1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 花粉症になる人とならない人の違いと特徴!楽になる予防法

花粉症になる人とならない人の違いと特徴!楽になる予防法

ライフスタイル
この記事は約 18 分で読めます。 278 Views

去年までどうもなかったのに、今年から急に花粉症になってしまった・・・・・・!!花粉症になったことがないのに、気が付いたらいつの間に!!と不思議に思う人もいるでしょう。そんな人のために花粉症になる人とならない人の違いと特徴と解消法お伝えします。

 

花粉症で悩んでいる!

こんな症状で悩んでいませんか?

  • さらさらした水っぽい鼻水が出て止まらない
  • くしゃみも何度も出ている
  • 鼻がつまって息がしにくい
  • 目が痒くてたまらない
  • 喉がかゆい

こんな症状の花粉症で悩んでいる人は多いものです。花粉症を治したいと思う人は昔に比べれば圧倒的に増えていますし、これから先も増えていく可能性は大きくなってきます。そして花粉症を完全に治そうと思っていても難しいのが現実としてあります。

そして毎年花粉が飛散するシーズンに突入することで、その悩みも大きくなる一方で、そもそも花粉症はシーズンに限らず年中を通して花粉は飛散しているために、個人差はありながらも花粉症で悩んでいる人はこの1年を通して対策をしなければならないのです。

 

花粉症ってそもそもいつになるもの?時期は決まっているの?

花粉症は毎年おおよそ同じ時期にやってくるものだと思っている人も多いかもしれません。特にメディアで伝えられている花粉の飛散する状況というのは、その年によっても変わってきますし、地域によっても大きく変わってきます

毎年、注目を浴びるのが、花粉症が特に多く飛散する時期の春の季節になると思います。こういった季節の花粉の特徴は、いわゆる樹木の花粉で、スギなどがその例です。また夏になれば、イネなどの単子葉植物の花粉。

秋になれば雑草の花粉も多く飛散している状況です。特に住む場所によっては飛散する花粉も変わってくるために、関西、関東、中国、四国などで変わってきます。その具体的な花粉sy等の飛散する目安が下記にある図です。

こうしたことからも分かるとおり、花粉症は私たちが住む地域によって花粉も変わり、飛散する状況も大きく変わってくるためにこういったところも考えなければならないのです。特に日本の場合で考えた時に花粉症を引き起こすものには、代表的なスギやヒノキ、ブタクサ、イネ以外にもその数50種類にも及びます。

よくテレビで花粉症の飛散に対して紹介されているのが、こういったところになっていますが、その他にもこれだけの花粉によって花粉症になる人や悩んでいる人も多いということです。しかもこれだけの数の植物があると、どう予防していけばいいのかわからなくなってしまいますよね。

今はまだスギやヒノキだけで済んでいるのに、その内に他の花粉症でも悩むときが来るかもそれないのですから・・・・・・・・!!

 

花粉症になる人の原因とメカニズムは

花粉症になった時にでる症状を煩わしいと感じる人も多いと思いますが、この花粉症の症状をよく考えれば、花粉がカラダに侵入してきた外的を鼻水やくしゃみといった症状が出ることでカラダの外に追い出そうとしているために抵抗しているカラダの反応なわけです。

これに煩わしさを感じるわけですが、花粉症は花粉に対してカラダがアレルギー反応を示すことで起こる自然な現象で、カラダを守ろうとした結果として免疫が過剰に反応することで、鼻水やくしゃみ、痒みといった症状がでています。

まず、くしゃみや鼻水が出る人のメカニズムには、花粉はハウスダストを含め吸い込むことで鼻の粘膜にある肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンという物質が出て、この内のヒスタミンが神経を刺激することでくしゃみや鼻水といった症状がでます。

また

鼻づまりの場合は、同じようにヒスタミンとロイコトリエンが出ることで、血管を広げたりすることで、むくみを起こします。これが鼻の通りが悪くなって、鼻づまりになる理由です。

 

花粉症の症状はこれだけではない!!

