1. TOP
  2. 美容
  3. 目の下のたるみとくまの影の原因を改善!たった9つで解消する方法

目の下のたるみとくまの影の原因を改善!たった9つで解消する方法

人の印象を大きく魅せる一つが目の大きさや目元です。視線が集中しやすい場所だけあって、目の下のたるみや目元はどうしても気にしてしまいますよね。そんな深刻な悩みを解消するには根本的な原因とアプローチの仕方にあるのです。

 

おでこに横ジワができてませんか?!

おでこにしわができやすいという事はありませんか?一見すると、顔のシワとどう関係があるのかと思うかもしれませんが、おでこにしわができやすい人は、顔にしわができやすいことを意味しているのです。

というのも、そもそも顔を動かすために使う筋肉には、30以上の細かな筋肉をつかっています。ただ、目元にしわが出来やすい人の場合においては、顔の筋肉を使わずに、前頭筋というおでこの筋肉を使って動かしているために、目を動かすための眼輪筋をうまく使っていないことで衰えてきてしまいます。

つまり、前頭筋を使いすぎていると、眼輪筋が衰えてくるということです。これは動作として瞬きをする動作がこれにあたりますが、こうした前頭筋を使っている原因には、知らず知らずに癖になっていることがあるということです。

そして、癖は当然直すことができます。まずは、おでこにしわができやすい人は、こうしたところもチェックしてきるのもいいかもしれません。

 

目元のたるみ!まず知るべきは根本原因

顔の部分でもっとも印象づけるのが、目元にあります。目のたるみは見た目でもかなり年齢が上に見られる要素にもなりかねません。そんな目元をどうにかして、目のたるみに繋がるハリやシワを治そうとスキンケアに励んでいる方も多いはずです。

しかし、こうした目の下のたるみやシワは、アイクリームや美容液などでいくらがんばってもどうにもならない時期がやってきます。それが、30以上の筋肉によって動かすことができている筋肉の衰えです。つまり、表情筋の衰えによって目元にたるみがでてきます。

そして、目元のたるみやシワは、年齢を重ねるにつれても当然衰えていきます。しかし、「歳のせいだから・・・・・」そんな言葉を心のどこかで思っている人もいるかもしれません。しかし、こうした表情筋の衰えに対しては何歳になっても鍛えることができるということです。

「え?そうなの?」と思うかもしれませんが表情筋は当然、筋肉のために鍛えればものになるということです。自分の顔の将来と過去を鏡でみて確認することができます。下から鏡をのぞきこんだ時の顔は未来の衰えた顔、鏡を上から覗き込んだ時にみえた顔は若い時の顔だと言われています。

つまり、表情筋の衰えを知ることができるということにもなります。まずは表情筋を鍛えることが根本にある原因の改善につながるのです。

 

目の下のたるみは老化

目の下のたるみの原因が年齢を重ねることによって起こる老化が原因の一つだということがわかりましたが、これは筋肉の衰えによってできた、脂肪がたまり皮膚が下がっている状態が目のたるみを作っているわけです。

これは表情筋以外にも、年齢を重ねることによって肌の水分量も低下していくこともその原因にあります。もともとは肌にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった水分を肌に留めておく役割をもつことが出来なくなってくる。

これが肌にハリを失わせることで、目の下にたるみを招いている原因にもなっています。

 

乾燥によってたるみができる

老化によっておこる水分量の不足がもたらす事として同時に、肌の乾燥をも招きます。肌の内側に水分が不足すれば、当然といって肌に弾力も失われていきます。ただ、こうした乾燥によって起こるもう一つの原因がターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーは本来、28日周期で肌が生まれ変わるものですが、ターンオーバーの周期が乱れることによって、新陳代謝も悪くなり、肌の潤いを失いやすくなります。こうした乾燥によってもたるみを作りやすくなるのです。

 

たるみは日常生活に潜んでいる

眼窩脂肪という言葉を聞いたことがあるかもしれません。この眼窩脂肪は、目の下にたるみができることによって、目の下が膨らんだようになっている状態のことをいいますが、老化に加え、表情筋の衰えが原因ですが、問題はこれだけでもないのです。

目の下にたるみができることによって、眼窩脂肪になるわけですが、この脂肪によって目の下が膨らんだ状態が、影となり、顔の印象を大きくかえてしまうことにもなってくるのです。つまり、顔に影が出来やすく印象も悪くなりやすいということです。

こうした原因を作っているのが日常生活で普段何気ない行動としてしてしまっていることがあります。それがまばたきの回数が減るという機会を作っているシーンです。よくある事としては、パソコンやスマホの普及によって、今ではほとんどの人が所持している時代です。

