1. TOP
  2. 健康
  3. 痩せない理由にストレス!?太る人痩せる人の違いと原因

痩せない理由にストレス!?太る人痩せる人の違いと原因

不思議に思ったことはありませんか?!ストレスを抱えている人に太りやすい人と、逆に痩せやすい人がいること!同じストレスを受けているのに痩せたり太ったり!なぜこういったことが起こるのか、その原因メカニズムと痩せるために方法を紹介します。

 

ストレスで太る人!痩せる人!どうしてこうなるの?

ストレスを受けているとカラダが感じてしまうと、人によって太ってしまう人と逆に痩せてしまう人といますが、どうしてこういった両極端な事が起こってしまうのか気になりますよね。どちらにしてもカラダにとっては肉体的にも精神的にもよくないことは確かなことです。

そんな中、ストレスを感じることで、まず脳にストレスだと指令が出されます。このストレスとして脳が受け取ったことで、交感神経が全身の血管を収縮させてしまうのです。これが人によって太る人と痩せる人を作りだしている原因です。

そしてこの太る人と痩せる人の違いは体質が関係しているとも言われています。

ストレスによって太る人と痩せる人の体質とは
  • 中性脂肪ができやすいかどうか
  • 褐色脂肪細胞ができやすいかどうか
  • 食欲が旺盛か細いか
  • 満腹中枢と飢餓中枢のバランスの乱れ

 

 

では具体的にストレスを受けたことによって痩せる人と太る人に分かれてしまう原因はどこにあるのかを詳しく紹介します。

 

ストレスで痩せるメカニズムには何がある

ストレスで痩せるメカニズムには、実に簡単なことですがストレスを受けたことによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、食欲が落ちてしまうことが原因で普段食べている量より少ない量になってしまいます。

これがいわゆる「食欲がない」や「食事がのどを通らない」などの言葉にあるように、食べている量が減ったことで痩せていくことがストレスで痩せる人のメカニズムです。

 

ストレスで太るメカニズムには何がある

では今度は痩せるメカニズムからかわって、ストレスで太ってしまうメカニズムには痩せるメカニズムと何が違うのかをみていきます。ストレスで太る人は痩せる人のメカニズムとはまた大きく違っています。

私たちのカラダの中には細胞があり、その細胞の中でもミトコンドリアという器官が大きく関わっています。このミトコンドリアという器官は脂肪などからエネルギーを作りだす器官で、糖や脂肪を燃やす燃料として使われています。

この燃料を燃やす過程で発生するエネルギーが私たちの生命に大きく関わっていて、カラダを動かしたり、体温を維持するために使われています。こうした大切な役割があるにも関わっています。

ただ、ストレスを受けてしまうと、エネルギー消費が悪くなり、消費効率が悪くなってしまいます。このストレスを受けたことで、カラダの中では活性酵素が発生することでミトコンドリアが傷つけられてしまいます。

これがミトコンドリアの機能を正常に働かなくさせている原因です。そして、ストレスで痩せる人と大きく違うところは、ミトコンドリアが傷つけられることで、糖や脂肪がエネルギーとして消費されないまま食欲は変わらないということです。

つまり、普段同じ量を食べていても、ストレスをうけたことで、太りやすくなるということです。

 

ストレス太りにある危険性

ストレス太りでもう一つ心配になることがあります。それが食欲がかわらないどころか食欲が増してしまう場合による不安です。ストレスを受けた時に、脳がストレスの影響がでると、今度はドーパミンというホルモンの分泌が活性化されます。

このドーパミンは、満腹中枢を刺激することで、さらに食欲を増してしまうやっかいなホルモンなのです。しかも食欲が増進されると同時に、本来であれば食欲を抑えるためのレプチンもストレスを受けたことでその働きも鈍くなり、食欲が先に勝ってしまう状態になります。

またストレスなどによってアドレナリンというホルモンも分泌されるようになります。このアドレナリンはストレスから守るためにも分泌されるためカラダを防御しようと働きます。しかそ、アドレナリンが分泌されると今度はコルチゾールを分泌するようになります。

コルチゾールは別名ストレスホルモンと呼ばれていて、コルチゾールが分泌されることで血糖値を上げてしまうこともわかっており、余計に太る原因になっているのです。またストレスを受け続ける器官が長くなることでコルチゾールの分泌量も増加することもわかっています。

