1. TOP
  2. 健康
  3. 食べる美容液❤アボカドで美肌ダイエット!栄養レシピ❤

食べる美容液❤アボカドで美肌ダイエット!栄養レシピ❤

「食べる美容液」といわれているアボカドですが、また世界栄養価の高い食べ物としてもギネス認定されているアボカド!そんなアボカドを食べるだけで美肌やダイエットにいい効果が多くの女性に人気となっています。

 

アボカドとは

アボカドは今でこそ、「食べる美容液」や「森のバター」などと言われるようになっていますが、じつはアボカドがいつ頃から食べられるように栽培されるようになったのかはわかっていません。それほど歴史としてみても古く古代アステカ時代にまで溯ります。

その当時では、現代で言う「食べる美容液」や「森のバター」などの表現とは違い、生命の源と呼ばれていたそうです。このアボカドの原産国はメキシコと中央アメリカで、日本に入ってきたのは100年ほど前のことです。

そんなアボカドは、野菜のイメージが意外とあるようですが、果物になります。このアボカドの大きな特徴には、いわゆるヘルシーな食べ物としてあるように、まったりとした口当たりですが、その果肉には甘味がほとんどなく、酸味もほとんどないために手軽に料理の中に摂り入れることができます。

主役としてサラダとして食べることもできれば、引き立て役としてソースとして利用することもあります。そしてアボカドとは、もっとも栄養価の高い果物として人気な食べ物だということです。

 

日本からみたアボカドの歴史は浅い!!

最近でこそヘルシーな食べ物として定着しているアボカドですが、そもそも日本に伝わってきたのは大正時代にも関わらず、なぜ定着しなかったのか!これには、当時の日本の人の口に合わなかったというのが理由に一つにあります。

またもう一つにある理由には、栽培にも適していなかったということが大きな理由にあるそうです。そして、アボカドが広く知られ定着するようになったのは、ここ最近で平成に入ってからです。こうしてみると、アボカドの新しさと親しみというのは本当に最近だと言うことがわかると思います。

 

森のバター!!アボカドの気になるカロリーは

アボカドがヘルシーな食べ物というイメージが強くありますが、アボカドの別名は「森のバター」です。バターと言われる所以は、そのまったりとした口当たりにあります。また栄養も豊富に含まれていることからカロリーも気になるところです。

また「食べる美容液」とまで言われていることを考えると、何となくイメージが想像できてしまいますが、こういったイメージと少しかけ離れているのがアボカドのカロリーです。このアボカドが森のバターと言われるのには、カロリーが約232Kcalもあるということです。

これはアボカドがたった一つでのカロリーです。このアボカドの特徴には、脂肪分が豊富に含まれていることです。つまり、丸々1個食べてしまえば、それだけでかなりのカロリーが摂れることになるのです。ただもちろん1個食べるということはまずないためにそこまで気にする必要はありませんが、1個として考えた時のカロリーはかなりあるということです。

 

アボカドの栄養価

アボカドが人気が出る理由にあるのがその栄養価のバランスにあります。カルシウムなどをはじめとして18種類もある必須アミノ酸に加え、14種類以上のミネラルを含んでいます。そのアボカドの成分にはこれだけのものが含まれています。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • βーシトステロール
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • パントテン酸
  • 食物繊維
  • グルタチオン
  • オレイン酸
  • ルチン

 

アボカドの栄養から代表される働き!アボカドの効果

アボカドに含まれる脂肪分は健康に良い

アボカドの特徴でもある脂肪分が多いのが、森のバターと言われる所以ですが、ただ脂肪分といってもアボカドの場合は悪い脂肪ではなく、脂肪分の80%はリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸でできた脂肪分です。

この不飽和脂肪酸がなぜ健康や美容にいいのかは、まず不飽和脂肪酸などの脂質はカラダを作る時の原料となります。つまりカラダを動かすためのエネルギーとしての源になるわけです。といっても摂り過ぎてしまえば太る原因にはなってしまいますが・・・・・。

そしてアボカドに含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。これは不飽和脂肪酸の特徴に常温でも液体である特徴があり、カラダに摂りこまれると、サラサラの状態になります。これが血液をサラサラにしてくれ、血管の詰まりを予防し、悪玉コレステロールを低下させてくれます。

