1. TOP
  2. 美容
  3. え?たった1日!ニキビ肌の赤みとニキビ跡を消す方法

え?たった1日!ニキビ肌の赤みとニキビ跡を消す方法

 2016/12/14 美容
この記事は約 16 分で読めます。 1,061 Views

昨日までなかったのに、朝起きたら赤いニキビがポツっとできていた!なんてことがあると思います。しかも、よりによって明日は大事な1日になるはずが、ニキビにせいで1日憂鬱な気分になることもあるでしょう。

そんな赤ニキビやニキビ跡を消すための方法を紹介します。

 

赤ニキビができた!肌が赤くなるメカニズムってなんなの?

young-791849_1280-3-1

赤いニキビができた経験がある人は多いと思いますが、じつは、赤ニキビは肌がもっとも危険だというサインでもあるのです。そもそも、赤ニキビはすぐにできるものではありませんよね。ただ気づいたらできてしまっていたこともあると思います。

こうした赤いニキビができてしまうまでには、それなりの時間がかかってできていることもあって、赤ニキビになる前のケアが本当は重要になってきます。まず、ニキビができる段階として、初めは古い角質や皮脂が毛穴に詰まることから始まります。

ただこの時点では、肌に赤みが起きるわけではなくて、初めは、毛穴に詰まっていた皮脂がなんとなく白く見えているだけなのです。ただ、この白く見えている時に、そのままにしておくと白ニキビが悪化し始めるのです。

それが、毛穴に詰まっていた皮脂が押し上げられることによって毛穴が開き始めるのがそのサインです。こうして毛穴が開き、皮脂が押し上げられた状態にニキビは空気に触れる機会が多くなります。

つまり、空気にふれることによって、皮脂が酸化をはじめていくのです。こうして酸化によって皮脂が黒ずんでいくと、今度は立派な黒ニキビが完成されてしまうのです。

さすがに、こうした時点まで行くと放っておけなくなりニキビケアをし始めると思いますが、ニキビは一度進行するとあっという間にできてしまいますよね!?こうしてできた黒ニキビは、詰まった皮脂を栄養源として、今度はアクネ菌と一緒に増殖を始めます。

こうしてできた炎症によって、ニキビだけでなくニキビの周りも赤くなり、よけいに目立ってしまう赤ニキビができてしまうのです。しかも一度、赤にきびができてしまうと、治るまでにもかなり時間がかかってしまい、メイクでごまかそうと隠したりしますよね。

こうしたことも悪循環になり、赤ニキビの治りに時間がかかってしまうのです。

 

赤ニキビ跡はシミになる可能性も!

こうして一度できてしまった赤にびきは、そのまま放っておくこともできずに、なんとかケアをしようと試みますよね?しかし、残念なことに赤ニキビができた場所だけを治す努力をしても、あまり意味がないことがわかっています。

それは、ニキビができている周りの肌の状態にも問題があるということです。まず、ニキビができた時点で、ニキビを治そうと、菌に対して免疫細胞が働くわけですが、こうした炎症反応に対して菌をやっつけようとする行為が、肌まで傷つけていることがわかっています。

これは赤ニキビをみるとわかるとおり、赤くしこりのようになっている状態です。そしてよくみると、赤ニキビのまわりも同じように赤くなっていることがわかると思います。じつはこれ、にきびのまわりの肌の毛細血管を傷つけてしまっている状態になっているのです。

つまり、赤いニキビを治しても、その周りの炎症によって、肌の奥内部まではしっかりと治っていないのです。よく赤みが残ってしまったということがあると思いますが、まさにこれがその原因になっています。

また同時に、赤ニキビも含めてそのまま放置しておくようなことになれば、最終的にはこの部分がシミとなって肌に残ってしまい、ニキビ跡やシミの原因となってしまいます。

 

抗生物質も十分なケアでない可能性もある

ニキビケアで肌に炎症が起こっている場合には、抗生物質を用いることもあります。また炎症がひどくなればステロイド剤を使用するといったケースもありますが、こうしたものを使うことで炎症を抑える効果はありますが、肌のバリア機能を低下させるといったことにも繋がる可能性もあります。

