1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 食前にたった1杯!豆乳ダイエットを成功させるやり方と7つの効果

食前にたった1杯!豆乳ダイエットを成功させるやり方と7つの効果

 2017/02/14 ライフスタイル 健康 美容
この記事は約 19 分で読めます。 2,213 Views

豆乳でダイエットを考えている人、豆乳でダイエットができるの?と思っている人。そんな人にお勧めしたいのが、豆乳を食前に飲むだけの方法でしっかりと成功させることができます。そしてそのポイントを紹介します。

 

健康や美容効果に注目!豆乳がすごい!

豆乳はもとは大豆からできたものです。そこで注目したいのが、大豆は「畑の肉」と呼ばれていることです。この畑の肉と呼ばれている理由には、大豆に含まれているタンパク質が質的にも良質なものであるからです。

そしてタンパク質の含有量も35%とかなり多い量が含まれていることも畑の肉とよばれている所以なのです。そして、良質なタンパク質と呼ばれるのには、私たちのカラダに必要な必須アミノ酸の内のカラダで合成することのできないアミノ酸8種をバランスよく含んでいることにあります。

またらさに、大豆はカロリーが低くありながらも栄養バランスに優れていてヘルシーに摂ることができるところが大きな魅力なのです。こういったバランスに優れている大豆が健康や美容にも大きな効果を発揮することから、豆乳にも大きな注目があつまっているのです。

 

美容と健康に意識が高い女性は豆乳を選んでいる!豆乳成分に秘密がある!

豆乳は女性の間では当たり前になっていますが、美容や健康効果の高い飲み物として定着しています。こうした理由に、もちろん美容にいい効果や女性に欠かせない成分が含まれていることがその理由になりますが、具体的にどういった成分が含まれているのかも気になる人も多いのではないでしょうか?

豆乳に含まれる成分には具体的にはこういったものがあります。

 

ホルモンバランスを整える

豆乳の一番の注目ポイントは何と言っても、大豆に含まれている大豆イソフラボンです。この大豆イソフラボンのいいところは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、女性ホルモンの低下する時期やホルモンバランスが乱れやすい状態を大豆イソフラボンでサポートしてくれるところです。

 

悪玉コレステロールを低下させる

畑の肉といわれる所以にある大豆タンパク質。大豆タンパク質の大きな特徴には、余分な脂質と結びつくことで血液中に含まれる悪玉コレステロールを低下させてくれる働きがあります。こうしたところから健康にもいい効果があり、心臓リスクを下げるという効果もあります。

 

コレステロールを排出する

豆乳に含まれている大豆レシチンには、カラダにある余分なコレステロールを排出してくれる効果があります。

 

血行を促進し抗酸化作用もある

大豆に含まれるサポニンには、血液の流れをスムーズにする働きがあります。これはつまり、血管内の流れが滞る原因になっている悪玉コレステロールを低下させる効果があるために血流改善につながります。

また、老化の原因になる肥満!脂肪の蓄積を抑える働きがあることで老化を予防することができます。肥満を予防することこそがアンチエイジングにも繋がります。またサポニンには免疫力を高める働きもあります。

カラダが免疫から守ってくれているNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させてくれるために風邪やウイルスなどにかかりにくくしてくれるカラダ作りをサポートしてくれます。免疫力を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

必須脂肪酸が摂れる

必須脂肪酸というのは、人が生きていく上で欠かすことのできない生命を維持させるためには欠かせない脂肪酸です。そしてこの必須脂肪酸はカラダの中では作ることのできない脂肪酸のためにカラダに摂り入れなければなりません。

つまり、食事で摂らばければならないということです。そして必須脂肪酸には、n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸とに分けることができますが、豆乳には、リノール酸というn-6系の脂肪酸が含まれています。

これが悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧といったリスクを予防することにつながります。そして特にダイエットをしている人にとっては、このリノール酸を含む必須脂肪酸が不足しやすいということもわかっています。

この必須脂肪酸が不足することで細胞組織が低下するといったことまで起こってきます。これはつまり、肌のターンオーバーの周期が狂い始め、肌への悪影響が大きく出てしまうということです。

しかも、そのまま放置していると、代謝そのものが低下することにもなり、あらゆる病気を招きやすくもなります。

 

疲労を回復させる

大豆たんぱくが「分解されることによって、ペプチドに分解されますが、このペプチドの大きな特徴は脳と筋肉の疲労を回復してくれるところにあります。大豆ペプチドの特徴には、素早く吸収することができるため、短時間で効率よく摂ることができることで仕事など、ストレスによる疲れを素早く癒してくれることができます。

またこれ以外にもダイエットとして、免疫力の向上、肝機能の向上という効果も発揮してくれます。

 

豆乳によるダイエット効果が注目ポイント!

