1. TOP
  2. 健康
  3. むくみの原因と対策!忙しい朝でも5分で小顔になるツボマッサージ❤

むくみの原因と対策!忙しい朝でも5分で小顔になるツボマッサージ❤

 2016/07/09 健康 美容
この記事は約 16 分で読めます。 617 Views

朝起きたときに顔がむくんでいる人には半数以上が顔や脚などにむくみを抱え悩んでいることがわかっています。しかも朝の時間はなにかと忙しくバタバタする時間帯でもあります。こういった忙しい朝でもしっかりとできるむくみの解消できるツボマッサージを5分で解消させてくれる方法があります。

またむくみを引きおこしてしまう原因や対策、グッズなどをここでは紹介していきます。

 

身体がむくむのは身体の水分量による!?

TAKEBE160224140I9A0405_TP_V (1)

身体が水分でできていることは知られていることかもしれませんが、男性の場合と女性の場合とでは、体内の水分量が違ってきます。60Kgの成人男性の場合で体内の水分は60%。
女性の場合では55%の体内が水分だといわれています。人が水分でできていると言われるところは、こういった事からいわれています。

そして身体の中にある水分には重要な役割があり飲料水などから水分を補給したときに、水分は腸から吸収されていきます。そこから血液などの体液として身体をめぐり全身に循環していっています。
この循環によって酸素や細胞に必要な栄養を届けながら、身体にとって不要となる老廃物を尿として排出しています。こういった循環のなかで体温調整をしたり、新陳代謝がおこなわれるように一定の環境を維持させています。

体内でおこなわれる循環が私たちの健康な身体作りや生活を送れるようにしてくれています。しかし、こういった循環がうまく行えない状態になってしまうとむくみを引き起こしてしまうのです。
とくに女性の場合には男性と違い筋肉量が少ないことや女性ホルモンのバランスの影響を受けることもあってよりむくみやすいのです。

 

むくみを引き起こす血行不良とは

SEP_327215200714_TP_V (1)

身体の循環は血液をとおして酸素や栄養素を全身に運んでくれていますが、この私たちに必要な酸素や栄養を運んでくれているのは動脈によるものです。血管にはこういった動脈ともう一つに静脈がありますが、静脈がする仕事には、身体全身で必要のなくなった老廃物などを回収するのが静脈とリンパ管です。この静脈の仕事の中心になるのは心臓ですが、ポンプによって流れるはずの血液が血管になにかしらの流れが悪くなることが起これば循環が悪くなります。

身体におこった冷えやコリがあることで、滞る場所ができてしまうと血管やリンパ管から水分がにじみ出て細胞の周りに溜まり、むくみを引き起こすのです。身体の老廃物の90%は静脈が運び、運びきれないもの10%をリンパ管が体外に排出させているのです。

 

顔がむくむ原因!むくみはたるみを引き起こす

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V (1)

顔がむくんでしまう原因には、いくつかが生活する中で関係していることがあります。またむくみでも特に顔のような人に見られるような場所は特にしっかりとケアをしなければなりません。水分を摂り過ぎたり、アルコールを飲む機会が多い、冷房の中で過ごす機会が多いなど。

こういった環境下に置かれていることで思いもよらない事態を招くことにも繋がります。特に女性にとって顔の印象は大きく変わります。むくみは時間が経つと一見するとむくみが引いたようにも感じますが、じつは皮膚の下では老廃物がたまっています。さらに加齢によって重力に逆らえないようになると、その部分は下がってきます。こういった事態を作る原因をここでは紹介します。

塩分のとりすぎ

身体にとって塩分というのはなくてはならない、欠かせないミネラルの一つではあります。しかし現代においては適度な摂り方でなく摂りすぎてしまっていることが大きな原因にあります。

むくみが身体にある余分な水分や老廃物を貯めることによってむくみを作る原因になっていますが、その中でも塩分には水分を貯め込もうとする働きがあるために、塩分を摂りすぎている場合にはバランスが崩れてしまっているのです。

塩分を摂りすぎてしまうと喉が渇くのは、人の体液の塩分濃度は決まっていて、これを超える量の塩分を摂ると体液の濃度を薄めようとする働きが生じます。この働きをしてくれているのがカリウムで、塩分とカリウムがうまくバランスをとることで喉が渇くようになるのです。つまり余分な塩分や水分を摂ることで血管から水分が染み出してむくみを作っているのです。

