1. TOP
  2. 健康
  3. 何をしても痩せない原因は「デブ菌」だった!ダイエットを失敗させる過ち

何をしても痩せない原因は「デブ菌」だった!ダイエットを失敗させる過ち

 2016/07/12 健康
この記事は約 7 分で読めます。 189 Views

ダイエット中に最も重要といわれるのが、食事の中で摂るバランスです。特に腸内環境が大きくダイエットの成功に繋がるかどうかはここにかかってきます。つまり毎日の食べたものによって悪化する場合もあれば、改善できることもできます。デブ菌を増やさないための食事のバランスと摂り方、そして何をしても痩せない人に共通する過ちを紹介します。

 

デブ菌の正体は身近なものだった・・・

SAYA151005028213_TP_V (1)

ダイエットを始めるにあたって必ず耳にする言葉に「腸内環境」があります。この腸内環境をしっかりと改善することができれば、痩せることができると言われています。ですが、腸内環境を改善できれば必ず痩せることができるわけではないことがわかったのです。

アメリカでの研究の中で新たに判明したことには、「デブ菌」というものが存在し、食べているものによってこのデブ菌が増えてしまうことがわかっているのです。つまりダイエットにとっては天敵ともいえるデブ菌。
そのデブ菌の正体が「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)です。

この腸内細菌叢の言葉にある「叢」には腸内細菌が多く集まっている状態を指しています。つまり、「叢」はくさむらを意味しています。そしてデブ菌が注目されているのには、アメリカで行われた動物実験で感染症治療のために糞便を移植する治療と検証からわかったことです。

その実験の結果からわかったことには、肥満の人から糞便を移植すると、移植を受けた人も肥満傾向になるということがわかったのです。つまり太りやすい人や何をしても痩せない人の腸内細菌には、デブ菌が腸内で関係しているということです。

そして腸内細菌の集まりは一日中食べ続けると腸内細菌に偏りが起こることもわかっているそうです。つまり腸内細菌は食べる物によっても変わり、デブ菌が腸内を支配するかどうかは食べ物次第になるのです。

こういったデブ菌を普段の食生活から整えることが大切になってくるのです。そしてこのデブ菌を減らすために左右させるものが食物繊維だといわれています。

 

デブ菌は貯め込む性質を持つ菌!

何をしても痩せなかった原因にあるかもしれないデブ菌の存在!!じつはこのデブ菌にが悪い菌だといわれているのには、腸内に生息し消化されたものを体内にため込む菌であることがその理由にあります。人の体は食べた物の80%を小腸で吸収し大腸をとおって排出されていきます。

しかし腸内でデブ菌が増殖していると、本来排出されるべきものまで吸収して体内にため込んでしまう性質をもっているのです。通常は身体から排出しなければならないものを貯め込んでしまうために身体にとっては非常に邪魔な存在なのです。

 

デブ菌を増やせないためにするべきこと

SAYA151005270I9A83772_TP_V (1)

普段の私たちの腸内には腸内細菌が多数集まっている状態にあります。その腸内細菌の数は100兆個ともいわれており、デブ菌が増えるかどうかは腸内細菌をどれだけ改善でき、腸内環境を見直すことができるかにかかっています。そのためにデブ菌を増やさないためにするべきことがあります。

 

善玉菌をとる

デブ菌を増やさないためには、善玉菌の好物を身体に取り入れないといけません。そのために必要なことが善玉菌をとることです。善玉菌は食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌といった有用菌が好物のために野菜や果物、ヨーグルト、大麦や海藻類などもおすすめです。

特に生きて腸まで届く植物性乳酸菌を含んだものを摂ることもいいでしょう。

 

空腹時間をつくる!