豆乳を飲み始めたところ、たった3カ月という短い期間の間で4Kgもの体重を落とすことができた人もいます。しかも、1日に3食の食事を摂っているにも関わらず、こうしたダイエット効果が出るわけです。

しかも食前にたった1杯の豆乳を飲んだだけで痩せていくダイエット効果の高さには驚くほど注目が集まるのもちゃんとした理由があるのです。

 

そもそも豆乳ダイエットってなに?

こんなダイエット効果の高い豆乳ダイエットって、そもそもどういったダイエットなの?と思ってしまいますよね。辛い食事制限もいらずに豆乳を飲むだけで痩せることができてしまう事を考えたら驚きしかありませんよね。

ただ豆乳ダイエットと聞くと、どうしてもマイナスにイメージを捉えがちな人もいると思います。どうしても牛乳に比べると、クセを感じる人も少なくありません。特に豆っぽさが残っていたりもします。

しかし、こういったマイナスのイメージが気にならないほど豆乳ダイエットには大きな魅力があります。食事前にたった1杯の豆乳を飲むだけでダイエットができる!豆乳ダイエットとは、痩せるためには欠かせず、しかも簡単にできるダイエットとして人気なのです。

 

脂肪吸収を抑えてくれる

ダイエットにおいてもう一つ必要なことはいかに痩せやすいカラダを作っていくかも必要なことです。そして豆乳には、痩せやすくするための手助けをしてくれる脂肪の吸収を抑える働きがあります。

そもそも脂肪がカラダに吸収されてしまっては、大きなダイエットの妨げにもなってしまいますよね。ですが豆乳には脂肪の吸収を抑えながら、食べた中で脂質はすぐにカラダの外に排出してくれる働きがあります。

これは大豆に含まれている大豆サポニンの力で、脂質の代謝を促進してくれることで、脂肪がカラダに吸収されないようにしてくれるのです。そしてこの大きなポイントになっているのが食事の30分前に豆乳を飲むことにあります。

食事の30分以内に豆乳を飲む事が、カラダにとって余分となる糖質や脂質の吸収を防いでくれるのです。そしてこういったことが結果的に基礎代謝を高めやすいカラダを作ってくれるのです。

本当に痩せるためには何が必要なのかについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

食欲を抑えてくれる

ダイエット中に予め食事の前に食べることで、おなかに少し満足感を得ることで、食事の量を減らそうとするやり方がありますが、豆乳ダイエットでの大きな違いには、豆乳に含まれる大豆サポニンには、満腹中枢を刺激する働きがあるということです。

これは、いいかえれば、食べ過ぎを予防することを意味しているために、食べ過ぎによる太る心配の種をここで一つ解消してくれることになります。しかも無理に食事を制限するといった事をしなくても自然と食事の量を抑えることができるようになります。

こういった食べ過ぎを予防できるようになるのには、腸内にある絨毛が関係しています。本来、絨毛の働きには、腸内で栄養を吸収する働きがあります。しかし、豆乳を食事前に飲む事によって、絨毛が収縮してしまうのです。

つまり、食事を摂っていても、食事で摂る栄養の吸収が遅くなることで、満腹感が長い間持続されるようになります。こうしたことによって、少ない量や空腹に耐えるというストレスから解放されうようになるのです。

 

脂肪燃焼効果がある

脂肪を燃焼しようと思った時に、運動をしっかりとしなければ、カラダに溜まった脂肪は中々燃焼されないものです。そのため、ちょっとした運動をしたところで実際には脂肪が減っていくのは、かなりゆっくりなため結果がすぐに見えてこない焦りや不安が付きまとうものです。

しかし、豆乳に含まれる大豆サポニンには、こういった運動をせずとも脂肪を燃焼させる働きがあるために、運動いなくても痩せることができます。またこれまでに運動をしてきたのに痩せなかったのにはちゃんとした理由もあります。

それがこういったことです。

そして豆乳に含まれる脂肪燃焼効果以外にも、痩せやすいカラダに導いてくれるものが豆乳には含まれています。それが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンの働きは、ホルモンバランスを整えることにあります。