 

糖分のとりすぎ

塩分がむくみにつながることが有名な話かもしれませんが、じつは塩分と同じくらいにむくみやすくさせるものが糖分です。あまり知られていないことかもしれませんが、糖分も同じくらいに水分を貯め込む力が強いために、寝る前に甘いものを食べるなどをすると、夜は代謝が日中よりも低下するために、あっというまにむくみが出やすくなります。

 

アルコールが肝臓に負担をかける

顔などにむくみが生じる理由には先ほどお話しした通り身体の中での水分やバランスが崩れることによっておこります。そしてアルコールを飲むとトイレが近くなるのは、排尿を抑えている抗利尿ホルモンの働きを抑えてしまうことからトイレが近くなるわけです。アルコールを飲むことで尿がたくさんでる。そして喉が渇く。

このサイクルを繰り返すことは血管を膨張させ血管透過性が亢進されて血管壁から水分が浸透しやすくなります。これがむくみを起こす大きな原因になっているのです。

 

筋肉の収縮機能の低下

むくみや冷え性などが起こる原因には、筋肉が関係しています。筋肉のもう一つの役割には、ポンプ機能をおこなっていることです。身体にとっての不要な老廃物は血液によって回収されていきますが、この老廃物が回収しきれないものを、リンパ管を通るリンパ液がポンプのように流すことで老廃物を回収する役割をしています。

血液には心臓によって大きなポンプの力をもっていますが、リンパ液にはポンプの役割はなく、全て筋肉に依存しているのです。つまり男性よりも女性の方が筋肉の量が少ない分、筋肉が弱い人ほど老廃物の回収がうまくできずに滞りやすくなてしまうのです。女性に冷え性やむくみが多いのはこういったところなのです。

 

筋肉が硬くなる

顔の周りの筋肉が硬くこわばっているなんてことを経験したことはありませんか?こういったこわばりを作っている理由には、長時間同じ姿勢でいるようなことをしている可能性があります。デスクワークやスマホなど同じ動作いることが多い人は注意が必要かもしれません。

こういった同じ姿勢を知らずにとっている人には肩や首、その他にも長時間でいる姿勢からくるコリが、筋肉をあまり使わないことで硬くなり、リンパの流れも悪くします。その結果、顔のむくみなどをつくる原因にもなっているのです。

 

生活習慣がむくみや美容を悪化させる!

むくみを招いている生活習慣には、じつはかなり多くのNG習慣があります。仕事で長時間座りっぱなしや立ちっぱなし。一日の睡眠平均時間が6時間以下であることや野菜や果物、海藻類などをあまり食卓に出ないような食生活、レトルト食品をよく食べることもむくみを招く原因です。

また運動不足、ホルモンバランスの乱れは身体の不調を招く恐れがあります。こういったむくみを招く生活習慣を送っていることで、さらに様々なバランスを崩し悪循環に陥ってしまいます。こういった点からも特に肥満や老化を引き起こすために美容までも悪化させてしまうのです。

とくに人は寝ている間に成長ホルモンを分泌させています。寝不足が続くことで成長ホルモンが分泌されにくくなり代謝が下がり、むくみを作りだしている大きな原因になります。

 

顔のむくみの対策は

SAYA160312530I9A3621_TP_V (1)

多くの女性が悩んでいるむくみですが、むくみを予防や解消するためにできることを日常生活の中から取り組んでいける内容をここでは紹介していきます。むくんでしまった時に、余分な水分をどう排出させるのか、時間がない人でも簡単にできる方法から、グッズで対応できる方法までを紹介しています。

 

塩分を控えてカリウムを摂取

私たちにとって塩分は必要なミネラルの一つですが、現代の食生活では摂り過ぎになっているとも言われています。塩分には水を身体に貯め込む作用があるために、この塩分を上手に身体の外に排出しなければなりません。そのために必要なミネラルがカリウムです。カリウムには細胞の浸透を維持したり、塩分を排出したり、筋肉の働きを維持させる働きがあります。

こういった働きを機能させるためにも普段から塩分は控えて水分の代謝を促すカリウムを含む食べ物を摂らなければなりません。カリウムが豊富に含まれている食材にはイモ類や果物類に含まれています。

