1. TOP
  2. 健康
  3. 食事を減らすだけは間違い!痩せるためには6つの方法が不可欠

食事を減らすだけは間違い!痩せるためには6つの方法が不可欠

ダイエットへの取り組み方は人によって様々だと思いますが、多くの女性がダイエット中に意識しているのは間違いなく食事ではないですか?特に食事の量を減らすことでカロリーを大幅にカットするといった方法!

あながち間違いではないですが、見落としていることも多々あるのです!

 

食事を減らすだけ!?これってダイエットとは言わない!?

食事を制限するダイエットの方法が必ずしも間違っているということはありません。ただ、食事を減らす内容によってはダイエットとは言えないということがまずあります。そもそもカロリーが低ければ痩せることができるはず・・・・!!

なんて思っている人がいると、こういった人は間違いなく痩せることはできないでしょう!!もし、痩せたとしてもそれは一時的にしか過ぎず、リバウンドに繋がる可能性は十分にあるはずです。また、普段から食事には気を使っていて、カロリー自体も低めにしているのに痩せず、体重も増えているといったケースもあります。

こういった食事を減らしても痩せない理由には、そもそも太らないメカニズムを知ってないことが大きな原因です。「太らないメカニズム!?」と聞くと具体的に何を指しているのかは追々説明していきますが、これを知っているとカラダは自然と痩せることができます。

また、日常生活の中にも、食事を減らすだけにしている生活を送っていると、気づかない動作や習慣がこれを太りやすくしていることもあります。

 

炭水化物は太る!こんな理由で野菜だけの食事はいいの?

そもそもダイエットで初めに取りかかろうとする部分というのは、食事に気を使うところから始める人が多いと思います。そういった中で、やっぱり炭水化物が太る。太りやすいというイメージを持っている人は多いものです。

また、運動が苦手や嫌いといった人も同じようにまずは食事を何かしら制限するといったところから、炭水化物が太るから食べないということをする人は多いものです。そしてその変わりに野菜だけの食事をするといった方法や短期間でも、野菜だけで痩せようとする人など様々です。

しかし、ここで大きな問題になるのが、何かを制限する「○○だけ」でダイエットすることはかなり危険といえます。この危険と言う意味には、ダイエットをすることで逆効果になる可能性が多いにあるということです。

まず私たちのカラダには必要な3大栄養素があります。タンパク質、脂質、糖質です。なぜ3大栄養素を呼ばれているのかを考えた時に、カラダの健康には欠かせない栄養素だからと誰もがいうはずですよね。

健康を維持するためには、どれが不足しても健康を損ないますし、当然ダイエットとしてみても栄養バランスを崩してしまう原因にもなってしまいます。例えば、炭水化物を抜いたことによって何カラダに起こるのか?

タンパク質が不足すれば、カラダの筋肉の量が減っていきます。この結果、見た目は痩せたかのような状態になっていきます・・・・・・・!!そしてダイエットが成功した!痩せた!と思ってしまうと、このダイエットは失敗に終わります。

タンパク質はカラダの筋肉を作るために欠かせない栄養素の一つです。そのタンパク質が不足すれば、カラダの筋肉を分解して補おうとし、筋肉量が減っていきます。つまり、これはカラダの基礎代謝の低下をも意味しています。

基礎代謝が低い状態は、筋肉が少ない状態でもあります。つまり、代謝が上がりにくくなり、痩せにくい体質になってしまうということです。たったこれだけのことですが、確実に痩せにくい体質に繋がり、太りやすい体質へ近づけていることにもなっています。

 

リバウンドしやすくなる!!といったことが起こってきます!!