これは血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病に繋がるケースも考えられるようになります。また、ここから動脈硬化や血流の悪化なども可能性がでてきます。また、不眠や骨粗鬆症といったストレスの影響で起こる病気も起こることもあります。

 

ストレスが病気になるリスクを高めることも

ストレスを抱え込み過ぎていると最悪、病気になるケースも出てきます。ストレスをうけた事によって起こってくる症状にはこういったことがあります。

 

頭痛が起こる

ストレスによって頭痛が起こる場合には、仕事中というよりも、仕事がない休日の日に起こる頭痛です。これは、仕事が休みになることで、心身の緊張が緩むことで、血管がゆるむ片頭痛を起こすこともあります。

ただ、かならずしも頭痛が起こるというわけでもないために判断が難しいところですが、休日になるたびに頭痛が起こるなどの時は少し気にすることも必要かもしれません。

 

胃痛

よく胃がキリキリしてィアt無などの症状がでる時につ舞う言葉ですが、こうした胃が痛むことは、急性胃炎や慢性胃炎を引き起こす原因になる可能性も考えられます。また一時的であったり、そもそも症状が出ない人もいるため難しいところですが、放っておくと胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも発展することもあるため注意しなければなりません。

とくに症状として、頭痛や吐き気を感じる時には、早めに受診してみておくことをおすすめします。

 

自律神経失調症

ストレスによって自律神経が乱れてしまうことで、めまいや耳鳴り、食欲不振などが起こってくると自律神経失調症になってしまいます。こうした理由には、一言で自分自身がストレスだと感じてしまっていることです。

特にこれは精神的なストレスを感じてしまうと起こってしまう病気です。こうしたストレスを受けることは、脳にとってカラダに誤作動を引き起こす原因にもなります。やる気がなくなったり、興味を示すことがなくなってきたり、体温も低下し、肩こりや腰痛、関節の痛み、手脚に痺れなどの心身ともに症状が起こります。

 

不眠症

仕事や普段の生活の中でちょっとしたことが気になってしまう人、ストレスといってもその種類も多くありますが、自分自身にとって、不安や緊張や何か考えることが多いなどを感じさせるようなことがあれば、不眠症へと繋がるケースも考えられます。

そして不眠症の場合、こういったことによって脳が覚醒している状態にあります。これがカラダが疲れていても眠れない事へと繋がっていきます。また悪循環なのが、眠れないことによって、さらにストレスになり眠れなくなることです。

 

うつ病

眠れないことでストレスが続いていくことや過度なストレスによって起こってくるのが鬱病です。また人間関係や仕事などでのトラブルなどからストレスとなり鬱病へと発展していくこともあります。

そしてできれば、鬱病になる前の段階でストレスとなる原因取り除くことが早い段階で克服する方法になります。また万が一、鬱病にかかってしまった場合には、家族や友人など周りのサポートも不可欠になります。

相手に無理強いをするのではなく、あくまでも前向きになれるようなサポートが必要になってくるために、正しい治療として専門機関への受診が必要になってきます。

 

こうした一例を上げた中でもストレスから起こる病気のリスクはかなり深刻なものだといると思います。そしてストレスを受けたことで分泌されるのはアドレナリンだけではありません。ストレスを受けることでコルチゾールという物質がストレスに耐えるために分泌されています。

しかし何より問題なのは、コルチゾールが分泌され続けることや高すぎることは免疫機能が低下させてしまうことです。免疫機能の低下はカラダのあらゆるところで弊害に繋がっていくためストレス太りはかなり危険であることがいえます。

普段の生活の中で免疫機能を高める方法としてはこういったことがあります。

ストレス太りによるカラダへの影響には・・・・・

ストレス太りが招く弊害
  • 体重が増加する
  • 肌荒れがおこる
  • 疲れやすくなる
  • 便秘になる
  • 糖尿病の危険性
  • 鬱病の発症
  • 自律神経の乱れ
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症
  • 不眠症になる
  • 動脈硬化の可能性など

 

過食になる事もある?

