1. TOP
  2. 健康
  3. 予防だけでいいの?白髪が食べ物で改善する11の習慣

予防だけでいいの?白髪が食べ物で改善する11の習慣

健康 美容
この記事は約 20 分で読めます。 422 Views

毎日鏡でみる自分の顔!顔が老けてみえる原因の一つに白髪があります。30代、40代と年齢を重ねるにつれて増えていく白髪!本当に予防したいのであれば、習慣化させる11つの改善方法を紹介します。

 

白髪が目立つ!これってどうして?

突然白髪が増えだした経験がある人もいるかもしれません。また、年々白髪が増えてきたような気がする・・・・。こうした白髪に対して、どのような方法で白髪を予防したり改善したりしていますか?よく巷で噂になる白髪改善方法は本当なのかも知りたいところですよね!

まずは巷でよく耳にすることから紹介していきます。

 

昆布やわかめといった海藻類は髪にいいの?

まず髪の毛の主成分となっているのは、ケラチンというタンパク質で、18種類のアミノ酸から構成されています。そして海藻類が髪の毛のいい効果があるといわれているのは、見た目の昆布やわかめを想像してみるとわかるとおり、黒々としたイメージがつくと思います。

まず、海藻類が髪の毛にいいといわれているのは、海藻類の見た目からそうイメージが定着しているのです。じゃあ、本当にイメージ通りの効果があるのか気になるところですよね!!結論からいってしまうと、海藻類が髪にいいのは否定的な事が多いです。

まず発毛については医学的な根拠はないと言われています。つぎに、髪の毛の主成分はタンパク質で、わかめや昆布にはアミノ酸は少量しか含まれていないため、海藻が髪の毛にいいのは難しいところです。

ただ、昆布などに含まれるヨードには、新陳代謝を促したり、成長ホルモンの分泌を手伝う働きはあるため、髪の毛の艶には効果があるといわれています。では、肝心の白髪に対してはどうなのか!?

これは、海藻類には、ヨードが含まれていることから髪を健康な状態に保つことができるため、白髪には効果があります。それがメラノサイトを活性化させてくれることです。

 

白髪はメラノサイトを活性化させることによって予防できる

髪の毛の色というのは、メラニン色素の配合量によって色が決まってくるのです。そのメラニン色素は、細胞であるメラノサイトがメラニンを作りだしています。そして、このメラニン色素がしっかりと生成されなくなることで白髪が生み出されているのです。

そしてこのメラニン色素が生成されなくなる理由には様々ありますが、メラニン色素をつくるメラノサイトの活性化こそが白髪を予防する方法になるのです。

 

白髪を抜いたら増えるって本当?

白髪が増え始めてくると、どうしても白髪を染めるか、白髪そのものを抜いてしまうケースがよくあります。そもそも白髪を抜くことには意味があるのかどうかですが、白髪をムダ毛として考えて抜いていることはよくないことです。

つまり、抜いても問題がないわけではなく、白髪を抜くことによって毛穴の周りの皮膚や毛細血管を傷つけることになり、頭皮に炎症を起こす可能性があるからです。また白髪が増え始める度に、白髪を抜いていると毛母細胞が繰り返しダメージを受けることになり、髪の毛そのものが生えてこなくなる場合もあります。

つまり、白髪をぬいたところで、白髪自体が増えることはなく、ただ最悪、髪の毛が生えてこなくなることもあるということです。そして白髪を見つけても抜くことはせず、気になる場合はハサミできるだけですませておくことです。

 

白髪を染め続けるとどうなるの?

白髪が目立つようになってくると、手っ取り早いのが白髪を染めることだと思います。白髪があるとどうしても老けて見えたり、顔の印象自体も悪くなってしまいます。また、髪の毛に清潔感が感じられなくなることも大きな原因としてあります。

こうした白髪に対して、染めることは短期的な対処法としては、優れていると思いますが、長く髪の毛をみていくと必ずしもいい改善方法ではありません。つまり、髪の毛にダメージが少しずつ蓄積されていくことになるのです。

その結果、髪の毛ボリュームがなくなったり、抜け毛は増えたり、髪そのものにハリや腰がなくなってきたりと・・・・・。いいことばかりでもないのです!!こうした悪循環に陥るケースはほとんdの女性が体感していることかもしれません。

そしてこうした白髪や髪の毛の質が低下する原因の一つが栄養不足が上げられます。

 

外側からの白髪ケアは効果がない!?