つまり、それだけスマホなどに集中してみている時間も長くなり、自然とまばたきをする回数が減っているということです。こういったまばたきをする回数が減ることによって、それだけ目の周りの筋肉を使う回数が減っていることも原因にあります。

 

目元のマッサージはやり方に注意しなければならない

ここまでで、目のたるみを作ってしまっている原因が老化などによって表情筋の衰えや、眼輪筋そのものの低下によるものだという事がわかりましたが、こうした目の下のたるみを改善しようとする時に、マッサージをすることを始める人、すでに始めている人がいると思います。

こうした眼輪筋を鍛えること自体は非常に有効な方法ですが、ただ目の下や目の周囲というのは、私たちの体の皮膚の中でも特に薄い部分であるということを知っておかなければなりません。つまり、デリケートな部分であるがために、労わり方には気をつけなければならないということです。

ただマッサージと称して、目元を擦ることは逆効果になってしまいます。擦ることによって、もともとあるシミやシワがより悪化してしまう場合もあるからです。これは顔の筋肉が多くの筋肉によって構成されていることが一つと、リンパが入り組んでいることがその関係にあります。

こうしたことから複雑すぎる顔の筋肉やリンパを知りながら、マッサージをするということは容易ではないということです。

 

紫外線によっても、肌はたるむ

意外かもしれませんが、顔のたるみに対して日焼け対策をしている人は意外と少ないことがわかっています。その割合でいえば実に3割にものぼるといわれています。ただ紫外線が肌をたるませることについて、知っている人は80%にまで認知されながらも対策ができていない人が多いのです。

この理由には、紫外線がたるみを作るきっかけにあるのは知っていても、どう対応すればいいのかを知らない人が意外と多いという事が原因にあります。

そもそも紫外線を浴びることで、肌に紫外線が到達すると、活性酵素が発生します。この活性酵素によって、肌の弾力やハリを変性させたり、コラーゲンを破壊する酵素を増やすことで肌の老化を早めてしまいます。

こうしたことが目の下だけでなく、顔全体にまでたるみを作る原因になってしまいます。

 

食事の栄養バランス

普段から食事で何を食べているかでも目の下のたるみや顔のたるみは大きく変わってきます。とくに食事の栄養バランスが悪いと肌の老化を早めて、たるみに繋がる原因になります。

 

目の下のたるみ!取りたい!改善したい!どうすれば!?

表情筋をほぐすマッサージ

目の下のたるみが出来る原因をこれまでにいくつか紹介してきましたが、表情筋の特徴は、皮膚を動かすことで、なめらか動きが表情として顔に現れるようになっていますが、こうした普段から使う筋肉のために、どうしても顔の筋肉もコリが発生してしまいます。

表情筋は、使っていすぎることによって、肌にいつもと違うハリを感じるようになるとコリが原因だといわれています。また、逆に無表情であっても同じように表情筋は硬くなることもあります。こうしたコリが起こることで、普段笑う仕草であっても、普段よりもどことなくうまく笑えていないと感じることに繋がり、コリが起こっているとなるのです。

そしてこうした表情筋は、加齢によっても弾力が低下し、たるみが出来ることでも、下がった筋肉が引っ張られることによってたるみやシワにも繋がっています。こうしたたるみに対して、表情筋をほぐしてあげることが、本来の動きを取り戻すことにも繋がります。

こうした表情筋をほぐすのに効果的なのが変顔だといわれています。

 

眼輪筋をほぐすマッサージ

  1. 目の横を軽く指で押さえます
  2. 次に、眼輪筋を伸ばすように左右上下とのばしていきます
  3. 目尻にシワがある場合は、斜め上に伸ばしていきましょう

 

頬筋をほぐすマッサージ

  1. 手を頬筋に沿って、頬筋を伸ばすように引き上げます

 

口輪筋をほぐすマッサージ

  1. 舌を使い、口の中で押しながらゆっくりとまわしていきます

 

表情筋を鍛えるエクササイズ

表情筋は、まず表情筋をほぐした段階で行うことです。仕事上よく表情を動かす筋肉を使う人も、そうでない人にも共通することは、表情筋はまんべんなく使うことが必要だということです。特に、偏った表情筋を使うことは、たるみを引き越しやすくもなるのでまんべんなく鍛えましょう。

 

ウインクエクササイズ

  1. 頬骨の上を人差し指で軽く押さえておきます
  2. そのままウインクをします
  3. ウインクをした時に左右で力の入り具合が違う場合で、弱く感じる側は回数を増やしてウインクします(弱い方はたるみやすくなっている為)

 

眉毛上げエクササイズ

  1. 姿勢をただした状態でまっすぐ向き、ギリギリまで目を細めます
  2. 目を細めた状態で眉だけ上げます
  3. 自然に呼吸しながら10秒間キープします

 

