態をしっかり見極めて対処してください。間違った紫外線ケアは日焼けケアは、今は何も起こらなくても時間や年数が経過することでシミやシワ、たるみをもたらします。

そのためにも普段から些細な事でもケアを行い予防していくことも大切なことになります。予防という点からも、飲む日焼け止めはおすすめです。一度考えてみるのもいいかもしれませんよ。
2566

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • つまむだけダイエット方法!【顔・太もも・二の腕・下腹】に効果的な時間を知り脂肪を流そう!

  • ホホバオイルで赤ら顔対策!化粧水のおすすめは

  • プロテイン美容効果!美肌にいいプロテインの飲み方とおすすめ

  • 【紫外線対策】顔の日焼け止め!正しい順番と塗り直し手順

  • プラセンタは太るのか?副作用と痩せる効果は!

  • 就寝中は注意が必要!着圧ソックスの効果的な正しい使い方