白髪を染める意外にあるもう一つの白髪ケアの方法として、頭皮用のトニックアがありますが、このトニックの働きには、メラノサイトを活性化させるために刺激や生産をトニックによってさせる働きがあります。これはいわば

、人工的に作られたトニックによってカラダの外からメラノサイトを活性化させる手段ですが、場合によっては頭皮の環境を悪い方へ変えてしまうこともありえるのです。つまり、メラノサイトが必要な栄養から作りだすことが出来なくなる、または力が弱くなることでメラノサイト本来の仕事が十分に機能しなくなる可能性も考えられるということです。

そのために本当に白髪を改善させたいのであれば、人工的なものに頼るのではなく、カラダの内側から変えていかなければならないということです。

 

内側からのケアで白髪は黒髪に戻すことができる!

白髪を抜くことは頭皮には良くない。しかも白髪染めをし続けることも、先の事を考えれば、髪の質の低下を招き、悪化させるにしか過ぎないこともわかりましたが、結局のところ八方ふさがりに思えるかもしれません。

しかし、白髪ができる原因の根本を見直すことで、白髪から黒髪に戻すことは十分に可能なのです。それが、これまでの髪の毛の外側からのケアではなく、髪の内側をケアするやり方にかえていくことが黒髪に戻すために必要なことです。

まず、黒髪を戻すためには、髪の毛がどう作られているのかを知っておくことも大切なことです。

 

血液で作られている

髪の限らず、私たちの栄養を運んでいるのは、血液の流れによって全身に栄養が届けられています。ただ髪の毛に白髪が出てしまうのにも理由があって、カラダには優先順位によって栄養の届き方がかわってきます。

まず、髪の毛も細胞からできているため、髪の毛を作るためには血液が必要です。ですが、カラダにとっては、髪よりもカラダの機能を先に優先するため、髪の毛は後回しにされています。つまり、必要な栄養を使い終わった後に髪の毛に栄養が届くのです。

 

メラサイトが髪を黒くさせる

白髪に対して老けて見えるなど、悩みの種になっていますが、じつは髪の毛本来の色は白!つまり無色透明の状態にあります。これは髪の毛本来の細胞の色が無色透明だからですが、この髪の毛に色をつけているのがメラノサイトと呼ばれる場所でメラニンを生成していることです。

つまり、私たちの髪の色は、このメラニン色素の配合によって色が決められているわけで、ここに様々な栄養が不足している状態にあることで髪の毛が白くなっているのです。また、メラノサイトの働きが弱くなることでも白髪になっていきます。

そしてこの色素が弱くなるのは血液に関係しています。

 

女性は白髪になりやすいのは血液不足

男性に比べ、女性の場合は白髪になりやすいと言われています。その理由が、初潮、出産、閉経の時期が特に白髪になりやすい時期といわれています。こうした時期はどうしても大量の血がカラダから失われていくために、血液不足の状態になってしまいます。

また生理不順の場合も白髪になりやすいこともあります。月経が始まることで、メラノサイトよりも子宮に血液や栄養が集まりやすくなります。そして出産のときは、メラノサイトよりも生まれてくる赤ちゃんのために栄養が優先されるためです。

そして閉経の時は、自分自身の生命を守ろうとカラダが反応することで、心臓などの臓器に栄養が集まりやすくなり、髪の毛には栄養が後回しになってしまうのです。

 

カラダは健康から白髪は改善される

カラダに栄養を送っているのは、血液だということがわかりましたが、血液の中に含まれる栄養そのものが少なければ当然、髪にも十分な栄養が行き届かず白髪を増やしてしまう原因にもなります。そしてその結果、メラノサイトに必要な栄養が行き届かないことになります。

そうならないためにも、まずは日常生活を見直すことが必要になってきます。具体的には、偏った食生活になっていないか?睡眠はしっかりと摂れているのか?適度な運動はできているのか?