 

つまり、食事は炭水化物を抜くといった制限ではなく、あくまで食べ方に注意して摂ることだということです。もちろん、そもそも食べ過ぎている人によっては、まずは食べ過ぎを制限しなければなりません。

 

痩せにくいカラダってどんな状態

そもそも食事もそんなに食べていないのに痩せない!運動しても体重が減らないといったことがなぜ起こるのでしょうか?!これまでにも話してきたとおり、一言でいってしまえば痩せにくいカラダにしてしまったことが原因にあります。

この痩せにくいカラダというのは、脂肪が燃焼しにくいカラダのことをいい、その一つの原因に、基礎代謝が低くなってしまったことが上げられます。この基礎代謝というのは、運動をしていなくても、普段の生活をしているだけで自然と消費しているエネルギーのことを指しています。

つまり、基礎代謝が高い人というのは、普段からエネルギーを消費しやすい状態にあるために、食事を制限したり、無理なダイエットをしなくても自然なスタイルでいられ、しかも太りにくい状態のカラダになっているのです。

 

基礎代謝は年齢とともに衰える

ただ残念なことに基礎代謝というのは、いつまでも同じ状態でいられるものではありませんよね。特に、10代の頃や20代の頃と比べても太りやすくなったと感じる人はほとんどだと思います。こうした太りやすくなったと感じるのには、年齢を重ねて来たことが一つの原因です。

基礎代謝は、年齢とともに衰えてくる!これはどうしようもない事実です。さらに衝撃的なことは、この基礎代謝は10代をピークに低下していくということです。つまり、若い時と同じような食事をしていれば太るというのは、逆にいえば余分なエネルギーをわざわざ自分で摂ってしまっている状態だということです。

この自分で摂ってしまっているというところでは、今のある自分自身の状態を把握しきれていないところも原因にあります。たとえば、基礎代謝の低下を自覚していても、結局、10代の頃に近い食事カロリーをとていれば、自覚していながら摂っていることにもなるため、やはり自分のカラダを把握しきれていないとも取れると思います。

 

姿勢の悪さ!猫背がダイエットを妨げる

よく歩く姿勢が悪く猫背になっている人を街中でみかけることがあると思いますが、こういった姿勢の悪さも当然カラダを太くさせて見せてしまう原因にもなっています。一見するとダイエットとはあまり関係がないように思いますが、姿勢が悪いということは、それだけで脚を太く見せてしまう原因にもなるということです。

具体的にどういうことかというと、歩く姿勢が悪いということは、脚にかかる荷重によって負担が本来かかる場所にかからずに無駄に脚に負荷がかかることで、いわゆる筋肉を必要以上に鍛えていることになります。

そもそも筋肉のつき方には2通りあり、一つが姿勢が悪いことでカラダの体重が前に加重されることで、脚の前側の筋肉を使いすぎることで筋肉が鍛えられてしまうということです。これが脚を太く見せてしまう理由です。

そして本来の姿勢の正しい歩き方をしていれば、太ももの前側の筋肉と後ろ側の筋肉を使うことになります。特に脚を細く見せたい人によって重要なのが、脚を細く見せるために必要な後ろ側の筋肉です。

この後ろ側の筋肉を鍛えることが太ももを細くすることにも繋がり、歩く姿勢がいいということは、前と後ろのバランスがとれていることを意味するために、脚が細く見せることができるのです。それだけ歩く姿勢だけでも脚の太さに直結するということです。

 

 

痩せた!でも体脂肪が増えた!これこそが間違い!

女性の多くはどうしても自分自身の体型を見た時に、見た目をついつい意識してしまうと思います。

こういった見た目からダイエットを考えることはもちろんいいことではありますが、あくまでもこだわるところは体重ではないということです。

例えば、体重はそもそも標準なのに、なぜか太って見えてしまう人がいます。しかもお腹はぽっこりした状態。

じつはこうした体重だけ見ると、何も気にすることもないようなことでも、お腹や見た目が太って見えてしまうのには、筋肉と脂肪との関係性があるからです。

 

脂肪の体積は、筋肉の役2.7倍にもなる!!

 

ということがわかっています。つまりこれは体重だけ見ても、カラダに脂肪が多くある人はそれだけで太って見えてしまうということです。

つまり、本当にみるべきところは、体脂肪率にあるのです。見た目だけで痩せることができても、実際には脂肪が減ったことによって痩せたのではなく、筋肉量が減っただけにしか過ぎないのです。

 

大切なことはやはり基礎代謝を上げることになる!