大学の研究によると、同じ食事内容でも空腹時間があっての食事とダラダラと食事をし続けている人とでは、デブ菌の割合が違うことがわかっています。しっかりとメリハリをつけ、空腹時間を作ることで腸内細菌の影響は変わってきます。

 

偏った食事

アメリカの大学の研究でわかったことには、高脂肪で高糖分の食べ物を食べ続けていると肥満に繋がるデブ菌の割合が増えることが判明しています。お菓子や甘い飲み物なども含め、こういった物を習慣として食べていることはかなり注意が必要になります。

 

痩せる腸内細菌が存在する

AKANE278130712_TP_V (1)

「クリステンセネラセエ」という腸内細菌がありますが、この腸内細菌は痩せる腸内細菌として注目を集めています。現段階でわかっていることは、遺伝子との関連性があることが一つで、痩せている人には、この腸内細菌を持っている可能性があるといわれています。

この腸内細菌の特徴には、鎖脂肪酸という物質を合成して、その結果体重の増えを防ぐ働きがある細菌です。この腸内細菌を効果的にする方法はずばり腸内フローラを整えることです。野菜や果物、乳酸菌など、身体に必要なものを取り入れることで増やすことができるといわれています。

 

デブ菌は太るだけでなない!女性に恐ろしい結果を出すことも!!

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223_TP_V (1)

ダイエットをしていても何をしても思うように痩せない人には、このデブ菌が関係している可能性があるわけですが、それ以上に恐ろしい事は、腸内細菌は病気や気分さえも操っているかもしれないということです。そして肌の調子、肌のシワなどの体質まで関わってくるとも言われています。

美肌作りには欠かせない腸内環境を悪化させることがデブ菌を支配させるだけでなく、肌荒れを引き起こす原因になるのです。

 

病気による心配もある

デブ菌がダイエットに深く関係していたことには驚きがありますが、このデブ菌がもたらすのは、病気に繋がる可能性も持っているということです。デブ菌の増殖によって太りやすくなることで、肥満から糖尿病またガンといった病気を抱えるだけでなく、うつ病などの病気や脳にまで影響をもたらす細菌だともいわれています。

 

デブ菌は感染する?

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V (1)

デブ菌の実験からも分かるとおり、動物実験や人に移植したときに、太りやすくなる。しかも短期間で太る可能性があることがわかりましたが、こういったことからも感染によって太るのではないか心配になると思います。結論から言ってしまえば、どちらともいえるということが答えです。

これはデブ菌が遺伝子として関係していることから肉親同士は感染することがわかっています。しかし夫婦など、いわゆる他人との場合には感染することはないので心配する必要はありません。

 

デブ菌は痩せ菌とのバランスが重要!!

PASONAZ160306310I9A1915_TP_V (1)

人が健康的な身体でいるためには、このデブ菌のバランスをとることが非常に重要になってきます。これはデブ菌の増殖率が高くなればなるほど、バランスが崩れていってしまうために、デブ菌と痩せ菌のバランスは4:6でならなければなりません。

このデブ菌の比率が少しでも高くなると肥満になる傾向にあるといわれています。

 

デブ菌を最も減らす食材とは

SAYA151005270I9A83772_TP_V (1)

これまでにデブ菌を減らすためには善玉菌や空腹時間を作る、偏った食事から取り組んで行かなければなりませんが、こういったデブ菌を減らすために最もおすすめされている食事材が「納豆」なのです。納豆が最強食材だと言われる理由には、納豆に含まれる植物性乳酸菌です。

この植物性乳酸菌の納豆には、驚異的な繁殖力をもつ菌で、わずか16時間で40億倍に増える菌なのです。この爆発的に増える納豆菌によって腸内フローラを育て、善だま菌が優位な腸内環境を作りだしてくれるのです。

 

まとめ

デブ菌が痩せにくくしている原因になっていることがわかりましたが、これを踏まえたうえで重要なことはデブ菌と痩せ菌とのバランスを考えるために必要なのは、デブ菌を増やさないための方法を実践することにあります。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品や漬物や味噌といった植物性乳酸菌、ビフィズス菌を摂ることで善玉菌を増やすことです。また食物繊維を摂ることも必要になってきます。また、忙しいあまりに手軽さからインスタント食品や加工食品が多い食べ物をとる食生活もよくありません。

デブ菌のが優位にならない腸内環境つくりを行っていくと、何しても痩せないことはなくなってくるはずです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 美酢は太るの?お酢ダイエットで痩せた種類!美酢の寝る前の効果は

  • 食欲が止まらない生理前!食欲を抑える方法で太らない予防を!

  • 予防だけでいいの?白髪が食べ物で改善する11の習慣

  • なんで?体重は減るのに下半身が痩せない原因と短期間で成功する方法

  • 肌の老化現象が現れたら!肌老化させないために効果的な食べ物

  • お腹だけ痩せない!ぽっこり太る原因を治す即効性のある方法