また、抗生物質によっては、肌の健康を守るための菌まで殺してしまう場合もあります。またこういった抗生物質は炎症に対しての効果はあっても、その後のニキビを発生を抑える効果はないために、同じようなニキビが発生する環境を作ってしまえば当然として繰り返される結果がみえています。

 

そもそもニキビができる要因には何があるの?

portrait-1579025_1280-1

ニキビを繰り返している人、突発的にニキビができてしまった人など理由は様々ですが、そもそもニキビができる原因をどの程度把握しているかも大切なことの一つです。そしてニキビができる原因には、大きく分けると、内的要因と外的要因とに分けることができます。

そして普段の生活の中でニキビを発生させやすいことを招いていることがあれば気をつけていかなければなりません。

 

 

 

  • ストレスをかかえている
  • 睡眠不足になっている
  • ホルモンバランスが崩れてしまっている
  • 生活習慣が悪い
  • 食生活のバランスが悪くなっている
  • 水分不足である
  • 肌が不衛生になっている
  • 肌が乾燥している
  • 洗顔方法が悪い
  • 化粧品が合っていない
  • 紫外線の影響がある

 

赤ニキビを消す方法

acne-1606765_1280-2-1

赤ニキビができたことによって炎症がおこりますが、こうした炎症を抑えるためにも抗生物質うやステロイドを使うことはもちろん必要なことですが、あくまでも根本的な解決にはなっていないため、根本的な治療をすることが大切になります。

それがニキビができにくい肌に変えることです。つまりニキビが発生する原因に、肌バリアの低下があります。そして毛穴に角栓が詰まることもその原因にあります。こうした原因をつくっているのが男性ホルモンにあるため、女性ホルモンが優位な状態にすることが求められます。

つまり女性ホルモンを高める生活習慣にもっていけばいいのです。女性ホルモンを高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

肌のターンオーバーを促進させる

肌はおよそ28日周期によって、肌細胞が作られ、剥がれていくサイクルを繰り返しています。ターンオーバーが正常に働くことによって、赤ニキビなどの炎症によってできた古い角質も、ターンオーバーの周期によって剥がれ落ちていき、新しい肌を再生させることができます。

こうしたターンオーバーを正常化させる生活習慣にあるのかどうかも大きなポイントになってきます。そして肌のターンオーバーを促進させる方法としてピーリングがあります。このピーリングによって古い角質が取り除かれれば、ニキビを改善することもできます。

しかし、あくまでもピーリングによってニキビに対する効果は予防ということです。ニキビができるたびにピーリングをすれば当然肌を傷める結果にもつながります。そのために、ピーリングのやりすぎは逆効果です。

ピーリングはあくまでも週に1回が目安です。毛穴を予防するための方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

赤みニキビ跡が気になる!ニキビの赤みを抑える方法

ニキビができてしまったことは、仕方がないかもしれませんが、その後にできるニキビによってシミや赤みが残ってしまうことが、もっとも見た目にも影響するために何とかしたいものです。そういった時におすすめなのが、ニキビ跡に効果のある化粧品を使うことです。

ニキビ跡に効く化粧水や美容液を使うことでケアをしていくことが一つの予防にもつながります。こうしたニキビ跡の赤みによるスキンケアでおすすめな成分がはいったのが3つです。

 

  • ビタミンC誘導体が配合された化粧品
  • プラセンタが配合された化粧品
  • AHA・BHAが配合されたピーリング化粧品

 

ニキビ跡の赤みにもっとも効くと言われている一つが、ビタミンC誘導体です。もともとビタミンCには、皮膚の傷を修復するための手助けをする効果と肌のターンオーバーを促進する効果があります。この効果によって、過剰な皮脂の分泌を抑えたり、メラニン色素の発生を抑える効果があります。

そうすることで毛穴を引き閉めニキビ跡を治してくれます。またプラセンタにもビタミンC誘導体と同じ働きがありながらも、肌の保湿力を高める効果もあります。ただ、ビタミンCと決定的に違う点は、即効性がビタミンC誘導体ほどはないということです。

そしてAHA・BHAが配合されたピーリング化粧品ですが、ピーリングの効果によって、古い角質を剥がし、肌の新陳代謝を高めるためにものです。ただ、ここにビタミンC誘導体を加えることでさらに効果を高めることができます。

 

赤ニキビ・ニキビ跡には「目薬」が効くらしい!

