1. TOP
  2. 美容
  3. 朝と夜でこんなにも違う!時間帯別の肌ケア方法❤

朝と夜でこんなにも違う!時間帯別の肌ケア方法❤

スキンケアを朝と夜とに必ずしていると思いますが、この2回の肌ケアは正しく出来ていますか?朝と夜のケアの仕方がかわってくる意外にも時間帯でもその肌の状態は大きく変化しています。間違った方法で効果が出せていないかもしれません。

 

毎日欠かせない「スキンケア」!こんなことしてませんか?

fashion-1636872_1280-1-1-1

あなたが毎日おこなっているスキンケアが本当にこれで大丈夫なのか?と思ったり感じたりしたことがあると思います。毎日洗顔することは基本的なことかもしれませんが、あまりにも日常的で当たり前すぎる習慣だからこそ、気づいていないこともあるかもしれません。

朝起きてからのスキンケアと夜にするスキンケアでこんなやりがちなミスをしているかもしれません。

 

朝にやりがちなこと

  • 丁寧に洗顔しすぎて皮脂を必要以上に取り除いているかも・・・
  • 忙しい朝だからといって、化粧水しかつけていない
  • スキンケア後のすぐにメイクをしている・・・
  • 顔や目のまわりがむくんでしまっている・・・
  • 肌が乾燥している
  • メイクののりが悪い・・・
  • 赤みがなくなった気がする
  • 顔色がくすんでみえる

 

夜にやりがちなこと

  • 肌に負担をかけるような、帰宅後もしばらくメイクしたままの状態で放置している
  • 朝と同じスキンケアになっている
  • 睡眠不足で肌がガサガサに!くすみが気になりだした・・・

 

朝の顔は汚れているんです!?

「変性皮脂」って知っていますか?20歳代や30歳代でとくに肌に対して気にしていることがあります。それは毛穴が開いてしまったまま、引き締まらなくなってきたことや毛穴の黒ずみが目立つようになってきたことです。

変性皮脂というのは、毛穴からでた皮脂の一部が外気に触れることによって、時間とともに変化し酸化していくことをいいます。これは何を意味するかというと、特に最近増えていることが朝に洗顔料を使わずに水やぬるま湯で洗顔する女性が増えていることです。

洗顔料を使わないままで、肌についた皮脂が落とせているのかということです。特に夜寝る前にスキンケアをした後に、睡眠をとり朝までそのままの肌の状態でいるわけですが、たいして汚れていないから・・・。という考えから朝に、洗顔料を使わない人もいます。

ただ一つ問題なのは、肌の皮脂膜を取り除きすぎることは、もちろんよくありません。しかし、人は夜から朝まで寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。この汗と皮脂が混ざり合う事で皮脂膜ができるわけですが、この皮脂膜を取りすぎてしまうと考える人や汚れていないと考える場合は気をつけておかなければならないことがあります。

それは、古くなった皮脂汚れを残しておくことは、肌にとってはよくはないということです。皮脂というのは、3つの成分でできていますが、そのちの一つの成分にトリグリセライドという成分があります。この成分は皮膚の表面にある常在菌の働きによって、他の2つの成分と一緒に分解されると、皮膚にダメージを与える(変性皮脂)に変化します。

これが肌のバリア機能や保水力を落としてしまい、20歳代や30歳代にとくに気になり始める毛穴の開きや肌のキメが乱れるなどの肌に変化が起こるようになってくるのです。つまり夜寝ているい間であっても変性皮脂はおこなわれているので、必ずしも肌がキレイな状態かといわれれば、決してそうではないということなのです。

 

洗顔料は使用したほうがいいの?