ピースエクササイズ

  1. 手をピースの形にし、両方の目尻に軽く当てます
  2. このまま黒目をできる限り上を向かせます(白目をむくイメージ)
  3. そのまま目を細めた状態で10秒キープさせます

 

動画で確認したい方はこちらを参考にしてください。

 

こすらない

目を擦ることと、たるみが生じる関係性には、意外と知られていないかもしれませんが、花粉症になりやすい時期や眠気から目をこすってしまう事など、ちょっとした日常で目をこすってしまうシーンは多くあります。

こうした目を擦る行為は、まぶたの筋肉が伸びてしまいやすくなり、結果として瞼をたるませ、老けた印象にしやすくさせています。こうした目の周りは特に皮膚が薄いこともあって、ちょっとした刺激であってもこういった事態になってしまうので気をつけなければならないのです。

またメイクをするときも、同じことがいえます。また、メイクを落とす時にも同じことが言え、ゴシゴシと洗ってしまう場合も皮膚を伸ばしてしまう事になりかねないので、できるかぎりは易しくこすらないことがたるみを作らない方法になります。

特に目元は印象を大きく変えます。メイクも濃くなりがちになってしまいますよね。アイシャドウにラメ、リキッドアイライナー、ペンシルアイライナーなど使い方によっては、目元は濃くなりがちかもしれません。

そう言った場合に、こすらず落とすのであれば、しっかりとコットンにリムーバーを染み込ませてふやかした状態でそっと落とすようにしましょう。

 

目の下のたるみの解消は眼輪がんを鍛える

眼輪筋は、目の周りにある筋肉のことです。この目の周りを効率よく鍛えることで、薄い皮膚のたるみを予防することができます。ただ、年齢によって諦めてしまっている人もいるかもしれませんが、筋肉は年齢に関係なく鍛えることができるため、何歳になっても目の下のたるみは予防できるということです。

 

上まぶたを鍛える

  • 人差し指を眉の上におきます
  • そのまま眉をゆっくりと上げていきます
  • この時に、人差し指はあがってくる眉を下に押させるように固定します
  • 上まぶたが伸びたら5秒間キープさせます
  • 5秒後、ゆっくりと元にもどします

 

参考動画はこちらから確認してください。

 

下まぶたを鍛える

  • 口を「お」の形にしながら鼻の下をのばします
  • その状態で目線は上に向けたまま、目の下を伸ばしていきます
  • 次に下まぶたを引き上げるようにします。眩しい時に表情をつくるのがポイントです
  • 5秒間キープさせます
  • ゆっくりと元にもどします

 

参考動画はこちらから確認してください。

 

 

余分なむくみを改善

むくみが出てしまうと、どうしても顔の印象も少し腫れぼったくなります。またそれだけでなく、目の下のたるみも含め、たるむ量も当然といっていいほど大きくなります。こういったたるみがむくみによっても起こるため、むくみを改善することも大切なことです。

顔がむくむということは、本来の状態よりも余分な水分が肌にとどまっている状態です。こうしたむくみがたまると、リンパの流れも悪くなりカラダに不要なものまで貯め込んでしまいます。こうしたむくみを予防するためには、マッサージや軽い運動などで解消できます。

また、リンパの流れをよくするためにも、顔ではなく首をほぐしてあげることで顔に溜まった余分な水分を下に流しやすくできます。詳しい原因と対処法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

顔に紫外線が当たるのを防ぐ

外出前に日焼け対策

日焼け対策として気をつけたことは、ちょっとした日常の中でも紫外線は常に降り注いでいるために、朝のスキンケアから日焼け止めを塗っておくことが必要です。日焼け止めに関しては、外出する時に塗ることが一般的かもしれませんが、普段の生活上、ベランダに出て洗濯ものを干すだけでも紫外線を浴びる事になります。

そして日焼け止めは生活環境に応じた数値の日焼け止めを選ぶことが基準になります。

 

PA+ 日常の紫外線防止に効果がある
PA++ 仕事や運動などで数時間外に出るなでにかなり効果がある
PA+++ リゾートなどに行くなどに対して非常に効果がある

そして日焼け止め葉スキンケアの段階で塗ることはもちろんですが、紫外線防止効果のある化粧下地やファンデーションでメイクすることもおすすめです。特に日焼け止めを塗る場合に、薄くのばすことがあると思いますが、日焼け止めは初めにたっぷりとムラがなように塗ることが大切です。

この目安には、1平方センチメートル当たり、2mgずつ塗った時に初めて効果があります。これは塗った時に肌が白くなる量でもあります。またSPF20やSPF50とった表記がされていますが、数字が大きいほど効果があるという考え方はかえって逆効果になります。