自分自身にとって、何かしらのストレスを感じることを回避することは難しいでしょう。ストレスの感じ方や受け方も個人差がありますが、特にストレスからついつい食べ過ぎてしまうことで危ういのは過食症へのリスクです。

過食症とは、自分で食欲をコントロールできずに、たくさんの食べ物をただひたすらに食べてしまう病気のことをいいますが、その特徴には、異常な量をただ食べ過ぎる人と、食べ過ぎた分を吐きだしてしまう場合とあります。

こうした過食症になる可能性も十分に考えられることだ!ということを知っておくことも大切なことです。食べ過ぎるということは、食べることで幸福感を感じるために、食べ続けているわけです。

しかし、ストレスを受けている状態というのは、食べることで幸福感を感じにくくなった状態にあります。通常であれば、食欲を抑える働きを持つものがセロトニンです。このセロトニンが分泌されることで、食欲を抑制することができています。

しかし、ストレスを受けている状態というには、セロトニンの分泌量が少ない状態にあります。つまり、いくら食べても幸福感がやってこないため、ただひたすら食べ続けることになるわけです。

また、食べたことでその時に幸福感を感じるようになることも過食を進行させる原因にもなっています。こうしたこともそうですが、セロトニンの不足は心身ともに不調をまねく原因になっているということです。

 

経済的な負担になる可能性もあり得る

ストレスからくる病気による治療費や病院代などがかかってくることもそうですが、ストレスによって太るということは、それだけの食費がかさんでくるいうことです。しかも過食ということになれば、食べた分だけ吐いてしまうことで、より食費が増えるリスクも考えられます。

しかも食べることでストレスを発散しようとしているわけですから、止まることができないのです。

 

ストレス太りは美容の天敵

ストレスを緩和させることが大切、解消させることが大切といっても、中々思うようにできることは難しかったりもするものです。ただストレスを受けて貯め込んで行くことは間違いなく肌にとってはよくありません。

ストレスを貯め込むことで、血管が収縮されると、血液の流れが悪くなります。これは血液の循環が悪くなることなので、当然カラダには冷えなどによって新陳代謝そのものも低下することを意味します。

つまり、肌のターンオーバーの周期も乱れ、肌のくすみや肌荒れなどが起こってくるということです。また、ストレスを受けることで活性酵素が発生されれば、肌を錆びつかせる原因にもなります。

この肌を錆びつかせるには、肌の老化を指しています。活性酵素が発生することで肌にどういった影響がでるのか、またその改善策についてはこちらの記事で紹介しています。

 

ストレスとダイエットの関係性は?

これまでにもお伝えしてきたとおりストレスを抱えることはあらゆる場面やカラダにとっては、不調を招くものだということがわかりました。そして当然ダイエットとストレスの関係性も同じく全てを悪循環に導くしかありません。

ストレスをうけることで血管の収縮が起こり、血液循環が悪くなれば、体温も下がり基礎代謝も大きく低下します。ダイエットにおいてもっとも大切なことはカラダを冷やさない環境を作る事と同時に基礎代謝を上げることをしなければなりません。

しかし、ストレスを受けている人の場合で太る人は、ストレスの発散も食べることで解消する人もいます。それは食べることでストレスを解消できるからです。しかし、それはあくまでも一時的にしかすぎません。

だから同じ事が繰り返されるわけです!!しかもストレスを慢性的に受けている場合だと、食べることに対してもう無意識になってしまったりもします。こういった状態でダイエットをするとどうなるのか・・・・・想像がなんとなくつきますよね!

 

そうです!!やっぱり太るサイクルになるだけです!!

 

しかも太るサイクルに対して食欲を抑え込んでも、いつかは制限できずに繰り返しになることになります。そこで必要なのは食事はただ減らせばいいわけではないということです。ただ、」だからといって食べ過ぎてはいいわけでももちろんありません。

ここで大切なことはストレスの源になっているのかを見つけることです!!ただ、ストレスの原因が人間関係などの切り離せないような場合もあるかもしれません。しかしここで大切なことは食べることに置き換えないことです。

食べてストレスを解消しない事です。そして基礎代謝を少しでも高める事をすれば、変わってきます。

そしてもう一つは痩せやすい脳を作る方法を知ることです!!

 

ストレス太り解消!のその秘密は幸せホルモンにあり!脳のストレスを緩和する方法

こうしてみてきたことで、共通することがあったと思います。それは、ストレスを受ける事は脳と直接関係してくるということです。つまり、ストレス太りやストレスで病気のリスクを抑えていくためには、脳がストレスを受けたことで分泌されるホルモンを抑えることが鍵となるのです。

具体的にいうと、脳の働きを意図的にコントロールしていくことです。これは完全にコントロールできるというわけではありませんが、ある程度の事であれば、ストレスに対してのコントロールをすることができるということです。

そしてそのためにすることがセロトニンというホルモンを分泌させることです。

 

セロトニンの働きって何をしているの?