皮脂変性によって肌にいい状態を維持させることが難しくなることが考えられるとわかったところで、じゃあ洗顔料を使えば肌の状態をキレイなままで維持することができるようになるのか?!当然、洗顔料で肌を洗った方がいいということになります。

この一晩でできたコップ1杯の汗や一晩寝て起きた時の皮脂を考えれば、当然ぬるま湯や水だけでは十分に落とすことは難しいことになります。とくに皮脂の分泌が盛んになる顔の部分、鼻やこめかみ、あごといった部分は皮脂が多く分泌されている場所でもあります。

また皮脂量で考えてもその差はかなりのもので、夜に洗顔をし、睡眠に入り、朝起きた時に皮脂量を調べてみると、平均で3倍の皮脂量の差があったことがわかっています。つまり朝にお湯や水のみで洗顔をしている場合では、十分な洗顔とは言えないということです。

洗顔料を使うべきかどうかについては、基本的には使うべきです。こうした皮脂の分泌が盛んな場所や顔全体に皮脂が多い人の場合は、洗顔料で皮脂を洗い流すほうがいいです。ただ、洗顔料を必要としない場合もあります。

それは皮脂の分泌が比較的少ない部分です。それは目元や頬など、皮脂の分泌が多い部分と比較してもわかると思います。こうした場所には洗顔料を使わずにしておくことです。こうした皮脂の少ない部分というのは、洗顔をすることによって皮脂を奪い乾燥させてしまうことにもなります。

またこういった場合以前に、乾燥肌の人アトピー性皮膚炎などで極端に乾燥している肌や、皮脂の分泌が全体的に少ない人の場合は洗顔料は使わない方がいいです。乾燥肌が特に気になる人はこちらの記事を参考にしてください。

逆に脂質性の肌の人の場合はしっかりと洗顔料を顔全体に乗せ、洗い流すようにしてください。

 

タイプ別肌!洗顔の違いは

mask-1231843_1280-1-1

洗顔をする時にいかに自分に合った洗顔ができるかで、肌の状態は変わってくると思います。ここでは肌質に合わせた洗顔を紹介します。

 

オイリー肌

オイリー肌の特徴は、通常よりも多くの皮脂量が分泌されている状態になります。そのためこういった肌質の人の場合は、ぬるま湯だけでは十分に余分な皮脂を取り除くことは難しくなります。またこうした皮脂がしっかりととれていないとニキビ肌の原因にもなるため気をつけなければなりません。

オイリー肌の大きな特徴は、毛穴が開いてしまっている分、皮脂も溜まりやすく、ニキビ、吹き出物が出来やすいということです。その為に選ぶべき洗顔料は、肌に油膜をはらずに、不要なものだけを落とすことができる洗顔料です。油分の少ない洗顔料を選びましょう。

 

混合肌

混合肌の特徴は、部分的には皮脂の分泌量が多いにも関わらず、その他の部分では皮脂が少なく乾燥しているところです。そのため、乾燥している部分と皮脂が多い部分とを確認し、洗顔をする時は皮脂が多く出ているところのみを洗顔料で洗うようにしましょう。

 

乾燥肌・ニキビが出来やすい肌

乾燥肌や肌がデリケートの人の場合は、洗顔料を使わずに特に朝の場合は、ぬるま湯で洗う方がいいです。もともと少ない皮脂なので、洗顔料を使うことで、必要な皮脂までが奪われてしまうことになります。そうするとニキビにもなりやすい上に乾燥を悪化させることにもなりかねません。

また季節によっては皮脂が多くなる時期もやってきます。そういった時期に差し掛かった場合は、朝起きた時に顔がテカッているなどがあれば、洗顔料で洗うようにしてください。

 

オイリー肌・混合肌・普通肌

こういった肌質の場合は、洗顔料を使いましょう。皮脂が適量か多い傾向にあるために、余分な皮脂を出やすくなります。また皮脂がつまってくるとニキビの原因にもなります。

 

見直す!正しいケアは時間帯別に!

time-1739632_1280-2-1

正しいスキンケアをしましょうといっても何が正しいのか迷ってしまいますよね?!本当に今しているケアが正しいのかどうか不安を感じる人もいるでしょう。スキンケアにいてケアをする時間帯は基本的には1日2回程度になってくると思います。

特に普段は仕事や家事などでまとまった時間をとることは、中々難しいものです。そのために限られてくる時間帯が朝と夜の時間になってくるわけですが、朝と夜にどんなケアをすればいいのか?またスキンケアの違いはどこにあるのかを考えていかなければなりません。