赤ニキビやニキビ跡に効果があると言われているのが、目薬なのです。普通に考えて・・・・「え?どういうこと?!」なんて不思議に思ってしまうかもしれませんが、しっかりとした理由もあってのことです。まずニキビに効果があるといわれている理由がこういったことです。

充血用の成分がニキビの炎症に効果があるということです。そしてもう一つが、目薬には殺菌効果と炎症を抑える成分がはいっているということです。この2つの効果によって目薬が赤ニキビに効果があるといわれているのです。

では具体的にどういった成分が有効なのか知っていると、実際に目薬を購入する時にも役立つはずです。

 

1 塩酸テトラヒドロゾリン

目薬を選ぶポイントの一つとして充血用といわれていますが、この成分に含まれているのが塩酸テトラヒドロゾリンという成分です。この成分には、血管を収縮させることができることで、赤みを緩和したり、ニキビがまだ小さい段階であれば治すこともできるのです。

2 ビタミン類が含まれる

目薬に含まれるビタミン類によってニキビやニキビ跡に効果があるということですが、まずビタミンB6が皮脂の分泌を抑えてくれます。そしてビタミンB5とビタミンEには炎症を抑える働きがあります。そしてビタミンB類がニキビやニキビ跡に効果があると言われています。

 

こうした効果があることから、目薬で赤ニキビやニキビ跡にも効果があるといわれているのです。そしてこういった成分が含まれているのが充血用に目薬だということです。

 

目薬をニキビにつかうための方法は

では、具体的にどう使ってニキビにアプローチしていくのかですが、目薬を使ったニキビケアの場合は嬉しいところは、とてもシンプルでわかりやすいという特徴があります。まず用意するものは、充血用の目薬の他に綿棒かコットンだけです。

 

  • 洗顔した後、化粧水をつけずに、綿棒またはコットンの先に目薬をつけておきます
  • こすらず、やさしくつけるイメージでニキビにつけます
  • つけおわったら、ニキビの部分以外を化粧水などで保湿すれば完了です

 

目薬は誰でもニキビに効果があるわけではない

まず、充血用の目薬で、赤ニキビやニキビ跡に効果があった人もいますが、決して全員に効果があったわけではありません。そのニキビの状態や症状によって効果がなかったという声もあるのが事実としてあります。

痒みがでる場合や、ニキビが悪化する、肌に滲みるといった声もあるためこうしたいわゆる悪化が心配な人は素直に目薬を使わずにケアをするほうがいいかもしれません。ただ、2日や5日態度で治ったと言う事実はあります。

また普段からニキビが悪化するような人の場合に共通してしていることも原因の一つとして考えられます。

 

ニキビができている!!悪化させてしまう日常的行動

home-1822424_1280-1-1-1-1-1

ニキビを触るなどをする

ニキビができてしまったときに、ついついしたくなってしまうことですが、気になって触ってしまうことです。こうした触ったりすることもそうですが、さらにニキビをつぶそうとすることは、ニキビを悪化させる感染リスクを高めてしまうことになります。

マッサージをすることやゴシゴシと洗顔をすることも、いわゆる刺激を与えることになります。こうした触ることに値する行動をすることによって、ここに細菌が入りこむことで、症状が悪化した!なんてことも普通にあることです。ニキビができてしまった時は、むやみにさわらずに気をつけておきましょう。

 

正しいスキンケアができていない

ニキビが出来てしまった時に、普段と同じようなスキンケアをしていると、かえってニキビを悪化させてしまうことにもなりかねません。というんも、ニキビができる原因には、皮脂が角栓に溜まること意外にも、肌の乾燥もニキビを悪化させる原因です。