セロトニンは三大神経伝達物質の一つだということを知っていますか?セロトニンはカラダの中では、90%近くが消化管に存在していて、その残りの8%が血管に、そして脳内に2%が分布しています。

こうした数字からみると脳内の2%とという小さな数字ですが、脳内にあるセロトニンが特に欠かせない物質としてあります。まず各部位のセロトニンの働きにはこういった事があります。

  • 消化管・・・消化管の運動を調節する
  • 血液・・・血管を就職させる。止血を促す
  • 脳内・・・神経伝達物質として働く

そして脳内にあるセロトニンが特に注目される理由には、感情をコントロールすることができる物質であることです。この感情をコントロールすることができる理由に、セロトニンは精神的な安定を保つ事が出来ることがその理由の一つです。

「セロトニンの働きって何をしているの?」の文頭にもあった三大神経伝達物質の残りの2つがドーパミンとノルアドレナリンですが、ドーパミンには快感や喜び、攻撃の感情が関わっており、ノルアドレナリンには、不安や恐怖、怒りや意欲といった感情を表す物質です。

そしてこのノルアドレナリンとドーパミンの働きをうまくバランスを摂ってくれているのがセロトニンという物質なのです。つまり、セロトニンの働きには、ノルアドレナリンとドーパミンの物質が出過ぎた時に抑えてくれる働きをしてくれるのです。

つまり、ストレスなどによって起こる感情などをセロトニンがうまく調整しコントロールすることができるということです。そしてもう一つが眠りの質を向上させてくれることです。これは夜になることで、セロトニンが睡眠ホルモンであるメラトニンという物質に変化することによって睡眠へと繋がっています。

このメラトニンは、朝起きた時から夜に向かっていくと自然と上昇する物質です。夜9時ころを目安に少しずつ眠たくなってくるのは、このセロトニンがメラトニンに変化することで眠気が来ているのです。

 

どうすればいい!?セロトニンを増やす方法は

ここまでくるとセロトニンを分泌させることがストレス太りなどから守っていく方法だと言う事がわかると思いますが、そもそもセロトニンがなぜ不足してしまっているのかを考えなければなりません。

  • 栄養不足になっている
  • 運動不足である
  • 太陽の光を浴びていない

こういったことがセロトニンが分泌できていない原因にあります。その結果として感情を抑えることができなくなり、怒りっぽくなったり、不安を感じやすくなったり、落ち着くなく、集中力がなくなるといったことが起こってきます。

また逆に、何に対してもやる気が起きなかったり、人との関わりを避けてしまうといった事が起こります。これが、セロトニン不足によってコントロールができていない状態です。そしてセロトニンを不足させずに増やしていくことがストレスから身を守る方法です。

 

適度な運動をする

セロトニンを増やすためには、適度な運動が不可欠です。この運動はセロトニンの分泌を左右するセロトニン神経を鍛えることをすることが必要だからです。特に運動の中でもリズム運動をすることがセロトニン神経を活性化することができます。

このリズム運動というのは、ウォーキングやジョギング、スクワットなどといった日常生活レベルのリズムになる運動のことでです。

 

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる機会はかなりすくなってきていると思います。特に仕事などで朝早く出て、夜遅く帰宅するといった日常であれば、中々難しくもなります。またデスクワークなどで外にでる気かもなければ、それだけでセロトニン神経を活性化させる機会が減ってしまいます。

しかし太陽の光を浴びることは、それほど長い時間浴びていなければならないわけでもありません。特に女性の場合、紫外線を気にする人もいますがUVケアをしていても問題はなく、に中の太陽が出ている時に30分浴びるだけでセロトニン神経は活性化されるので、日光を浴びるようにしてください。

 

歌を歌うこともいい

カラオケ好きにはもってこいの方法ですが、歌を歌うこと。大きな声で歌うことでストレスを解消し、セロトニンを分泌させることができます。

 

深呼吸をする

深呼吸をすることはカラダにいいということは何となく知っているかもしれません。特に、ストレスを受けた状態というのは、知らずに呼吸が浅くなり酸素が十分に行き届いていない状態になっています。

これを改善するために深呼吸をしますが、意識的に深呼吸をしていくことが大切です。特にこの時の深呼吸の仕方は腹式呼吸で行うのが効果的で、息を吸うときよりも吐く時の時間を2倍にすることで効果が高まります。

息を吸う事で交感神経を刺激し、息を吐くことで副交感神経を刺激し、セロトニンの分泌を促してくれます。腹式呼吸を10回目安におこなってください。

 