つまり痩せやすい状態を作っていくことができるということです。またその理由の一つに、大豆に含まれるタンパク質。ダイエットにおいてタンパク質は切り離せないものです。ある程度の筋肉をつけることが痩せやすい体質に繋げることになるため、豆乳を飲むことで良質なタンパク質を摂ることができ、基礎代謝を高めるためのきっかけ作りにもなっています。

 

カラダのむくみを解消する

太ってしまった原因に、ただ体重が増えてしまって脂肪が蓄積された以外にも、太って見えてしまう原因があります。それがカラダのむくみです。このむくみの出る場所は人によって個人差がありますが、顔に出る人もいれば、下半身が太って見えてしまうこともあります。

特にむくみを含め、脚を太くさせてしまっている原因にはかなり多くのものがあります。ただむくみを解消するのであれば、豆乳に含まれるカリウムによる成分によってむくみは解消されます。

カリウムによって余分な水分はカラダの外に排出してくれますが、これ以外に脚を太くさせている原因があれば、むくみそのものは解消されても脚は太くなったままです。そんな原因と対処法についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

弾力と潤いのあるお肌をつくる

ダイエットと同じくらいに神経質になってくるのが肌の老化だと思います。特に見た目が老けて見えてしまうと、当然肌の質も悪くなっている証拠です。こうした肌が年々、潤いや弾力といった老化していく原因には、一言でいえば、加齢が原因です。

加齢によって失われていくものには、エストロゲンの分泌が減っていくことが関係しています。このエストロゲンは肌の潤いや弾力には欠かせないもので、コラーゲンやヒアルロン酸を作る力そのものを低下させていることにもなります。

これが老化を早めてしまう原因なのですが、加齢によって失われていくエストロゲンを豆乳を飲むだけでとり戻すことができます。そして外からのケアも必要です。

 

生活習慣病を予防

生活習慣病をよく耳にすることがあると思いますが、生活習慣病になってしまう原因には、食事や運動、喫煙、飲酒、睡眠、ストレスといったことが大きく関係してくる病気でもあります。特に高血圧や脂質異常症などを守るためには、血管を守っていく必要があります。

血管内にコレステロールや中性脂肪が増えていくと動脈硬化のリスクが増えてきます。そのためには日頃から6つのことに気をつけて生活をしなければなりませんが、全てをうまく予防していくことも難しかったりもします。

そこで豆乳を摂り入れるだけでもコレステロールや中性脂肪といったものを抑えることもでき、予防することもできるようになります。

 

便秘解消できる

ダイエットを始めることで便秘になった人も多いのではないでしょうか?!また普段から便秘傾向にある人にとっても、便秘はダイエットにとっては大敵でもあります。特に気になるのは見た目からお腹がぽっこりしてしまうことです。

見た目も美しくなく、他人から見てもやはり目が行きやすい場所でもあります。そんな場所だからこそ、スタイルのキメ手にも大きな影響を与えてしまいます。豆乳には大豆に含まれているオリゴ糖によって便通をよくする働きがあります。

普段私たちの腸には、あまり気にすることもありませんが、腸内細菌が数多く存在しています。その数・・・・1000兆個とも言われていて、カラダにとって良い菌と悪い菌が住んでいるわけですが、腸内環境が悪いと便秘になったりするだけでなく肌にも悪い影響しか与えてくれません。

しかし、大豆に含まれるオリゴ糖には、腸内の乳酸菌やビフィズス菌といった菌へのエサとなり腸内環境を改善させる力をもっています。これが便秘を改善したり、肌の改善などにも効果的になるのです。

そして痩せ体質になるためには、避けては通れないのが腸内環境です。詳しくは持ちらの記事を参考にしてください。

 

豆乳ダイエットは豆乳選びが一番大切

豆乳と一言で行っても豆乳にもいくつか種類があります。そして豆乳ダイエットにおいてどの豆乳でも効果はありますが、やはりその中でも一番効果の高い豆乳を選びたいものですよね。そこで豆乳の種類に合わせて、どの豆乳を選ぶのがおすすめなのかを紹介します。

まず、豆乳には3種類の豆乳があります。

豆乳の違い

無調整豆乳

無調整豆乳というのは、大豆を搾ったままのもので、砂糖や塩といった余計なものが含まれていない豆乳です。

 

調整豆乳

調整豆乳の特徴は、やはり無調整豆乳と違い、少し飲みやすさにも配慮したものになっています。違いとしては、糖質が無調整の豆乳よりも少し多く含まれていて、豆乳臭さに関わってくる独特な臭さになる鉄分やマグネシウムを減らしているところです。

 

豆乳飲料

豆乳飲料の場合、調整豆乳と比べてもさらに飲みやすさにこだわっているために、糖質がさらに含まれています。また、ここから大きく変わってくるのは、糖質だけでなくカロリーもそれなりに増えてくるところです。

こうしたそれぞれの豆乳の特徴を見比べると、無調整豆乳を飲む事が一番ダイエットには向いたものであることがわかると思います。

 

豆乳ダイエットの方法!食前に飲むだけ!

