1. TOP
  2. 健康
  3. 早く疲れを取る食べ物や飲み物!疲労回復によい方法と逆効果な方法

早く疲れを取る食べ物や飲み物!疲労回復によい方法と逆効果な方法

カラダが疲れている時に、チョコレートなどの甘いものがカラダにはいいと思っていませんか?実は逆効果だったりします。疲れを取るためには、食べ物や飲み物はどんなものがいいのか?その方法まで紹介します。

 

疲労回復にいい食べ物や栄養は?

カラダの疲れの感じ方は人によって違ってきます。カラダがだるいと感じる人もいれば、なんとなくしんどいと感じる人もいるでしょう。そんなカラダの浸かれを積極的に摂るといいと言われている食べ物があります。

 

鶏肉

イミダペプチドという言葉を聞いたことがありますか?このイミダペプチドというのは、鶏の胸の部分に多く含まれている成分で、2つのアミノ酸が結合したペプチドのことを指しています。そもそも鶏に限らず、空を飛ぶ鶏類がなぜ、あそこまでの距離を飛び続けることができるのか?

しかも、その飛び続ける時間もかなりの長い時間を飛び続けています。鳥の種類によっては数千キロまで飛ぶことができる秘密こそが、イミダペプチドにあるといわれています。このイミダペプチドには、筋肉疲労を防ぐ働きがあるといわれています。

これは臨床試験によって明らかになったのが、人がイミダペプチドを4日間摂り続けた後に4時間もの自転車こぎをした後に、肉体にはどの程度の疲労が出ているのかを調べたものです。

 

イミダペプチドとはタンパク質の一種で、疲労を回復させることが医学的に証明された物質です。大阪府内科医会の協力を得て実施した臨床試験では、鶏胸肉から抽出したイミダペプチド200mgを含有させた飲料(日本予防医薬株式会社製)の2週間の摂取で、75%以上の方に明かな抗疲労効果が確認されました。 みんなの家庭の医学 コミコミクリニック

 

また、カラダの疲労回復効果だけでなく、脳にも届くため、どちらの疲労に対しても効果があります。そして具体的には、1日に鶏の胸肉を焼く100gを1週間摂り続けることで疲労回復に効果があることがわかっています。

 

クエン酸

カラダを何かしら動かすことで、エネルギーを消費することでカラダが疲れた状態になると、カラダから疲労物質である乳酸がたまってきます。この乳酸があまりにも大量に発生しまうことで、私たちのカラダが疲れたと感じるようになります。

その症状として、カラダがだるいと感じたり、肩こりが起こったりすること。しまいにはカラダの冷えや頭痛といったことまでおこってきますが、クエン酸を摂ると疲労が回復するのは、乳酸を分解する力がクエン酸にあるからです。

クエン酸の力には・・・・・

  • 血液をサラサラにしてくれる
  • 乳酸を筋肉から肝臓へ回収しエネルギーにかえる

 

そのために、クエン酸が含まれているお酢やレモンなどの柑橘類を摂ることで疲労を回復させてくれるのです。ただクエン酸が疲労を回復してくれるものであっても、このクエン酸を摂るだけでは、疲労をとることはできません。

あくまでも必要なのは、カラダを構成するために必要な三大栄養素が不可欠であるということです。

 

ビタミンB

疲労を回復させてくれる栄養素としてもっとも身近でよく摂っているのが、ビタミンBだといわれています。ビタミンBが疲労にどう関係しているのかには、そもそもビタミンBがカラダのエネルギーを作るための工程でたくさん利用されていることにあります。

つまり、ビタミンBが不足すれば、カラダを動かす必要なエネルギーが作れない事を意味しています。これがカラダの疲れになり、疲労感を生む原因になるのです。そもそもビタミンBには、ホルモンを生産したり、貧血を改善したり、ストレスへの低抗性を上げるといった働きや、他の栄養素との関係性が深く繋がっている栄養素です。

 

ビタミンBを摂っても全ての人が疲労回復にはならない!