この悪玉コレステロールを減らすということは同時に、動脈硬化や高血圧の予防にもなります。血液がサラサラになるということが、血液中に血栓ができにくくなるということです。

そしてもう一つの不飽和脂肪酸であるリノレン酸には、アレルギーを和らげる効果があります。特にアトピー性皮膚炎の改善にも期待できます。

 

ビタミンが豊富で美肌になれる

アボカドが食べる美容液といわれるところには、そのビタミンが豊富なことで、ダイエットにいい効果と美肌つくりには欠かせないものがたくさんと含まれているからです。アボカドに含まれているビタミンEには、抗酸化作用によって肌の老化を予防することができます。

また便秘改善に繋がることでデトックス効果によって肌荒れをも予防してくれます。そして大きな効果は何と言っても、血液の流れがよくなることにあります。血液の流れがスムーズになるということは、酸素や栄養をしっかりと行き届かせることができるということです。

つまり、肌の代謝の向上に繋がり、肌のターンオーバーも正常化されることになります。ビタミンB6による新陳代謝の促進。肌荒れや老化の防止に繋がるコエンザイムQ10。不飽和脂肪酸によってシミを改善しながらも、肌の潤いを守るためのセラミドの生成も促進するために肌を美肌へ導いてくれるのです。

 

リノール酸で潤う肌に!

リノール酸には、肌にとって大敵でもある角質から水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。また、肌をなめらかにする作用もあることで肌そのもののバリア機能を高めることにもなります。こうした保湿してくれることによって肌を乾燥から守ってくれ潤いのある肌に導いてくれます。

また抗炎症作用や老化防止作用まであり、アボカドに含まれるビタミンEの効果によって、肌のターンオーバーを正常にしてくれることでも肌を潤おわせてくれます。

 

ミネラルが豊富である

女性のカラダは特にミネラルが不足しやすいと言われています。こうしたミネラルの中でも亜鉛が不足すれば、女性ホルモンの分泌量が低下します。そうすると女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、生理痛や生理不順といったことが起きやすくなってしまいます。

女性ホルモンを増やす方法はこちらの記事を参考にしてください。

こうしたミネラルが不足しやすい理由には、そもそもミネラルが不足している状態にあるにも関わらず、間違ったダイエットをしたことによってさらにミネラル不足に陥ってしまうこともあります。そしてミネラルが不足することでこういった症状が起こってきます。

  • 生理不順
  • 子宮内膜症
  • つわり
  • 生理痛
  • 不妊
  • 貧血

しかしアボカドには、女性が欠乏しやすいと言われているミネラルが豊富に含まれています。そのために、アボカドをうまく摂り入れることができるのです。

 

葉酸もたっぷり含まれている

ミネラルと同じように、この葉酸も女性には欠かすことのできないビタミンの一つです。葉酸は妊娠中には欠かせない栄養素として知られていますが、妊娠に関わらず、女性にとっては健康効果もあるので摂っておきたい栄養素です。

そして健康として期待できる効果にはこういったことがあります。

  • 免疫機能や消化機能を高める
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 巨赤芽球性貧血の予防ができる
  • 月経前症候群の症状を緩和することができる

こうした効果もあるために普段から葉酸も摂っておく必要があります。ちなみに、葉酸は1日に摂らなければならない量は、240μgとされています。ただ、アボカドにもたっぷりと葉酸が含まれている反面、調理の仕方には気をつけなければならないこともあります。

それが、葉酸は熱に弱いということです。つまり、アボカドを摂る場合には、サラダなどのような食べ方がおすすめだということです。葉酸はアボカド以外にも、ホウレンソウやレバーに含まれていますが、調理をする段階で火にかけることが多い食材です。

そうすると、せっかくの葉酸も栄養も十分には摂れていないことになるのです。こういったシンパうがないのがアボカドです。火にかけない調理で食べることが葉酸をうまく摂るコツです。

 