花粉症になる人の多くは、目やのどが痒いといった症状からくしゃみや鼻水が止まらなくなるといった、誰でも知っているような症状がほとんどだと思います。しかし、こういった花粉症に対しての症状にはこれだけでもないのです。

花粉症の症状には個人さがありますが、中には全身が辛くカラダがだるいと感じる人もいます。また、皮膚に痒みを感じることから皮膚の荒れにも繋がり、人によっては、発熱することだってあります。

こうした花粉症としてみた場合に、あまり花粉症に似つかない症状まで出る人もいますが、もっとも大きな問題は、こうした花粉症の症状から集中力の低下や倦怠感を感じる、イライラするといったことから日常生活にストレスがたまってくるということです。

 

突然、花粉症になる人が!!なぜこんなことが起こるの?

不思議に思ったことはありませんか?そもそも毎年のように花粉症にならなかった人が、その翌年に急に花粉症になってしまった!!なんて不思議な経験をした人もいるかと思います。しかも普段の日常生活には何も変わったことがなかったのに・・・。

じつは、これまでに花粉症にならなかったというよりは、着々と花粉症になる人に進行していったということが正しい答えかもしれません。これは突然花粉症になったのではなく、花粉症が発症するまで準備され続けていたことがその理由にあります。

花粉症になる人やすでになっている人の多くは、花粉症に対して何らかの予防をとっている事がほとんどだと思います。ただ、逆に花粉症にこれまでなっていなかった人のほとんどは、特に花粉症に対して予防をとる事も少ないはずです。

これは、花粉がこれまで発症しなくても、長年の間、花粉を吸い込み続けていることで、花粉の量や期間吸い込まれ続けることになります。このカラダに入り込んだ花粉は、カラダの中では、危険な物質と認識することでIgE(免疫グロブリン)という抗体を作ります。

これが次の花粉が来た時に備えてカラダの中で育てているわけです。これがいわゆる花粉症が発症するまで準備期間として行われている作業だと思ってください。そして、花粉症を吸い込み続けていくことで、IgEが一定の量が揃うことで、花粉がカラダに入ってくると肥満細胞とIgEが結合をします。

そうすることで肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンという化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった花粉症の症状が出るようになります。つまり、これまで花粉症にならないでいた人も、この先に花粉症になる可能性は多いにあるということです。

花粉症になった人は、このIgEが揃ったことによって花粉症が発症しているということです。逆に花粉症になっていない人は、このIgEが揃っていないか、もしくはカラダが花粉に対しての危険物質という認識を持っていないということです。

この事からもわかるとおり、花粉症は突然!急になる可能性は誰にでもあり得ることだということです。

 

なぜ花粉症になる!こんなことが原因?!花粉症になる人の特徴

花粉症が発症するリスクは誰にでもあることがこれまでの話の中からもわかったと思いますが、こうした花粉症になる人とならない人の違いには、まだまだ多くの原因が潜んでいます。その中でも花粉症に悩んでいる人、花粉症になっていない人も知っておくことで予防することができることがあります。

 

遺伝的な体質の違い

花粉症になる人とならない人の大きな違いの最大の要因には、アレルギー体質が遺伝しているかどうかによって変わってきます。つまり、親のどちらかに花粉症があると子供に遺伝するケースがあるということです。

ただ誤解がないように言うと、アレルギー体質を持っているから必ず花粉症になるというわけではありません。あくまでもその可能性が高くなるということです。花粉症は今では4人に1人の割合で花粉症になっていると言われています。

これは2016年11月に花粉症対策の啓発目的に行われた子供の花粉症調査による結果からわかったことです。

0歳~16歳の子どもを持つ親1,872人の子ども2,935人のうち、「子どもが花粉症だと思う」と親が実感している子どもは31.5%(「花粉症」+「花粉症も通年性アレルギー性鼻炎も両方」)という結果になりました。 また花粉症の症状が出る季節は、「春」(85.8%)、「夏」(10.7%)、「秋」(39.0%)、「冬」(12.9%)となりました。ロート製薬

また母親が花粉症になっている場合には、その子供は32%も花粉症になる傾向があり、父親が花粉症になっている場合には、その子供は、23.4%も花粉症を発症するリスクがあることがわかっているのです。

 

食生活や住環境なども影響する

花粉症になる人とならない人の違いの中で、少し驚くことがあります。花粉症は小さな年齢の子どもから大人にまで幅広く花粉症を発症しやすい可能性を秘めていることがわかりましたが、この発症リスクが低い年齢もあります。

それが高齢者の存在です。この一つは高齢者がカラダの免疫力の低下から花粉に対して反応が鈍くなっていることがありますが、大きな違いには、1960年代になるまで花粉症は実は見つかっていないのです。