 

【カリウムが多く含まれている野菜類3つ】

  • さつまいも
  • 乾燥ひじき
  • ほうれん草

 

カリウムを効果的に摂るためには、カリウムの性質を知っておく必要があります。カリウムは水に溶ける性質にあるために、ゆでたり、水にさらすなどするとカリウムが減ってしまうために、溶けだすことも考えて溶けだした水分毎食べることができる調理法がいいでしょう。

 

アルコールを控えタンパク質を摂る

アルコールがむくみを作る一つの原因のために、アルコールはできる限り控える方がいいかと思います。またむくみが起きる原因の一つには食事の中でタンパク質が不足していることも関係しています。
タンパク質の働きには、肉や魚、大豆といったタンパク質を摂ると肝臓でアルブミンという別のタンパク質へ合成されます。

この合成されたアルブミンが細胞と細胞の間に蓄積された老廃物や余分な水分をリンパ管に送ることで身体の外に排出してくれるのです。また、ただむくみに繋がるだけでなく栄養不足や肌荒れ、ニキビをつくる原因にもなってしまうのでしっかりとタンパク質は摂っておかなければなりません。

そのためにもタンパク質は食事の中でもしっかりとレシピの中に盛り込んでいることが必須です。

 

リンパマッサージをする

むくみは滞っている水分を流してあげることで解消することができるので、まずはリンパマッサージをする前に軽いマッサージなどをするとよいです。まずは首をほぐすために首を右に3回、左に3回程度大きく回してみてください。つぎに鎖骨の上にあるくぼみに指を4本入れて、左右20回ほど軽い力でぐっと押すようにします。

そしてリンパマッサージをするときは、力の入れ方に加減をすることです。マッサージは優しく、ゆっくりと行う事が基本にあります。これは身体に張り巡らせれているリンパ管のほんとんどは皮膚の3mm~4mmという軽くさする程度でも効果のある位置にリンパ管がある為です。

またリンパ管に流れるリンパ液のは速さには、かなりゆっくりとした速さで流れます。その速さは1分間で24cm~30cmほどしか進まないために、この速さに逆らったリンパマッサージは十分に効果を得ることができません。したがってマッサージの速さは優しくゆっくりが基本です。

また筋肉が硬くなっていたり、冷えていたりすること、このリンパ液の流れる速さは遅くなります。そのためにリンパマッサージをする前に首をほぐしたり軽い運動をすることで、リンパの流れを流しやすくさせるのです。

 

【顔のリンパマッサージのやり方】

参考動画はこちらからみてください。

顔を温める

朝起きて顔がなんだか大きくなった気がする。目がどことなく腫れぼったいような気がする・・・・・。睡眠不足などで、こういった朝に起きたときには特にむくみを感じやすくなると思います。また朝の時間はなにかと忙しい時間ですが、そんな時間に面倒かもしれませんが、ホットタオルで顔を温めることも必要なことです。

顔を温めた後に口を大きく開けたり、目を大きく見開くようにすることを繰り返す顔面運動をするとより効果的になります。

顔を温めることで、顔のこわばった筋肉をほぐし血行を促進させてくれます。また顔の皮膚そのものを温めることで柔らかくスキンケア効果がアップし、その日のメークのノリや持ちもアップさせることができます。
顔のむくみは、余分な水分がたまっている証拠です。時間がたつにつれてむくみは少しずつ流れていきますが、メークをする前にしっかりとケアすることが大切です。

 

顔のむくみに効果的なツボを刺激

顔のむくみを解消させる方法の一つとしてツボによる刺激があります。顔のむくみのケアにツボ刺激がりますが、特に道具も必要なく、いつでも簡単に行うことができます。

mukumi_tsubo2

出典:http://antiaging.akicomp.com

mukumi_tsubo1

出典:http://antiaging.akicomp.com

 

顔のむくみを解消させるための参考動画はこちらから!

質の高い睡眠をとる

睡眠不足になると、身体の代謝機能も低下していきます。またむくみだけでなく睡眠不足になると肌の調子も悪くなるために睡眠時間はしっかりととらなければなりません。特に肌にはゴールデンタイムという時間があり、この22時~2時の時間帯で睡眠を確保できるかで大きくかわります。

この時間では成長ホルモンの分泌が最も活性化されるために美肌作りや代謝機能を改善するためにも欠かすことのできない時間なのです。

 

妊娠中のむくみ対策には何が必要?

