1. TOP
  2. 健康
  3. ストレス解消❤たった一口!イライラする時はこの食べ物がいい

ストレス解消❤たった一口!イライラする時はこの食べ物がいい

人のほとんどが抱えていると言ってもいいストレス!毎日イライラする人もいれば、その時だけイライラする人もいると思います。そんなイライラと同時に気持ちも下がりっぱなしの人へのストレス解消法を食べ物や飲み物から紹介します。

 

ストレスでカラダが疲れてしまう・・・・!!なぜ!?

カラダが疲れてしまう原因には大きく分けて2つあります。一つは肉体的な疲労からくるもの、そしてもう一つは精神的な疲労からくるものの2つです。そしてこのどちらにも共通して言えることが、ストレスがかかることでより負担がかかってしまうということです。

まずカラダが疲れてストレスを受けることは、カラダを酷使した状態になると疲労物質である乳酸がたまることで、筋肉痛や肩こり、腰痛といった症状が現れてきます。そして精神的な疲労の場合に起こるストレスには、原因の特定が難しいということが一番の特徴です。

これは、個人の性格によってストレスの感じ方や受け方が大きく違ってくるため、その疲労感にも大きな差があります。また具体的にカラダに不調として現れる人もいれば、カラダには何ら症状すら出ないといった人もいるため特定が難しいのです。

ただ精神的なストレスを受ける人に共通することはこういった事があります。

 

  • 思いこみがある
  • 考えすぎている
  • 好き嫌いがある
  • 悩み過ぎている
  • 頑固な性格をもっている
  • 仕事上での悩みがある
  • 職場での人間関係
  • 転勤や残業
  • 家庭内での家族関係
  • 会話不足
  • 親の介護
  • 子どもの教育

こういったいくつか共通する悩みから、その人自身の個人的な悩みまで様々ですが、こうしたストレスになっている悩みというのは、原因そのものを失くすことは現実的には難しいといったところが現状にあります。

 

イライラしやすい!あなたのイライラはどんなタイプ?

イライラしやすくストレスを感じやすい人には、上で伝えたようなストレスからくるタイプのものがあります。こういったストレスの場合は、仕事や日常生活の中で起こることがほとんどのため、思い通りに行かなかったり、物事がうまく進まなかったりすると、余計にイライラしてしまいますよね!

こうしたイライラするのは自律神経が乱れることが原因です。リラックスできている時は、副交感神経が働いてくれていますが、ストレスでイライラしている時は、交感神経が優位に働いている証拠でもあります。

自律神経を整える方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

そしてもう一つストレスでイライラする理由が、カラダのホルモンバランスが崩れることによって起こるイライラです。これは特に女性の場合は多いかもしれませんが、ホルモンバランスが崩れることによって起こります。そのよくある事がこういったことです。

  • 普段気にしない事にも敏感になり、余裕を感じることができなくなる
  • 体調がすぐれないために、イライラしてしまう
  • 生理前でイライラする
  • 月経前症候群でイライラする
  • 更年期に差し掛かってきた

こうしたストレスを感じやすくなる原因は、女性ホルモンのバランスの崩れや、仕事など日常の中でかなり多くのストレス要因が潜んでいるものです。そんな中でストレスを全て解消することは中々できるものでもありませんよね!

だったらせめて、ストレスを解消してくれる食べ物を摂ることで少しでも解消することができれば、その日の気分も大きく変わってくると思います。

 

ストレス解消と食べ物とには、どんな関係性があるの?

よくありがちな事として、ストレスを感じると、ついつい食べ過ぎてしまうことがあると思います。ジャンクフードや甘いお菓子、食事そのものの食べる量が増えてしまい、ストレス発散を食に繋げている人は少なくありません。

しかも、食べることによってストレスを解消できたのは、その場のみの一時的な衝動によって起こった事のため、後で食べ過ぎた事に対して後悔する人も多いのではないですか?食べ過ぎによって太った事と、ストレスによって太った事と合わせて、まずい状態を作り出していることもあります。

こういった食べることでストレスが解消できるのには、ちゃんとした理由があります。これは食事をすることによって、心が満たされることに理由があります。それは、食事をすることで幸せホルモンという物質が分泌されるからです。