ガン予防・抗ガン作用効果もある

癌予防にもいいと言われるアボカドですが、この予防に効果を発揮すると言われている栄養が、ビタミンE、テルペン、ポリフェノールです。この癌を予防できる栄養成分がアボカドの場合には、ずば抜けて含有量が多いことがわかっています。

そして、アボカドには、他の野菜や果物には含まれていない抗がん物質が含まれていることも大きな特徴です。それが、「脂肪族アセトゲニン」です。この「脂肪族アセトゲニン」には簡単にいってしまうと、癌細胞の増殖を阻害する作用があるということから癌を予防することができると言われています。

 

動脈硬化を予防し高血圧予防できる

アボカドによって動脈硬化が予防できると言われているのは、2014年にアメリカのペルシリビア州立大学での研究によって明らかになったことで、この研究では、アボカドを1日に1個食べると動脈硬化のリスクが減るということがわかっています。

その動脈硬化の予防になるところには、オレイン酸が関係していて、オレイン酸が中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすことで予防に繋がるのです。そして高血圧を予防できるのは、アボカドに含まれるカリウムやマグネシウムといったミネラルによる効果です。

こうした豊富に含まれるミネラルが血管の状態を良好にすることで、動脈硬化の原因となる過酸化脂質を抑制することで高血圧を予防することができるのです。

 

肝機能改善する

アボカドに含まれている「グルタチオン」は肝臓にとっては非常に大切な成分で、そもそも肝臓が疲れていくのには、食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎ、運動不足や睡眠不足といった日常で何気に普段している行動から肝臓の機能を低下させていることが多々あります。

ただこうした肝臓を疲れさせる行動をしているにも関わらず、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれるほど、自分自身の肝機能の低下に気づく事が中々できるものでもありません。そのため、肝臓の機能が低下しても気づかないために、カラダに気づかないうちに老廃物が溜まり、毒素がたまる・・・・・。

肝機能を低下させる原因
  • 暴飲暴食
  • 紫外線のダメージ
  • アルコールの摂り過ぎ
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 食品添加物
  • 薬の常用など

 

こうしたことによって様々な不調を招く恐れがあるのです。そのためにする事は、肝臓を休ませることをしなければなりませんが、そのためにすることが規則正しい生活を心がけること。また肝機能を高めることもしなければなりません。

またこうした事に加え、大きく役立つのがアボカドに含まれる「グルタチオン」という成分です。「グルタチオン」はポリフェノールと比較しても数倍もの抗酸化力があるために、肝臓の疲れにも効果があるのです。

 

アボカドのダイエット効果は

便秘予防から解消へ

アボカドの脂肪分の内の8割がオレイン酸という成分になります。このオレイン酸の特徴でもあるのが、小腸で消化吸収されにくいという特性があります。つまりこれが腸に刺激を与えることになり、便秘を解消さすることに繋がるのです。

また、アボカドには水溶性の食物繊維も豊富に含まれているために、腸の蠕動運動を促し、カラダに不要な老廃物を排出させる効果もあり、便秘の予防から解消へ変えることができ、腸内環境も変えることができます。

しかも、腸内環境が改善されれば当然肌荒れの改善にも役立ちます。

 

脂肪を分解する

アボカドに含まれているカルニチンには、脂肪をエネルギーに変えるために必要な成分です。つまり脂肪を分解することで脂肪を燃焼させることへ繋げてくれるのです。ただ残念なことにこのカルニチンは年齢とともに体内で合成される量が減ってしまうものです。

これは年を重ねるごとに痩せにくくなるのがここにも関係しています。そしてその年齢は40代をピークにその量は半分まで減ってしまいます。しかしアボカドを食べることで脂肪燃焼効果は高まり、さらにカラダの中で余分な脂肪の蓄積まで防いでくれる頼もしい味方なのです。

脂肪を燃焼させるための運動で痩せない人にはこういった原因があります。

 

食欲を抑えることができる

アボカドには食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維は水分を吸収することで、胃の中で大きく膨らむ効果があり、そうすることで胃の中では満腹感を早い段階で感じやすくなり、食欲を抑えることもでき、しかも食べ過ぎも予防することができるのです。

 

脂肪がつきにくくなる

アボカドに含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らすだけの作用だけでなく、脂肪をつきにくくする効果もあります。これは脂質代謝を活性化させることで脂肪がつきにくくなります。