まず基本的な考えとしては、時間帯でわけて考えることです。つまり時間帯に合わせたケアを行うということです。忙しい朝はできる限り時間をかけずにさっと済ませておきたいものです。逆に夜の時間帯はしっかりと時間をかけて丁寧にスキンケアをすることです。

こうしたケアの仕方がかわってくるのは、朝や昼、夕といった時間帯によって肌の状態は変化するからです。日中でいえば、皮脂が分泌されやすくなるため、また外にでることが多くなるために汚れなどが肌につきやすい状態です。

そうすると当然、毛穴に汚れが溜まっていきます。また洗顔をしたくても中々そうはいかず、肌にとっては皮脂が浮きやすく、毛穴への汚れも気になる時間帯です。こうした日中に受けた肌へのダメージを少しでもケアするために夜の時間帯があるのです。

つまり朝と夜ではスキンケアに求めるものが違うために、同じスキンケアでは肌が悲鳴をあげてしまいます。ここを見直すことが時間帯別スキンケアなのです。

 

朝と夜の効果の違いは7:3を意味する

rose-1706449_1280-1-1

朝は「肌を守るを」意識する

まず初めに知っておかなければならないのが、朝は肌を守ることを意識することです。朝はこれまでにも触れてきたとおり、何かと忙しい時間帯でもあります。そうした時間帯ではあってもしっかりと朝にしなければならないスキンケアの手抜きはいけません。

つまり、朝はしっかりと保湿をすることです。朝の肌というのは、睡眠中から汗をかいたことによって体温調整がおこなわれることで、肌の内部には水分が不足している状態になっています。また当然、肌の内部が水分不足ということは表面も水分が不足している状態にあるため肌は乾燥している状態にあります。

 

そのために朝はしっかりと水分をプラスさせることが大切なのです。特に朝から日中にかけていくと、今度は外に触れる機会も増えていきます。そうなると肌の大敵である紫外線や乾燥といった刺激が待っているわけです。

この刺激に対して守れる方法が肌を保湿することになります。そのために必要なことは化粧水で保湿をすることです。洗顔が終わった肌にたっぷりの化粧水を肌にうるおいを与えるために補給していきます。手のひらで包み込むようにハンドプレスします。

そしてしっかりと化粧水が浸透したころの1分後に乳液やクリームをつけていきます。特に皮脂の分泌のいいうTゾーンや鼻の周辺には控えめにし、乾燥しやすい場所には多めに使うようにします。そのあとのメイクについては、クリームや乳液がしっかりと浸透してから行うことです。

肌からべたつきがなくなった10分~20分程度の時間を目安に下地作りを始めていきましょう。ただニベアを使う場合には一つ注意が必要です。ニベアには保湿効果がある反面、油分が含まれています。肌に透明感を増す効果はありますが、紫外線によって日焼けしやすく油焼けするので、朝は控えておいたほうがいいでしょう。

 

【朝の保湿チェック】

  • 蒸しタオルで血行促進・・・もし朝起きた時にむくみが気になるようであれば、蒸しタオルを使って血行を促進させることです。濡らしたタオルをレンジで温めて、熱が冷めてきた頃に顔にあてます
  • ぬるま湯+洗顔料+皮脂状態・・・洗顔料は皮脂量や状態に合わせて部分的に両を調整し、ぬるま湯で洗顔する。肌は擦らず、時間はかけずに1分以内で済ませるのがコツ
  • 化粧水+クリーム・・・保湿を長く持たせるためには、化粧水は重ねづけがおすすめ。洗顔後は乾燥しがちなので、しっかりとクリームで乾燥を予防します
  • コットンはNG・・・化粧水や乳液をつける時に、コットンを使う人もいますが、肌に触れることで摩擦が生じます。できる限りは、手のひらでなじませるように染み込ませていきます
  • ファンデーションは直前に・・・メイク崩れを避けるためには、化粧水や乳液はしっかりとなじませること。なじんだ頃にファンデーションをつけることで予防

朝起きた時にむくみが気になる人はこんな原因もあります。またむくみを解消させる方法もあります。

 