などの普段の生活の中で一度は見直さなければならないことが意外にも多くあるかもしれません。ただこうしたことは、普段の日常の中では至って当たり前の生活に含まれていることに過ぎませんよね!?

こんなことで白髪が改善されるなんてと疑いたくもなるかもしれませんが、白髪を改善するためには、まずはカラダの健康に気をつけ、意識的に変えることも必要だということです。そのため食事では、好きなものだけ食べていたり、知らずに偏った食事になっていることは避けなければなりません。

特に、栄養というところでは、食事から摂ることによってカラダの健康に繋がるためメラノサイトまでしっかりと栄養を届けるためにも、もう一度見直し、栄養を摂り入れるようにし、メラノサイトまで栄養が届くようにすることです。

また、カラダが冷えている状態にあることも、血液の流れが悪くなり、栄養が十分に行き届かなくなる原因になるために、カラダを冷やさないような工夫を食事や普段の日常からすることも大切です。具体的な方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

白髪を改善したい!どうすればいい!今すぐ始められる11つの習慣

白髪が外からの改善では、難しいことがわかりました。そのために、カラダの中から改善することが白髪を予防する最善策になるわけです。そのための具体的な方法を紹介します。

 

食べる物にこだわる!そして時間を意識して!

白髪を改善するためには、まずは食事を変えることです。栄養がたっぷりと摂ることができれば、メラノサイトを元気に活性化することができるようになります。そのためにするべき食事は、バランスを考えることです。

その一つが、野菜の栄養をしっかりとそのまま摂ることです。これはどういうことかというと、野菜を調理する時に、加熱調理をすることがあると思いますが、野菜本来の栄養というのは、生の状態で食べる方が野菜の様々な栄養を摂りこぼすことなく摂ることができます。

というのも、生の野菜は栄養以外にも、野菜に含まれている水分!これはカラダにとっては良質な水分になります。つまり野菜本来の栄養と水分を摂ることでバランスよく栄養が摂ることができるのです。しかし加熱調理をすると、野菜に含まれていた水分は失われてしまいます。

そうすると、野菜本来の栄養全てが摂れなくなるのです。メラノサイトを活性化させるためには、野菜は生で食べることが一番いい方法です。

 

そしてもう一つが、料理をする時に使う調味料にあります。いまでこそ、調味料には様々な種類があってしかも簡単にできてしまう調味料までありますが、こうした調味料には当然、原料に人工甘味料や化学合成調味料、保存料、香料、酸化防止剤といった、いわゆる添加物が含まれています。

こうした添加物はもちろんカラダにはよくありません。調味料を使用する時は、基本的な、砂糖、塩、酢、しょうゆ、味噌を基本としたもので調理することが白髪改善には必要です。これは、添加物がカラダの消化酵素を無駄に使い、老廃物を停滞させ血液を汚してしまうからです。

添加物をできる限り入っていないものを使用し血液をキレイにすることで頭皮にいい栄養が行き届きやすくなります。

 

カラダにはリズムがある!

カラダには、大きく3つの時間があるといわれています。食べ物の消化する時間、栄養を吸収する時間、老廃物を排泄する時間です。そしてそれぞれの時間帯別がこういった分け方になります。

 

カラダのリズム

老廃物を排泄する時間4時~12時

この時間はカラダの排泄を促す時間です。

 

消化する時間12時~20時

消化が活発になっている時間帯に食事をすることで、必要以上の消化にっかるエネルギーを抑えることができます。つまり、これまでにこの時間以外で食事を摂っていると、無駄にエネルギーを消費させ、メラノサイトの修復にかかるエネルギーまで十分に使えていなかったのです。

ところが、この時間帯での食事ができれば、エネルギーをメラノサイトの修復時間にまわすことができるようになります。また、この時間での食事のメニューを野菜7割、穀類、肉、魚を3割の食事バランスに変えることで必要な栄養を摂り入れることができるようになります。

 