泣くこともいい

泣く事とストレスとの関係性には、涙を流して泣いていることが副交感神経を働かせている状態にあるからです。よく泣いた後にすっきりとした事が起きると思います。これは副交感神経が働いている証拠です。

そして、泣くことには、鎮痛作用があり、何より大きな違いには、通常にストレスを発散させる方法となくことでストレスを解消した場合とでは、泣いた方がストレスはたまりにくく数日間もその効果が持続されることもわかっています。

そうそう・・・・!!ちなみにタマネギで流した涙には効果はありませんので気をつけてくださいね!!タマネギの場合はただの刺激物によるものなので・・・・・!!

 

セロトニンを増やす食事をする

セロトニンは、食事から摂ることでも増やすことができます。その原料となる栄養素を摂ることがセロトニンを増やす方法で、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンという物質を摂ることでセロトニンを増やすことになります。

しかし、多くの女性が失敗に終わらせる原因にはダイエットが関係しています。ダイエットをしているがために、このトリプトファンを効率よく摂れていない可能性もあるのです。トリプトファンが含まれている食べ物には、肉類や魚介類、乳製品に多く含まれています。

そしてダイエット中にこういったタンパク源を摂らないようにする人も多く、ダイエット中にイライラしやすくなる理由の一つにある事も考えられます。特にトリプトファンは動物性のタンパク質に多く含まれています。

ダイエットと称して制限しすぎるとカラダには何かしらの栄養が出ることもあるということです。そして、セロトニンを増やすためには、トリプトファンにビタミンB6も不可欠な栄養素になります。ビタミンB6といえば、豚肉や鶏肉にも含まれているため、うまく摂り入れることも大切なことです。

 

自分の好きなことをする事はやっぱりいい

ストレスを発散する時に一番に考えつく事は、自分自身が好む事が多いかもしれません。これは、自分自身が集中して夢中になる事にポイントがあります。集中する、夢中になることでセロトニンを増やしてくれるのです。

ストレスから解放されるために、「ストレス発散のために○○する!」というのは大きな効果になります。

 

恋愛をする

恋愛をすることはセロトニンを増やすことができます。よく恋をしている女性はキレイに見えるのは、これが理由にあります。これはβエンドルフィンというホルモンが分泌されることで、セロトニンの分泌が促されるのが理由です。

また、恋をするという場合、直接的でなくてもセロトニンを増やすことができます。好きな俳優、好きな芸人、好きなキャラクターといった事でもセロトニンを増やすことができます。相手に対して何かしらのときめきを感じることができるとセロトニンは分泌されます。

 

アロマもいい

セロトニンに不足は心のバランスを崩してしまいます。そしてセロトニンが不足することは、女性ホルモンとの関係性にも大きく繋がっています。女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって、セロトニンの減ってしまうということです。

これは、エストロゲンには、セロトニンの生成にも関わっているということが分かっているからです。そのために少しでも女性ホルモンを高めることをすることも必要になってきます。その方法の一つとしてアロマもおすすめです。

 

まとめ

痩せない理由にストレスが大きく関わっていることがわかると思います。ストレスによって太る人もいれば痩せる人もいますが、何よりはストレスをいかにうまく解消させるかが大きなポイントになっています。

そしていかにセロトニンを増やすことができるかで、大きなストレスもうまく解消していくことができると思います。またストレスは肌にとってもいいものでもありません。健康だけでなく美容としてもストレス要因をうまく解消し、セロトニンの分泌を高める行動をとることが成功のカギです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マツエクの量は何本が良い?自まつ毛が少ない人でもナチュラル志向に

  • マツエク中の目頭と目尻が下がる!つけない方がいいの?

  • 難しいセルフマツエクで失敗しない!付け方と危険性

  • マツエクはすっぴんで行くもの?一重も自然にできる変身術

関連記事

  • 【美容】飲み方で太る?お酢ダイエットで痩せるポイントは寝る前

  • 少ない回数で痩せるスクワットが話題!くびれの効果的なやり方

  • 恐るべきココアの効能❤15の秘密でココアを毎日飲んで健康効果!

  • 何をしても痩せない原因は「デブ菌」だった!ダイエットを失敗させる過ち

  • 発芽玄米ダイエットで成功するための痩せる方法と痩せた口コミからわかったこと

  • 食欲が止まらない生理前!食欲を抑える方法で太らない予防を!