豆乳ダイエットのやり方はただ食事をする前。食前に豆乳を飲むだけでいいのです。ただ、飲むタイミングとしては食事の30分前に豆乳を飲むことになります。そして食前は毎朝・昼・夕の食事の30分前にコップ1杯(100ml)の豆乳を飲むだけでいいのです。

この食事の30分前に飲むことで、血糖値の上昇を抑えることができ、脂肪を蓄えるのを防ごうという狙いがあります。また飲むタイミングを食前としていますが、食事中でももちろん効果はあります。

ただ食事前に飲む方がより効果を望めるために、おすすめする飲み方が食事の30分前になります。

 

食事制限は不要!しかし食生活には注意が必要?

ダイエットをしなければならないとなった時に、一番に思いつくことは、どうして食事を制限するか!と言う事と、運動をどうとりいれるべきかの2つが大きな悩みになると思います。実際には食事を制限することを始める人がほとんどですが、豆乳でダイエットをする場合には、こうした無理な食事制限をする必要がありません

ただもちろん、食事制限をしないでいいからといって、今まで通りに食べているのであれば、それは間違いでもあります。また食事制限がいならいからといって沢山食べてしまうのもダイエットにはなりません。

まず豆乳ダイエットの場合、1カ月という短期間で激的に痩せる効果があるわけではありません。数か月かけて痩せていくという方法です。食事制限をしないで痩せるわけですから、激的に痩せることは当然難しいでしょう。

しかし、少しでも体重をすぐに落としたいのであれば、普段食べているカロリーの高いものを避けるようにし食事を摂っていくことです。また、間食をしている人の場合は、中々間食が止められなかったりもしますよね。

こうした間食を止められない人の場合は、間食を豆乳に置き換えてみるのも一つのやり方です。厳しい食事制限や運動を嫌う人にとって今すぐ痩せることは難しいですが、数か月という期間で見れば毎食前の豆乳を飲むことで痩せることができるのです。

 

生理7日前から生理日までが最も効果が発揮される

生理前に限らず毎日食事の30分前に飲むことで、ダイエット効果を得ることができますが、あくまでも豆乳ダイエットの場合は、即効性がないということです。数か月かかることを考えると、焦る気持ちも出てくるとは思いますが、しかし、生理前に豆乳を飲むことで生理後に痩せやすくなる方法もあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

豆乳ダイエットの成功する秘訣!痩せる人と痩せない人の違いはどこにある?

豆乳ダイエットを始めたのはいいものの、思うような結果が出なかったことも中にはいるかもしれません。しかし、豆乳ダイエットを始める前と始めた後との違いがはっきりと明確に言えるかどうかも痩せた人と痩せない人の差としてあります。

それが・・・・・・・・・

 

  • 豆乳を飲み過ぎていること
  • 食事量が減らずに豆乳を飲んでしまっている
  • そもそも食べ過ぎている
  • 運動不足になっている

 

といったことが痩せた人と痩せなかった人の中での差としてあります。豆乳を飲む目的は、あくまでも食事の30分前に飲むことで、お腹に満腹感を少しでも与えようとすることにあるために、ここでいつもと同じ量を食べてしまっては元もこうもないのです。

そうすれば当然摂っているカロリーも増えて太るのは当然だといえます。豆乳そのもののカロリーは無調整、調整、豆乳飲料によって変わってきます。こういったところも見ながら何のために豆乳を飲んでいるのかを考えることも大切なことです。

 

 

豆乳が苦手!おすすめの豆乳で成功させるダイエット方法は?