この幸せホルモンの正体は「セロトニン」という物質で、このセロトニンを作りだすためにはトリプトファンというアミノ酸の一種が食べ物からしか摂ることができないからです。そのため、ストレスでイライラしている時に食べ物を食べると解消されるのはこのためです。

ただ、ストレスを解消するために、食べ物で発散しようとした時に、より太らせたり、太らせた結果、ストレスをより感じる羽目になる原因には、食べるものによってストレスを悪化させているということがります。つまり、食べることでストレスを解消しようとしている人にとって、ストレスを悪化させている食べ物を摂っている可能性もあるということです。

 

ストレスを悪化させている食べ物とは

ストレスを抱え込んでしまうことは、もちろんカラダにとって悪い影響にしかなりません。しかし、食べることによってストレスを悪化させている食べ物を知らずに摂っているとより悪くさせてしまいます。こういったストレスを悪化させている食べ物がこちらです。

ストレスを悪化させている食べ物

コーヒー

カフェインには覚醒作用があります。飲み過ぎてしまうことで頭痛や動悸に繋がるケースもあります。コーヒーを飲むときは、せいぜい1日に2杯~3杯を目安にすることです。

 

インスタントラーメン

インスタントラーメンに限ったことではありませんが、様々な食べ物には保存食が使われていることがあると思います。この保存食の中には、トランス脂肪酸などの添加物がふくまれていますが、食品添加物は活性酵素を増やす原因にもなります。

特に加工食品の場合、長期間の保存が可能でありながら、おいしく食べることができます。しかし、加工食品は活性酵素を発生させる元になっているものです。またさらにホルモンバランスを崩す原因にもなり、ストレスとしてカラダに大きな影響をもたらせてしまうのです。

 

スナック菓子

スナック菓子も同様です。ジャンクフードを始めとするスナック菓子は、多くのトランス脂肪酸が含まれているためイライラを増長させてしまう原因にもなります。特にストレスが増えることによって、ビタミン、ミネラル、タンパク質といった抗ストレスホルモンを作るためには欠かせない栄養が、ストレスによって消耗されてしまうため気をつけなければなりません。

 

ストレス解消にいい栄養はどれを摂ればいい?

ストレスを解消するためには、ビタミンB1、ビタミンC、タンパク質、カルシウム、マグネシウムを摂ることがカラダにはいいとされています。では具体的にはこの栄養にはどういった働きや特徴があるのかを見ていきます。

 

ビタミンC

ビタミンCはかなりデリケートな栄養だと思ってください。ビタミンCは、そもそも壊れやすい上に、カラダの外に排出されやすい栄養のため、こまめに摂ることが必要になります。また水洗いをするなどの時は、短時間で済ませ、すぐに食べるといったこともしなければなりません。

 

ビタミンB1

ストレスがたまってくると、どうしてもビタミンBを消費しやすくなります。そのため、ビタミンBが不足することによって、イライラもしやすくなったり、夜に眠れなくなったりもします。そのためにも摂っておきたい栄養の一つで、ストレスの解消、風邪を予防するといった効果をもっています。

また、女性には嬉しい肌をキレイにするために欠かせない栄養でもあります。

 

タンパク質

ストレスを感じた時に、甘いものを食べると落ち着く気がしませんか?じつは、あの方法は、カラダにとってはあまりよくないことです。また、疲れた時に、甘いものがいいというのも、最近の研究で明らかになったのは、ストレスによって脳が消費するのは糖ではなかったということです。

確かに、一時的に甘いものを摂ることで頭がシャキッとすることがあると思いますが、これは甘いものを食べることによって血糖値が上昇していることでの効果です。ただ実際には、ストレスを感じた時に消費されるのは糖ではなく、タンパク質やミネラルなのです。

つまり、カラダが消費されているタンパク質やミネラルを補ってあげなければ、また同じように甘いものへ走るはめになってしまいます。本当に失われている栄養を摂ってこそストレスは軽減されるのです。そして甘いものに走る事は血糖値を乱高下しているだけで、脳にとっては大きなストレスでしかありません。

 

