1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【何キロ痩せたい?】断食3日間水だけよりベストな選択

【何キロ痩せたい?】断食3日間水だけよりベストな選択

ダイエット
この記事は約 14 分で読めます。 76 Views

断食に失敗してしまった!!1日だけや2日だけで断食ができると思いますか?断食をすると痩せると言われていますが、断食をする日数によっても変わると思いませんか?今回は、断食を3日間すると何キロ痩せるのか?

断食の効果を高めたい人へ紹介します。

 

断食ダイエットって?

断食ダイエットは言い方を変えれば、ファスティングダイエットやプチ断食などと呼ばれていると思いますが、断食ダイエットは、短期間だけ水分以外の食事をしないダイエットのことを指しています。

 

ただ、絶食と変わらないのではないの?と思うかもしれませんが、絶食と断食の違いは、絶食は水分を含めて全ての食事を止めてしまうのに対して、断食は水分を摂ることはできるため、ここに違いがあります。

 

つまり、水分であれば野菜ジュースや酵素ドリンクといった飲み物を飲むことはできるのです。ただ、水分としてアルコールを飲むことはもちろん断食とは違ってくるので間違えないようにしてくださいね。

 

断食はただ痩せるではない!もっと嬉しい効果も

断食は今でこそ、たくさんの人が認知しているダイエット方法ですが、元々は、宗教行為の一つでもあるのです。そんな断食のダイエット効果以外にも大きな役割が断食をすることで得られることができます。

 

それが内臓を休ませること。内臓を休ませるというのは、普段から私たちのカラダは常に動きっぱなしの状態にあります。消化をするだけのエネルギーさえカラダにとっては負担をかけていることになります。

 

食を断つという断食には、胃腸などを内臓を休ませることで、さらに人が本来持っている自然治癒力を高めることで活性化させることができるのです。

 

そのため、ダイエットで言えば断食後には基礎代謝を向上させることができ、太りにくくするカラダへと導くこともできます。

 

美容効果を期待して!

カラダが痩せるだけでなく、肌もキレイになることで見た目もキレイになることができるのです。

胃腸などの内臓を休めるということは、消化するためのエネルギーを使わずに済むだけでなく、お腹が空いた時に出る「モチリン」という酵素によって腸の蠕動運動を促してくれます。

 

そうすることで、カラダの老廃物を排出することで腸内環境を整えてくれ肌のターンオーバーも整えてくれるようになり肌をキレイにしてくれます。

 

リラックスできる

リラックスすることもできるのには、ケトン体という脳内物質が増えることでα波が出て効果が現れるのです。

デトックス作用が働くことで、気持ちも落ち着くとセロトニンが分泌されるようになり心も落ち着くようになります。

 

天敵!悪玉コレステロールも!

日本の約206万人が患う脂質異常症(厚生労働省平成26年「患者調査の概況」)。偏った食事や運動不足などを原因とすることが多く、放置すれば動脈硬化から狭心症や脳梗塞を引き起こし、突然死に至りかねない。

断食をするメリットには、血液中の悪玉コレステロール値を低下させる効果があるとも言われています。

悪玉コレステロールというのは、肝臓で作られ血液の流れによって全身に送られることで有効利用されています。

 

しかし、過剰になってしまうと血液中にたまってしまい動脈硬化の原因に・・・。こうした悪玉コレステロールもカラダのエネルギーが消費される時に血液中の悪玉コレステロールも使用することで値を低下させるとも言われています。

 

体重減少はセオリー通り!?

断食をすることで大きなメリットになるのがやはりダイエット効果ですが、断食をすると食事を断つために普段食事で摂っているエネルギー源がなくなるわけです。

 

補給ができないということは、外からのエネルギー源を確保することができないということ。そのためにカラダになるエネルギー源からエネルギーを取らざるを得ないために脂肪を分解し、カラダに溜まりに溜まった脂肪が燃焼されていくのです。

 

これがダイエット効果なのです!!

 

断食は準備期間も考えて!