栄養を吸収する時間20時~4時

この時間帯でするべきことは、カラダを休めることです。食事から摂った栄養をこの時間で消化、吸収することで細胞を修復してくれます。そしてそのためには質の硬い睡眠を摂ることが条件となるため、しっかりとカラダを休めると同時に、この時間帯での食事などは、できる限りはしないようにすることです。

またどうしても食べたくなった場合には、あまり消化に負担がかかるようなものは食べずに消化にいい食べ物を摂るようにしましょう。

 

カラダを温める食べ物もいい

カラダを温めるということは、同時に血液の流れを良くすることになるためにカラダを温めてくれる効果のある食べ物を摂ることも必要です。温かい食べ物を摂ることでカラダの中から温めることができ、代謝も上がり、血液の流れもよくなります。

ただ気をつけなければならないのは、刺激性のある食べ物でカラダを温めることをすることです。唐辛子のような香辛料を含む食べ物も血行を促進させる働きがあるため、おすすめですが、あくまでも食べ過ぎないことが前提です。

 

ゴマ療法で改善

食べ物で特に効果が高いと言われている一つがゴマです。ゴマに含まれる栄養素には、白髪の原因になるメラニン色素の欠乏を防いで、髪の毛を黒くしてくれる成分が含まれています。

 

種実を食べて改善

種実には、ゴマと同じように銅やビタミン類が豊富に含まれています。とくに銅ミネラルは不足しやすい栄養素の一つでありながら、銅ミネラルを摂ることで白髪の発生を抑えてくれる効果があります。ただ、あくまでも摂り過ぎはよくないため、少しずつ摂るようにすることです。

 

銅ミネラルが含まれている種実

  • アーモンド
  • くるみ
  • カシューナッツ
  • かぼちゃの種
  • くるみ
  • ピスタチオ
  • ヒマワリの種
  • 松の実
  • 牡蠣など

 

質のいい睡眠がメラノサイトを活性化させる

そしてしっかりとメラノサイトまで栄養を届けるためには、メラノサイトを活性化させることも大切なことです。その方法が睡眠をしっかりと摂ることです。メラノサイトが一番活発に働いてくれる時間が睡眠中なのです。

つまり、しっかりと睡眠を摂ることが白髪を予防する事に繋がるのです。またメラノサイトの機能が低下する原因には、この睡眠がしっかりと摂れていないこと以外には、ストレスやカラダの疲労からも低下していきます。

これらのストレスや疲れを解消させるためにも、睡眠をしっかりと摂っておくことがメラノサイトの活性化に結び付くようになります。

 

じゃあ・・・・・睡眠をしっかりと摂るってどうすればいいの!?

 

ただ睡眠をしっかりと摂るといっても、自分自身が十分な睡眠を摂っているか、今一つわからなかったりするかもしれませんよね!!そのため、しっかりと睡眠を摂ることは、質の高い睡眠を意識することで、変えることが出来るようになります。

その質の高い睡眠の摂り方はこちらの記事を参考にしてください。

睡眠中というのは、新しい細胞を作る時間であり、古くなった細胞を老廃物としてカラダの外に排出する時間でもあります。つまり、人のカラダは寝ている間に生まれ変わっているといってもいいと思います。細胞が生まれ変わり活発になることでメラサイトも活性化されるのです。

また睡眠には、血液の流れを良くする効果もあります。これは寝ている間に寝がえりを打つことによって、カラダの歪みをとり、整えられることで血液の流れがよくなるからです。こうした血液の流れを良くするためにも、マットは柔らかすぎず、そして枕は高さすぎないことです。

 

血流をよくするポイントは脚にある

私たちの血液がうまくカラダを巡るようにできているのは、心臓からのポンプ作用によって血液が押し出されていることですが、脚は第二の心臓とも呼ばれている場所で、脚の筋肉には、全身の血液を送るポンプの役目があります。

つまり、脚を使う、動かす機会が減るということは、せっかく食事から摂った栄養も十分に行き届かなくなる可能性もあるということです。特に髪の毛に関して言えば、白髪が増えてしまうのも、髪の毛に届くための栄養は一番最後に回されてしまうこともあって行き届きにくいところがあります。