食事をただやみくもに減らすだけのダイエットもそうですが、普段の歩く姿勢ですら、カラダを太くさせてしまっていることがわかると思いますが、この根本的な原因には、基礎代謝が低いことが大きな原因になっています。

普段何もしない状態でも、エネルギーの消費量があがれば、痩せやすくもなり、わざわざ過酷なダイエットや制限をこれほどかけてする必要もなくなってくるわけです。これは10代や20代の頃に体感していることだと思います。

 

あの頃は何もせずに痩せていた・・・・・・

太らなかった・・・・・など

 

これがその理由にあるはずです。カラダの代謝を上げることで、エネルギー効率もよくなり、痩せすい体質に変えることが可能になります。そしてそれは同時に脂肪がつきにくい体質作りにも関わってくるために基礎代謝を上げていくことをしなければならないのです。

 

基礎代謝を上げるためには!カラダを動かすストレッチ

昔に比べれば、カラダを動かす機会が減るのは仕方がないことです。運動する機会が減ることは当然として筋肉量を下げてしまう原因にもなりますが、仕事上などでデスクワークなどあまり動く機会が減れば太りやすくもなります。

そのために少しでもカラダを動かす必要がありますが、中々まとまった時間をとることも難しかったりもしますよね!

そういった時におすすめなのがストレッチになります。たかがストレッチと思うかもしれませんが、ストレッチはリバウンドしにくいカラダを作ることができる非常に効率のいい方法です。

ストレッチをする目的にはこういったことがあります。

 

  • リバウンドしにくいカラダを作る
  • 脂肪がつきにくい体型を作る
  • 普段使わない筋肉までつかうことができる

 

そしてカラダを動かさないことは筋肉を使わないことになるために、脂肪がつきやすくもなります。

しかし、ストレッチをするだけで、カラダを伸縮させることで、筋肉がほぐれ、カラダを使うことができ消費するエネルギーも増やすことができるようになります。

そして一番おすすめなストレッチをする時間帯が入浴後や寝る前にストレッチをすることです。

お風呂上がりであれば、血流が良くなっているため、代謝も上がっている状態になっています。

つまり代謝が高い状態からストレッチをすれば、カラダの老廃物の流れも当然良くなり、通常にストレッチをする運動量と比べても効果は大きく違ってきます。

そしてもう一つの理由が、カラダの硬さが関係しています。痩せやすい人というのは、カラダが柔らかいことがわかっています。

つまり、太りやすい人は逆をいえばカラダが硬い状態にあるということです。カラダが柔らかいことで、カラダの可動域も広くなり、その分消費エネルギーも多くなるということです。

そしてもう一つが寝る前にストレッチをすることです。寝る前のストレッチ効果にはこういったことがあります。

 

  • 寝つきが良くなり、睡眠の質があがる
  • 寝ている間に脂肪を燃焼できる
  • 仕事疲れなどでカラダのコリをとることができる

 

こういった効果が寝ている間にストレッチをすることで体感することができるのです。その他の詳しいことについてはこちらの記事を参考にしてください。

こうしたストレッチをすることで血流がよくなれば、スムーズにエネルギーを消費できるカラダがつくることができるのです。

 

基礎代謝を上げるためには!高タンパク、低カロリーの食事が必要

代謝を上げるためには、筋肉をある程度維持させたり、つけることは欠かさないことです。

ダイエット中にタンパク質の不足はそれだけで基礎代謝を下げ、太りやすい体質に繋げるデメリットにしかなりません。

よくあるダイエットで体重が順調に落ちていく人もいますが、こうした代謝をあまり考えずに無理な食事を制限をすると、カラダに必要な筋肉をつける栄養まで不足させてしまい逆効果になります。

ダイエットをしながら筋肉をつけることというのが本当は大切なことですが、そこに必要なものが筋肉の材料にもなるタンパク質を摂ることも必要です。

そして女性らしいスタイルをこれからつくっていくためにも、スタイルを維持させるためにも必要な食事の摂り方は、高タンパクで、低カロリーな食事を心がけることです。

つまり、食事もバランスを意識することが必要であるという事と同時に良質なタンパク質も必要不可欠であることです。

そこで、タンパク質をうまく取れない人には、プロテインがおすすめです。プロテインはただダイエットにいいだけでもありません。

美容の点からいっても、なくてはならないものでもあります。詳しくはこちらに詳しく書かれているので確認してみてください。

 

基礎代謝を上げるためには!姿勢を正すことも!