つまり、現在の高齢者の場合、花粉が飛散している時期が少なかったことに加えて食生活や住環境がアレルギー体質になりにくい環境だったことも関係しています。ここを考えると現代と昔の大きな違いが食生活です。

特に発展途上国で炭水化物が主な食事になっているところでは花粉症が少ないともいわれています。これは、日本の食生活が和食から欧米化されたことによって高タンパクで高カロリーな食事になってきていることがその原因になります。

高タンパクで高カロリーは花粉症になりやすいという関連性が指摘されています。また、これ以外にも栄養が偏ったインスタント食品や加工食品、保存食、スナック類といったものを食べる機会が多いことも花粉症を発症させるリスクになります。

こうした食生活を続けることでアレルギーを起こしやすいカラダになるのです。

 

花粉にさらされる量の違いが原因

花粉症が発症するかどうかは個人差がありますが、普段から花粉に晒され続けている人ほど、やはり長くみても花粉症になりやすいと言えるでしょう。特に花粉症になっていないと花粉への予防も薄れてきます。

また、住む場所で考えても、都会になるほど花粉にさらされる量も多くなってきます。この大きな原因は一言でいえば、街中に自然が減ったことが原因です。特に都会では当たり前になっている高層ビルや工場、車や人が多く密集する場所です。

地面が土でないことで一度花粉が風で舞っても落ちた場所がコンクリートなどの地面であると再び風で飛びやすくなります。こうした風によって起こる現象の一つがヒートアイランド現象と呼ばれるもので、大量の熱が上昇気流を作ることで、周りから入る空気も増え、山林から舞いあがった花粉も一緒に空から降り注がれている状態になっているのです。

 

花粉症にならない人の特徴は?楽になるためには

花粉症にならない人となる人の違いには、アレルギーへの抵抗力が高い人は、花粉症にならない傾向にあることです。これは免疫力が何らかの原因で低下していることによって、免疫のバランスが崩れることで花粉に対して過剰な反応として症状を発症させています。

つまり、花粉症にならない人は普段の生活の中から免疫力が低下しないような事が出来ているということです。つまり免疫力を高めている生活習慣をおくれている人ほど免疫力も高買うなり花粉症にならないようになっているのです。

そして具体的にはこういったことで花粉症にならない予防に繋がっています。

 

規則正しい生活がおくれている

規則正しい生活と一言で済ませてしまうとそれまでですが、規則正しい生活とは、食事はバランスよく栄養を考えて食べているのかどうか。また生活面では、具体的にはこういったことがあります。

  • 就寝時間と起床時間がなるべく同じになっている
  • 睡眠時間が7時間を目安に摂ることができている
  • 朝起きた時に、光を浴びている
  • 日中に活動的に過ごせている
  • 軽い運動が生活の中に取り入れられている
  • リラックスできる環境が整っている

といったことが日常生活の中に自然と取り入れられている環境にある人ほど、花粉症にならないようになります。

 

疲れはその日の内に!ストレスを溜めないでいる

仕事や人間関係で悩んでいる人は多いものだと思います。特に花粉症と同じようにストレスで悩んでいる人も現代の大きな問題です。そんな中ストレスを抱えすぎてしまうと、ストレスによって自律神経を狂わせ、結果として免疫機能の低下をもたらしてしまいます。

日々の疲れやストレスによって免疫力のバランスが崩れていくと、花粉を吸い込んだことで、過剰にカラダが反応してしまい花粉症を悪化させることにもなります。そのためストレスを貯めない事もそうですが、ストレスを発散できる環境や手段を持つことも大切です。

ストレスに対しての向き合い方や対応方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

運動している

運動をすることによってどういった事で花粉症にならないで済んでいるのか?これはあくまでも運動は激しい運動ではなく、免疫力を高める運動が出来ていることが関係しています。激しい運動をすると、疲労物質を蓄積したり逆にストレスになることもあります。

しかし適度な運動であれば、自律神経のバランスを整えたり免疫系が刺激されることで免疫力を高めることへと繋がります。そしてここで言う免疫力を高める運動というのは、ラジオ体操やストレッチ、ウォーキングといった疲れが出ない運動です。

ただ花粉が気になる人の場合は外での運動よりもジムや室内でできる運動をすることがおすすめです。

 