YOU86_ninpusan_TP_V (1)

妊娠中にむくみが出る人は実に30%近くもいると言われています。妊娠中に太ることもありますが、ただ太ったわけではない可能性もあるのです。それがむくみによる原因だったこともあります。
そもそも妊娠中にむくみやすいのは仕方のないことです。妊娠してから12週を過ぎると身体の血液が増加します。これが34週までになると妊娠前の5割増しになる血液量になるといわれています。

つまり血液量が増えることは同時に、身体に水分を貯め込みいやすくしている状態と同じことが言えます。これは逆を言えばお腹の中にいる赤ちゃんに栄養が行き届きやすくするためのものでもあります。ただ、妊娠中の自然な現象になる一方で脚から心臓へと戻る血液の循環が悪くなることもあります。

そうならないためや予防をするためにも、身体はまず冷やさないことです。身体を冷やすことで、血流が悪くなりむくみやすくなります。そして妊娠中は身体を休めることも大切な仕事の一つです。脚をクッションや椅子などを利用して高くし、脚からの血流をよくするようにしましょう。またそれでも脚が冷えるなどがある場合には、足湯やレッグウォーマーなどで脚を温めることもしてみてください。

そして食事の中ではやはり塩分には注意してなるべく塩分を控えめにすることも必要です。また効果的に塩分を身体の外に排出するためにもカリウムを含む食べ物を摂り入れることもおすすめです。
また食事中に飲む物はやはりお茶がおすすめかもしれません。お茶には利尿作用があるために、むくんだ脚の水分を排出し解消してくれます。またお茶でリラックスさせたいのであれば、タンポポ茶や杜仲茶もおすすめです。

 

むくみ対策に効く食べ物は

SAWA_saikyouteisyoku_TP_V (1)

むくみを予防、対策するために必要な食べ物は栄養素を考えることです。一時的なむくみにせよ、慢性的なむくみには食事の中でむくみを解消させる栄養素を積極的に摂らなければなりません。塩分を控えながらもおいしく食べるためにも食生活を見直すきっかけをつくることです。

 

【カリウムを摂る】

これまでにも話してきたとおりカリウムはむくみの解消には欠かせないミネラルです。利尿作用と体内での水分代謝をスムーズにしてくれる効果があります。

 

【カリウムを含む食材】

じゃがいも、さつまいも、きのこ類、ナッツ類、ほうれん草、バナナ、スイカ、リンゴ、キウイなど。

 

【クエン酸を摂る】

クエン酸ときくと疲労回復に欠かせないイメージですが、クエン酸には代謝を促進させてくれる効果があるために、むくみを解消させることに繋げてくれる働きがあります。

 

【クエン酸を含む食材】

柑橘類、トマト、梅干し、リンゴ酢など。

 

【ビタミンEを摂る】

ビタミンEには血管の汚れを取り除く効果があることから、血流や体内の循環を改善することができます。老廃物が排出されやすくなります。

 

【ビタミンEを含む食材】

かぼちゃ、アーモンド、ごま、イカ、アボカドなど。

 

【タンパク質を摂る】

筋肉を作るために必要な栄養としてタンパク質があります。むくみを改善するためにはリンパ管をうまく作用させる必要があるために筋肉の量と質を保つ必要があります。

 

【タンパク質を含む食材】

イカ、マグロ、高野豆腐、鰹節、卵、肉類、魚類

 

むくみ対策に効果的な飲み物は

YUKA160322230I9A4320_TP_V (1)

朝起きた時などに顔がパンパンにむくんでいるという経験からも、少しでもむくみを解消できないか悩むと思います。むくみが出る原因は様々ですが、そのむくみを放っておくと、もっと大変なことになります。
むくんだ顔や脚などむくみやすい場所をそのままの状態にすると代謝が悪くなります。

さらに食事で摂ったエネルギーも変換しづらくなり、脂肪を貯め込みやすくもなります。また貯め込んだ脂肪はセルライトとなり痩せにくい身体へと変わってしまいます。そんなむくみを解消してくれるのにおすすすめな飲み物を紹介します。

 

