1. TOP
  2. 健康
  3. 【なぜ?】インフルエンザで関節の痛みが激痛!気になる原因

【なぜ?】インフルエンザで関節の痛みが激痛!気になる原因

健康
この記事は約 10 分で読めます。 31 Views

毎年必ずといって良いほど流行するインフルエンザですが、インフルエンザにかかってしまった人の中には関節痛が激痛として起こることも。

インフルエンザと風邪との違いから関節痛が起こる原因までを紹介します。

 

インフルエンザウイルスの種類

インフルエンザを発症する理由は、そもそもインフルエンザウイルス(A型、B型、C型)の3種類のいずれかに感染することで起こります。

 

またA型は特に遺伝子変異が起こりやすいことから、私たちのカラダに抗体ができてもウイルスが変異することで感染や流行を防ぐことは難しくなっているのです。

 

特にインフルエンザウイルスが活動しやすいのが冬の気温が低く、湿度が低くなるこの時期です。またインフルエンザなどのウイルスは通常であれば、人の気道からゴミや細菌、ウイルスなどは異物を粘液で包みカラダの外に排出する働きがあります。

 

しかし、冬の時期は気温、湿度の低下からこの働きを低下させてしまうことで感染しやすくなってしまうのです。

 

インフルエンザはどうやって感染する?

普通に風邪をひいた場合は、接触感染が一般的に多いと言われていますが、インフルエンザウイルスは接触感染よりもくしゃみや咳、痰などで吐き出されることで飛沫して感染することが中心となります。

 

これはくしゃみや咳をすることでウイルスが空気中に浮遊することやそのまま空気中にある状態から他人の呼吸器に吸い込まれることで感染するのです。

 

インフルエンザと風邪の違いや特徴

インフルエンザと風邪のそもそもの違いは、大きく違ってきます。通常の風邪であれば、鼻や喉に症状が出るのに対して、インフルエンザは高熱(38℃以上)が急にでるのが特徴です。

 

また、倦怠感や関節痛、筋肉痛など全身に症状が強く現れるだけでなく症状自体が風邪よりも長く5日間ほどは続きます。

またさらに症状が重篤になってしまうと、免疫力の低下しているような状態にあると重症化する可能性もあるのです。

インフルエンザ 風邪
初期症状 頭痛、悪寒、発熱 鼻咽頭の乾燥感やくしゃみ
主な症状 関節痛、筋痛、発熱 鼻閉、 鼻汁
悪寒 高度 軽度(短期間)
熱と期間 38〜40℃(3〜4日間) 微熱、またはなし
全身痛、筋肉痛、関節痛 高度 なし
倦怠感 高度 ほとんどない
鼻汁、鼻閉 後期よりある 初期よりある
咽頭 充血や扁桃腺腫れ やや充血
結膜 充血 咽頭結膜熱の場合ひどい
合併症 インフルエンザA、B ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、
パラインフルエンザウイルス

 

インフルエンザA型の特徴

インフルエンザAの場合は、変異しやすく増殖力もあり、感染力も強いのが特徴で、38℃以上の高熱、悪寒、関節痛、筋肉痛などがある。

 

インフルエンザB型の特徴

インフレンザBは、インフルエンザAに次いで流行りやすいのが特徴です。インフルエンザAと大きく違うところは、変異を起こさないことです。

 

ただ、数年ごとに流行がくるだけでなく症状が重くなるため注意が必要です。

 

インフルエンザC型の特徴

インフルエンザの中でもこのC型に関しては、A型やB型と比較しても風邪と同じような程度の症状のために免疫を持っている人が多いのも特徴です。

 

インフルエンザに感染するとなぜ関節痛や筋肉痛が起こるの?

これは、カラダを守るために起こる働きで、免疫細胞がより強く働くことで危険を知らせてくれる信号のような働きをしてくれるのです。

 

この時に脳が指令を出してプロスタグランジンという物質を出すことで体温をあげてカラダの異変を危険信号として出し、信号で知らせるために痛みとして信号を出すために関節痛や筋肉痛が起こるのです。

 

また喉の痛みを感じたりするのも、この物質によるものが原因なのです。

 

インフルエンザから起こる関節痛や筋肉痛にロキソニンはいいの?