 

アボカドの選び方はどうすればいい

アボカドで美容やダイエットや健康といった効果をしっかりと出したいのはもちろんですが、どうせならおいしく食べれることができればよりいいと思いますよね。そんな時に、見るポイントがアボカドの選び方になります。

アボカドは実は当たり外れが多いとも言われています。見分け方を知らないために、はずれのアボカドを選んでしまってはなんだか損した気分になってしまいます。そうならないためにも、しっかりとアボカドのいい状態を見極めるポイントをつかんでおく事も必要です。

 

アボカドを選ぶポイント
  • ヘタが取れていないこと
  • ヘタに隙間がないこと
  • 皮にハリとツヤがあること
  • 色が濃いこと(黒っぽいもの)

 

アボカドに当たり外れがある理由には、収穫に原因があります。おいしいアボカドというのは脂分が20%を超えているのが特徴ですが、アボカドを一度木からもいだ時点でこの脂分は増えなくなってしまうのです。

つまり、木からもいだ時点でアボカドの成長が止まることで、早い段階でもいでしまうと脂分が十分にのらない状態での収穫となるのです。これが当たり外れのある理由です。そして選ぶポイントにもあるようにヘタに隙間がないものを選ぶ!!

これは、すきまができるのは乾燥してアボカドの水分が失われつつある証拠でもあります。そしてアボカドをおいしく食べるためには追熟をすることです。皮の色が緑から黒くなる頃がもっとも身が柔らかくおいしい時です。

そのために、アボカドは常温(15℃以上)で保管すると、1日で黒くなり、3日で食べ頃を迎えるようになります。

 

美容効果を高めるためのアボカドの摂り方ってあるの?

美容や健康にこれだけいい効果のあるアボカドをできればしっかりと効果を出したいものです。そんな時に効果を高めることができる食べ方を知っていると人と差をつけることもできます。

 

 

迷わず加熱より生のアボカドを食べる

食べ物の中には加熱することで、その食べ物にある本来の栄養が十分に摂ることが出来なくなる食べ物もあります。アボカドもその内の一つとして注意しておかなければならない食材です。ここでいう注意というのは少し誤解があるかもしれませんが、アボカドは生でも加熱することでも食べることが出来る食べ物です。

野菜と同じように加熱することで栄養が減るという点では、アボカドにも言えることですが、加熱の仕方を考えればその心配もありません。このアボカド加熱による影響というのは、ビタミン類によるものです。ビタミン類は加熱や茹でることで流れでたり、破壊されることが起こります。

ただアボカドの場合、そもそもある程度の加熱をすると、熱により原型をとどめることができなくなります。ここまで加熱すると栄養も逃げてしまいますが、短時間でサッと程度での加熱あれば、アボカドの栄養も逃げる心配もなく影響も心配なさそうです。

ですが、アボカドの栄養をまんべんなく摂ろうと考えるのであれば間違いなく生で食べることです。

 

アボカドの栄養素をより効果的にアップさせるには

アボカドの栄養の効果をさらに高める食べ方ももちろんあります。それはアボカドに含まれているビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が起こり、ビタミンEの抗酸化作用がさらにアップします。そうすることで美白、美肌に近づけることができます。

 

美肌を手に入れるためには、どのくらい食べる必要があるの?

アボカドが美容健康、ダイエットにいいのは確かですが、そもそもアボカドはカロリーが高いことはこれまでに話してきたとおりです。つまり、美容や健康にいいからといって、たくさん食べてしまえばカロリーの摂り過ぎにもなりかねません。

まして、1日に1個食べるということもカロリーの摂り過ぎにもなります。そのため、アボカドは1日に半個まで摂るようにしましょう美容にいい食べ方。健康にいい食べ方を意識するのであれば半分までです。ただし、これはカロリーを考えた上での食べ方です。

自分自身でアボカドのカロリーを考えて、普段の食事からカロリーを引き算し調整できる人であれば1日に1個食べても問題はないでしょう。

また美肌を手に入れるためには普段から気をつけておなかければならない事もあります。そしてめる前に美容効果を高める事をすることも大きく肌を変えることができます。

 

毎日食べるのはいいの?