またアクネ菌は、油分を餌にして増殖するために、油分の化粧品をつかうことは、ニキビを悪化させることにもなります。

 

パフやメイクブラシも注意

意外と盲点だったりするのが、ファンデーションを塗る時のパフやメイクブラシです。こうしたものは、毎日メイクをするためには欠かせないメイク道具の一つですが、毎日使う事によってここに皮脂が付着し、そこから肌に直接塗り込んでいることにもなります。

つまり、ニキビができていれば、当然ここから雑菌として侵入しやすいということです。こういったパフやブラシは常に清潔にしておく必要があります。

 

寝具にも気をつける

メイク道具と動揺に、寝具でも特に枕は肌に密着しやすい一つでもあります。また、布団カバーやシーツもそのニキビの悪化を招く雑菌を肌につける可能性もあります。ニキビができた時は、できる限りは生活が保たれるようにしておかなければなりません。

 

肌の赤み!ニキビ跡を消したい!すぐに消すためにするべき生活習慣4つ

couple-1733996_1280

規則正しい食生活が美肌に導く

ニキビを予防するためにも、そして肌をキレイに保つためにも普段からの食事には気をつけておかなければなりません。特に肌のターンオーバーの周期の乱れは、それだけ肌の状態を悪くさせることにもつながるために、できる限りの食生活の改善が求められるわけです。

その中でも肌をいたわるために必要な栄養素を摂ることが大切です。ビタミンAによって、毛穴のつまりを解消させ、肌のターンオーバーを促し、ビタミンB2によって皮脂の分泌を抑制させる。ビタミンB6によって、皮脂の分泌を抑えるだけでなく、新陳代謝を促す。

ビタミンCによってメラニンの生成を抑え、コラーゲン線維の生成を促し、抗酸化作用で肌をキレイにさせます。またビタミンEには、血液の流れをよくすることで代謝が高まります。そしてミネラルや食物繊維を摂ることも肌のためにも欠かせないことです。

こういった食事から改善していくことがニキビを予防するためには必要なことです。そしてすぐに食生活が変えられれば問題ありませんが、すぐにでも難しといった場合には、こういった栄養がバランスよく摂れる酵素をサプリメントから摂ることもおすすめです。

酵素を摂ることで、カラダの内側からキレイにすることができます。酵素には、肌のダメージになる活性酵素を抑制させる働きがあり、肌をキレイにする手助けには欠かせないものです。肌をキレイにするだけでなく、ダイエットにも繋がるのが酵素です。

 

質の高い睡眠で解消

ニキビなどの肌トラブルを招く原因の一つが睡眠不足によるものです。とくに、しっかりと寝ていると思っていても、実は寝る時間よりも寝ている間の質の高さが睡眠には欠かせないことがわかっています。質の高い睡眠を摂ることによって、肌も内側からキレイにすることができます。

特に睡眠中でも、新陳代謝が活発になる時間帯に睡眠を摂ることが非常に重要です。夜22時から2時という時間帯は肌のゴールデンタイムと呼ばれていて、この時間帯にターンオーバーがおこなわれています。

規則正しい生活の一つとして、肌のためにも睡眠はしっかりと摂るようにしてください。睡眠こそ、どれだけ質の高い美容液をつけようが、睡眠による効果の方が圧倒的に肌にはいいのです。

 

テラコートリル軟膏を塗る

あくまで緊急用としてですが、テラコートリル軟膏をニキビができてしまったところに少し塗っておき、一晩たち翌朝にはニキビが消えていることもあるほど効果のある軟膏です。しかし、緊急用と言ったのには、テラコートリル軟膏にはステロイドが含まれていることがその理由です。

テラコートリル軟膏には、炎症をおさえてくれる成分、ヒドロコルチゾンという成分が含まれていて、さらに抗菌作用のあるオキシテトラサイクリン塩酸塩により、赤く脹れた炎症にも抑え、雑菌を消毒してくれます。