カルシウム

カルシウムはどうしても骨を強くするイメージがつきがちですが、じつはそれだけではありません。じつはイライラする原因の一つがカルシウムが不足している状態にあることも関係しています。これはカルシウムの働きが神経や筋肉をスムーズに活動させるために働くものです。

また、カルシウムは脳神経の興奮を抑える働きもあります。しかし、カルシウムが不足してしまうと筋肉や神経の伝達がスムーズに行われなくなります。これがイライラする原因で、カルシウムが不足することもイライラの原因ですが、カルシウム濃度の調整する機能が乱れることにも原因があります。

つまり、いくらカルシウムを摂っていてもうまく機能できていなければイライラすることになってしまうのです。そのために、そうならないようにするのがビタミンDです。このビタミンDがカルシウムの機能を助ける働きがあるため、合わせて摂っておきたい栄養の一つです。

 

マグネシウム

私たちのカラダに不足している利用の一つにあるのがマグネシウムです。マグネシウムは健康だけでなくダイエットや美容にも当然欠かせない栄養ですが、マグネシウムを本来であれば、推奨している1日の摂取量が290mgとされていますが、実際には210mgと不足していることもわかっています。

マグネシウム本来の働きには、酵素を働かせる事や細胞内のミネラルバランスを整える働き、筋肉の収縮、神経への伝達、体温や血圧の調整には欠かせません。そして、イライラを解消し、精神的にも安定させる働きがあります。

しかし、マグネシウムが不足すれば、ストレスに関して言うと、強いストレスを受けることによって、カラダの中にあるマグネシウムが使われるようになり、マグネシウムが排泄されていきます。これは、ストレスを受けたことによって、ノルアドレナリンと呼ばれるストレスホルモンが分泌されたことで消耗することが原因にあります。

そうすることで、カラダの中でのミネラルバランスが崩れイライラしやすくなるのです。そのため、1日に必要なマグネシウム摂取量を摂る必要があります。

 

ストレス解消させたい!そんな時にいい食べ物とは?

ブルーベリー

ブルーベリーは抗酸化作用の高い食べ物の一つです。ストレスを受けたり感じたりすることによって、コルチゾールというホルモンの分泌が高くなります。またこのコルチゾールはストレスに対してかなり敏感に反応します。

そのため、ブルーベリーを摂ることでその反応することで分泌されるコルチゾールの生産を抑えることができるため、ストレスを感じたりするときには、ブルベリーがいいのです。

 

桃には、鉄分やマグネシウムが含まれています。不足しているミネラルを補うことができます。また意外に思うかもしれませんが、桃にはカテキンが含まれています。つまり、老化防止や抗がん作用といった免疫力を高める働きと抗酸化作用を持ちあわせています。

 

バナナ

バナナは本当にバランスの摂れた栄養を持ちながらカロリーまで低いため、美容やダイエットとしても定番の食べ物です。そんなバナナには、普段の日常生活で不足しがちな栄養も摂ることができ、しかも、マグネシウム、セロトニン、ビタミンB6が含まれています。

この3つの内のマグネシウムとセロトニンの効果には、イライラを解消したりすることでリラックスさせる効果があり、夜間の安眠に繋げることもできます。またビタミンB6によって、セロトニンの生成を助けることでストレスから遠ざけ、リラックスさせる効果があります。

 

ほうれん草

ストレスを解消したいなら、ほうれん草がいい!とも言われるほどの食べ物です。特に冬場のほうれん草の栄養価の高さから、ビタミンCも豊富に含まれていることで免疫力を高めるだけでなく、ストレスを緩和させる効果まであります。

またマグネシウムも含まれていることでもストレス緩和に繋がります。

 

人参

ストレスを受けることによって分泌されるストレスホルモン!このストレスホルモンが分泌されることで、ストレスになったり、ストレスから夜眠りにつくことが出来なくなったり、しまいには肌荒れにまで発展していき悩みだらけになってしまいます。

特にストレスを受け続けることで、影響が出るのが、副腎という腎臓の上に位置する内臓です。ストレスを受け続けることで、この副腎が疲労していき、免疫力の低下や夜眠りにくくなるといった症状がでてきます。