つまり、睡眠をしっかり摂っていても、食事から栄養を十分にとっていても、この栄養を血液にのって流れていかなければ意味がなくなってしまいます。しかし脚の筋肉をしっかりと使う事によって全身に血液がメラノサイトに必要な栄養が届くようになります。

そのために効果的なのが運動をすることです。ただ運動といっても、しっかりと動かす必要はありません。ただ歩くだけでも十分に脚の筋肉は使うので運動になります。普段から歩く機会が減っている人は少しでも歩くようにするようにしましょう。

歩くことで代謝が上がり、血流もよくなります。また、ストレスを発散させる意味や気分転換といった意味でも運動はおすすめです。

 

ストレスを開放し発散する

白髪になる人は、40代以降に限ったことでもありません。早い人では、20代から白髪が目立つようになる人もいます。こうした早くから白髪になる人も含め、大きく関わっているのがストレスです。ただ、ストレスを受けたからといってすぐに白髪になるわけではありませんよね。

まず、今生えている髪の毛が白くなることはりません。これから生えてくる髪の毛がストレスを抱えたことによって生えてくるのです。そもそも髪は個人差はありますが、1日に0.3mm~0.5mm伸びるといわれています。

つまりこれから生えてくる段階でストレスを受けていると、作られている髪が白くなってしまうのです。つまり、急に白髪が増えてしまったと感じる人は、ストレスを受けた時に、生えてくる髪の毛にストレスの代償として同時期に伸びてきた髪が白くなるのです。

そしてこうした白髪を予防するためには、ストレスを発散させるしかありません。根本的な原因を取り除くことが一番のストレスの解消になりわけですが、中々そう思う通りにはいくものでもありませんよね。またストレスを解消したいからといって、ストレスに向き合いすぎるにもいい事とはいえないかもしれません。

あくまでも解消する、発散する、軽減する方法を探すほうがいいかもしれません。こうしたストレスを解消するために方法はこちらの記事で確認下さい。

 

禁煙することも!

喫煙する人とどう関係するのか少し不思議かもしれませんが、喫煙数が多いほど白髪ができやすくなるのがわかっています。これは喫煙することでカラダのビタミンが破壊されることで血液の流れも悪くなることが関係しています。

これは、ニコチンによる影響で、ニコチンには血管を収縮する作用があります。血管が収縮するということは、当然として血液の流れも悪くなってしまいます。またビタミンまで破壊することになれば、血液を滞留させることになり悪循環になります。

こうした喫煙と白髪の関係性はかなり古くからわかっていて、喫煙者と非喫煙者との白髪になる可能性を比較した場合、その差はなんと4倍もかわってきます。そしてもう一つ、喫煙していなくても、喫煙者の周りにいることで煙を吸い込んでいることも原因になります。

つまり、喫煙者がいる環境にも意識しておかなければならなくなるということです。また、禁煙をしたからといって、白髪が改善されるかといわれれば、正直難しいと言えます。もちろん禁煙することは必要ですが、一度失ったものは禁煙をしたからといって黒髪の戻るという医学的根拠は確立されていないそうです。

ですが、これ以上白髪を増やさないためには、禁煙することで予防はできるので、髪の毛に栄養を届けるためにも止めておくことがいいでしょう。

 

頭皮マッサージで栄養を届ける

頭皮をマッサージすることは、血流を改善し、毛根まで栄養を運ぶ手段としては必要なことです。特に、頭皮は普段の運動を取り入れたことで改善させるものでもなく、頭皮そのものは意図的に動かさない限り動くものでもありませんよね。

そのため、血流も滞りやすくもなります。栄養を十分に届かせるためには、血流を促すマッサージをすることで、老廃物を排出させ、メラノサイトの働きを高めることが白髪を改善させる方法になります。

百会のツボを刺激

頭頂部にあるツボでいわゆる万能ツボとして知られているツボです。このツボのいいところは、自律神経を整えてくれることで、血行を促進させること、またストレスを和らげてくれる効果があります。そして百会のツボの場所が両耳の穴から垂直に線をのばしていき、交差したところが百会のツボです。

 