インフルエンザの場合、医師によって意見が別れることもありますが、特に10代の年齢だとロキソニンによってインフルエンザ脳症を引き起こす可能性もあることを指摘していることもあるので医師の診断指示受けた対応が望ましいです。

 

関節痛や筋肉痛を緩和するには

医師の診察と指示によりますが、症状を緩和するために解熱鎮痛剤を使用することもあります須賀、別の緩和方法としては冷やすことになります。

 

プロスタグランジンの作用によって免疫細胞が活発になっていることで発燃している状態なので冷やすことで少し緩和されることもあります。

 

ただ、プロスタグランジンの作用で熱を持つということは、免疫細胞が活発に働いてくれることでインフルエンザウイルスと戦っているだけでなく、病原体の繁殖を抑える働きをもしているので冷やしすぎないようにしなければ良いということです。

 

つまり、冷やし続けることや一晩中冷やすなどでなく、あくまで痛みの緩和のために冷やすだけなので、保冷剤などをタオルで巻いて冷やす程度であれば良いということです。

 

インフルエンザを予防するには

インフルエンザを予防するためには、自分ん自身でできる予防法をしていかなければなりません。

インフルエンザにかからないためと、かかってしまった時に適切な対応ができるかで大きく違ってきます。

 

ワクチンで予防する

インフルエンザは毎年同じ時期頃に来ると言ってもいいかもしれません。11月上旬から発生し遅ければ4月頃までインフルエンザが続くことになります。

 

そこで有効な方法としてワクチンの接種が有効になってきます。中でも季節性のインフルエンザであればワクチンを接種してから2週間から5ヶ月程度まで効果が期待できると言われています。

 

免疫機能が低下している状態にある高齢者など。また、糖尿病などの基礎疾患を持っていることも注意が必要です。

 

そしてインフルエンザの予防接種は、そのシーズンによって流行りがありその年に流行するであろうウイルスに合わせて免疫をつけるためにワクチンを接種することで毎年受けることがおすすめとなっています。

 

ただワクチンを打っても効果がないと感じることもあるかもしれませんんが、発症を抑える効果は一定程度は認められていて、発症予防効果も50%〜60%程度あると言われています。

 

人混みが多い場所や外出は控えた方が良い

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染によるため、咳やくしゃみをすることでウイルスを飛ばすことで、周りにいる人たちが鼻や口から吸い込むことで感染します。

 

そのために、飛沫を防ぐことができる布繊布製マスクの着用をするようにしてください。

 

外出後の手洗いうがい

インフルエンザを予防するためには、感染経路を一つでも遮断することになります。その一つが、手についたインフルエンザウイルスを手洗いで取り除くことです。

 

また、外出後のうがいも同じように感染予防に役立つのでおすすめです。

 

湿度の管理をする

インフルエンザが流行る時期は、気温の低下に湿度の低下も原因にあります。そこで加湿器を使ってウイルスが生存しない環境として湿度を50%〜60%に保つことです。

 

十分な睡眠とバランスの良い食事

仕事などで疲れている時などに合わせて睡眠が十分に取れていないと体調も崩しやすくなりインフルエンザウイルスに対しての抵抗力も低下していると感染しやすくもなります。

 

そのためには、カラダの抵抗力を上げていくために睡眠をしっかりととる必要もあります。また食事もバランスの取れた栄養をとることもインフルエンザウイルスに感染しないようよぼぶするためには必要です。

 

歯磨きもウイルス感染予防には良い

あまり意識することが少ないかもしれませんが、インフルエンザウイルスは飛沫感染によって感染するため、手洗いうがいをするように口腔ケアをすることもウイルス感染予防には立派な対策になります。

 