しかし、ニンジンには副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにしてくれることでストレスを抑制してくれるようになります。

 

いわし・煮干・昆布・ごま

カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムが足りてないとイライラするのは、神経や筋肉の活動するためには欠かせないからです。カルシウム濃度が下がることで、神経や筋肉が興奮することでイライラが発生します。

sのためにカルシウムを含んだ食べ物を摂るようにしなければなりません。

 

たまご

栄養バランスの高い卵ですが、たまごに含まれるフェニルアラニンやトリプトファンといったアミノ酸によってセロトニンの分泌を促すkとおでストレスから守ってくれます。

 

ラム肉(羊肉)・豚肉・鶏レバー

ラム肉や豚肉、鶏レバーに含まれているビタミンB1には、イライラや不眠に繋がるストレスを解消してくれる効果があります。

 

ナッツ

ストレスを受け続けることで失われるマグネシウム。そしてカルシウム。ナッツ類には、マグネシウムが豊富に含まれているため、ストレスを感じたりするときには、ナッツ類がおすすめです。

 

カカオ

チョコレートを食べると、気持ちが落ち着くことがあると思います。これは、カカオに含まれているカカオポリフェノールに、ストレスホルモンの分泌を抑える働きがあるからです。また、カカオポリフェノールの実験ではこんなことをしています。

あらかじめ、カカオポリフェノールを摂っておくことで、ストレスを感じる場面に遭遇しても、ストレスに対する反応が抑制されたという結果もあります。イライラしている時、疲れている時といった心身ともに負担が強いられるときには、チョコレートを食べることで落ち着くことができるのです。

 

クルミ

クルミには、セロトニンの材料になるトリプトファンが豊富に含まれています。癒しホルモンと言われるセロトニンを摂ることで、気持ちを落ち着かせてくれます。ただクルミの場合、カロリーが高いため食べ過ぎてしまうとカロリーの摂り過ぎになるので、そこには注意が必要です。

 

白湯

熱湯を少し冷ましたものを飲むだけのことですが、白湯にはリラックスさせてくれる効果があります。また、これだけでなく白湯を飲んだ時にいわゆる味の感じ方によってストレスを受けているかどうかも簡単に判別することができます。

ストレスを感じている時に感じる白湯の味覚には、しょっぱい、苦いといった味を感じる場合です。ストレスの感じ方、受け取り方は人それぞれです。一つの目安にするのもいいかもしれません。また白湯には、ダイエットや美容にいい効果もあります。

 

玄米

玄米に含まれるストレス緩和効果としてあるのが、GABAという天然アミノ酸成分です。GABAには、ストレスを受けたことで、高まった神経を抑え、リラックス状態へと導くことができます。またストレスによって自律神経が乱れている時にも効果的です。

その他の玄米の効果はこちらの記事を参考にしてください。

 

ストレスを撃退!イライラが軽くなる飲み物

ココア

ココアに含まれるカカオポリフェノールによってストレスホルモンの分泌を抑えてくれます。また、ココア自体にはリラックスさせる効果もあるためイライラを軽くしてくれます。これ以外のココアの効果はこちらの記事を参考にしてください。

 

グレープフルーツ

豊富に含まれているビタミンCによって、ストレスホルモンを解消し、免疫力まで高めてくれます。

 

ハーブティ

ハーブティには、生活習慣病をはじめ、健康にもいい飲み物です。また不眠やストレスといった不安に対する緩和効果もあるため、リラックスすることができるようになります。またハーブティは女性ホルモンを高めてくれる効果もあるためおすすめです。

 

ワイン

ワインをおいしくさせている酸味には、コハク酸、酢酸、リンゴ酸といったものがありますが、こうした酸味によってストレスを解消する効果があります。また、赤ワインにはポリフェノールも含んでいる為おすすめです。

 

炭酸水

炭酸水に含まれる炭酸には、ダイエット効果や美容効果だけでなく、カラダが疲れていると、疲労物質である乳酸がカラダにたまってきます。この乳酸を炭酸水を飲むことでカラダの外に排出することができ、疲労回復につなげてくれます。

 

カラダが固い!致命的になるかも!?せっかくの栄養もムダに!?