 

SPF30 3時間~4時間の効果がある
SPF30 10時間の効果がある
SPF50 16時間~17時間の効果がある

 

それは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という成分が日焼け止めクリームには含まれています。この二つの成分は、肌荒れの原因になる事と肌の乾燥を招く恐れがある成分です。つまり、SPEの数値が高いからいいというわけではなく、用途に応じた使い方をしなければ肌には悪くなるということです。

また、汗をかくことや手で擦るといったことがあると、その部分だけ紫外線をカットする成分が薄くなり、効果が弱くなります。こまめな塗り直しも必要な場合もあるということです。

 

効果的に塗るポイントとケア

  • 顔全体をもし薄く塗るなら、頬骨あたりは厚めに塗ること
  • SPFの低い物を使用する場合は、パウダーファンデーションを使うと効果アップする
  • 毎日日焼け止めを使う場合は、吸収材が不使用のものを選ぶ
  • クレンジングと洗顔は洗い残しがないようにしっかりと!
  • とにかく保湿すること

 

強い刺激を避ける

目をこするということは、目の皮膚だけでなく筋肉を傷つけることと同じ事だといえます。こうした肌にとって刺激になる、「こする」や「強いマッサージ」などは、たるみの原因を引きおこす原因そのものです。特に顔の中でも目の周りの皮膚は薄くたるみやすく傷つきやすい場所です。

あくまでも目元は易しく刺激を与えないことが大切です。

 

コラーゲンサプリを飲む

目のたるみが出やすい理由には、目元がもっとも老化現象が早く現れる場所だとも言われています。これは、皮膚が薄いことや、目を酷使させていることから負担がかかりやすいこともあって老化が早いといわれています。

またこれに加えて年齢を重ねるごとにコラーゲンも減っていきます。こうした事も肌にコラーゲンを失わせていく理由にはあります。しかし、コラーゲンを効率よくサプリメントから摂ることで吸収率をアップさせることもできます。詳しい内容はこちらの記事を参考にしてください。

 

栄養バランスを考えることも必要

目の下のたるみを解消するためには、様々なアプローチが必要になってきます。ただその中でも特に、毎日の生活の中で欠かせなくなってくるのが食事での栄養面になります。たるみを防ぐためには、コラーゲンの生成をサポートしてくれるビタミンC。

また老化や肌荒れを予防しながら新陳代謝を活性化させてくれる働きがあるビタミンA。皮膚や粘膜を補正し新陳代謝をサポートするビタミンBなど肌には欠かせない栄養素がたくさんあります。こうした目の下のたるみを解消させるためには、ビタミン類やタンパク質が欠かせなくなります。

こうした栄養素を食事からバランスよく摂ることでハリと弾力を取り戻すことができるようになります。そしてもう一つ大切なものが酵素を含んだ食べ物です。年齢を重ねるにつれて消化と新陳代謝はどうしても低下していきます。

しかし、酵素を摂ることで新陳代謝が活性化されて、不要な水分も排出されむくみを解消することができるようになります。またすぐに栄養バランスを考えた食事を摂ることが難しい場合には、酵素をサプリメントとして補うことでも効果はあります。

そもそも酵素がカラダの中で働かなければ、目の下のたるみそのものは解消することは難しくなります。食事の中に酵素サプリメントをうまくプラスして食事バランスを整えるようにしましょう。サプリメントでバランスがとれるようになれば、美容面にも大きな効果が発揮されます。

 

 

まとめ

人の視線はどうしても気になってしまうものです。できれば今すぐにでも目の下のたるみを解消したいと思うはずです。特に、人から見て目のたるみがはっきりと認識できるのは、40歳の年齢を境に分かりやすくなってきます。

目の下のたるみを引き起こす原因はいくつかありますが、まずは食事での栄養面、また眼輪筋を鍛えるマッサージ、そして新陳代謝を高めることがまずは先決かもしれません。また加齢によって女性ホルモンは低下していきます。

女性ホルモンを効率よく増やすことも肌にはとても効果のあることです。女性ホルモンを増やす10つを参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。


この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 酵素洗顔の効果が凄すぎた!たった一度で毛穴がスッキリ❤

  • 1日で脚は絶対に細くなる!美脚の秘訣【リンパマッサージ・座り方】講座❤

  • 絶対痩せたい❤「食べても痩せる最強ダイエット15の方法❤」

  • え?たった1日!ニキビ肌の赤みとニキビ跡を消す方法

  • 女性でも楽々に!ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方5つ

  • 大人女子が実践したツヤ肌技!透明感あふれる美肌スキンケア