準備期間(1〜2日前)

断食をする前に準備をする期間をしっかりと設けてください。それが準備期であり、断食に入る断食期、断食を終えてから回復に向けて行う回復期に分けることができます。

 

準備期で必要なことはとにかく胃腸に負担をかけない食事をすることです。そこで、純っ鼻期間で摂る食事は、、、

 

  • 腹八分目にしておく
  • 食べ過ぎない
  • 刺激物やアルコールは摂らない
  • 断食前夜の食事は、おかゆやスープ、ドリンクにする

 

断食期

断食期は言葉通りに断食を行なっている最中のために、食べるものは固形物ではなく水分やスムージーといったものを摂る期間です。

また実際に行う断食期間なので固形物を食べないようにしましょう。

 

断食後の回復期(断食後1〜2日)

断食後はどう回復期を過ごすかによってリバウンドに繋がるか、このままダイエットに繋がるか大きな分かれ目になり期間です。

 

そのために、回復期に食べる食事は、通常の食事ではなく胃腸に優しい食事をすることです。スープや重湯、ヨーグルトなど極力胃に負担をかけずに少しずつ食事を摂るようにしてください。

 

そして回復期の最後となる日は、食べる量も普段の半分程度であれば固形物を摂っても良いでしょう。

断食を3日間行うのであれば、断食の翌日に固形物を食べてください。ただ、固形物を食べることで胃に負担がかかっていると感じたら無理をせずに、さらに1日伸ばして少しずつ様子を見るようにしましょう。

 

断食ダイエットは向き不向きがある

断食ダイエットを考えている人にとって、そもそも断食ダイエットをしても良い人とよくない人とあります。

 

そもそも体調が悪い

ダイエットをしたくても体調が悪ければ、断食をすることでより体調を崩すことになるかもしれません。また。体調が悪いという考えには、病気を治療している最中であったり、脳疾患や動脈硬化を患ったことがあると断食はしないほうが良いでしょう。

 

動脈硬化のある人の場合の断食では、半日断食であれば高血圧に良いかもしれません。血圧が高くなる原因に、動脈硬化によって血管の内壁が狭くなっていることです。

 

糖分の取りすぎや脂の摂りすぎなど。そこで半断食をすることで細胞が飢餓状態になり、栄養を得るために血液を吸引する力が増え血液循環もよくなり高血圧を下げることに繋がって行きます。

 

半断食であれば通常の断食と違い緩やかに行う断食のために3ヶ月から半年と少しずつ時間をかけて半断食を試すことです。ただ降圧剤を飲んでいる場合は血圧の下がり具合にもよりますし、途中で薬を止めることはせずに医師と相談の上行うようにしてください。

 

妊娠中、授乳期

妊娠中に断食を進める人もいますが、妊娠によって体重が許容範囲内に抑えることができず断食を考えることもあるかもしれません。

 

これは妊娠中に断食を絶対にやってはいけないということではないからです。まず妊娠中に断食がよくないと言われているのには、大きく4つあります。

 

  • 栄養補給が十分にできない
  • 栄養不足で胎児へのリスクがある
  • 食欲を抑えることでストレスに繋がる
  • 肌トラブル、骨や歯のトラブルの原因

 

こういったことから断食をやってはいけないと言われています。しかし、妊娠中でも半断食であれば良いとも言われています。

妊娠することでホルモンバランスが変わることで体調がすぐれずにいることもあると思います。こうしたことが半断食をすることで軽減することもできるのです。

 

生理中

生理中に断食をしてはいけないということはまずありません。ただ生理中は貧血気味になっている人も多いので体調を崩しやすい人もいるということです。

 

そのため生理によって体調が悪いと感じる人はこの時期の断食はオススメではありません。しかし、この時期に断食をしたいと考えているのであれば、必要な栄養は補いつつできるスムージーや酵素ドリンクなどでを摂るようにすると良いでしょう。

 

また鉄分などをしっかりとっておくことも忘れないようにしてください。基本的には生理中はホルモンバランスが崩れやすい時期なので避けておく方が良いです。

 

痩せている

そもそも痩せている人が断食をする必要はないと思いますが、痩せている女性でもデトックスを目的に断食をすることもあると思います。

 