カラダが固い事とストレスを一体なんの関係があるの!そう思うかもしれませんが、カラダの固さはストレスに大きな影響をもたらせていることがわかっています。これはカラダが固くなっていることで、ストレスに効果のある食べ物を摂ったところで栄養が十分に吸収されなくなってしまうからです。

また、カラダにとって不要なものもカラダの外に排出しにくくなることもわかっています。これは、ストレスと心身は繋がっているということで、精神的に緊張するような交感神経が高くなるような状態にあると筋も硬くなってきます。

逆に、心の状態が安定していると、カラダに緊張もなくなり、リラックスできる状態でいれます。そのため、お風呂に入ることでリラックスする事も大切ですが、普段から運動やストレッチをする機会を作っておくことも大きなストレス予防になります。

おすすめのストレッチ法はこちらを参考にしてください。

 

好きなものを食べるだけ!こんな方法もある!

ストレスの感じ方は人それぞれですよね!これまで、ストレスにいい食べ物を紹介してきましたが、それでもやっぱり、好きなものは食べたい!そう思う事も、もちろん正しいことです。好きなものが食べれないことでストレスになってしまっては、もともこうもないですしね!

ただどうしても気をつけてほしいこともあります。それは、あくまでも好きなだけ好きな時に食べるのではなく、食べ過ぎないことも考えておかなければなりません。そして栄養バランスも考えておくことです。でなければ太る原因にもなりますし、栄養バランスも崩れてしまうので気をつけて食べるようにしてください。

 

料理をしてストレス解消しよう!ストレス解消にいい理由とは

料理することをストレス発散の一つとして、料理している人も意外と多いものです。そして料理をすることでストレス解消になるのも事実です。これは、料理をすることでカラダと頭を使い、段取りをすることで五感を働かせることにあります。

活動することによって、血行が良くなりセロトニンの分泌を促す効果があるのです。つまり、料理をすることでストレス要因をセロトニンの分泌によって量を調整することで、気持ちを落ち着かせることができるようになるのです。

 

酵素不足がストレスを増やしている!

私たちのカラダになくてはならないのが酵素です。実はこの酵素が不足していることも大きなストレスに繋がる原因になっています。イライラしたり、不安になったり、睡眠不足にまでなってしまうこともあると思います。

こういった原因の一つがストレスを受けている、感じていることによるものです。こうしたストレスを受けた時に、カラダは、ストレスから逃れようとセロトニンという精神を落ち着かせる物質を出すようにできています。

そしてこのセロトニンを出すために欠かせないのが酵素です。この酵素によってセロトニンが作られているため、カラダの中の酵素が不足すれば当然、ストレスも発散できないままの状態になります。つまり、酵素をカラダから不足させない状態にして置かなければならないということです。

そのために酵素をサプリメントから摂るなどをしなければなりません。まず根本的な原因を解消する事も大切なのです。特にカロリナ酵素には、こうした対応に十分応えてくれる成分が含まれています。

 

まとめ

イライラしている時に、少しでもストレスを解消できるゆな食べ物を紹介してきましたが、ストレスを和らげたり、解消するために欠かせない栄養を普段の食事からうまく摂り入れるようにすることも大切なことです。また日常生活の改善もできる限りすることで、ストレスを緩和し気持ちの落ち着いた環境をつくることができるでしょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マツエクの量は何本が良い?自まつ毛が少ない人でもナチュラル志向に

  • マツエク中の目頭と目尻が下がる!つけない方がいいの?

  • 難しいセルフマツエクで失敗しない!付け方と危険性

  • マツエクはすっぴんで行くもの?一重も自然にできる変身術

関連記事

  • 目の周りのくすみを改善したい!正しいケアと予防メイク

  • 空腹感を解消❤深夜に食べても太らないおすすめ「夜食」9選

  • 花粉症対策にはこの食事!悪い食べ物といい食べ物で改善

  • プラセンタの原液効果!たった1滴で肌を変える美肌追求

  • 【解決】顔のシミを消したい!原因と対策からわかる秘訣を徹底紹介!

  • 嫌なニオイ!それって体臭かも!体臭を消す食べ物で変える食事習慣