帰宅後すぐにクレンジングは正しいが・・・・

もう一つ気になることがあると思います。それが「過酸化脂質」という物質変化です。これはメイクなどをすることで、時間が経過していくと皮脂やメイクが劣化していくことでくすみや毛穴トラブルに繋がるため、早くクレンジングしたいということです。

確かに6時間~7時間経ってしまうと酸化してしまうと言われていることからも、帰宅後のクレンジングは間違ってはいません。むしろ、良いタイミングともいえますが、ひとつ問題なのはクレンジングをするということは、ここで1回洗顔をしたということになります。

そしてお風呂に入った時に、もう一度洗顔をしてしまうはずです。つまり2度の洗顔をしてしまうと、肌に必要な水分や油分を洗い流し過ぎることになります。つまり乾燥肌を自分で作っていることになるのです。そうならにためには帰宅後すぐに入浴をすることがベストといえるでしょう。

 

夜はいたわりを意識して

そして今度は逆になってくるのが夜の時間帯でのスキンケアです。夜の時間帯は日中と大きく違うのは、日中に頑張ってきた肌が、ダメージとしてメイクによって肌に負担がかかっていることや外気に触れたことで刺激され疲れた状態になっています。

夜は肌が消耗している状態をケアする時間帯です。つまり肌の負担を少しでも減らすために栄養をプラスすることです。特に夜に大きく関わってくるのが睡眠によります。日中に受けた肌へのダメージを修復し、新しい細胞を作り、老廃物を排出させることがポイントになってきます。

これに必要なのが成長ホルモンです。この成長ホルモンが分泌されることで、新陳代謝が活発になり日中に受けたダメージも回復させることができます。そのためには、質の高い睡眠をしっかりと摂ることがまず基本になってきます。

そして質の高い睡眠を摂るためにもまずは、メイクをとるまえにお風呂に入りましょう。仕事などから家に帰ってきた時に、まずメイクを落としたくなりますが、何よりも肌をいたわりながら効率よくできるのがお風呂にあります。

特に仕事終わりにすぐにメイクを落としてしまうと、その間は、肌が無防備な状態にさらされていることになります。また入浴中にクレンジングでメイクを落とすことも同じことがいえます。初めにクレンジングをすることで肌の水分が蒸発して乾燥させてしまいます。

そうさせないためにも、洗顔は一番最後にすることです。まずは髪やカラダを先に洗う事で、湯船にしっかりと浸かることです。湯船に浸かることで、水蒸気によって毛穴が刺激され開くようになります。ただ、どうしても最初にメイクを落としたい場合は、メイクを落とした後にすぐに保湿オイルを1滴~2滴を手のひらに伸ばし顔にそっと押しあててください。

肌の乾燥を防ぐ意味ではお風呂から出る直前に洗顔することがもっともいいタイミングということになります。またお風呂で美肌力を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

夜に必要なお手入れ4つ

night-shoot-1597981_1280-1

保湿は必ず!

肌を保湿する目的の一つが乾燥を防ぐことにあります。肌が乾燥していることで、肌の代謝も悪くなっていきます。そうすると肌に老廃物が溜まり肌自体も固くなってきます。乾燥させることは、肌には大敵なのです。

乾燥を防ぐために必要なことはこちらを参考にしてください。

 

代謝を促す美容成分を摂る

肌を再生させていくためには美容成分は欠かせません。もちろん質の高い睡眠を摂ることも前提にありますが、肌は年齢やその他の原因から美容成分が失われていきます。大切なのは肌には欠かせない美容成分をどこまで摂ることができるか、またどこまで新陳代謝を高めることができるかにもよります。

 

古い角質は取り除く

古い角質がいつまでも肌に残っていると、化粧品が浸透しにくくなるだけでなく、ニキビや肌トラブルを招く原因にもなります。そのためには古い角質を取り除くことはもちろんですが、大きな原因になっているのが、肌のターンオーバーの遅れです。

fotolia_112072311_xs-min

出典:http://binotetujin.com/

本来であれば、肌は毎日新しいものへと生まれ変わっていきます。しかし、何かしらの原因によって肌のターンオーバーが遅れるなどで乱れてくると、、角質がうまく肌の表面から落ちずに、いつまでも残っている状態になってしまいます。