ビタミンBが疲労を回復させてくれるということに間違いはありません。ですが、ビタミンBが全ての疲労に対して有効でもないということです。つまり、疲労にも種類があるということです。

 

ビタミンB1不足による疲労

無気力や抑うつ、倦怠感などのうつ病ににた症状による疲労

 

ビタミンB5不足による疲労

倦怠感や貧血の疲労、ストレスによる疲労

 

ビタミンB6不足による疲労

気分のムラ等の疲労や傾眠による疲労

 

ビタミンB9による疲労

食欲がなくなってくる、体重が減少するなどに伴う疲労

 

つまり、疲労と一言でいっても、どのような疲労なのかで摂るビタミンB類も変わってくるということです。ですが、ビタミンB類をバランスよく含め、疲労回復効果にバランスがいい食べ物もあります。それが豚肉です。

豚肉には、ビタミンB群が含まれているために、ストレスを軽減し、精神的な疲労に対しても回復させてくれる効果があります。

 

玉葱で疲労を回復

タマネギが疲労回復にいい理由にが、タマネギの栄養素にある硫化アリルという栄養成分です。この硫化アリルという成分は、刺激や匂いの元となる成分で、よく料理をする時にタマネギを切ると涙がでることがあると思います。

あの涙がでるのが、この硫化アリルの影響なのです。そしてこの硫化アリルには、血液をサラサラにする効果や新陳代謝を活発にする働きがあるために、冷え性などで血液の流れが悪くなっている人などの疲労を回復させることもできます。

 

大豆で疲労を回復

大豆に含まれている大豆ペプチドという成分には、筋肉や血液をつくる上では欠かせない栄養素一つです。このペプチドというのは、20種類ほどのアミノ酸で作られた物質で、大豆ペプチドの大きな特徴は吸収が非常に早いということです。

通常では、アミノ酸でできたタンパク質を吸収するのに3時間から4時間はかかるといわれています。しかし大豆ペプチドであれば、速い吸収によって効率よく摂ることができます。また何よりすごい効果は脳と筋肉との疲労回復作用があることです。

これは何を意味しているのかというと、仕事などで疲れた状態にある時に、大豆ペプチドを摂るだけで、素早い疲労回復に繋げることができるということです。また大豆ペプチドには、免疫力をアップさせるアミノ酸も含まれています。

つまり風邪の引き始めなどにも有効で、大豆サポニンによる効果と合わせて疲労回復や免疫力アップにつなげてくれます。免疫力を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

卵を食べる

たった1個の小さな卵には、大きな力が秘められているといわれています。それが健康による力です。卵といえば、どうしてもコレステロール値を上げる食べ物と少しばかり悪いイメージがついてしまっていますが、じつはそういうわけでもありません。

しかし、最近の研究でわかったことは、これステロール値を上げる、または蓄積されるという根拠は全くありません。むしろ、傷ついた血管を守る働きをする力があることがわかっています。そんな卵に含まれるアミノ酸はかなり良質なものでもあるのです。

私たちのカラダの血管や筋肉、内臓とあらゆるところの元となっているのがタンパク質です。この元になるものがアミノ酸でアミノ酸はカラダに摂っては無くてはならない存在だといえます。

そんな卵に含まれるアミノ酸の効果には疲労回復を促す効果があるということです。つまり疲れやだるさを軽減しカラダの回復に繋げてくれるということです。また、美容の点からいっても、ビオチンという成分が痛んだ肌や皮膚の再生力を高めてくれるために、疲労を回復しながら肌にもいい効果があります。

 

魚介類で疲労を回復

魚料理のバリエーションはかなりあり、いろいろな料理にかえることで楽しみ方も多い食べ物ですが、こういった魚や海藻類には、良質なタンパク質とビタミンB群の両方を多く含んでいることが疲労への回復効果に繋がります。