これは、口腔内を不衛生にしていると、酵素を分解して雑菌を増殖させるノイラミニダーゼという酵素が発生します。

 

このノイラミニダーゼの発生を少なくすることでインフルエンザ感染の発症率を減らすことができるので口腔ケアは大きな予防になるのです。

 

インフルエンザ検査によく言われる誤解

インフルエンザ検査は万能ではありません。検査を行うタイミングが早すぎるとインフルエンザにかかっていても陽性反応が出ない場合もあるのです。

 

これは症状が現れてすぐの時はまだ、ウイルスの数が少ないために検査をしても反応が現れないケースもあるということです。

 

そのために、インフルエンザウイルス検査は、12時間〜48時間以内に受診し検査をする必要があるのです。

 

また陽性反応が出た場合に、48時間以上立ってしまうと抗インフルエンザ薬の効果がなくなってしまうこともあるので検査を受けるタイミングも48時間を超えずに受けなければなりません。

 

インフルエンザ潜伏期間

近くにインフルエンザに感染した人がいたことが後からわかった時に、私もインフルエンザに感染したかもしれないと考えると思います。

 

そんな時に。インフルエンザが発症するまでの潜伏期間を知っておくと一つの目安にもなります。基本的には、インフルエンザは「もらわない」ことに徹する予防が大切です。

 

ただ疑わしいと感じた時は、潜伏期間を目安に症状も含め目安にすると良いでしょう。そして潜伏期間は、侵入したウイルスは約20ほどで細胞の中に入り込みます。

 

そのため、最短で16時間から長くて5日の潜伏期間を要します。また通常では2日〜3日が最も多い潜伏期間となります。

ウイルスの増殖速度が極めて早いことから、早い段階で感染してしまうのです。

 

インフルエンザ 治療は

インフルエンザの治療は、「一般療法」と「薬物療法」に分けることができます。一般療法は、あくまで基本となることで睡眠をしっかりととることや、高熱により脱水の心配を防ぐために水分補給をしっかりと行うことになります。

 

これと違い薬物療法は、抗インフルエンザウイルス薬を使うことになります。特にインフルエンザに感染した場合は、感染速度も早いために発症後なるべく早くに服用を始めることです。

 

インフルエンザ発症!でも微熱もある

インフルエンザに感染したと聞くと、38℃以上の高熱が出るというイメージがありますが、決してそうではなく、インフルエンザが簡単に検査ができるようになったことで、体温が37℃代の微熱や36℃代といった場合でもインフルエンザだったということがあります。

 

また、高熱が出ても翌朝に熱が下がっているなんてことも一時的にあるために検査をすることでしかわからないこともあるのです。

 

まとめ

インフルエンザになってしまうと、代表的な症状から、意外なことまであると思います。発症しないためにはいかに感染経路を自身で遮断できる予防をするかにもよります。

インフルエンザ対策をしっかりと行いましょう。

 

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイスタイルで悩みを解消しキレイな女性に!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まるちゃん

まるちゃん

知りたい女性の悩みを解決し、いつまでもキレイでいたい思いをお届けするメディア。美容・ダイエット・恋愛・健康・ライフスタイルなどの様々な情報を発信してまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロッコリーの効果は最強!栄養と効能を逃さない工夫

  • カルピスの効果は整腸だけじゃない!気になる毎日飲む魅力

  • セロリの力!ダイエットできるマイナスカロリーの鉄則

  • 寝る時間が多いと痩せる!セオリーだけじゃない5つのルール

関連記事

  • 女優も納得!❤白湯ダイエット❤で無理なく痩せたワケ

  • 眠いのに眠れない!ストレスや原因を知り解消する10の方法

  • 花粉症対策にはこの食事!悪い食べ物といい食べ物で改善

  • カロリナ酵素プラスの効果で2.8Kg減!飲み方で痩せない人知らず?!

  • インフルエンザにかからない食べ物と飲み物!予防のポイント

  • プラセンタの選び方!飲み方で効果を高めたい人が知っておくべきこと