まずアボカドを毎日食べることには特に問題はありません。ただ、1日に1個までが限度といわれています。これは、アボカドを毎日1日1個摂取したことで美容や健康に大きな成果を残している研究結果もあります。

それがBMIの減少に大きく貢献できる!つまり、痩せるということです。そしてアンチエイジング効果があるということです。これは1日1個を1カ月続けたことによってダイエットや美容にいい効果が証明されたことがわかっているため、毎日アボカドを1個食べる程度であれば問題はないということです。

特にアボカドの食欲を抑える効果を考えて朝と夜の食事に摂り入れることで、満足感も高くなり腹持ちもよくなります。

 

おすすめアボカドレシピは

アボカドの薬味ポン酢浸け

【材料】

  • アボカド 1個
  • ポン酢 大さじ2~3
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • おろしにんにく 少々
  • おろししょうが 少々
  • ごま おおさじ1/2
  • カットネギ 適量

【作り方】

  1. 調味料を全て混ぜ合わせておきます
  2. アボカドの皮をむき、一口サイズにカットします
  3. カットしたアボカドは混ぜ合わせた調味料に浸けこんでおきます
  4. 味がなじみ、しみこんだら完成です

 

アボカドマグロユッケ

【材料】

  • アボカド 1個
  • しょうゆ おおさじ1
  • ごま油 おおさじ1
  • オイスターソース こさじ1
  • 豆板醤 こさじ1/2
  • おろしにんにく こさじ1/2
  • カットねぎ 適量

【作り方】

  1. 調味料をすべて混ぜ合わせておきます
  2. アボカドの皮をむき、一口サイズにカットします
  3. マグロも一口サイズにカットしておきます
  4. 調味料の中にカットしたマグロ、アボカドを入れ味をなじませて冷蔵庫に入れておきます
  5. 食べる前にネギを散らして完成です

 

アボカドとニンニク鶏の炒めもの

【材料】

  • 鶏胸肉 大きめ1枚
  • アボカド 1個
  • にんにく 3~4かけら
  • ☆酒 おおさじ2
  • ☆クレイジーソルト こさじ2
  • ☆しょうゆ こさじ1
  • ★マヨネーズ おおさじ3
  • ★わさび こさじ2
  • ★しょうゆ こさじ1~2
  • 片栗粉 おおさじ2

 

【作り方】

  1. ★の材料を混ぜ合わせておきます
  2. 鶏肉は皮ととり、一口サイズにカットし☆の材料に染み込ませておき、片栗粉を加えてもんでおきます
  3. サラダ油をひき、みじん切りにしたニンニクを弱めの中火にかけます
  4. ニンニクの香りがしたら、鶏肉をいれ、両面を焼いていきます
  5. アボカドと★の材料を入れてサッと炒めたら完成です

 

まとめ

アボカドがなぜ世界一栄養価の高い食べ物であり、食べる美容液といわれる理由がわかると思います。アボカドの美容効果やダイエット効果。そして健康効果をしっかりと高めるための食べ方までをお伝えしてきました。

毎日たべることで肌のキメもかわり、肌にツヤ、シワが目立たなくなるようになってきます。こうした女性には嬉しい効果がたった1カ月という短期なんで味わう事ができるアボカド!大切なのは続けることです。そして女子力アップに繋げることも十分にできます!

また肌に透明感がなくてお悩みの方はこちらの記事が参考になると思います。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛が薄い!やっちゃいけないアイメイク術と救世主

  • まつ毛が抜ける!ビューラーだけじゃない!恐ろしい原因8つ

  • まつ毛が少ない!原因と長くしたい人に知って欲しいこと

  • マツエクにビューラーは負担に!痛む原因を抑える秘密

関連記事

  • プラセンタの原液効果!たった1滴で肌を変える美肌追求

  • 正座しながらダイエット!お風呂で健康的に痩せる脅威の美容秘訣

  • 生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった1週間】

  • 化粧水や洗顔で赤くなる顔!合わない原因と個別対処法

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • 生理痛を和らげる!すぐできる方法!【食べ物・飲み物・ツボ・姿勢】