その中でも特に魚ですすめしたいにのが、「あじ」です。特にあじには、優れた栄養バランスに加えて、調理のバリエーションにも対応できるところがポイントです。まず、タウリンときくと滋養強壮にいい成分として栄養ドリンクにも含まれている成分です。

このタウリンには、カラダの内臓機能や細胞などを正常な状態に戻そうとする働きがあります。こうしたタウリンの働きによって疲労を回復してくれます。また、あじにはカルシウムも含まれていて、歯や骨を丈夫にするのはもちろんですが、カルシウムを摂ることで、ストレスを緩和させることもできるので、疲労の原因にもなるストレスを予防することもできます。

そして魚といえば、DHAが良く知られている言葉ですが、このDHAには、脳の機能を活性化する働きがあります。これは、現代社会で切り離せないストレスに対して、精神的な安定や緊張といった事に対して緩和させる効果があります。

つまり、疲労の原因になるストレスを緩和する効果から疲労具合も変わってくるということです。

 

海藻類で疲労を回復

朝起きて今から仕事という大事な一日を、起きた瞬間から気が滅入る思いをするのが、カラダのだるさではないですか?朝起きてや日中を通してカラダがシャキッとせずに一日、カラダが重い!だるい!と感じる時は、疲労が取れ切れていないのはもちろんですが、ストレスの影響も十分にあるということです。

こうした主な原因は、ストレスなどでカラダがビタミンやミネラルが不足している状態にあることです。ミネラルといえば、カルシウムやナトリウム、鉄分、マグネシウムですが、こういったミネラルが不足する事で起こってきます。

そしてただ、カラダがだるいだけでも済まなくなり、貧血やめまい、肌あれや冷え性、腸内環境の悪化、免疫力の低下と美容や健康においても全て悪循環に陥ってしまいます。しかも、これを放っておくと、さらに悪化する事態にもなります。

カラダがだるく、疲れがたまったり、取れないと感じる時は、海藻類をしっかりと摂っておくことも大切です。

 

立ちくらみがする!そんな時にいい食べ物!疲労との関係性

 

立ちくらみの原因には、血液が足りていない状態や血圧が低い状態にある時に起こると思います。こうした何かしらの理由で酸素が不足している状態に陥ってると、酸素不足からカラダにも疲れが出てしまいます。

こういった立ちくらみを予防するためにも鉄分を補うのが必要になってきますが、鉄分も摂れる海藻類が疲労回復にもつながるためにおすすめです。

 

にんにくで疲労を回復

ニンニクは滋養作用については、古くから知られている通りで、ニンニクを食べれば疲労を回復し体力増強には欠かせない食べ物とされてきました。また、体力増強という意味では、必要なビタミンB1も含まれ疲労回復を促進してくれます。

そして疲労の原因にもなっているストレスに対しても軽減することがわかっています。

 

トマトで疲労を回復

トマトには、初めの方で説明しているクエン酸が含まれた食べ物です。またクエン酸の他にもリンゴ酸が含まれていますが、これらはあ新陳代謝を高めてくれる働きがあります。この新陳代謝が高まるということは、疲労物質である乳酸を溜まりにくくすることであり、さらに乳酸の発生も抑えてくれることに繋がります。

また、ストレスを受けることによって発生する活性酵素についても、トマトに含まれるリコピンの力によって活性酵素を除去する働きもあります。

 

はちみつの素早い疲労回復がおすすめ

はちみつには、疲労回復効果以外にも精神的な安定や風邪を予防する働き、眠りやすくする働き、整腸作用など様々な効果がありますが、その中でも特に疲労を回復するための成分がしっかりとと含まれています。

疲労回復に必要なブドウ糖や果糖、ビタミンB1といった栄養成分がはちみつには豊富に含まれています。またミネラルやビタミンなども含まれていることから、カラダに吸収しやすく疲労を早く回復してくれるようになります。