この大きな原因になっているのが、肌の水分不足や乾燥です。そのためには、しっかりと肌を保湿させること。そうすることで新陳代謝も活発になります。そのサポートをしてくれるのが酵素洗顔です。酵素洗顔の特徴は、古い角質を剥がすのではなく分解することにあります。詳しくはこちらの記事で確認してください。

 

夜のパックは栄養分を含むものを

朝と夜とでは肌が欲しているものが大きく違ってきます。そのために夜に必要なものは栄養分を含んだものです。1日の疲れが肌にも溜まっています。美容成分の多いパックを使用することで栄養補給をしてください。

またもっとも効果的にパックをしようと思うのであれば、毛穴がしっかりと開く入浴後にパックするのがおすすめです。パックは目的にあったものを使うようにしましょう。シミを予防したい、日焼けの後はどうすればいい?などパックの使い方や効果を最大限に発揮させるための方法はこちらの記事から紹介しています。

 

【夜の保湿チェック】

  • 帰宅後はお風呂で最後にメイクを落とす・・・メイクは時間とともに皮脂と合わせて酸化していきます。また最悪、色素沈着ということもあります。摩擦を与えず泡で洗顔しましょう
  • マッサージは肌に水分補給させてから・・・血行促進のためにマッサージをする時は、その前にしっかりと肌に水分を与えてからすると、潤いながら美容効果がアップします
  • くすみ改善はマッサージで・・・くすみを解消するためには、「ピアノタッチ」によるマッサージが有効です。イメージは軽く指を曲げポンポン軽く叩くだけです
  • 睡眠は最低でも0時までに・・・睡眠不足は肌の大敵です。美肌を作るための成長ホルモンを分泌させるためにも、遅くとも0時までに休みましょう

肌の保湿力を高めるのであれば、保湿をするための3つの因子も必要です。

 

酵素の力で肌本来の力を蘇らせることも大切

parsley-666412_1280-1

酵素は私たちのカラダには必要不可欠な存在でもあります。食事をして消化するには酵素が必要ですし、消化したものがカラダに必要な栄養素となるにも酵素が必要です。私たちのカラダは酵素がなければ機能しないということです。

とくに現代社会においてはストレスに悩む女性が多いのも事実です。こうしたことでも酵素は使われていきますし、不規則な生活も酵素を不足させる原因になります。つまり酵素がカラダに足りていないと美容効果が働かなくなるということです。

またダイエットにも同じことが言えます。酵素をしっかりと摂ることが、肌本来の力をよみがえらせてくれるため、しっかりと食事から、スキンケアから摂っておかなければなりません。酵素の多い食べ物や酵素の力をうまく引き出す方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

まとめ

朝に必要なスキンケアのポイント、夜に必要なスキンケアのポイントを知ることは、肌をいたわることに繋がります。1日で肌がどれだけダメージを与えてしまったのか!こうした日々の肌の状態を確認しながら工夫することが、肌のトラブルを早くに発見できることにもつながります。

肌が求めているものに的確に察知できるように、ちょっとした気づきを毎日のスキンケアから気づくことが一番の予防になります。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • まつ毛パーマとエクステを比較!おすすめ全貌

  • ヤクルトで肌荒れがきれいに!美肌を作る改善秘訣

  • 便秘とむくみは体重増加にも!お腹と顔の予防法

  • 便秘の原因はストレス!女性が知っておきたい解消チェック

関連記事

  • 女性でも楽々に!ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方5つ

  • 寝る前に食べるだけ!はちみつダイエットで簡単ヤセキレに❤

  • 【素早く簡単】日焼け対処法はこれで完璧!赤くなる・水ぶくれケア

  • 肌に透明感を出す食べ物❤たった1カ月の美白習慣

  • リンゴ酢ダイエットは飲み方で想像以上の効果は量で決まる

  • なんで?体重は減るのに下半身が痩せない原因と短期間で成功する方法