ミネラル豆乳ダイエット

ミネラル豆乳ダイエットというのは、豆乳に野菜ジュースを混ぜて飲むだけのダイエット方法です。このダイエットの目的は、野菜に含まれるビタミンやミネラルを一緒に摂ることが目的と、そもそも豆乳の味や匂いが苦手な人に野菜ジュースに匂いを失くし飲みやすくしたものです。

そしてビタミンとミネラルを摂ることでこういった効果があります。

  • 基礎代謝を上げる
  • 脂肪を燃焼させる
  • 便秘を解消する
  • 美肌効果がある
ミネラル豆乳ダイエットのやり方
  • 一日に飲んでいい量は200mlまで
  • 食事前に飲むことで満腹感を得ることができる

効果が出始めるには個人差がありますが、早い人では1~2週間で効果が現れることもあります。ですが平均すると、約1カ月~2カ月程度での効果の現れ方になります。また野菜ジュースを変えて、りんごやニンジン、トマトなどでアレンジして飲む事も出来ます。

 

パイン豆乳ダイエット

パイン豆乳ダイエットというのは、パイナップルジュースに豆乳を混ぜて飲むダイエット方法です。

パイン豆乳ダイエットのやり方
  • 無調整豆乳を4割、パイナップルジュースを6割の割合になるように混ぜます
  • 食事前に飲むことで満腹感を得ることができます

 

きなこ豆乳ダイエット

きなこ豆乳ダイエットのやり方
  • 1日に1杯(200㏄)まで飲んでも良い
  • きなこ(おおさじ2杯)、豆乳(200㏄)、はちみつ(おおさじ1~1.5杯)

 

バナナ豆乳ダイエット

バナナに含まれるポリフェノールによって冷え性を改善しながら豆乳に含まれる成分によって、低カロリーでダイエットができる方法です。

バナナ豆乳ダイエットのやり方
  • 豆乳200mlに対してバナナ1本をミキサーにかけて作ります
  • 1日に1回~2回に分けて豆乳バナナを飲む
  • 食前に飲むことで腹持ち効果が高まる
  • おすすめは朝食抜きをなくすためにも朝に飲む

 

青汁豆乳ダイエット

青汁に含まれる成分には、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維などが多く含まれています。青汁にはこういった成分が凝縮されたものが入っているために、便秘が解消されダイエットに繋がっていきます。

豆乳効果に加えて青汁を摂り入れることで、新陳代謝もアップされ無理な制限をするようなダイエットにならずにすすめることができます。

青汁豆乳ダイエットのやり方
  • 豆乳に粉末の青汁を混ぜて飲む
  • 豆乳は1日に200ml、青汁は4.5g~10g程度まで
  • 夕食前に飲む

 

ココア豆乳ダイエット

ココア豆乳ダイエットは、豆乳の中にココアをただ混ぜただけの飲み物です。もともと豆乳に独特な癖のある匂いがありますが、ココア特有の甘さが加わることで、豆乳のクセを打ち消してくれ飲みやすくなります。

ココア豆乳ダイエットのやり方
  • 純ココア(おおさじ1杯)に豆乳(150ml)を加え、水(50ml)とオリゴ糖(こさじ1杯)を混ぜ合わせる
  • 豆乳は1日に200mlまで
  • 砂糖を入れるのは厳禁
  • 間食の変わりに飲むか食事前に飲む

ココアの効果についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

まとめ

豆乳ダイエットにおいて気をつけるべきポイントさえしっかりと守っていれば、太る心配もなくなってきます。特に豆乳を1日の飲んでいい量を200mlとしているのには、豆乳が女性ホルモンと似た働きをすることから摂り過ぎてしまえば、ホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。

ここをしっかりと守ることで豆乳ダイエットは大きく成功に繋がる一歩となると思います。また太りやすいと感じている人に多い根本的な原因には、酵素不足も大きく関係しています。酵素不足により代謝の低下に繋がりカラダに余分なものを貯め込んでいたりします。

また加齢によっても酵素は不足していくために、補い続けることをしていかなければならないのです。代謝の低下だけでなく、免疫力の低下や腸内環境の悪化とあらゆるところに不調をきたす原因になります。

しかし酵素を摂っていることで、こういったあらゆる不調から働きかけて、ダイエットや美容、健康においてのサポートをしてくれるようになります。酵素不足にならないためにも、酵素をサプリメントから補助的に補うことも大切です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 1日で脚は絶対に細くなる!美脚の秘訣【リンパマッサージ・座り方】講座❤

  • 白漢しろ彩の使い方と口コミ!赤ら顔から解放されたい人向け

  • リンゴ酢ダイエットは飲み方で想像以上の効果は量で決まる

  • 顔の赤みの原因を消すための対策と化粧水選び【乾燥・敏感肌】

  • 驚きの効果♡ぽっこりお腹は1日2分のマッサージで便秘解消できる!

  • 【すっぴんになれない】赤ら顔はこうして治すと潤いも取り戻せる