特に疲労で困ることは、翌日に持ち越してしまい、疲れが抜けきれない状態のまま仕事に行くなどカラダを動かす場合ではないですか?できれば、カラダの疲れはその日の内にとっておきたいものですが、実際にはこうも簡単にもいかないものですよね。

特に慢性的な疲労になってしまえば、毎日がつらくしんどくもなってきます。こうした慢性的な疲労に対しても有効なのがはちみつなのです。すぐに疲労を取りたい時にはおすすめです。またカラダだけでなく脳の疲労にも効果があります。

勉強や仕事などで脳を酷使したときほど甘いものが欲しくなることがあると思います。そんな時に甘いものを食べると、脳の疲労が落ち着いたように感じてしまいますが、脳が本当に欲しているものはブドウ糖なのです。

つまり、疲れたからといってむやみに甘いものを食べるのではなく、ブドウ糖が含まれている食べ物を摂ることをしなければならないのです。

 

ただここで気になることがありませんか?

 

そもそも疲労を回復させるには、栄養ドリンクのようなすぐに効果のでる飲み物もあるのに、なぜはちみつなどの食べ物を薦めるのか!?栄養ドリンクには、疲労に対する成分が含まれていますが、その中でも即効性で、疲労が抜けた。ましになったと感じさせてるのがカフェインと糖分によるものです。

これは裏を返していえば、疲労はすぐにとれておらず、その後も疲労はとれていません。あくまで一時的な効果に過ぎないということです。しかも飲んでから効果が切れた時、また飲み続けることを辞めた時に今度はどっと疲れが押し寄せてくる羽目になります。

つまり、本当に必要なのは、こうした栄養ドリンクに頼ることではなく、即効性の高いはちみつを変わりに摂る方が、その時、その後のことを考えても断然効果が違うのです。

 

発芽玄米で疲労を回復

発芽玄米は、栄養バランスが高く、白米と比較してもビタミンB群やカルシウム、鉄分、食物繊維といった量は大きく発芽玄米の方が上回っています。そんな発芽玄米にはGABAという成分によってストレスを軽減する働きがあります。

またストレスが軽減できれば疲労としての蓄積も少なくて済みますし、何よりの効果は美容や健康にあることです。

 

疲れを取る食べ物!コンビニ編

疲労やストレスを少しでも和らげるために必要なことは、自分で料理をすることでその栄養バランスを摂ることが疲労を回復する手助けになります。しかし、時間や料理が苦手という人には、こういった時間さえも煩わしくなってしまうのです。

そんな時に便利なのがコンビニで食べ物を購入することになると思います。ただ、コンビニであっても疲労を回復させてくれる食べ物は揃ってるために、うまく摂り入れてみるのもいいかもしれません。そしてここでは、おすすめ7撰を紹介します。

疲労回復によいコンビニ食べ物7撰
  • バナナ
  • シャケ弁当
  • 蕎麦
  • 梅おにぎり
  • 鶏胸肉
  • 枝豆
  • ヨーグルト

 

ご飯と味噌汁のバランスがやっぱり最強?!

 

これまでにお伝えしてきた中で疲労には大きくカラダにでる肉体的な疲労と、心にうける精神的なストレスによる疲労とに分けることが出来ると思いますが、こうした心身ともに疲労している状態にもっともいいのは、ごはんとみそ汁のバランスなのです。

これは、わたしたちの日本人の食事性を考えた上でもっとも適しているという意味で、ごはんとみそ汁には、このバランスを取るためにアミノ酸バランス非常に優れていることにあります。このバランスには、ごはんに不足する気味のリジン(タンパク質を作るアミノ酸)については、味噌や豆腐、納豆といった豆類に多く含まれているため味噌汁がよく、豆類に少ないメチオニン(必須アミノ酸の一つ)は、ごはんに多く含まれているために、この2つのアミノ酸バランスが摂れる理想的な食べ物として「ご飯とみそ汁」なのです。

 