体温が高い

体温が高いと言うことも非常に大切なことで、これも免疫力と大きく関わっていることです。体温が低い状態にあることでを発生させる要因には、運動不足を始め、ストレス、食生活、水分の摂り過ぎなど様々です。

こうしたことから体温の低下が進む現代の問題から考えてもわかることが、体温が下がることで免疫に関わる機能も低下するということです。よく体温が1度上がるだけで、免疫力は5倍アップすると言われています。

これは人のカラダが本来は体温が36.5度あることで正常に働くようにできているからです。逆に体温がたった1度下がるだけで免疫力は12%ダウンしてしまいます。体温が高いことはそれだけで免疫力を高めてくれるのです。

免疫力を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

幼少期の家庭環境

現代の人ほど、あらゆる菌に対して除菌をしようとかなり深刻に考える人が多いかもしれません。ただ昔はこんな事ってあったと思いますか?特にここまでシビアに考えて清潔にしなければ・・・・と考える人は少ないはずです。

ただ、こうした幼少期を菌から守って過ごしてきた人とそうでない人との差には、免疫力の高さに関わってきます。極端にいえば幼少期に除菌や抗菌をそこまでしない環境で育った子どものほうが免疫力やその菌に対しての抗体を作ることができます。

つまり不衛生な環境までも行かなくとも、衛生面に配慮しすぎていない環境で育った人の方が花粉症などのアレルギーに対しての抵抗力を持ち、なりにくい事も関係しているといえます。

 

花粉をあまり吸い込まない環境をつくっている

花粉症予防として、花粉症をカラダに入り込まないようにしている事を普段から考えて予防対策をしていることも大きな花粉症にならない人に共通することです。花粉症はこれまでにもお伝えした通り、誰にも起こり得るものです。

特に普段からの積み重ねによって花粉がカラダに貯め込まれていくことで、IgEが一定の量が揃い花粉症を発症させることがわかっています。そのために、普段から花粉を吸い込まない予防をしている事も花粉症にならない人の対策です。

 

花粉症を予防するための対策は何をすればいい

室内や車内などに花粉が入らないような工夫をする

花粉症の時期にできる限り外に出ることを辞めれば花粉は室内にも入ってきません。しかし、外出することを失くすこともできないために、外出から帰って来た時や、車で移動する時には、できるかぎり花粉を持ち込まないことが必要になります。

その為の方法がこういったことです。

花粉症を予防するためには

花粉がつきやすい素材の衣類は控える

花粉が飛びやすい時期はまだ少し肌寒かったりすることもありますが、こうした花粉が飛散する時期に着てはいけない衣類が、ウールのセーターやカーデガン、ファーといった物を始め、表面に花粉がつきやすそうな服は控えるべきです。

また静電気によっても花粉は引き寄せられるために、衣類を選ぶときには、こういったところにも配慮が必要になってきます。また花粉シーズンのおすすめしたい衣類は、表面がレザーのんものであったり、ポリエステルやビニール素材の衣類です。

 

家に入ったら手洗いとうがい!洗顔をする

花粉自体を部屋の中に持ち込まないためにも、洗面所でできる限り落としておくことです。また花粉が残っていることで、吸い込む可能性もあるために手洗いとうがい、また顔を洗うことでもついた花粉を落とすことができます。

 

髪は小さくまとめる

髪についた花粉が目に入ることも考えられることです。髪の長い人はできる限り束ねて小さくまとめることで最小限に花粉がつかないようにしましょう。また帽子をかぶることでさらに花粉がつきにくくするようにすることも大切です。

 

メガネやマスクで体に入る花粉を防ぐ

花粉症の症状がもっとも出やすい場所から考えても、重点的に花粉から守らなければなりません。そこで定番ではありますが、目を眼鏡によって、口や鼻はマスクによって花粉の侵入を防ぐことです。

特に視力関係なく、そもそも花粉を予防するのに普通の眼鏡でもいいのか疑問に思う人もいるかもしれません。まず普通の眼鏡であっても、花粉症予防の眼鏡であっても、どちらの眼鏡でも花粉を目から守ることは可能です。

中でも伊達メガネや普通のメガネでも花粉の付着から守る事に関して言えば7割も減少させる事ができます。そう考えると花粉対策メガネの予防効果はさらに高いことがわかると思います。

そしてマスク選びですが、現在では花粉症対策として様々なマスクが市販されています。その中でもどのマスクがいいのか悩んでしまうこともあると思います。特に価格を気にすると上をみたらきりがないと思います。