ただ痩せ型のカラダにとって断食は危険としか言えないかもしれないのです。というのも、痩せ型の場合はそもそもカラダの水分量も少ないうえに基礎代謝も低い状態になっていると言えるかもしれません。

 

これは言ってしまえば、省エネ状態にありカラダは栄養不足状態と変わりません。そのためにまずは断食ではなく基礎体力をつけることから始めましょう。

 

断食ダイエットでこれだけはやっておきたいこと

断食ダイエットをするにあたって、これだけはしておいて欲しいことがあります。

 

断食ダイエットの前後は暴飲暴食しない

断食中に、食べるものに気を使わなければなりませんが、断食ダイエット前後も同様に気をつけなければなりません。

断食前の食事の撮り方、断食後の回復食の撮り方、断食を終えてから通常の食事に戻す時など、全てに共通することは胃腸の負担をかけすぎないことです。

 

また、もちろんアルコール、刺激物の食事、肉の多い食事内容などはしないことです。また喫煙者の場合は断食に大きな影響を与えるものではありませんが、この機会に禁煙するなど健康管理にも気を配って見るのもいいかもしれませんね。

 

断食中は水分補給も忘れずに

断食ダイエットは絶食ではありませんし、水分を摂ることは特に大切になってきます。断食をする前の食事では、食事の中からも水分を自然ととっていました。

 

しかし、食事を取らなくなってくると、その分の水分が不足することで脱水に繋がることも考えられます。脱水にならないよいうにいつも以上に断食の期間は水分を摂るようにしてください。

 

断食を3日間水だけだと危険

断食中は、水分を酵素ドリンクやスムージーなどを利用することが多いと思いますが、これを水だけで断食をするとどうなるのか、水断食について紹介します。

 

水断食のポイントとしては水だけしか飲まないは正確には少し違います。それは水断食中であっても塩は欠かせないということです。

 

塩には、ナトリウムやマグネシウムと言ったミネラル成分が含まれているために、体が饑餓状態に陥ってしまうだけではすみません。

 

水だけを飲む断食になるとせいぜい24時間が限度かもしれません。水しか飲めないのは精神的にも肉体的にもかなり苦痛となります。

 

断食3日間をするということは、約8日間の期間が必要になってきます。そのためにあらかじめの準備はしっかりとしておく必要があります。

 

  • 準備期(2日間)
  • 断食期(3日間)
  • 回復期(3日間)

水だけで断食をするなら、1日に2ℓ〜2、5ℓの水を目安に飲むようにしてください。食べない分しっかりと飲むことです。

 

3日間 断食 何キロ痩せる

断食をしていて一番気になるところが体重がどのくらい減ったのかということだと思います。断食をすることで何キロ痩せるのかは正直個人差によるところが大きいと思いますが、3日間断食をすることで2キロから3キロ程度痩せるようですね。

 

ただ気をつけたいのは、断食は3日間行った場合の目安になる痩せる体重ですが、せいぜい断食を3日間したことからは、普段の食事を食べなくなることで水分量などが減ったことから体重の減少が起きたと考える方が良いでしょう。

 

それでも断食でこの体重が減れば大きな成果だと思います。

 

見た目の変化は

数字でいれば2キロから3キロ体重が減少するのは大きな成果かもしれません。これに加えて見た目はどのくらい変わるのかも気になると思います。

 

まずカラダにある水分は糖質と結びつくことで溜め込んでしまう性質があります。断食中は糖質を摂らないために水分も抜けやすく気になるむくみも解消されやすくなります。

 

このことから見た目は、顔まわりははっきりと変わるくらいに引き締まりが感じられるかもしれません。

 

断食 1日だけするとどうなる

断食をやってみたいと考えても、やっぱりハードルが高いと感じてしまう人も少なくないでしょう。そこで初心者が断食を始めるなら1日断食が断食を始めやすいでしょう。

 

1日断食にあった人

断食をいざ始めようと思っても、なかなか時間に余裕がない人もいると思います。また、初心者から始める人に向いている人がいます。

 

  • 断食初心者
  • ハードルが高いと感じている人
  • 時間が週末にしか取れない

 