酵素を多く含む果物などが疲労を回復させる

年齢を重ねるにつれて、カラダの疲れが取れなくなってくるのはある意味仕方のないことかもしれません。これは、加齢によってカラダにある酵素の量が減っていくことが関係しています。つまり酵素が減ることが疲労を貯めやすくさせているということです。

そのために必要なことは、積極的に酵素を摂る習慣をつける事と酵素を無駄遣いさせている原因を改善することが疲労を回復させる手助けになります。そのためには、カラダに酵素を摂り入れなければなりません。

果物から摂ることも有効な方法ですし、酵素が含まれている野菜から摂ることも必要なことです。そして無駄遣いをしている酵素の使い方というのは、消化酵素を大量に使わないことです。具体的にいえば、こういったことが原因です。

  • 暴飲暴食をしている
  • 早食いをしている
  • 肉料理を食べ過ぎている
  • 揚げ物を食べる機会が多い

こうしたカラダにとって消化に悪い食べ物を摂ることや負担をかけることをすることが消化酵素を使いすぎてしまう原因です。こうした予防をすることに加えて、果物や野菜、発酵食品から酵素を摂り入れることをする事が疲労を回復するための方法になります。

また酵素を十分に補うことが難しければ、酵素サプリメントから補う事でも解消することはできます。特におすすめなのが「カロリナ酵素プラス」です。詳しい内容はこちらの記事で確認してください。酵素を摂る目的は疲労回復だけに限らず、美容やダイエットにおいてカラダの全てに欠かせないものです。

 

してはいけない!甘い物の摂りすぎは逆効果

先ほど少しこの内容に触れていましたが、疲れた時に甘い物を欲するからといって、そのまま甘いものを摂るだけがいいとは限りません。カラダが甘いものを欲している時は、ブドウ糖を求めているのが原因です。

そのためにブドウ糖を摂る分には問題はありませんが、糖質を多く摂ったところで糖質が効率よくエネルギーに変えることはできないのです。ここで必要なのは、ビタミンB1を摂ることです。このビタミンB1が摂れていなければ、いくら糖分を摂っても疲れや疲労といったものは改善されません。

また逆に、糖質を食べ過ぎてしまうと、糖質がエネルギーにならずに、余計にカラダを疲れさせてしまう事にもなるために食べ過ぎもよくありません。

 

疲労を回復させる飲み物は

コーヒー・お茶はあくまで一時的なものにしか過ぎない!

これは栄養ドリンクにも言えることかもしれませんが、お茶やコーヒーに含まれるカフェインには、疲労回復に飲む人もいると思います。しかし、このカフェインの効果には覚醒作用が関係していて、カフェインを摂ることで交感神経を刺激することで疲労や眠気を一時的に取り除いているのです。

つまり刺激によって眠気や疲れが疲労を回復させているように感じさせていることがその理由にあります。ただ問題なのは、このカフェインによる効果は持続しないとうことです。長期的に続くような場合の疲労に対して即効性という効果としては、あまりいい効果とは言えないのです。

またカフェインの摂り過ぎになってしまえば、睡眠への影響で眠れないなどの症状にも繋がってしまいます。あくまでカフェインは覚醒作用によるものであり、カラダの疲れやだるさを回復させるのには向いていないということです。

 

アセロラドリンクで疲労を回復

アセロラと聞くと、生で食べるイメージよりもドリンクなどで飲むほうのイメージが強いかもしれませんよね。その理由には、アセロラそのものが痛みやすいという欠点がある事もその理由の一つにあります。そのために飲み物やお菓子として出回っていることが多いのです。

そんなアセロラには、疲労を回復させるために必要な栄養が豊富に含まれています。疲労回復に必要なビタミンB群、ミネラル。そして疲労を回復させ免疫力まで高めるビタミンCまで含まれています。特にビタミンCにおいてはその含有量も群を抜いて多く含まれています。

たとえばレモンの比較してもその量は10倍も多く含まれています。こうしたビタミンCは、ストレスによっても失いやすい成分な上に、ビタミンCが不足してしまうと疲れを感じやすくもなります。また火に弱い性質もあり、カラダの中では生成されないこともあって不足しやすい栄養でもあるのです。

 

疲れを摂るためには睡眠を大切!