白湯

白湯とはただの水ではなく、一度水を沸騰させたお湯を少し冷ました状態のお湯のことをいいます。白湯には血行を促進させる効果があり、内臓機能の疲労回復や冷え性の改善効果。また便秘で悩んでいる人にも効果的な飲み物です。

白湯を飲むことで血行が促進されれば、身体に溜まった脂肪やむくみをデトックス効果によって解消してくれます。さらにデトックス効果によって美容面でも大きな効果があり、肌のトラブルにも対応できる飲み物です。

 

トマトジュース

トマトジュースに含まれるカリウムが身体に余分な塩分を排出してくれます。また美肌効果もあるためにおすすめです。ただし、トマトジュースを飲むときは、砂糖や食塩が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

レモン水

レモン水には便秘解消効果もありますが、利尿作用によって、むくみ解消効果にも期待できます。さらにダイエットや美容としてレモン水を飲んだ時にもビタミンCで美肌効果、抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できます。

 

豆乳

豆乳はとくに生理前に水分を貯め込みやすいために、生理前から飲んでおくと、生理中のむくみに効果絶大です。また大豆イソフラボンによって食欲を抑える効果とに肌効果にも効果があります。

 

黒豆茶

黒豆茶は身体に溜まっていた余分な水分を排出してくれる効果があります。むくみ解消以外にもアンチエイジング効果も期待できます。

 

むくみ対策グッズでおすすめなものは

PAK85_prezenttoribon1278_TP_V (1)

むくみを解消させるためのグッズはいくつかありますが、どのグッズにもいえることは、ツボマッサージやリンパマッサージなどを手軽に代用できる物ということです。つまり、マッサージでむくみを解消させることを、そのままグッズでむくみ解消をしようとするだけのものですが、大きなメリットは手軽に簡単にできるところが大きなポイントです。

こういったむくみグッズで解消させるためにおすすめな物を3つ紹介します。

 

着圧靴下

「寝ながらメディキュット」のシリーズですが、就寝中に履くことで、翌朝に起きた時にしっきりとさせてくれます。

 

美容マスク

「リフトレ」シリーズですが、リファカラットプラチナ電子ローラーと併用することで翌日には小顔に変えることができます。

 

美顔器、ローラー

むくみに直接、美顔器やローラーを当ててあげることで、余分な水分と老廃物を排出させてくれますが、その効果は短時間でおこなうことができるためおすすめです。

 

忙しい朝にこそ!たった1分で顔のむくみを解消する方法

朝に目覚めた時にからだが自然とぐっと背伸びをしていることがあると思います。じつは背伸びをするということは、身体にとっては非常によいことなのです。そして深呼吸をすることは、心身を目覚めさせてリラックスさせる効果があります。忙しい朝にこそ、たった1分でできる「背筋伸び&深呼吸」を紹介します。

 

【背筋伸び&深呼吸のやり方】

  • 両手を合掌させた状態で、ゆっくりと息を吐きながらじわじわと上に10秒から20秒かけて両手をのばします。
  • このときに背伸びをしながら息を吐ききるように行いましょう。
  • 思いっきり伸ばした腕をゆっくりと息を吐きながら、伸ばしていた状態を横に10秒~20秒かけて倒します。肩甲骨が伸びている感覚を持ちながら行うとよいです。
  • ここまでの流れを左右に分けて行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?顔のむくみをたった5分もかからずして解消できるツボマッサージや、効果的な飲み物、食生活など、その他の方法を知ることでより、むくみに対する予防ができるかと思います。朝の忙しいわずかな時間でも簡単に取り入れることができると思います。ぜひ実践してみてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと

  • 【ダイソー】プラセンタ成分!濃密美容液の口コミと使い方

  • プラセンタがニキビに効く!好転反応と4つの法則で治そう

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

関連記事

  • プラセンタで女性ホルモンバランスの乱れをストップ!【調整と増やすには】

  • 毎日を美肌習慣に!肌の水分量アップさせるコツ8つを紹介

  • 酵素パックがすごかった❤自宅で簡単にできる効果のある裏ワザ❤

  • メラニン毛穴の黒ずみを治す改善方法はピーリングor化粧水?

  • トマトジュースの効果効能❤美肌の効果は飲み方で決まる

  • 有酸素運動をしても痩せない!体重が減らない人が太る原因14選