1日の断食による効果

断食による効果の大きな一つがデトックスによる効果です。普段の食生活の中では完璧にバランスの取れた食習慣は難しいものです。

 

特に有害物質や老廃物も溜まっていくために断食はこうした食事をしないことから、消化と吸収に使う時間をさくことでカラダから排出する時間に回すことができカラダの中から排出しやすくなるのです。

 

また、消化吸収への時間が減ることで内臓を休ませることからカラダへの負担を減らすことができます。

 

  • むくみが解消できる
  • 腸内環境が整う
  • 便秘の解消
  • リラックスできる
  • 美肌になる
  • 肌荒れが改善される

 

実践!1日断食のやり方

断食当日の食事
  • 当日は水分以外は何も摂らない
  • ジュースや炭酸ジュースは飲まずに水を1日に1、5〜2ℓ飲む
断食翌日の食事(回復食)
  • 動物性の食べ物、砂糖類、スナック菓子、刺激物は食べない
  • 重湯などヘルシーな食事から始める

 

1日断食の結果。何キロ痩せる?

1日断食によって痩せる理由は、水分が減ることで体重が減少することです。ダイエットで体脂肪が減るような効果はありません。

 

むくみが取れて水分がなくなるだけなので1キロから2キロ程度体重が減少することになります。

 

プチ断食を野菜ジュースでしてみたら!

プチ断食によるダイエットの場合、デトックス効果も高く成果も現れやすいので初心者でも始めやすいメリットがありますが、野菜ジュースを使ってプチ断食をするとどうなるのかを紹介します。

 

野菜ジュースで断食は危険!体調不良にも

断食中に一番困るのは、栄養が十分に取れないことです。特に野菜ジュースの場合は、栄養不足に陥ってしまう可能性があります。

 

ただ確かに野菜ジュースに含まれるbビタミンCやビタミンB群によって便秘の改善やデトックス効果があると考えてしまうかもしれません。しかし実際には、野菜ジュースを作る過程には、野菜ジュースにはほとんど含まれていません。

 

またビタミンC、食物繊維、酵素も失われてしまっています。こうしたことからも野菜ジュースだけで断食は栄養不足になりやすいのです。

 

摂取カロリーが下がり筋肉が落ちて悪循環

野菜ジュースはそもそもカロリーを摂ることに対して期待はできません。そのために栄養失調を招く可能性もあり断食どころではなくなるかもしれません。

 

リバウンドに繋がる

断食中は野菜ジュースのみに頼った期間になるために摂れる栄養、カロリーといったバランスが限られてきます。

そのために、足りないエネルギーを脂肪から不足するエネルギーを摂るためにダイエットにはいいかもしれませんが、断食後に同じ状態にあるのはよくありません。

 

断食はあくまで断食期間に行うものです。断食後には気が状態に入っているために、多くのエネルギーや栄養を確保しようとします。

そこで暴飲暴食や急に普段の食事に戻すと吸収しやすい状態にあるためにリバウンドしやすくなります。

 

安全に断食をするなら(まとめ)

断食は急に始めるものではありません。事前に準備をして、断食中もカラダと相談しながら断食後までを考えながら進めて行かなければなりません。

まずは準備食から考えることです。そして断食は水だけではなく、まずは準備食、断食後、回復食と全て考えていくようにしましょう。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロッコリーの効果は最強!栄養と効能を逃さない工夫

  • カルピスの効果は整腸だけじゃない!気になる毎日飲む魅力

  • セロリの力!ダイエットできるマイナスカロリーの鉄則

  • 寝る時間が多いと痩せる!セオリーだけじゃない5つのルール

関連記事

  • カルピスの効果は整腸だけじゃない!気になる毎日飲む魅力

  • 断食でリバウンドしない回復食の摂り方と太る理由

  • ブルーベリーで便秘よさらば!栄養からわかる優れた効果

  • セロリの力!ダイエットできるマイナスカロリーの鉄則

  • みかんでダイエット!美容効果も高める始め方

  • 寝る時間が多いと痩せる!セオリーだけじゃない5つのルール