姿勢をただすと痩せると言われているのは、姿勢を正すこと自体が基礎代謝を高めることにも繋がっているからです。

普段から姿勢が悪いと、カラダの内臓の位置が本来あるべき位置になく、それだけで筋力が落ちてしまう原因にもなっています。

またこれ以外にも、姿勢を意識するというだけで意外としんどいものだと実感することもあります。

例えば、猫背の人は猫背でいるほうが楽だと思います。また普段から姿勢が悪いと自覚している人が無理に姿勢を正そうとすると、辛くなったりすると思います。

つまり、ただ姿勢を正すといっても意外と辛かったりするものです。しかし、正しい姿勢がしっかりと習慣化されればどうなると思いますか?

正しい姿勢を作ることでまず内臓の位置が正しい場所に収まるようになります。

つまり、普段よりも呼吸が楽になると言うことが起こります。そうすると血液の循環もよくなるため、カラダの冷えの改善にも繋がります。

また、姿勢を正すことは同時に姿勢安定筋を鍛えることになります。これはいわゆるインナーマッスルが鍛えられることを指していますが、カラダの深層部の骨格、関節、内臓を保つための筋肉です。

このインナーマッスルを鍛えることは、カラダの外の筋肉を鍛えるよりもより効果が高いといわれています。

 

効果としては・・・・・

  • 代謝が上がりやすくなる
  • 歩っこりお腹を解消できる
  • 腸の働きが良くなり、便秘が解消される
  • 姿勢がキレイになり、スタイル良く見える

インナーマッスルの鍛え方はこちらの記事を参考にしてください。

 

基礎代謝を上げるためには!体温を上げる

体温が高くなるということは、お風呂に入ることの時と同じように、カラダのエネルギーが燃えやすくなるということです。

これは何もしなくても消費するカロリーが高くなることを意味しているために、普段から体温を上げる習慣を摂り入れることも大切なことです。

その為の方法の一つがお風呂に入ることです。これはシャワーですませるのではなく湯船に浸かることです。

そしてもう一つが運動をすることです。運動もそうですが、体温を上げることをすることが血行を促進させ代謝が上がりやすくできる方法です。

ただここで一つ問題があります。それが寒い時期などに暖房をつけることで室温を高くしてしまうことです。

本来人のカラダは寒さに応じて熱を作りだそうとカラダが働いてくれます。しかし、室温が高いことで、熱を作ろうとすることが減れば、体温自体も低くなってしまいます

暖房を使いすぎることは決して代謝を上げるためにはいいとは言えないのです。

そして最後にカラダを温める食べ物を摂ることも大切なことです。また逆にカラダを冷やしてしまう食べ物もあります。

運動やお風呂だけでなく、普段の食事からもカラダを冷やさないようにすると同時に、カラダが温まる環境作りや食べ物を積極的に作っていくことも大切です。

 

基礎代謝を上げるためには!質の高い睡眠をとることも大切

睡眠不足と基礎代謝とどういった関係がるのか気になると思いますが、睡眠と基礎代謝は間接的に関係しているのです。

睡眠をしっかりと摂ることができるということは、睡眠中に必要な身体作りが行えるということです。

これは、睡眠中に必要な整腸ホルモンが分泌される時間であったり、タンパク質が合成される時間帯でもあるからです。

つまり質の高い睡眠が摂れているということは、良質な筋肉を作ることができることを意味します。

こうした筋肉が作られるということによって基礎代謝を上げる事に繋がるのです。

ですがここで睡眠が不足している状態にあったら、カラダにとって必要なカラダ作りの時間が十分にとることができなくなります。

こうした睡眠不足によって起こることは、こういった以外にも自律神経のバランスを崩す原因にもなります。

自律神経のバランスを崩してしまうと、食欲に関係している脳内物質までもが乱れてしまうと、食事に満足感がなくなったり体脂肪が増えたことも脳には伝達が行かなくなり太ってしまうのです。

こうした事を招かないためにも睡眠は質の高さが重要視されるのです。睡眠の質を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

睡眠前の行動で痩せやすさが変わる!