マッサージの仕方
  • 両手の指の腹で頭皮を指圧します
  • この時に、気持ちいい程度で指圧します
  • 場所を変えて頭皮全体を同じように指圧していきます
  • つぎに頭皮を軽くつまむようにし、頭皮を軽く前後に動かしていきます
  • この時に指の位置はずらさずに動かします
  • この時に、頭皮が動きにくさがあると、コリや血行が悪くなている部分のため、重点的にマッサージをします

 

 

カラー剤は頭皮に負担が少ないものを

食事や睡眠、ストレスを失くすことから白髪は予防していくことができますが、やはり即効性という意味ではカラー剤には遠く及びません。しかし、栄養を届けるという意味では、必ず白髪を改善させるためには欠かせません。

ですが、それまでに見た目の白髪はどうにかしたいものです。特に白髪は老けて見えますし、印象も大きく変わってしまいます。そこで、今すぐできるのがカラー剤ですが、すでにカラー剤で白髪を染めている人は多いかもしれませんが、ここで大切なことは髪と頭皮に負担が少ないものを選ぶことです。

 

へナカラーで染める

へナカラーで染める場合のメリットとデメリットを紹介します

メリット

  • 髪と頭皮にダメージを与えない
  • 化学染料で染めた髪でも染めることができる
  • 根元の白髪が気になりにくくなる
  • 頭皮の汚れを落とすことができる

 

デメリット

  • 脱色する作用がないため、髪を明るくすることはできない
  • ハーブの香りに好みが分かれる
  • 髪が傷んでいると、髪がきしむ場合がある
  • 化学染料に比べると、色落ちしやすい
  • 植物アレルギーのある人は染められない場合もある

 

避けた方がいい食べ物がある

避けた方がいい食べ物というのは、血液の流れを抑制してしまう食べ物と成長ホルモンの分泌を阻害してしまう食べ物はなるべく摂らないことです。あくまでも摂らないようにするということは、バランスを考えるという意味です。

食事のメニューを野菜7割、穀類、肉、魚を3割の食事バランス!これが理想のバランスになります。そういったバランスの中で摂り過ぎない食べ物が甘いもの(糖分や炭水化物)です。つまり、お米やパン、チョコレートなどの食べ物です。

また、過酸化水素を含んだものも控えておいた方がいいでしょう。コーヒー、紅茶、ウーロン茶といったものです。こうした避けた方がいい食べ物や飲み物は、あくまでもバランスを意識した上で摂るようにすることです。

そして食べ過ぎることは、血液をドロドロにして汚してしまうことで、腸の中が汚れ、栄養が吸収できなくなってしまうため注意しておきましょう。

 

まとめ

白髪を改善するためには、普段から心がけておかなければならないことがいくつかありましたが、まずは、食事の摂り方からバランスを意識することで栄養を考えることです。また、睡眠をしっかりと摂り、質の高い睡眠へ繋げることでストレスや疲れを解消し白髪を予防することができるようになります。

また何よりは、血行を滞らせず促進させることが、白髪の予防にもつながるため、運動をする機会を作っておく事も大切です。こうした全ては、白髪を改善するためのカラダの内側から変えていくことが、根本的な改善方法に繋がります。

外見から変えていくことも必要ですが、内側から変えていくことこそが白髪予防には欠かせません。特に、日常生活で白髪にさせる原因はかなり多くあります。その中でも特にカラダに酵素が不足してしまうことで白髪を増やす原因にもなります。

食事の中から酵素を摂ることも大切ですが、食事で補えない場合は、サプリメントから補うことも必要なことです。そして酵素は、白髪を予防するだけでなく様々な効果もあるため欠かせないものです。うまくバランスを摂ってみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 手軽に胸を大きくしたい❤きなこ牛乳でバストアップ❤

  • 30代の肌の悩み!スキンケアに必要なお手入れとおすすめ

  • ホホバオイルで赤ら顔対策!化粧水のおすすめは

  • 朝と夜でこんなにも違う!時間帯別の肌ケア方法❤

  • シミ予備軍に気づいてる?今すぐチェックしたい消すシミ対策

  • こめかみにニキビができて繰り返してしまう!原因と特別なケア