こういったことから考えてもできればいいものを身につけたいと思うかもしれませんが、花粉症対策に効果のあるマスクは、安かろうが高かろうが、どのマスクでも変わらないということです。

この理由に、マスクのほとんどが95%以上の花粉を除去したという事がわかっているからです。ただマスクで大切なことは、マスクと顔の隙間を埋めることがもっともマスクの機能性を左右するところになります。

 

花粉の多い日の外出を控える

花粉が最も飛散する日というのがります。またその日の時間帯や花粉が飛びやすくなる条件もあるので紹介します。まず花粉が多い日というのは、時期的にも2月~4月までがスギ花粉の飛散が多くなります。

そして花粉が多く飛び日は前日が雨の日があります。これは雨が降ることで花粉が地面に溜まることで、翌日に晴れて、風が強く吹くような日になれば、乾いた影響で地面から舞いあがり飛びやすくなります。

また、風の強い日も花粉は飛ばされやすく、晴れが続いた日も湿度が低くなり気温が上がることで花粉が大量に作られるため飛散しやすくなります。こういった花粉が飛びやすい日は花粉情報でも出ているために欠かさずチェックして、特に外出する予定がない場合には外出を控えるようにすることも花粉症にならないための予防です。

そして1日でもっとも花粉が多い時間帯が午前11時~午後6時ころまでの時間帯です。

 

花粉症になった人の対処法はどうすればいい?

花粉症にすでになってしまった人は、中々花粉症が治らないのも事実としてあります。ですがこれ以上の悪化を予防するためにも花粉症にならない人の特徴を知り、予防していくことも必要なことです。

また毎年のように花粉症のシーズンの花粉症になる人は、早めの対策として花粉が飛散する2週間前には抗アレルギー剤を内服することも花粉症の症状を抑えることにもつながります。またこれ以外にも免疫療法もあります。

免疫療法の場合、どうしても毎年花粉症に悩まされている場合や花粉症を抑える薬を服用しているにも関わらず症状が改善されないといったケースに改善する可能性のある方法です。

 

皮下免疫療法

濃度の薄い花粉エキスを皮膚に注射することで、少しずつ花粉エキスの濃度を上げていくことで花粉に対しての免疫を作っていくという方法です。この方法は2年以上続けていかなければならない事と花粉症の症状がでる3カ月前から取り組んで行かなければなりません。

また、副作用の心配も考えなければならなりません。

 

舌下免疫療法

舌下に花粉エキスを垂らすことで、2分間そのままの状態にしてから飲むという方法ですが、これも免疫を作っていくための方法で、3年以上かかるというデメリットもあります。ただ皮下免疫療法と比べれば副作用というリスクは低くしかも高い効果があります。

 

花粉症で眠くなる!どうすればいい

花粉症の症状には、眠気を感じる人も少なくありません。こうした原因には、花粉症の症状から体力を消耗していることに加えて夜の睡眠にも鼻づまりなどで鼻呼吸が出来ずに口呼吸になることで眠りも浅くなてしまうことが原因にあります。

またそこから、カラダに酸素が十分に行き届かなくなり、頭痛や肩こりといった症状も引き起こされることもあります。こうした引き金の根本はやはり鼻づまりによる寝不足になるために、まずは鼻づまりを解消することが先決になってきます。

こういった時は、市販薬よりも病院でもらう処方薬の方が効率よく解消へとつなげられるために迷わず受診をおすすめします。

また花粉症でなく睡眠不足になっている人の場合は、睡眠の質を高める方法を知ることも大切なことです。

 

まとめ

花粉症になる人とならない人の特徴からわかることは、日常生活に大きな関係性があることがわかると思います。じつは同じ環境にあると思っていても、花粉症にならない人は自然と予防していたり、意識的に予防していたりもします。

また花粉症対策の食事を心がけることも予防の一つになるため参考にしてみてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • インフルエンザにかからない人の特徴から予防できる方法

  • 【紫外線対策】顔の日焼け止め!正しい順番と塗り直し手順

  • 花粉症対策にはこの食事!悪い食べ物といい食べ物で改善

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法

  • 【自律神経を整える行動】朝と夜の簡単ストレッチ習慣

  • 食前にたった1杯!豆乳ダイエットを成功させるやり方と7つの効果