ただ使いすぎてしまうことで、ニキビの部分が乾燥してカサカサした状態になったり、発疹やかぶれが起こる場合もあります。また使い続けていると、薬自体が効かなくなってくることもあります。

これは抗生物質に含まれる耐性菌によって起こることですが、こうしたことからも肌に免疫力が低くなることもあるので感染しやすくなるリスクもあるので気をつけなければなりません。

 

 

紫外線対策で予防

ニキビができている間は特に意識して中止しなければならないのは、紫外線によってニキビを悪化させるということです。紫外線を浴びることで、肌を守ろうと肌が固くなる過角化がおこってきます。これがすすんで行くと、毛穴がふさがりニキビができやすくなります。

そうすると肌に炎症を引き起こすことにもなり肌の水分も蒸発され、バリア機能の低下を招いてしまいます。そのためにニキビができていても、しっかりとして紫外線対策は必須です。そのためニキビができてしまった人のための紫外線対策に必要なポイントは3つになります。

 

  • 紫外線吸収材がはいっていないものを選ぶ
  • オイルフリーを選ぶ
  • 無香料、無着色を選ぶ

 

この3つがなるべく肌に負担をかけないで紫外線対策ができるポイントです。

 

水分はしっかりと

ニキビができやすい人やすでにできてしまった人に共通することは、バリア機能の低下以外にも、血液がドロドロになっているということが上げられます。この血液がドロドロしている状態というのは、肌に必要な栄養素が行き届いていない状態をさしています。

つまり、肌に栄養が行き届かなければ当然、肌トラブルが起きるのは当たり前ですよね!!こうしたことに対して予防できるのが、水分を補給することにあります。水分を摂る目的はもちろんニキビが出来にくくすることにあります。

これは水分を摂ることによって、代謝が上がり、血液の流れもスムーズに流れるようになります。そうすると、カラダに溜まっていた老廃物が尿や汗などと一緒に排出されるようになります。1日に摂らなければならな水分量は、1.5~2.0リットルといわれています。

この量をこまめに飲むようにすることで、カラダの中からキレイにし、美肌へ導くことができるようになるため、こまめに飲むようにしましょう。

 

ニキビの赤みを1日で消す方法はあるのか?

woman-400574_1280-1

赤ニキビやニキビ跡はどうしても目立ってしまいますよね。できれば、1日で消したいものです。こうした1日でニキビを消す目の方法は、正直難しいといったほうがいいかもしれません。特に赤みに対して炎症を抑えるといった方法であれば、軟膏や必要以上に触らない。

ニキビに必要なビタミン類を摂る、睡眠をしっかりと摂ることが一番効率よくニキビを消す方法になるでしょう。しかし、どうしても1日で消したい!!そう思うのであれば、1日だけ消し去ることは可能です。それは・・・

 

  • メイクコンシーラで消す
  • マスクをする

 

ニキビをたった1日で消すことは正直難しいといったのが現状です。こうしたニキビをうまく隠し消すことで、その間にニキビを消すためにしなければならないことをしていくのが、もっとも近道になるでしょう。

 

まとめ

ニキビの赤みやニキビ跡ができてしまった時に、まずはニキビを作ってしまった内的要因や外的要因に思い当たることがないかを知ることもニキビ予防には欠かせないことです。赤みを浴びたニキビほど、目立つものはありません。

是非、日常から改善できることをコツコツを続けていくことが最前になるでしょう。またニキビはストレスによってもできてしまいます。ストレスを解消するためには、質の高い睡眠を摂るだけでも大きく違ってくるのでうまく睡眠を摂るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • 焼き梅干しのダイエット効果から風邪(喉)まで効く効果がすごい!

  • シミ予備軍に気づいてる?今すぐチェックしたい消すシミ対策

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

  • 1カ月でニキビ肌が撃退!乾燥肌も防ぐ簡単❤泡洗顔と化粧水❤

  • 化粧水はコットン?それとも手?正しい使い方と効果の違いは?

  • 手軽に胸を大きくしたい❤きなこ牛乳でバストアップ❤