これまでのことからも睡眠不足はダイエットにおいおいても、不足することはカラダにとってよくないことがわかると思います。

そして夜寝るまでにどういった事をしているのかでも、睡眠の質は大きく変わってくることがわかっています。

例えば、寝る前にお酒を飲む習慣がある人。お酒をのむことで眠気を誘い布団に入るなんてこともあるかもしれません。

しかし、寝る前にお酒を飲む行為は、実はカラダの疲れが取れずに、そのまま睡眠の質までも低下させてしまう原因でもあります。

その理由には、お酒に含まれているアルコールが交感神経を活発にさせてしまうことで眠りが浅くなり、翌日に起きた時に疲れが抜けきれないなんてことになってしまうのです。

つまり、寝る前のお酒を飲む事はもちろん控えると同時に、眠りやすい環境作りを整えていくことも、質の高い睡眠を摂ることには欠かせないということです。

 

痩せやすい体質作りには朝の過ごし方も考える必要がある

誰もが一度はこうなりたいと思うことが、痩せやすい体質であることかもしれません。

食べる量を減らしたところで中々痩せる事ができなかったり、運動でも痩せない!

なってことはありがちなことですが、これまでにお伝えしてきたとおり、基礎代謝を上げることも大きな痩せるためには必要なことです。

しかし、痩せやすい体質作りは午前中の過ごし方でも変わってくるために覚えておいてほしいところです。

 

朝食をぬくことはしない

朝食を食べない人は多いものです。時間の都合や、仕事の都合、そしてダイエットと称して食べないことも理由にあるかもしれません。

しかし、朝の時間というのは、寝ている間にもっとも体温は下がっている状態にあります。

つまり、朝起きた状態は体温が低いということです。朝の低い体温を上げるためには、朝ごはんを食べることです。

ご飯を食べることによって体温を上昇させることができるため代謝を上げるためには、朝ごはんは摂るようにしなければなりません。

 

午前中にカラダを動かすのもいい!

午前中にカラダを動かすことは、その日の1日の活動に大きな影響をもたらします。

それは、午前中に運動をすることで、運動をした後でも代謝が高く保たれるということです。

つまり、午前中の運動後からは、何をするにしても代謝が上がっている状態にあるために、消費するカロリーも増えていくということです。

そのための運動はウォーキングでもジョギングでもヨガでもかまいません。軽い有酸素運動をとい入れるだけで効果は高まります。

 

まとめ

食事をただ減らしたところで本当に痩せたのかという意味では、もちろん痩せたとはいえないことがわかると思います。本当に必要なことは痩せやすい体質をつくるためのカラダ作りこそがダイエットには必要なのです。

そして適度な運動やストレッチといったカラダを動かす機会を作ることも大切なことです。また、食事は減らすだけでなく、しっかりとした栄養バランスを考えた上での食べ過ぎる量を減らすのが本当には必要です。

このバランスこそが大切で必要な要素です。ただ、どうしても食事でバランスをうまく取れないときはサプリメントから補う事も必要です。

特に酵素サプリを摂ることで不足している栄養を補うこともできるために補助的に利用するにもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 花粉症にならない人の特徴!なる人との発症のメカニズム

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

関連記事

  • ストレス解消❤たった一口!イライラする時はこの食べ物がいい

  • 寝る前に食べるだけ!はちみつダイエットで簡単ヤセキレに❤

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法

  • 痩せたい❤でも食べたい❤ストレスなくダイエットできる秘密

  • なんで?体重は減るのに下半身が痩せない原因と短期間で成功する方法

  • カサカサ肌の原因!潤いを取り戻したい・・・。たった5分でできる対策