カラダの肉体的な疲労から精神的なストレスによる疲労と、これに加えて栄養のバランスが悪いと疲労は蓄積されていきます。またこの疲労を回復させるためには睡眠がなによりも欠かせないことですが、睡眠不足がさらに疲労を悪化させてもいます。

睡眠をしっかりと摂るということは、ストレスの低抗を下げる目的もあります。こうした睡眠をしっかりと摂るためにもやらなければならないことがあります。それが睡眠の質を高めることをすることです。その方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

疲れを摂る!おすすめ料理3つ

ほうれん草と豚肉の炒め物

材料】

  • ほうれん草 一袋
  • 豚肉 好みの量
  • 卵 2個
  • ごま油 適量
  • 中華ダシの素 適量
  • 酒 適量
  • しょうゆ 適量
  • 塩コショウ 適量

【作り方】

  1. フライパンに胡麻油をひき、卵を入れてスクランブル状にする
  2. でき上がった卵は一度、皿へ移しておく
  3. 次に、ごま油をひき、豚肉を炒めていき、塩コショウします
  4. ほうれん草の茎の部分を先に入れ、油が回る程度に炒め、酒を一振り入れます
  5. つぎに、ほうれん草の葉の部分を入れ、蓋をし余熱でしんなりするまで待ちます
  6. ほうれん草がしんなりしてきたら、中華ダシの素を入れ味を調整します
  7. に詰まったら、卵を入れ混ぜながら、しょうゆを入れて香りだしをします
  8. 好みの味付けになったら完成です

 

ひじきのサラダ

材料】

  • 干しひじき 30g
  • たまねぎ 1/4
  • 梅干し 大1個
  • 鰹節 少々
  • 塩コショウ 適量
  • お酢 おおさじ1
  • 麺つゆ おおさじ1
  • ゴマ おおさじ1

【作り方】

  1. ひじきは食べやすい大きさにカットしさっと茹でてざるに取り水気をきっておきます
  2. たまねぎはみじん切りにしておきます
  3. 梅干しは種をとり、潰しておき鰹節、塩コショウ、酢、麺つゆ、ごまと混ぜ合わせておきます
  4. ひじき、たまねぎを混ぜた梅干しと合わせて混ぜて完成です

 

きゅうりの昆布和え

材料】

  • きゅうり 1本
  • 梅肉 1個
  • 塩昆布 おおさじ1/2

 

【作り方】

  1. きゅうりを縦に半分カットし、3cm幅にきゅうりをカットしていきます
  2. 梅干しは種をとり、包丁で刻んでおきます
  3. 塩昆布、梅肉、きゅうりを全て合わせて混ぜ合わせます
  4. 冷蔵庫で30分ほど冷やしたら完成です

 

まとめ

カラダがだるいと感じる時、疲れはかなり疲労として蓄積されている状態にあるかもしれません。できる限り、疲労を貯めないことや翌日に持ち越さないことが大切ですが、そのためには普段から疲労を回復してくれる栄養を摂っておくことも大切なことです。

また普段から休息をとる時間とともにストレスを発散できる環境を作ることも疲労をためずに、疲労回復させる近道になります。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 生理前の不調症状!「PMS」にバナナがいい理由【豆乳との関係性】

  • 美白だけじゃない!ヨーグルトパックが21歳若返る効果がすごい

  • 1日で脚は絶対に細くなる!美脚の秘訣【リンパマッサージ・座り方】講座❤

  • 【愕然】腫れぼったいまぶたのむくみ!原因と解消法で快適な朝に!

  • 放っておくと危険!強烈な口臭は腸から改善!即実践できる対策

  • 化粧水はコットン?それとも手?正しい使い方と効果の違いは?